「小さな巨人」6話のあらすじ(ネタバレ)と動画の無料視聴!香坂は豊洲署に!

ドラマ「小さな巨人」の6話のあらすじや感想などをまとめます。中田隆一は逮捕されましたが、三笠署長は横滑りで他の署の署長に異動になっただけです。香坂は豊洲署に異動になります。

スポンサーリンク

ドラマ「小さな巨人」6話のあらすじ

香坂は豊洲署に異動します。本部の人事課にいた三島祐里(芳根京子)は、香坂にあこがれて刑事になって、同じ豊洲署に配属になります。そして、小野田捜査一課長の運転手担当だった山田(岡田将生)も豊洲署の刑事課に係長として異動になります。

豊洲署に、夫の横沢裕一(井上芳雄)が失踪したから探して欲しいと妻の亜美(中村アン)が相談しに来ます。横沢裕一は、早明学園の事務局で経理課長です。早明学園の富永専務(梅沢富美男)は、警察官僚からの天下りで元捜査一課長です。香坂の父親とも深い関係があるようで、小野田捜査一課長を引き上げた人物です。香坂は、山田と三島に横沢裕一の捜査を命じます。

香坂は、小野田捜査一課長に、富永専務に話を通しておいてもらいたいとお願いをします。

早明学園では、初等部・中等部着工記念式典が行われていて、金崎玲子理事長(和田アキ子)が挨拶をしています。香坂と山田、三島の3人で捜査に行きます。香坂は富永専務と話をします。香坂の父親は、富永専務の右腕として活躍していましたが、ある失敗を機に、所轄の刑事に富永専務によって左遷させられたんです。当時の香坂は、そんな父親を軽蔑しています。そして、金崎理事長に相談をもちかけられます。横沢裕一は6000万円の横領をしていたということです。そして、お金さえ戻ってくれば、大事な時なので公けにしないと言われます。香坂は、失踪届が出ているので、それとこれとは別ですと返事をします。

山田と三島は経理課の社員に話を聞きいてると、経理課の矢部貴志(ユースケサンタマリア)に後をつけられています。その男と山田は面識があるようです。

署に戻ると、渡部(安田顕)がやってきます。渡部は、捜査一課長の運転担当になります。小野田捜査一課長が会いたいということで、連れに来たんです。小野田は、横沢裕一の捜査の打ち切りを告げます。「組織には知らなくてもいいことがあるんだ」と言われます。富永専務からの横やりです。

翌日、三島が出署途中に、山田が横沢裕一の家から出てくるのを見ます。何か手がかりがあるかもと言うことで、家の中を探していたようです。そして、妻の亜美が、昔職場の同僚の矢部を連れてきたことを思い出したということです。山田が通常の失踪人扱いに切り替えたことも聞きます。富永専務、小野田捜査一課長、山田が、一人の人間を香坂から遠ざけようとしているところに、不審な気配を感じます。

香坂は、依然知り合った毎朝新聞の社会部記者の佐川勇人に電話をして、あることを調べてもらいます。香坂は、山田抜きで矢部を調べ始めます。職務質問から任意同行をかけようと、会社から尾行を始めます。その後ろには山田がいます。山田は途中、矢部に情報を漏らして逃がして、ニセの情報を刑事たちに伝えてまんまと矢部を逃がします。刑事たちは、逃がした責任は三島にあると思います。

署に戻ると、他の刑事は三島を攻めますが、香坂は皆を帰した後で三島に本当のことを聞くと、山田がニセの情報を流したと知ります。何かを隠していると知った香坂は、山田を問い詰めます。が、何も言いませんです。そのとき、記者の佐川から電話があります。早明学園は一部の議員と手を組んで不当な土地売買をしているということです。それは、価値がなくて困ってるごみの埋め立て地を国から10億円買う代わりに、学園設立の認可をもらって、政治家の顧問をつけ、外務省からのいろいろな補助をもらっているということです。

三島が早明学園に矢部のことを聞きに行きます。とるに足らない情報でしたが、前に学園の前でけんか騒ぎが会ったときに、矢部がスマホで

「有明5丁目15の10、PCの手配お願いします」

と言っていたのを聞いたということです。それを聞いた香坂は、矢部の正体と山田の狙いが分かったと言います。そして、三島にもう一つ頼みます。

スポンサーリンク

香坂は、矢部の正体が分かったと山田に話をします。三島が言っていたPCとはパトカーのことです。矢部は本名が江口和夫で元捜査二課の刑事で、山田の先輩刑事です。それを聞くと、山田はすべてを話しだします。江口和夫は、超極秘に早明学園の裏取引を内定していたんです。江口は失踪した横沢に近づいて裏帳簿を得ようとしています。横沢が手に入れたと聞いた後、横沢が失踪してしまったのです。そこで、江口は山田にどこかに隠されているその裏帳簿を探してほしいと頼まれます。そのため、横沢の家を探していたんです。

全てを聞いた香坂は

「事情は分かった。だが、どうしても許せないことがある。なぜ、わたしに報告しなかった。わたしが情報をもらすとおもったのか。それほどまで信用できなかったのか」

「前に言ったでしょ。僕は捜査一課の人間ですよ。あなたは所轄の人間だ。一度横滑りした警察官は二度と這い上がることはできない。一課のぼくがそんな所轄刑事を信用するわけがない。敵は味方のふりをする。最初から観方なんていないんですよ。僕らにとって、自分以外の全員が敵なんです」

行こうとする山田に声をかけると

「ぼくにも言えないことがあるんだ」

と言って出て行きます。そこに、江口から電話がかかってきます。横沢の居場所と小虎のありかが分かったということで、協力してもらいたいと言われます。山田は車に乗って出かけて行きます。その姿を三島が見て、香坂に連絡します。香坂と三島はGPSで居場所を確認して車で移動します。

そのビルについて、鍵が盗まれていた屋上に上がると、山田が立っています。その足元には、血を流して江口が倒れています。香坂を見ると山田は逃げ出します。香坂が追いつくと、

「香坂さんに早く報告すればよかった」

そこに、捜査一課の刑事が来て山田が逮捕されます。

(⇒7話のあらすじ

ドラマ「小さな巨人」の1話から最終回までの全話を、Paravi(パラビ)という動画配信サービスで見れます。パラビは月額1,017円(税込)でTBSとテレビ東京、WOWOWのドラマをメインに見れるサービスです。

2週間の無料体験をしていますので、それを利用して「小さな巨人」を無料で見れます。詳しくはこちらから。

パラビ公式サイトはコチラ ≫

ドラマ「小さな巨人」6話の感想

おもしろかったですね。どうなっていくのか、裏でだれが動いているのかおもしろくなってきます。特に、芳根京子さん演じる三島がとても新鮮で良かったです。できれば初めから刑事として出してもらいたかったですね。

ドラマ「小さな巨人」のキャスト

  • 香坂真一郎 長谷川博己、元捜査一課係長、芝署刑事課課長代理
  • 山田春彦 岡田将生、捜査一課長付運転手
  • 小野田義信 香川照之、警視庁捜査一課長
  • 片山昭三 神尾佑。特殊犯捜査担当管理官
  • 藤倉良一 駿河太郎、捜査一課2係係長
  • 三島祐里 芳根京子、警視庁人事課職員
  • 柳沢肇 手塚とおる、警務部監察官
  • 三笠洋平 春風亭昇太、芝署署長、前捜査一課長
  • 杉本学 池田鉄洋、芝署副署長
  • 渡部久志 安田顕、芝署刑事
  • 中村俊哉 流星涼、芝署刑事
  • 東山智之 加治将樹、芝署刑事
  • 石倉慎之介 丸一太、芝署刑事
  • 神岡梢 夏緒、芝署刑事
  • 香坂敦史 木場勝己、香坂真一郎の父親
  • 香坂真由美 三田佳子、香坂真一郎の母親
  • 香坂美沙 市川実日子、香坂真一郎の妻
  • 中田和正 桂文枝、ゴーンバンク社の社長
  • 中田隆一 加藤晴彦、中田和正の息子、中田エレクトロニクス社長
  • 五十嵐仁 堀尾正明、ゴーンバンク社顧問弁護士、
  • 謎の女 佐々木希

各話のあらすじ

以上、ドラマ「小さな巨人」の6話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。

スポンサーリンク


コメント

  1. […] 6話のあらすじ […]

タイトルとURLをコピーしました