「小さな巨人」3話のあらすじ(ネタバレ)と動画の無料視聴!次の標的は中田隆一!

ドラマ「小さな巨人」の3話のあらすじや感想などをまとめます。風見京子の飛び降り事件と中田和正の誘拐事件がつながってきます。が、肝腎のデータを盗用した池沢菜穂が、ゴーンバンク社によって、証言を変えさせられてしまいます。次の標的は中田隆一です。

スポンサーリンク

ドラマ「小さな巨人」3話のあらすじ

香坂(長谷川博己)は、池沢菜穂(吉田羊)が真犯人がいると言ったので、捜査を続行させてくれと三笠署長(春風亭昇太)におねがいしましたが、やんわりと拒否されてしまいます。

捜査一課長室では、小野田捜査一課長(香川照之)が、池沢菜穂が証言を翻してしまったことを香坂を任せた山田春彦(岡田将生)に怒っています。さらに、捜査2課の資料を香坂に渡したのが、山田だと知っていて、

「しょせん、ただの坊ちゃんだったか、下らんプライドなど捨ててしまえ。事件解決のためにありとあらゆる手を考えろ。2課とつながりをつくったんなら、情報を搾り取れるだけ搾り取ってこい。これからは私が操作の指揮を執る。事件解決のためなら、私は何でも使う。2課でも、所轄でもだ」

と吠えます。

所轄では、香坂は、捜査続行を決意して、渡部久志(安田顕)と中村俊哉(流星涼)に伝えています。そこに、副署長がやってきて、特別捜査本部が立つと伝えます。小野田捜査一課長は、捜査会議が始まる前に、「真実を語るものよりも真実を隠すモノの方が罪は軽い。この件は警察への挑戦だ。捜査1課と所轄のちからをあわせて、かならず、真相を究明しろ」とげきを飛ばします。

中村も、他の所轄の刑事たちも小野田捜査一課長の言葉に感動していましたが、香坂ひとりだけは、「何かが違う」と小野田捜査一課長の腹の中を考えています。

捜査1課も、香坂と同様に、ナカタエレクトロニクスの中田隆一社長をあやしいとにらみます。が、事件当日、西麻布にあるバーにいたというアリバイがしっかりあります。証言者は、店のオーナーの山本アリサ(佐々木希)と店員の高瀬賢治です。その写真を見た香坂は、山本アリサは、香坂が処分された事件の晩に中田隆一と一緒にいた女だと気が付きます。

香坂が署長室に呼ばれると、小野田捜査一課長と三笠署長が待っています。ただ、山田はいませんです。小野田捜査一課長は、所轄にある捜査を依頼します。その捜査とは、監視カメラの画像チェックです。ただ、捜査範囲は重要な場所でなく周辺地域です。つまり、他の仕事をさせないための捜査です。そして、捜査1課に欠員が出たので、中村が捜査1課に合流することになります。香坂は、それとなく中村に捜査1課の動きを教えてもらえるように頼みます。

山田は単独で捜査2課に行って、資料を集めています。が、何も出してはもらえませんです。小野田捜査一課長に報告すると、「捜査2課は何かつかんだようだ。別な手を考えろ。使えるものは何でも、所轄でも、香坂でもだ」と言われます。

一方で、柳沢監察官が捜査2課の課長とあっていて、なにか動き始めたようです。

香坂は、中田隆一のアリバイを証言したバーに行って、店員に確認しましたが、証言は同じです。そこに、副署長がやってきて署に戻るように言われます。所に帰ってくると、山田が現れます。香坂は山田と話をします。香坂がどうしてキャリアにならなかったのかと聞くと、山田は激昂して、キャリアになろうとしたときに絶望を感じて、ノンキャリアじゃなきゃなれない捜査一課長になることを決意したと語ります。小野田捜査一課長が何を考えているのかわからないと香坂が言うと、小野田捜査一課長が何を考えてるの香関係ない、従うだけだと言い残していってしまいます。

香坂は家に帰ると、中田隆一と山本アリサが一緒にいたときに持っていた封筒についていたマークを思い出します。ロンドンリバー証券の封筒です。そこに、山田がやってきて、中田隆一と山本アリサが前からつながっていることを知って、なぜ捜査一課に報告しなかったと言って、出て行こうとします。山田は山本アリサが載っていた捜査2課の書類のことを思い出して、立ち止まります。香坂は、そんな山田に手を組もうと言いだします。手柄はくれてやるので、捜査一課長への報告は待ってくれと言います。山田は、にやりと笑います。

山田は、捜査2課が山本アリサを追っていたと話します。中田隆一のインサイダー取引に、ロンドンリバー証券が関わっていたんです。任意で引っ張ろうと、二人で山本アリサのバーへ行くと、すでに藤倉良一(駿河太郎)が来ていて、署に連行して行くところです。香坂たちしか知らない情報を藤倉が知っていたということは、所轄から情報が漏れていたということです。

香坂は所長室に呼ばれて、勝手に動いていることを叱責されて、服務規程違反で処罰されるかもしれませんです。刑事部屋に戻ると、渡部は情報を漏らしたものは誰かと大声を出しましたが、今はそれをしてる時でないと香坂に言われます。香坂は、捜査1課に言われた防犯カメラの画像に問題を解決するカギがあると言って、刑事たちにはっぱをかけます。

しばらくすると、ゲームの販売の行列に並んでいる高瀬賢治の画像が見つかります。そのゲームは、風見京子さんが亡くなった日の、午前0時発売のゲームです。これでアリバイを崩すことができます。香坂は渡部にDVDの画像鑑定とコピーを依頼します。中村は捜査1課に戻ると出て行きます。

渡部がコピーをしながら、部屋を離れると、ある人物が入ってきて、コピーを中止させてそのDVDを持っていこうとします。行こうとするその人物のうしろから、

「なにをしてるんです。勝手に持ち出されては困りますよ。杉本副署長」

スポンサーリンク

と香坂と山田が声をかけます。そこに所轄の刑事たちが全員集まってきます。実は、副署長は本部に戻ることが決まっていて、手土産に所轄の情報を、中村を使って捜査一課に流していたんです。そのため、山本アリサも先手を奪われてしまい、今回もアリバイ崩しの動画を持っていかれるところです。香坂は、DVDコピーの機材室に監視カメラを仕掛けていて、副署長が盗んでいる所と捜査一課に連絡している所がしっかり映っています。香坂が一喝すると副署長は崩れ落ちます。

あやまる中村を渡部たちが慰めて、捜査に駆け出します。香坂と渡部は署長と小野田捜査一課長に、山本アリサの尋問の許可をもらいます。小野田捜査一課長はどこかに連絡をします。

香坂と山田達が山本アリサのバーに行くと、もぬけの殻です。警察の情報がどこからかもれています。中田隆一との内通者、裏切り者がいます。

そのころ、小野田捜査一課長と中田和正と中田隆一は料亭でお酒を飲んでいます。

山田は、山本アリサの口座情報を持ってきます。その中に、小野田捜査一課長の奥さんの小野田ゆかりの名前が載っています。香坂は気が付きます。小野田捜査一課長は、山本アリサとつながっていて、香坂が所轄に飛ばされた事件のときに小野田捜査一課長が会いに来たのは、香坂と三笠署長の席ではなくて、山本アリサと中田隆一の席だったのではないかと感じます。二人のつながりを隠すために、調べられるのを拒否したんだと気づきます。

「すべて、一課長の仕業で、犯罪に手を貸したことになる」

「敵は味方のふりをする。我々の最大の敵はあの人だったんだ」

香坂と山田は共通の敵を認め合います。

(⇒4話のあらすじ

ドラマ「小さな巨人」の1話から最終回までの全話を、Paravi(パラビ)という動画配信サービスで見れます。パラビは月額1,017円(税込)でTBSとテレビ東京、WOWOWのドラマをメインに見れるサービスです。

2週間の無料体験をしていますので、それを利用して「小さな巨人」を無料で見れます。詳しくはこちらから。

パラビ公式サイトはコチラ ≫

ドラマ「小さな巨人」3話の感想

おもしろかったですね。やはり、ラスボスは香川照之さんです。オモシロくなってきましたね。香坂と山田が結んでどうやって立ち向かっていくのか、とても楽しみです。香坂は、所轄の力、脚で捜査をしていくのが得意ですし、山田は、父親のコネを使ったり、おそらく同期もいるはずなのでそういった人たちを使って情報を集めていくのではないかと思います。

ただ、相手は捜査一課長なので、証拠を残していることはあまりないのではないかと思います。さらには、柳沢監察官が目を光らせていますし。もしかしたら、小野田捜査一課長には仲間がいるのかもしれませんし、さらに、上とのつながりがあって、その人の指示を仰いでいるのかもしれません。前回も書きましたが、岡田将生さん演じる山田の父親の内閣官房副長官と小野田捜査一課長はつながっていて、その人がラスボスなのかもしれません。とても楽しみです。

今回も最後のセリフに出てきました、

「敵は味方のふりをする」

ですが、実生活に応用できるのではないかと思います。敵とか味方の分け方じゃない場合がほとんどと思いますが、相手に取り入るためには、見方のふりをして相手の懐に入っていくことが大事だと思います。例えば、出世したいと思えば、上司の懐に入ることが大事ですよね。そのときに、自分の考えを上司にぶつけるよりも、上司に気に入られる考え方を選択したほうが、スムーズにいくと思います。決してすり寄ったり、ごますりをするわけではなくて、出世するという目的のために好都合な考え方を手段として選ぶというやり方です。

そもそも、100%同じ考え方の人間はいないですから、夫婦でも、お互いに歩み寄って暮らしていくことが大事だと感じます。「敵は味方のふりをする」ということをちょっと頭の中において、暮らしてみてはどうでしょうか。

ドラマ「小さな巨人」のキャスト

  • 香坂真一郎 長谷川博己、元捜査一課係長、芝署刑事課課長代理
  • 山田春彦 岡田将生、捜査一課長付運転手
  • 小野田義信 香川照之、警視庁捜査一課長
  • 片山昭三 神尾佑。特殊犯捜査担当管理官
  • 藤倉良一 駿河太郎、捜査一課2係係長
  • 三島祐里 芳根京子、警視庁人事課職員
  • 柳沢肇 手塚とおる、警務部監察官
  • 三笠洋平 春風亭昇太、芝署署長、前捜査一課長
  • 杉本学 池田鉄洋、芝署副署長
  • 渡部久志 安田顕、芝署刑事
  • 中村俊哉 流星涼、芝署刑事
  • 東山智之 加治将樹、芝署刑事
  • 石倉慎之介 丸一太、芝署刑事
  • 神岡梢 夏緒、芝署刑事
  • 香坂敦史 木場勝己、香坂真一郎の父親
  • 香坂真由美 三田佳子、香坂真一郎の母親
  • 香坂美沙 市川実日子、香坂真一郎の妻
  • 中田和正 桂文枝、ゴーンバンク社の社長
  • 中田隆一 加藤晴彦、中田和正の息子、中田エレクトロニクス社長
  • 五十嵐仁 堀尾正明、ゴーンバンク社顧問弁護士、
  • 謎の女 佐々木希

各話のあらすじ

以上、ドラマ「小さな巨人」の3話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました