わたし、定時で帰ります。の3話のあらすじと感想。働き方新時代! 自分がいる意味とは?

わたし、定時で帰ります。

ドラマ「わたし、定時で帰ります。」の3話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。吉高由里子さんが、残業ゼロ、定時で帰る!がモットーのニューヒロインを演じられます。原作は朱野帰子さんの小説「わたし、定時で帰ります。「わたし、定時で帰ります。ハイパー」です。ライフワークバランスを考え直すきっかけになりそうです。

ドラマ「わたし、定時で帰ります。」の3話のあらすじ

巧(中丸雄一)の実家に挨拶に向かおうとしていた結衣(吉高由里子)のところに、種田(向井理)からファイアーストロング社のCM撮影時に撮られたと思われる動画がSNSで拡散され炎上していると連絡が入ります。巧の両親への挨拶をドタキャンし、結衣も種田たちと一緒にクライアントのところにいって謝罪します。

結衣は撮影現場で来栖(泉澤祐希)がスマホで撮影していた様子を思い出し、何度も来栖に電話を掛けるが連絡は通じませんです。事務所に戻ってきてからは、みんなで手分けして後処理をします。

翌朝、何事もなかったように出社した来栖に話を聞くと、仲間内のグループチャットで流したものを友達が拡散してしまったということです。自分のせいじゃないとしらを切る来栖に、種田は普通の会社だとクビだとおこります。すると、来栖は「じゃあ、やめます」といって会社を出ていってしまいます。

翌日、来栖は出社しませんです。福永(ユースケ・サンタマリア)から絶対引き止めろ、結衣のせいだとおどされます。すると、民宿出口荘という所から電話が来ます。お金を持ってない来栖が止まってるのでお金を払ってくれということです。

すぐに来栖の所に行ってとりあえず謝りに行こうと諭します。

ふたりで賤ヶ岳(内田有紀)と種田の所に謝りに行くと、ゴム味というのが逆にバズって売り上げがのびたからおとがめなしということになります。ただ、種田は社会人としてこれからどうするのしっかり考えろときつく叱ります。

次の週末、結衣は巧の家にあいさつにいきます。結衣は貧血で倒れたということになっています。巧の両親から、笑顔で迎えられます。

そのころ、種田は福永から結衣の血痕が決まったと聞いて、少し動揺しています。

翌日、来栖から呼び出された結衣は「辞表」を渡されます。種田からよく考えろと言われた結果です。結衣はとりあえず受け取れないと言って、辞表は役職者が辞める時に使うものだと説明した後、本当にやめたいのかと聞きます。

結衣と来栖は、ランダースポーツというスポーツウェアの会社の周年記念サイトのコンペをまかされます。そのあと福永や種田といっしょにランダースポーツにあいさつに行きます。かなり体育会系のひとが担当です。運動の話でもりあがりましたが、肝腎のサイトの方向性はそちらで考えてくれと言われてしまいます。

会社に帰って打ち合わせをすると、専門性をアピールするという種田の方向性で行こうということになります。

結衣が食事をとってると、種田からフットサルにつきあってくれと言われます。チームに女性一人入れるのがルールだと言うことです。全くできませんでしたが、レンタルのウェアや靴を借りると、ランダースポーツのものです。結衣は何もできませんでしたが一緒にフットサルを楽しみます。終わった後、もういちどアイデアを出してみると種田に言います。

数日後、結衣のアイデアを持ってランダースポーツに行きます。結衣は前回嘘を言ってしまったことを謝ってからプレゼンします。種田とは真逆の、初心者にスポーツを好きになってもらうきっかけをつくろうというものです。相手は難しい顔をしています。

1週間後、結衣はふたたび来栖から呼ばれて一緒に食事に行きます。すると、こんどは異動願を出されます。結衣は笑いながら、新人だからなにもできなくてあたりまえだし、来栖が細かい仕事もやってくれてることを知ってるし、人として面白いからいる意味があると慰めます。ただ、自分でだしたらと言って返します。

事務所に帰ると、ランダースポーツのコンペが通ったと聞きます。担当者の印象は良くなかったのですが、炎上動画を気にしてた上司が気に入ってくれたということです。引き続き結衣と来栖が担当になります。

