「トドメの接吻(キス)」の5話のあらすじ(ネタバレ)と動画。7日間では運命は変えられない?

トドメの接吻(キス)-公式サイト-

©Nippon Television Network Corporation

(引用:公式サイト

ドラマ「トドメの接吻(キス)」の5話は、2月4日(日)22:30から放送されます。主役は山崎賢人さん。ヒロインは新木優子さんで、新田真剣佑さん、志尊淳さん、菅田将暉さん、宮沢氷魚さん、門脇麦さん、堀田茜さん、唐田エリカさん、山本亜依さんなどイケメン、美女たちが大勢でられています。宰子(門脇麦)からのキスで想定外のタイムリープをしてしまった世界で、旺太郎(山﨑賢人)は自分に惹かれていたはずの美尊(新木優子)の態度が突然冷たくなったことに戸惑います。さらに、病床で目を覚ますはずだった美尊の父・尊(山田明郷)が亡くなり、尊氏(新田真剣佑)が美尊にプロポーズして会社を継ぐ宣言をするシナリオに変わっていて…。

スポンサーリンク

5話のあらすじ

旺太郎(山﨑賢人)が、小さいときに乗っていた豪華客船を沈めた犯人だと尊氏(新田真剣佑)は、戸惑いながらも尊氏の言うとおりに暮らしています。

尊氏が、長谷部(佐野勇斗)からなぜ美尊(新木優子)と結婚するのか?ときかれてると、いきなりあらわれた旺太郎が「社長になりたいため」と言われます。尊氏は「ばかばかしい」と一笑に付します。そこに美尊がやってきます。旺太郎がはなしかけると、「あなたのことはもう信じない。さよなら」と言って歩いていきます。そこに郡次(小市慢太郎)があらわれると、婚約発表のことを相談してくるといって美尊のところにいきます。旺太郎は、「挽回してやる」と言ってあるいていきます。

向かった先は、宰子のところです。そして、もう一度キスをさせろとせまります。宰子は嫌がりますが、「これは契約だから」と言って無理やりキスをします。旺太郎は笑いながら倒れます。

 

戻った先は、1月20日です。宰子はおばあちゃんのベッドの横で目覚めます。旺太郎はすぐに病院に、尊の容体が急変したと電話をします。すぐに尊のところに医者が駆けつけて一命を取りとめます。なぜ医者が来たのかわからない尊氏は唖然として病室を出ます。そこに旺太郎がやってきて、尊氏と話をしてると、病室から心電計が止まる音が聞こえます。病室に入ってみると、尊は息を引き取ったところです。

そのあと、美尊たちがやってきます。尊氏はその場で美尊にプロポーズします。さらに、旺太郎がクルーズ船を沈めた船長の息子だといって、美尊の同情を引くためについたうそだとばらします。美尊は、「あなたのいうことなんて信じられない」と言ってその場を離れます。

自分の家に戻った旺太郎は、7日戻したくらいじゃ変えられないと悩んでると、長谷部のことを思い出します。

乗馬クラブでは、長谷部が本当に結婚をするのかと旺太郎の代わりに聞いています。尊氏は一刻も早く並木グループのために結婚することが大事だと言って歩いていきます。影で聞いていた旺太郎は長谷部に話しかけますが、逃げられてしまいます。

旺太郎が家に帰ると、母親の光代(奥貫薫)が来ていて料理を作っています。旺太郎は金を出して、「光太を探す金をせびりに来たんだろ、手切れ金だ」と言って渡そうとします。光代はその金を突っ返して、まだ光太は生きてるといいます。旺太郎は、人生を変えようとしてるんだからこれ以上引っ掻き回さないで帰ってくれと追い返します。

旺太郎は、再び長谷部に近づいて尊氏の秘密を教えろといいます。長谷部は嫌がりますが、知っていて何もしなくて、美尊が不幸な結婚をしたら全部長谷部のせいだというと、教えてくれます。秘書の郡次がビデオテープで尊氏を脅していたところを見たということです。旺太郎はそのテープを奪って尊氏に返してやろうと長谷部に言います。

 

1月27日。尊氏と美尊の婚約披露パーティーがホテルで行われています。宰子が配達に行く予定ですが、すでに代わりの人が行ってるといわれます。会場では、多くの取材陣があつまり、多くの業界人たちが集まっています。

そして、尊氏がプレゼンしたというバラの花びらがステージに舞い踊ります。尊氏は美尊はバラアレルギーなので自分はやっていないから片付けろといいます。控え室に美尊がいくと、旺太郎がいます。嘘をついて申し訳なかったといいます。じつはもっと悲惨だったとこくはくします。12年前に同じ船に乗っていて、弟がなくなったと本当のことを美尊にはなします。そして、あの事故のせいで家庭がめちゃくちゃになったから過去もすべて捨てたといいます。

美尊歯ずっと尊氏に守ってもらっていたというと、それが本当の愛なのか、といいます。そして、美尊のことも関係なく婚約パーティーをしたのには、尊氏に秘密があるからだとささやきます。

そのあと、光太の母親の光代が階段から落ちて頭を打って重態だと病院からでんわがきます。そして、緊急手術をするので付き添ってくれといわれます。ステージでは、尊氏と美尊が真っ白な衣装でとうじょうしています。旺太郎は、今はいけないと断って電話を切ると、ワインを持って暗くなった会場に入っていきます。そして、つまずいたフリをして郡次にワインをかけてにげます。旺太郎のあとを布袋(宮沢氷魚)が追いかけます。郡次にはウェイトレスが近づいて、服を着替えてくれと言って上着を預かります。そのウェイトレスはにやりと笑います。

外に出た旺太郎は、ウェイトレスに化けたレイナから郡次の大切にしていたテープを抜き取ります。

スポンサーリンク

 

その日の夜、旺太郎は慰安室にいます。宰子がホストクラブに行って旺太郎の事を聞いてやってきます。旺太郎が来る20分前に息を引き取ったと聞くと、宰子は時間を戻せばやり直せるといいますが、肩の荷がほっとなったし、前に進めば幸せになれるといってキスをするのを拒否します。

ホテルの式場では、郡次と尊氏が旺太郎のことを話しています。尊氏は、あのテープを見てもわけがわからないし、テープがなくなったから、もう郡次は副社長にはしないと言って歩き去ります。

 

旺太郎がテープを見ると、ひとりの子供が何かを投げつけて配電盤から日が出ています。旺太郎は、「このドコがスキャンダルなんだよ」と言って投げようとしましたが、思いとどまります。

そのころ宰子は、春海(菅田将暉)のところに行っています。そして旺太郎が母親のことで悲しくないのかな?と早口で聞きます。春海は、

「きみはどうしたいのさ、エイトに何かしてあげたいの?迷ってるくらいならしてあげなよ」

と帰っていく宰子のうしろからいいます。

 

家にいた旺太郎は、母親の光代が作ってくれた料理を暖めて食べています。そして、「光太のことを思い出すのもいやなの?」という光代の言葉を思い出しています。そこに非通知の電話がかかってきます。出てみると、郡次です。テープを200万円で買い取ると言うことです。20分後に会うことを約束して外に行くと、宰子がいます。光代がなくなって7日目だから、元に戻れる最後のチャンスだといいます。そして、過去から逃げてるだけだと宰子がいうと、キスじゃ変えられない過去があるんだよと言って歩き去ります。宰子は、「キスしてほしくなったら言って」と歩き去る旺太郎に叫びます。

それを聞いた旺太郎は、走って戻ってきて、ホテルでウェイトレスをしてるレイナという人といっしょに、必ずこのテープを手に入れろといいます。そして、「ありがとう」と言って、キスをします。

 

戻った先は、1月27日の尊氏と美尊の婚約発表パーティーの控え室です。美尊が尊氏の秘密を聞くと、あとで教えるといってそノバを離れて光代が落ちた場所に行って光代を助けます。旺太郎は涙を流しています。そして、嫌いなわけじゃなくて、つらいから思い出したくなかっただけだと涙を流します。光代は「よかった」と笑顔で答えます。

旺太郎は、光太をみつけるまえに父親の旺を見つけるべきだといいます。すると、光代は

「お父さんのせいじゃなくて、原因は船の故障で、事故のあとに機関室の映像だけなくなっていたってお父さん言ってたの」

と旺太郎に教えます。それを聞いた旺太郎は、郡次から奪ったテープがその機関室のテープだと気がつきます。すぐに婚約発表パーティーの会場に行きましたが、宰子は尊氏たちに捕まっています。旺太郎がそのテープは機関室で、子供は尊氏じゃないのかと聞くと、尊氏は、そのテープを火の中に放り込みます。尊氏は

「存在しないもののはなしをしてもしょうがないじゃないか。おたがい、これでお開きにしよう」

といって歩いていきます。宰子は布袋に連れ去られます。

 

会場では、ステージに上がった尊氏と美尊が挨拶をするところです。美尊がステージの下にピアスをおとすと尊氏が拾いに行きます。そこに旺太郎がやってきてステージに駆け上がります。美尊は、

「旺太郎?兄の秘密って何なの?」

「ごめん、手に入れられなかった。だから・・・」

そういって、旺太郎は美尊にキスをします。美尊は旺太郎を跳ね除けます。旺太郎が

「前に進めば、未来を変えられる。君なら変えられる」

というと、美尊は尊氏を見た後、旺太郎にキスをします。

(⇒6話のあらすじ

ドラマ『トドメの接吻(キス)』の1話から最終回までの全話を、Huluという動画配信サービスで見れます。Huluは月額1,026円(税込)で日テレのドラマや映画、海外ドラマなどを見れます。

Huluは2週間の無料お試しをしていますので、その期間中に『トドメの接吻(キス)』を無料で見れます。くわしくはこちらから。

Hulu公式サイトはこちら ≫

キャスト

  • 堂島旺太郎 源氏名エイト、ホスト
  • 小山内和馬 志尊淳、旺太郎の後輩で旺太郎のことが好き
  • 辻 弓削智久、ホストクラブ店長
  • 堂島旺 光石研、旺太郎の父親
  • 堂島光代 奥貫薫、旺太郎の母親
  • 根津功一 岡田義徳、母親が雇った探偵
  • 春海一徳 菅田将暉、謎のストリートミュージシャン
  • キス女(佐藤宰子) 門脇麦
  • 並樹美尊 新木優子、並樹グループのご令嬢
  • 並樹尊氏 新田真剣佑、並樹グループの長男
  • 並樹尊 山田明郷、並樹グループ社長
  • 並樹京子 高橋ひとみ、尊の妻
  • 新井郡次 小市慢太郎、尊の秘書
  • 長谷部寛之 佐野勇斗、尊氏の友人
  • 布袋道成 宮沢氷魚、尊氏の友人
  • 森菜緒 堀田茜、美尊の友人
  • 青田真凛 唐田エリカ、美尊の友人
  • 小柳奈々子 山本亜依、美尊の友人

各話のあらすじ

以上、ドラマ「トドメの接吻(キス)」の5話のあらすじ(ネタバレ)と動画と感想です。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました