黄昏流星群の最終話のあらすじ(ネタバレ)。最後の決断・・・運命の恋完結

黄昏流星群

(引用:番組公式サイト

ドラマ「黄昏流星群」の最終話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。

ドラマ「黄昏流星群」の最終話のあらすじ

瀧沢完治(佐々木蔵之介)は異例の人事で若葉銀行に戻ることになります。しかし、妻の真璃子(中山美穂)は家を出て行き、日野 冴(麻生祐未)の世話をする形で春輝(藤井流星)を支えています。完治が想いを寄せる目黒 栞(黒木 瞳)も姿を消し、音沙汰がありませんです。

完治は銀行復帰後、不正融資の内部調査委員会委員長を任されます。その矢先、同期で融資部長の井上英樹(平山祐介)が非常階段から飛び降りましたが、命には別条はありませんです。

一方、真璃子は春輝と冴をホスピスへと送っていきます。真璃子のこれまでの献身的な世話に感謝する冴でしたが、冴は、春輝との関係は今日で終わりにしてほしいと冴は真璃子に釘を刺します。真璃子は他へ行くところもなく、瀧沢家へ戻ります。

すると、完治がちょうど帰ってきます。そして、行くところがあるからと言って二人で井上が入院してる病院に行きます。完治は、だれかの指示なのかと聞きますが井上は何も言いませんです。

真璃子が昼間、掃除をしてると春輝から会いたいというメッセージが届きます。真璃子は冴の言葉通り、もう会えないと断って登録を消します。

その頃、栞は漁村で知り合った女将さん(美保純)の食堂で働いています。お昼を食べてると、完治が記者会見をしてるニュースが流れて目が釘付けになります。

 

ある日、完治が疲れて家に帰ると、真璃子が待っていてくれます。真璃子の「井上さんの奥さんだけでも味方になってくれればいいのに」という言葉で、次の日、奥さんに会いに行くことにします。

家に行くと、井上が子供と遊んでたときの動画を見せてくれます。そこには、会社からかかってきた電話に出てる井上の姿があります。耳を近づけて聞いてみると、電話の内容がしっかり聞こえます。会社に戻った完治は役員たちにそれを聞かせて、執行役員の仕業だと明らかにして記者会見をします。

家に帰ってきた完治は、真璃子とワインで乾杯をします。

そのあと食事をしながら、完治は「すまない、本当にすまなかった。ありがとう、真璃子」と泣きながら謝ります。

数日後、真璃子と完治は友人の聡美(八木亜希子)たちの家に行って結婚をお祝いします。その日の夜、二人は久しぶりに結ばれてもとの夫婦に戻った・・・かのようにおもいましたが、翌朝、真璃子は離婚届をだします。

真璃子は、完治のこころの中には別な人がいるし、自分にも好きな人がいるから新しい人生を歩いていくと話します。完治は驚きましたが、内心、良かったと思ってしまいます。

一方、ホスピスでは、春輝は母親の冴に言われたことは命をかけて守るから、もう真璃子には会ってないと話しています。

しばらくして、完治は社長と専務に呼び出されて執行役員に迎えたいと言われます。完治はそれを断って自分の可能性を確かめたいと言います。

翌日、完治は「じゃあ、元気で」と笑顔で真璃子に言って家を出ていきます。

 

3か月後。

完治はいつもの居酒屋に行って、「すべて終わりました」と笑顔で大将に話します。大将の恋の話を聞いてると、川本保(中川家礼二)達が入ってきて大賑わいになります。

栞は完治が載ってる週刊誌を読んでいます。

ある日、栞が魚の配達を道の駅にしてると、目の前が暗くなって倒れてしまい、病院に連れていかれます。お金がないのに気づいて勤め先のおかみさんに取ってきてもらうときに、完治のことがばれてしまいます。

スポンサーリンク

真璃子が食事をしてるときに、久しぶりに春輝から電話が来ます。冴が会いたいといってるということです。真璃子が冴に会いにいくと、春輝を見守ってくれとお願いされます。

真璃子が家に帰ってくると、栞の勤め先のおかみさんから手紙が来ています。銀行からの転送です。そこには栞の病気のことが書かれています。すぐに完治に連絡すると、完治はその場所から走り出して栞の所に行きます。

完治が栞の目の前にたつと、栞は泣き出してしまいます。完治はゆっくり近づいて栞を抱きしめます。

 

3年後。

完治と栞はエーデルワイスカフェというお店をふたりでやっています。

真璃子はパン屋を開いています。

(おわり)

ドラマ「黄昏流星群」の原作

原作の弘兼憲史先生は、1947年生まれの漫画家です。松下電器に3年間つとめられてから漫画家になります。代表作は、「課長島耕作」シリーズです。サラリーマンだった経験を生かして、団塊世代のサラリーマンを応援するような漫画を多く書かれています。奥さんは、元アシスタントで漫画家の柴門ふみ先生です。漫画以外に小説も出されています。

ドラマ「黄昏流星群」のキャスト

  • 瀧沢真璃子 中山美穂
  • 瀧沢完治 佐々木蔵之介、若葉銀行支店長、真璃子の夫
  • 瀧沢美咲 石川恵、瀧沢家の一人娘
  • 日野春輝 藤井流星、美咲の婚約者
  • 日野冴 麻生祐未、春輝の母
  • 目黒栞 黒木瞳、社員食堂の調理師、完治の運命の恋の相手
  • 目黒悦子 岩本多代、栞の母親、老人ホーム
  • 小俣房江 山口美也子、栞の同僚
  • 川本保 中川家礼二、栞の上司
  • 須藤武史 岡田浩、完治の同級生、パティシエ
  • 水原聡美 八木亜希子、真璃子の同級生、翻訳家
  • 篠田薫 本仮屋ユイカ、完治の秘書
  • 森口克彦 春海四方、若葉銀行専務
  • 井上英樹 平山祐介、若葉銀行八王子支店長、完治の友人
  • 金田真之 伊藤正之、若葉銀行常務
  • 徳田和夫 小野武彦、完治の相談相手

各話のあらすじ

以上、ドラマ「黄昏流星群」の最終話のあらすじ(ネタバレ)です。


コメント

タイトルとURLをコピーしました