来栖は異動願いを見せないようにして、「がんばります」と答えます。すぐあとに、自分が異動したら結衣が困るからもう少しいることにしたとメッセージが来ます。

(⇒4話のあらすじ

ドラマ「わたし、定時で帰ります。」を見逃してしまったら、こちらの動画配信サイトParavi(パラビ)で見ることができます。Paravi(パラビ)はTBSとテレビ東京などがコラボして作った動画配信サイトで、TBSのドラマやテレビ東京の番組をメインに見ることができます。

Paravi(パラビ)は2週間の無料体験をしています。その期間中にドラマ「わたし、定時で帰ります。」を完全にタダで見れます。今まであまり見れなかったTBSやテレビ東京のドラマもほとんど見放題できます。もちろん、無料期間中に見るだけ見てやめても、違約金などはいっさいかかりません。

こちらからドラマ「わたし、定時で帰ります。」を無料でご覧ください。

わたし、定時で帰ります。を今すぐ見る

スポンサーリンク

ドラマ「わたし、定時で帰ります。」の3話の感想

おもしろかったですね。今回のテーマは「働き方と自分がいる意味」でしたが、ちょっとぼやけているように感じます。おそらく、仕事やまわりのひとと真正面から取り組まないと生きてる意味がないと言うことを言いたかったんじゃないかと思います。

来栖は、それほど仕事が好きでもないし、結衣とおなじように定時で帰っているととても楽だから同じようにしていたんだと思います。ある意味、他人任せで生きてきたんですが、大きな問題に直面して頭の中がフリーズしてしまって、海岸沿いの民宿に逃亡してしまいます。

ちょっと昔なら、そのままにしておくか、怒りながら連れ戻しに行くパターンでしたが、結衣はそのどちらでもなく話を聞きにきてくれて来栖に共感してくれたので、一緒に帰って謝る気になります。

そのあと、結衣と同じ仕事をまかされて、たまたまいい結果が出たことで種田からほめられてやる気になって続けることになったんです。

結局は、来栖のなかの仕事に対する考え方や人生の生き方、会社に対する自分のあり方なんかを変えることなくなあなあでつづけさせてしまったようなきがします。もしも、同じような事件が起きたら再び逃げるかもしれませんし、周りの人に流されて残業づけの毎日を暮すことになってしまうかもしれません。

やはり、結衣が定時で帰る意味とかを話すシーンを入れてもらいたかったです。あのままでは、来栖がわるいことをした、残業をしなければいけないという暗黙の了解のまま終わってる気がします。

わたしとしては、やはり結衣のように残業なしで良い結果を出せる社員がとてもいい社員だと思いますし、そういった環境を作れる上司がとてもいい上司だとおもっています。わたしも仕事をしてるときには、どうやったって残業はなくならないとおもっていましたが、このドラマを見てなんとかなるんじゃないかとおもいはじめます。それをどうやって可能にするかは、個人の能力とかいろいろな問題がありますので、どうやったら残業をせずに定時で帰れるのか、その方法をこれからのお話で説明していってもらいたいとおもいます。

ドラマ「わたし、定時で帰ります。」の原作

原作は、朱野帰子さんの同名の小説です。1979年生まれで、働きながら小説を書かれて、2009年にダ・ヴィンチ文学賞大賞を受賞されてデビューされます。主な作品は、

などです。アマゾンで購入できます。

ドラマ「わたし、定時で帰ります。」のキャスト

  • 東山結衣 吉高由里子、ディレクター
  • 種田晃太郎 向井理、プロデューサー
  • 福永清次 ユースケ・サンタマリア、プロデューサー
  • 諏訪巧 中丸雄一、結衣の恋人
  • 賤ヶ岳八重 内田有紀、ディレクター
  • 吾妻徹 柄本時生、フロントエンジニア
  • 来栖泰斗 泉澤祐希、新入社員
  • 三谷佳菜子 シシド・カフカ、ディレクター

各話のあらすじ

以上、ドラマ「わたし、定時で帰ります。」の3話のあらすじ(ネタバレ)です。

ドラマ「わたし、定時で帰ります。」はParavi(パラビ)で見れます。2週間の無料体験をしていますので完全にタダで見れます。もちろん、無料期間中に見るだけ見てやめても、違約金などはいっさいかかりません。

こちらからドラマ「わたし、定時で帰ります。」を無料でご覧ください。

わたし、定時で帰ります。を今すぐ見る


コメント

タイトルとURLをコピーしました