黄昏流星群の7話のあらすじ(ネタバレ)。妻が全てを知る時

黄昏流星群

(引用:番組公式サイト

ドラマ「黄昏流星群」の7話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。

ドラマ「黄昏流星群」の7話のあらすじ

完治(佐々木蔵之介)の病室に、真璃子(中山美穂)の友人の水原聡美(八木亜希子)と完治の友人の須藤武史(岡田浩暉)が見舞いに来ます。須藤と聡美は交際を始めたといいます。真璃子が聡美と病院の売店に買い物に出てるあいだに、須藤から倉庫のことであるお願いをされます。

真璃子が家に帰ると、日野春輝(藤井流星)から電話が入ります。完治の容体について話す二人でしたが、美咲の話題になると気まずい空気になります。また連絡して良いかと言う春輝に、美咲のいないと時にはかけてこないで、と真璃子ははっきり断って電話を切ります。

退院した完治が荻野倉庫に出社します。完治の入院に一端の責任を感じる川本 保(礼二)は気まずそうにしながらも、「経費削減」をうったえます。そんな川本に、完治は新事業の資料を差し出します。須藤から、別れた家族の思い出の品を倉庫で預かって欲しいと頼まれた完治は、捨てられない品を個別で預かるサービス「思い出ボックス」を考えたのです。売上が小さすぎて商売として成り立たないと反対する川本でしたが、荷物の整理まで一人で行うと言う完治の熱意に負けて渋々了承します。

完治はホームページを作って、チラシを作って結婚式場などや会社を回り始めます。

ある日のお昼、食堂で働く目黒 栞(黒木 瞳)を見つけますが何故かよそよそしい態度です。しかたなく、メッセージだけを送ります。栞のことを気にしながら、「思い出ボックス」の仕事を軌道に乗せるために毎日忙しく残業を始めます。

ある日、会社を帰る栞をみかけて完治が声をかけると、川本と対立していて大丈夫ですか?と心配がられます。完治は、とても楽しいと笑顔で答えます。栞は、なにも言えずにそのまま帰っていきます。

実は、栞は病院で完治と別れて欲しいと美咲に言われたことに大きく心を揺さぶられて、栞は悩んでいたんです。

ある日、真璃子が家にいると、春輝の母親からさ来週の土曜日に結納したいと連絡をもらいます。数日後、真璃子は、帰ってきた「美咲に本当にいいの?春輝さんいがいにすきなひといるんでしょ?」とききますが、逆に、両親を見てるとイライラする、完治が浮気をしてるの知ってるでしょ?本当に好きなの?と言われてしまいます。真璃子は、家族でいたいからみにくいものは出さないようにしてるというと、そんなのずるいと言って部屋に行ってしまいます。

 

完治は、よけいな機械を買ってしまったのばれて、川本から「あんたの自己満に付き合ってるヒマはない」と言われてしまいます。その日の夜、栞がきて預かった荷物の整理を手伝ってくれます。ただ、荷物を運んでるときに、めまいがして荷物を落としてしまいます。

そして、荷物をいっしょに運んでると、スイスで見たようなきれいな月が見えます。栞はちょっと言いかといっていっしょにおにぎりを食べながら月を見ます。そこに、毎日遅いことを心配した真璃子が焼いたパンを持ってきますが、なかよく月を見ながらおにぎりを食べてる二人を見てしまいます。

翌日、完治は前に付き合いがあったデザイナーにホームページを見せると全然だめだと言われます。そして。ただで良いからと言ってホームページとアプリを作ってくれます。

ホームページや口コミが広がっていって、かなり順調に売り上げが伸びてきて、1日に100件の注文が来ます。完治は、川本に手伝いをお願いすると、了解してくれて他の従業員も手伝ってくれるようになります。その姿を栞がみて笑顔になって帰っていきます。

ある日の夜、真璃子が家に一人でいると、春輝から美咲を送ってきて家の近くまでやってきたと電話が来ます。焼きあがったパンをバッグに入れて渡すと、春輝は嘘をつきましたといって二人で公園に行ってパンをたべます。

真璃子は、完治に好きな人がいるみたいと春輝に話してしまいます。すると、春輝はジェットコースターや観覧車に乗ろうと言いだします。ふたりは夜の遊園地に行っていろいろなアトラクションに乗ります。

スポンサーリンク

そのあと春輝が真璃子を家の前まで車で送ってきましたが、誰もまだ帰ってきていませんです。

 

ある日の朝、完治と美咲が一緒に出勤してると、美咲の相手の教授はしばらくしてロンドンに行くから大丈夫だと言われます。完治は、もうちょっと待ってくれと美咲に言います。

結納の日がきて無事に終わります。

数日後、完治が仕事が終わって栞の家に行くと、会社の同僚のおばさんが出てきて、

「栞ちゃんならいないよ、もう会いたくないって、別れたいって」

と言われます。呆然としたまま完治は家に向かって歩き出します。

家に帰ってきた完治は、テーブルに一人で座ってる真璃子を見つけます。真璃子に話しかけると、美咲がいなくなったといって一枚の紙を渡されます。

「ごめんなさい。わたし、やっぱり結婚できません。先生とロンドンに行きます。美咲」

と書かれています。

(⇒8話のあらすじ

ドラマ「黄昏流星群」の原作

原作の弘兼憲史先生は、1947年生まれの漫画家です。松下電器に3年間つとめられてから漫画家になります。代表作は、「課長島耕作」シリーズです。サラリーマンだった経験を生かして、団塊世代のサラリーマンを応援するような漫画を多く書かれています。奥さんは、元アシスタントで漫画家の柴門ふみ先生です。漫画以外に小説も出されています。

ドラマ「黄昏流星群」のキャスト

  • 瀧沢真璃子 中山美穂
  • 瀧沢完治 佐々木蔵之介、若葉銀行支店長、真璃子の夫
  • 瀧沢美咲 石川恵、瀧沢家の一人娘
  • 日野春輝 藤井流星、美咲の婚約者
  • 日野冴 麻生祐未、春輝の母
  • 目黒栞 黒木瞳、社員食堂の調理師、完治の運命の恋の相手
  • 目黒悦子 岩本多代、栞の母親、老人ホーム
  • 小俣房江 山口美也子、栞の同僚
  • 川本保 中川家礼二、栞の上司
  • 須藤武史 岡田浩、完治の同級生、パティシエ
  • 水原聡美 八木亜希子、真璃子の同級生、翻訳家
  • 篠田薫 本仮屋ユイカ、完治の秘書
  • 森口克彦 春海四方、若葉銀行専務
  • 井上英樹 平山祐介、若葉銀行八王子支店長、完治の友人
  • 金田真之 伊藤正之、若葉銀行常務
  • 徳田和夫 小野武彦、完治の相談相手

各話のあらすじ

以上、ドラマ「黄昏流星群」の7話のあらすじ(ネタバレ)です。


コメント

タイトルとURLをコピーしました