「トドメの接吻(キス)」の4話のあらすじ(ネタバレ)と動画と感想。尊氏の前に美尊にプロポーズ!

トドメの接吻(キス)-公式サイト-

©Nippon Television Network Corporation

(引用:公式サイト

ドラマ「トドメの接吻(キス)」の4話は、1月28日(日)22:30から放送されます。主役は山崎賢人さん。ヒロインは新木優子さんで、新田真剣佑さん、志尊淳さん、菅田将暉さん、宮沢氷魚さん、門脇麦さん、堀田茜さん、唐田エリカさん、山本亜依さんなどイケメン、美女たちが大勢でられています。尊氏は、叔父の郡司にそそのかされて美尊にプロポーズして社長になろうとしますが、旺太郎はタイムリープを使ってそれを阻止しようとします。

スポンサーリンク

4話のあらすじ

並樹家の養子である尊氏(新田真剣佑)は、父・尊(山田明郷)や美尊(新木優子)たちと12年前の海難事件が起きた豪華客船に乗っています。血の繋がりに関係なく本当の家族だと思っていた尊氏でしたが、偶然、会社の跡継ぎを妹の美尊にきめてあるという尊のことばをきいてしまい、クリスマスプレゼントでもらった馬の置物でエンジンを壊して海難事故をおこしてしまいます。

事件の後、尊氏の仕業だと知った尊は、尊氏から、公表しない代わりに一生不自由ない暮らしをさせるので影から美尊を支えて行けと命令されます。そのときから美尊への想いを封印しています。

その尊が危篤状態になったのをしった社長秘書で叔父の郡次(小市慢太郎)から、事故を起こしたときのテープで脅迫されて、車の中で美尊にプロポーズします。

そのころ、旺太郎(山崎賢人)はお互い幸せになるためにキスの契約をしようと、宰子(門脇麦)を説得していましたがことわられてしまいます。そこに、菜緒(堀田茜)から電話があります。

 

病院に着いた尊氏は、尊が一命をとりとめたと美尊に言ってると、旺太郎がやってきます。旺太郎は、プロポーズされたと菜緒から聞いたといって、

「お兄ちゃんとキスできるの?やれるの?」

とあからさまなことを言い出します。美尊は旺太郎のほほをピンタして歩いていきます。旺太郎は「なぜいきなりポロポーズしたんですか?会社を継ぐことにしたんですか?」とずばりききます。尊氏は旺太郎には入り込む余地はないといってあるいていきます。旺太郎は、<見てろよ、挽回してやる。神の力で>と歩きながら誓います。

 

翌日、乗馬クラブで布袋(宮沢氷魚)と長谷部(佐野勇斗)がけんかをしています。そこに旺太郎がやってきて乗馬を教えてくれと菜緒に頼みます。そして、尊氏に代わって美尊と結婚するとみんなに宣言します。旺太郎は、尊氏がプロポーズする日にタイムリープするように計画を練ります。その日、宰子の店に注文して宰子に配達をさせます。宰子が来ると、旺太郎は「お前はまた俺を救う、俺はお前を信じてる」と言って屋上から飛び降ります。宰子はびっくりして1階まで降りていって「狂ってる」といいながらキスをします。

戻った先は、美尊を助けて病院に来たところです。「ありがとう」と言って返りかけるところ、美尊を呼び止めて「結婚してください」とプロポーズします。そして、「だからお兄さんはあきらめてください。あ、兄妹じゃ結婚できないか」と先制パンチを尊氏にあびせます。次の日から、旺太郎は乗馬クラブに行って美尊としたしく馬の世話なんかを始めます。

しばらくして、父親の尊が危篤になります。同じように叔父の郡次から結婚して並樹グループを継げと言われます。病院に来るまでの間は、尊氏はプロポーズしませんです。旺太郎は病院にいって美尊のそばにずっといて、尊氏を「ここはいいですから」と追い返します。そして、クラッシックのコンサートに行こうといって、わざと結婚式の招待状を落とします。そこで本当はいきたくないんだと、子供の頃にはいい思い出がないと弱みを見せます。美尊はいっしょに行ってくれるといいます。

結婚式の日、新婦から旺太郎の生い立ちを聞いた美尊は旺太郎に同情し始めます。そのことを旺太郎に言うと、旺太郎はつらかったことやさびしかったことを言って美尊の気を引きます。すると、美尊は旺太郎に抱きつきます。そこに尊氏から電話がかかってきましたが、美尊は無視して二人で食事に行こうと旺太朗の手を握って歩き出します。

 

数日後、宰子は病室に来てベッドの上にみかん箱だけがおいてあるのを見て崩れ落ちます。

旺太郎は、結婚式の新婦だった女性とホテルにいます。実は、すべて美尊をだます芝居です。そこに美尊から電話がかかってきて、尊の意識が戻ったとききます。いずれ挨拶させてくれとお願いします。

しばらくして、バラの花束を持って挨拶に行こうとして春海一徳(菅田将暉)と話してるときに、宰子が現れてキスされます。二人が倒れた後、晴海は「もどったか」とつぶやきます。

 

旺太郎が戻った先は、美尊に後ろから抱きつかれたときです。尊氏から電話がかかってきましたが、今回は急用があるからと言って美尊とは別れます。

家に帰った美尊は、尊氏から旺太郎とは離れたほうが言いといわれましたが、すでに美尊の心の中は旺太郎でいっぱいです。

旺太郎は宰子の家に行くと、ないています。理由を教えろというと、もうすぐおばあちゃんが亡くなるといいます。「じゃあ、早く行け」といいますが、「行ってもしぬ」と言って動きませんです。

「俺に言わせれば贅沢だよ。会えないほうがよっぽどつらい。何もしないなら時間を戻すな。キスの無駄遣いだ」

と言っていこうとすると、宰子は「行ってくる」と立ち上がります。

二人が病院に行って、宰子はひとりで病室に入っていきます。

その頃、尊氏は早くプロポーズしろと郡次から脅されています。

スポンサーリンク

 

宰子が病院から出てくると、旺太郎は待っていてくれます。

「最期を看取ったのか?」

「生きてる、前より長く生きてる」

「宰子にあえたからかな。タイムリープしたおかげだ。ほらな、宰子には幸せになる資格があるんだ」

「でも、こうなったのはたぶん、事故にあったせい。事故にあったときにわたしを助けてくれた男の子たちがしんじゃったから。わたしだけ幸せに離れない。幸せになっちゃいけない。ひとりだけたすかったから、罰が当たったんだと思う」

「俺も似たようなことががきのときに合ったよ。弟を事故で亡くしたんだ。でもおれは、弟の分まで幸せになるって決めたんだ。出なきゃ、生きてる意味ないだろ。なあ、宰子、いくら時間を戻せても何もしなければ結果は同じだ。でも前に進めば、人生を変えられる。俺達は幸せになれるんだよ。あ、そうだ。キスしてほしくなったら言えよ」

そういうと、旺太郎は歩いていきます。

宰子は病室にもどっておばあちゃんと話します。おばあちゃんは「宰子、しあわせになってね」とやさしく言います。宰子はおばあちゃんを抱きしめます。その姿を旺太郎はそっと見ています。

 

尊の意識が戻ります。尊は

「わたしがしんだら、美尊をささえてやれ。約束を忘れるな。返事は?」

「12年前の約束ですよね。覚えてます」

と言って、12年前のことを思い出します。美尊が生まれるのを知っていたら尊氏を引き取ることはなかったという尊の言葉をきいて、絶望した尊氏はもらった置物を投げつけて事故を起こしたんです。

急に苦しみだした尊に、その防犯テープは郡次が持っていて、脅されてると尊にいいます。そして、籍を抜いて美尊と結婚すると尊に言います。尊は「尊氏・・・」とつぶやきながら亡くなります。

知らせを聞いてやってきた美尊や京子(高橋ひとみ)には、自分が来たときにはもうなくなっていたとうそをつきます。そして、廊下で休んでる美尊に、プロポーズをします。「旺太郎にはだまされるな。あいつの父親は僕たちが乗っていたクルーズ船を沈めた船長だよ。それでも、あいつを守りたいと思うのか」と美尊を説得します。

数日後、病室を訪れた旺太郎は尊がなくなったことに愕然とします。旺太郎は<ドコで変わったんだ・・・尊氏>と思いながら病院を走っています。

その頃、並樹グループでは、尊氏が美尊と結婚して並樹グループを継ぐことが承認されています。

 

宰子がおばあちゃんの遺品を持ってあるいていると、箱が抜けて中身が道路におちます。拾ってると、晴海がやってきて話しかけます。

(⇒5話のあらすじ

ドラマ『トドメの接吻(キス)』の1話から最終回までの全話を、Huluという動画配信サービスで見れます。Huluは月額1,026円(税込)で日テレのドラマや映画、海外ドラマなどを見れます。

Huluは2週間の無料お試しをしていますので、その期間中に『トドメの接吻(キス)』を無料で見れます。くわしくはこちらから。

Hulu公式サイトはこちら ≫

感想

オモシロくなってきます。タイムリープを繰り返すことで、初めはクズの男だった旺太郎が少しずつもともになってきて、逆に正義の男っぽかった尊氏がダークサイドにおちてきてしまいます。事故を起こした張本人は尊氏で、その原因を作ったのが父親の尊ですが、そのことをひたすら隠し続けてきたものが、ここにきて一気に外に出てきてしまった感じがあります。そして、その二人によって人生を台無しにされた旺太郎が、これから自分の人生を取り戻していくというサクセスストーリーに変わってきたような気がします。

このままの状態で行くのか、それとも、尊がなくなる前にもう一度タイムリープして尊氏をけん制するのか、旺太朗の行動が楽しみです。とは言え、旺太郎にとって、じゃまなのはその二人です。美尊と母親はすでに旺太郎に好意をもっていますので、何とかなりますが、尊氏と尊は絶対にさんせいはしないはずです。さらに、並樹グループの役員連中も何とか手なずけないといけないのですが、どういう手を打ってくるのか、期待したいです。

キャスト

  • 堂島旺太郎 山崎賢人、源氏名エイト、ホスト
  • 小山内和馬 志尊淳、旺太郎の後輩で旺太郎のことが好き
  • 辻 弓削智久、ホストクラブ店長
  • 堂島旺 光石研、旺太郎の父親
  • 堂島光代 奥貫薫、旺太郎の母親
  • 根津功一 岡田義徳、母親が雇った探偵
  • 春海一徳 菅田将暉、謎のストリートミュージシャン
  • キス女(佐藤宰子) 門脇麦
  • 並樹美尊 新木優子、並樹グループのご令嬢
  • 並樹尊氏 新田真剣佑、並樹グループの長男
  • 並樹尊 山田明郷、並樹グループ社長
  • 並樹京子 高橋ひとみ、尊の妻
  • 新井郡次 小市慢太郎、尊の秘書
  • 長谷部寛之 佐野勇斗、尊氏の友人
  • 布袋道成 宮沢氷魚、尊氏の友人
  • 森菜緒 堀田茜、美尊の友人
  • 青田真凛 唐田エリカ、美尊の友人
  • 小柳奈々子 山本亜依、美尊の友人

各話のあらすじ

以上、ドラマ「トドメの接吻(キス)」の4話のあらすじ(ネタバレ)と動画と感想です。

スポンサーリンク


コメント

  1. 匿名 より:

    尊氏

タイトルとURLをコピーしました