ドラマ「アンナチュラル」の3話のあらすじ(ネタバレ)と動画と感想。ミコトが裁判に!

ドラマ「アンナチュラル」の3話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。ドラマ「アンナチュラル」は、石原さとみさんが法医解剖医を演じる法医学ミステリードラマです。井浦新さんや窪田正孝さん、市川実日子さん、松重豊さんた演技はがわきを固めるとても面白いドラマです。1話完結で、原因が分からない不自然な遺体と向き合うことで、本当の原因を知り、現実の世界を変えていくことがテーマのドラマです。

スポンサーリンク

3話のあらすじ

ミコト(石原さとみ)がスマホデビューして、久部(窪田正孝)や夕子(市川実日子)たちとフリフリして連絡先を交換してると、所長の神倉(松重豊)が、昔のこの事件を知ってるかと聞きにきます。その事件は、名の知れた主婦ブロガーの桜小路しずくが自宅で刺されてるのが見つかります。逮捕されたのは、夫の要一(温水洋一)で、しずくが毎日「役立たず」と無職のことをののしったり趣味のフィギュアを勝手に捨てていたのをこらえきれずにやってしまったということです。解剖した先生は引退してしまったので、ミコトが代わりに裁判所に証人として出てもらいたいという事です。中堂は、坂本(ずん)からパワハラを受けていたということでやめさせようと訴えられてるので裁判所には出れないので、ミコトが行くしかないということです。

東京地方検察庁から、検事の烏田(吹越満)がやってきてミコトと挨拶をします。さっそく事件のことを聞きます。

  • 死因は出血性ショック
  • 刃物で心臓を一突き
  • 凶器はキッチンで発見された包丁
  • 証言するのは傷と凶器の一致と刺創管(刺し傷の通り道)についての見解

ミコトは、証言内容をまとめたものをわたされます。ミコトが、その遺体の傷口をUDIラボでは保管してあると目の前に出すと、烏田は、今の裁判員制度は迅速に審議をしないといけないので余分な証拠はださないし、聞かれたこと以外には答えてはいけないといわれます。ミコトはしぶしぶ納得します。

裁判の日。ミコトと夕子、久部が傍聴席に座ると、要一が連れてこられて裁判が始まります。要一は「夢じゃなかったか」と言ったことからつかまって自白もしたということです。ミコトが証言台に立って、烏田から質問をされて淡々とこたえておわります。

つぎに、烏田が刺している状態をアニメにして3D動画でうつしてると、ミコトがその動画に釘付けになります。そして、

「誠に申しあげにくいんですが、傷と凶器が矛盾しています。先ほどの証言を撤回させてください。こちらの包丁は凶器ではありません」

と言ってしまいます。裁判は、そこで休廷になります。

法廷の外で、ミコトは烏田に理由を説明します。胸から入った包丁背骨まで傷をつけていたのですが、それは右利き用の包丁です。ところが、なくなったしずくは左利きで、左利きの包丁を使っていたというと、「ここまで来るのにドンだけ準備してると思ってるんだ。半年だぞ」とおこりだします。そこに、裁判官がやってきて打ち合わせをすると言って行ってしまいます。最後に要一の弁護士の亀岡から名刺をもらいます。その裏には、要一が話をしたいといってると書かれています。そして、次の法廷では弁護側の証人として出廷することになります。

ミコトは亀岡といっしょに要一の接見に行くと、刺した覚えはまったくないといいます。オンラインゲームをして12時くらいに精神安定剤を飲んで寝たのですが、夜中にトイレに行ったときに妻が血を流して倒れてるのを見たといいます。ただ、そのときはリアルな夢だなとおもったので、朝、警察に起こされたときに思わず「夢じゃなかったのか」とつぶやいたということです。そして、気が弱いのでつい自白してしまったということで、本当はそんな恐ろしいことをしていなくて良かったと泣きます。

UDIに帰ってその話をすると、びっくりされます。松倉からは、まければUDIの信用が落ちるといわれます。

 

2回目の裁判が始まります。弁護人は無罪を主張します。検察側の証人は東都大学法医学教室の草野教授で、これまでに1万5千体を解剖してきたとはじめに話します。烏田が包丁の事を聞くと、凶器と見て間違いないといいます。そしてミコトの解剖実績の少なさからミコトを馬鹿にして凶器に間違いないと証言します。次にミコトが証言台に立って、傷口のあとを図で示して草野教授の見解は間違いだといいます。すると、烏田はミコトが女性だということをいって人格攻撃をしてきます。そして、ついかっとして烏田に文句を言ってしまいます。

法廷には、久部の飲み仲間の末次(池田鉄洋)の同僚の宍戸(北村有起哉)がきています。宍戸は末次に、裁判はひっくり返りそうもないけど記事にはなると連絡します。ミコトが夕子と話をしてると、烏田がやってきます。「あなたのような女性に弁護側についてもらえてよかった」と嫌味を言って帰っていきます。

ミコトと夕子、久部はUDIに帰って肉をつるして包丁を突き立てる実験を行います。そのとき松倉がネットに乗ったニュースを持ってきます。そこにはヒステリー女とかかれています。久部は末次に文句を言いましたがごまかされます。そこに中堂がやってきてそのニュースを奪ってミコトに見せます。ミコトは、中堂に言おうか言うまいか迷っていたけど、相当感じ悪いといいます。中堂は誰に何を言われようとUDIはやめないといって歩いていきます。

スポンサーリンク

ミコトは弁護士の亀岡から呼び出されて、要一が罪を認めるといってるといわれます。人生を女に預けられないといって、刑を軽くするために認めるということです。ミコトは実家に帰って母親の夏代(薬師丸ひろ子)に相談すると、今やってる実験ではぬるすぎる、烏田に必ず負けるといわれます。

翌日、UDIで他の証拠を見つけ始めます。刺し傷の近くの血液が取ってあって、もしかしたら凶器の成分が検出できるかもと夕子と話します。ところが、鉄やステンレスの包丁の成分は血液中の鉄と混じってわからないということがわかります。ミコトは、傷口を保管してあるホルマリン液に凶器の成分が溶け出してるはずだと推測します。

成分を分析してみると、ステンレスの包丁の成分が出てきます。そしてケイ素の量が異常に多いことに気づきます。そして元素分析を行うことにします。

その頃、久部が更衣室に行くと坂本がいます。追いかけていくと、やはりやめるしかないから訴えてお金をもらうということです。久部は中堂にそのことを言ってると、ミコトが「わたし達協力しませんか?」と言い出します。久部はホルマリン液を元素分析を行える会社に届けに行きます。ミコトは亀岡弁護士にある提案をして、中堂はパソコンで調べています。

 

裁判の日。

いきなり亀岡弁護士がミコトが出廷できないことになったといいます。そして、代理の証人を申請するといいます。入ってきたのは中堂です。その頃、ミコトは坂本に会って戻ってきてくれと言っています。ただ、イヤだと言うので仕方ないといって紹介状を出します。

裁判が始まると、中堂はホルマリン液の成分からステンレスの包丁が凶器だといいます。そして、ケイ素の量が多いのは京都の合砥だから、合砥で研いだステンレスの包丁が凶器だと言ってその場を出て行きます。要一は、京都に店を持たせた妻の弟をみて、「わたしはやってはいません」と泣きながら叫びます。そして、中堂にありがとうございますというと、中堂は

「ふざけるは、女は信用できねえとかくそちいさいことを言ってるから俺が借り出されたんだ。ひとなんてどいつもこいつも皮をはげばみなおなじだ」

と言って出て行きます。

法廷を出たところで、中堂が烏田に呼び止められます。昔からの知り合いだったようです。「いつまでもにげおおせるとおもうなよ」と烏田はささやいて歩いていきます。

しばらくして、しずくの弟が自供をします。

(⇒4話のあらすじ

ドラマ「この世界の片隅に」の1話から最終回までの全話を、Paravi(パラビ)という動画配信サービスで見れます。パラビは月額1,017円(税込)でTBSとテレビ東京、WOWOWのドラマをメインに見れるサービスです。

2週間の無料体験をしていますので、それを利用して「この世界の片隅に」を無料で見れます。詳しくはこちらから。

パラビ公式サイトはコチラ ≫

各話のあらすじ

感想

おもしろかったですね。今回は、中堂のキャラがとてもよかったです。あそこまで強気で自分の考えを曲げない人は、とても強くて頼りがいがあるひとだと感じます。しかも、相手の言うことを全否定してもメンタル的に落ち込まないのは、もしかしたら大企業の社長などに多いタイプなのかもしれません。中小企業の社長にしても、ミコトのように烏田にいやなことをいわれて感情的に反論していたら会社がすぐにつぶれてしまいそうな気がします。そこまで考えてたら、わたしの勤めていた今までの会社の社長は嫌な人がおおかったな~と改めて思いだします。

そういう意味では、個人事業主にしても小さな会社の社長でも、確固たる自分をもって信念を曲げないで行くことが会社を続けていくためのひとつのポイントなんだろうな~とかんじます。

キャスト

  • 三澄ミコト 石原さとみ、法医解剖医
  • 三澄夏代 薬師丸ひろ子、ミコトの母親
  • 三澄秋彦 小笠原海(超特急)、ミコトの弟
  • 関谷聡史 福士誠治、ミコトの恋人
  • 久部六郎 窪田正孝、記録員、ミコトの部下
  • 東海林夕子 市川実日子、臨床検査技師
  • 中堂系 井浦新、法医解剖医
  • 坂本誠 飯尾和樹(ずん)、臨床検査技師
  • 神倉保夫 松重豊、所長
  • 木林南雲 竜星涼、フォレスト葬儀社
  • 末次康介 池田鉄洋、久部六郎の飲み仲間
  • 宍戸理一 北村有起哉、フリー記者
  • 毛利忠治 大倉孝二、西武蔵野署刑事
  • 向島進 吉田ウーロン太、毛利のバディ

以上、ドラマ「アンナチュラル」の3話のあらすじ(ネタバレ)と動画と感想です。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました