「小さな巨人」8話のあらすじ(ネタバレ)と動画の無料視聴!

ドラマ「小さな巨人」の8話のあらすじや感想などをまとめます。200%のカンで富永専務を任意同行して取り調べをしますが、小野田捜査一課長によって証拠不十分であっさり釈放されてしまいます。打つ手のなくなった香坂の次の手はあるのか?

スポンサーリンク

ドラマ「小さな巨人」8話のあらすじ

八方塞がりの香坂(長谷川博己)と山田(岡田将生)は、小野田捜査一課長(香川照之)になぜ富永専務(梅沢富美男)を釈放してしまったのか、詰め寄ります。小野田捜査一課長は、新たな証拠が出てきたと言って、二人に見せます。それは、早明学園の裏口の映像です。そこには、横沢が現場から降りてきた姿が映っています。ただ、その画像には、大麻を吸ってる警察幹部の息子の学生の姿が写っていて提出できなかったと言われます。

小野田捜査一課長が任意同行を掛けた本心は、その画像を提出させることにあったと言います。富永からは、そのことを表ざたにしないために、幹部たちとロッカー室で打ち合わせをした時に、証拠のボールペンを落としたかもしれないと言うことです。

香坂は、小野田捜査一課長が富永専務に気を使ったとしか思えないと言うと、「ああ、そうだよ」と引き上げてもらった恩義があると、小野田捜査一課長は言い切ります。そして、300%、横沢の犯行だと言って手配をさせ直します。

小野田捜査一課長は、裏帳簿を香坂たちより早く何とか手に入れることを藤倉(駿河太郎)に命じます。

所轄では、須藤課長(神野三鈴)から捜査本部に合流するように命じられます。藤倉は香坂から、横沢について調べていたことをすべて聞き出します。香坂は、マスコミを使って他の容疑者仕立てれば横沢が出てくるかもしれないと藤倉に言います。横沢の奥さんの亜美(中村アン)の護衛には、三島(芳根京子)を推薦します。藤倉はその案に賛成して、三島は護衛につきます。香坂は、毎朝新聞の社会部記者の佐川(好井まさお)に電話をしてウソの情報を流してくれるように頼みます。

藤倉が小野田捜査一課長に現状を報告すると、横沢が現れるまでは香坂の思うようにさせろと言われます。「目的のためなら、使えるものは何でも使え。所轄でも、同期でもな」と言われます。

横沢から妻にメールが入ります。それを知った捜査本部は緊急配備を敷きます。横沢の妻の亜美も早く出頭してもらいたいと三島に伝えて、横沢から指定された場所に行きます。

公園のベンチで座ってる亜美に一人の男が近づいて何かを渡します。その男がベンチを離れると、捜査一課の職員に取り押さえられます。そこは所轄の担当の場所です。香坂が藤倉に「どういういことだ」と連絡すると、配置変更の知らせが出来なかったと言われただけです。翌日、藤倉は、捜査情報を誰かが漏らしたんじゃないかと、逆に言われてしまいます。それを聞いて、三島は、亜美が自分の携帯を見ていたことを思い出しますが、何も言いませんです。

署で山田と香坂が話していると、内から香坂に電話がかかってきます。富永専務は、今でも香坂の父親を見舞っているようです。

しばらくして、妻の亜美に横沢からメールが来て、再び横沢と会うことになります。亜美は三島に一緒に付き添ってもらいたいと言うことです。その場所に行って、15分前に、場所を変えると言うメールが来ます。亜美たちがその場所につくと、再び場所を変えるメールが来ます。亜美はその場所につきますが、所轄は初めに配備され断場所のままです。

三島は亜美から飲み物のおかわりを頼まれて、席を離れます。亜美は三島の携帯をとって、何処かに連絡をします。すると、亜美の後ろにいつのまにか三島が立っています。亜美は、三島の携帯で横沢と連絡を取っていたんです。亜美から、横沢と一目あったら警察に出頭させるからお願いと頼まれて、飲み物をわざとこぼします。亜美は着替えるために試着室に三島と行きます。時間がかかりすぎると女性捜査員が踏み込むと、亜美の姿はありませんです。

逃げた亜美は、一番上の階で横沢と会って、携帯とお金を渡します。「これで逃げて」と亜美が言うと、三島と香坂たちが現れます。香坂は、三島が携帯を利用されているということは知っていたと言います。数日前に、香坂から、「本当にすべきことは何か考えて、しっかり利用されろ」と言われた三島の答えが、これです。三島の携帯も、香坂の携帯にすべて転送されるようにしてあったんです。香坂は、

「逮捕する前に、二人を合わせるべきだと思います。横沢さん、後はあなた次第です」

そういうと、横沢は、

「出頭します。あの夜、何があったのかすべてお話しします」

と言って、香坂たちと行こうとすると、藤倉たちが現れます。逮捕状を突きつけた後、横沢を連行していきます。行こうとする藤倉に、

スポンサーリンク

「お前は本当に、一課長の指示に従うことが正しいと思ってるのか」

「香坂、おれとお前は生き方が違う。上の指示に従う。ただ、それだけや。そうやって出世してきた。お前はどうや、お前は間違ってる」

「藤倉、本当にそう思ってるのか。俺たち動機は何度も迷ってきた。そして、何が正しいのか、何が正義なのか探して来たんじゃないのか。藤倉、おれたちは何のために、警察官になったんだ!」

「そんなもん、もうわすれたわ」

そういって、藤倉は行ってしまいます。

 

署に戻ってくると、香坂は何か一つ引っかかってると言いだします。なぜ、横沢が警察が張り込んでない場所を知っていたかです。横沢に警察からの内通者がもう一人いたということです。そう考えていると、藤倉が横沢を豊洲署に連れてきます。

「俺たちの正義を守りたい思うて。同期の絆ちゅうやつや」

藤倉も捜査一課長のやってることに納得していない様です。そこに捜査一課長から電話が藤倉にかかってきます。

「自分がなにをしているのか、判ってるんだろうな」

そういうと、切られます。藤倉は、

「香坂、上に立て。当たり前のことが当たり前にできる組織に変えてくれ。たのむ」

と言い残して帰っていきます。

香坂が刑事部屋にいくと、横沢が逃げたと報告を受けます。捜査一課長は緊急配備を敷きます。

香坂が三島に聞くと、横沢を山田に託して席をはずしたらいなくなってしまったということです。その山田もいなくなっています。もう一人の警察内部の内通者は山田です。

離れた場所で、横沢と山田は会っています。

(⇒9話のあらすじ

ドラマ「小さな巨人」の1話から最終回までの全話を、Paravi(パラビ)という動画配信サービスで見れます。パラビは月額1,017円(税込)でTBSとテレビ東京、WOWOWのドラマをメインに見れるサービスです。

2週間の無料体験をしていますので、それを利用して「小さな巨人」を無料で見れます。詳しくはこちらから。

パラビ公式サイトはコチラ ≫

ドラマ「小さな巨人」8話の感想

おもしろかったですね。顔芸と大声と「敵は味方のふりをする」にそろそろ飽きてきたと言う人も多いのですが、やはり主役の長谷川博己さんと岡田将生さんがカッコ良くて、いいドラマだと思います。最後で、再び、山田は香坂を裏切って単独で捜査をして裏帳簿を見つけようとしましたが、これからどうなっていくのか、とても楽しみです。

今回は、LINEの転送が使われています。昨年話題になったあれです。あの件があって以来、LINEを使う人は慎重になったと思いますが、のど元過ぎれば・・・っていう感じで再び情報が洩れ放題になってるかもしれません。気になることがあれば、一度確かめられてみることをお勧めします。

ドラマ「小さな巨人」のキャスト

  • 香坂真一郎 長谷川博己、元捜査一課係長、芝署刑事課課長代理
  • 山田春彦 岡田将生、捜査一課長付運転手
  • 小野田義信 香川照之、警視庁捜査一課長
  • 片山昭三 神尾佑。特殊犯捜査担当管理官
  • 藤倉良一 駿河太郎、捜査一課2係係長
  • 三島祐里 芳根京子、警視庁人事課職員
  • 柳沢肇 手塚とおる、警務部監察官
  • 三笠洋平 春風亭昇太、芝署署長、前捜査一課長
  • 杉本学 池田鉄洋、芝署副署長
  • 渡部久志 安田顕、芝署刑事
  • 中村俊哉 流星涼、芝署刑事
  • 東山智之 加治将樹、芝署刑事
  • 石倉慎之介 丸一太、芝署刑事
  • 神岡梢 夏緒、芝署刑事
  • 香坂敦史 木場勝己、香坂真一郎の父親
  • 香坂真由美 三田佳子、香坂真一郎の母親
  • 香坂美沙 市川実日子、香坂真一郎の妻
  • 中田和正 桂文枝、ゴーンバンク社の社長
  • 中田隆一 加藤晴彦、中田和正の息子、中田エレクトロニクス社長
  • 五十嵐仁 堀尾正明、ゴーンバンク社顧問弁護士、
  • 謎の女 佐々木希

各話のあらすじ

以上、ドラマ「小さな巨人」8話のあらすじと感想です。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました