ドラマ「東京タラレバ娘」4話のあらすじ(ネタバレ)と感想!

東京たられば娘(公式ページ)

(引用:公式ページ

2020年10月7日の夜9時、3年後のスペシャルドラマが放送されます。⇒「東京タラレバ娘2020」のあらすじ

ドラマ「東京タラレバ娘」の4話のあらすじや感想などをまとめます。「東京タラレバ娘」は、東村アキコさん原作の漫画のドラマ化で、主演は吉高由里子さん。榮倉奈々さんや大島優子さんも出演します。「アンタとは恋愛できない」と言われた倫子は、二人に八つ当たり気味にあたってしまい、ケンカになってしまいます。はたして、仲直りできるのでしょうか?

スポンサーリンク

ドラマ「東京タラレバ娘」4話のあらすじ

倫子は、バレンタインチョコのバーゲン会場を歩きながら、「俺は、アンタとは恋愛できない」というKEYの言葉を思い出しています。すると、小雪が高級チョコを買っている所に出くわします。丸井にあげるようです。急きょ香を呼び出して喫茶店で話を聞きます。よく聞くと、丸井は既婚者です。すると、香も言いにくそうに元彼の涼とセカンドのポジションですが、つき合ってることを告白します。

家に帰ると、「セカンド女とフリン女には未来がない!倫子も恋愛したくなるようなイイ女にならないと、未来永劫、独身一生決定たら!」とタラレバに言われてしまいます。ただ、イイ女がどういう女なのか分からない倫子です。倫子は占いの館に行って、占いババア(いとうあさこ)にイイ女になる方法を聞きます。占いババアは、「南西の方角に待ち人来るー!」と叫びます。倫子が南西に歩いていくと、焼肉屋さんがあったので一人焼肉をしています。そこに、KEYがあらわれます。チョット話してると、女性が一人やってきます。彼女だと思った倫子はすぐにお店を撤退します。が、じつは、KEYもグル―プで来ています。

一方、香は涼と焼肉に行く約束をしてます。その夜、いっしょに焼肉に行って、「飯は、佳織と一緒に食べる方が100倍楽しい」と言われて喜んでしまいます。

居酒屋「呑んべえ」には丸井が来ていました、小雪が商店街の抽選会で引き当てた「高級温泉旅館ペア宿泊券」の話をすると、丸井と一緒に行くことになります。店を閉めるくらいの時に、倫子と香がやってきて女子会が始まります。丸井と一緒に行く事を話すと、そのことで倫子がきつい言葉を二人に行ってしまい、三人でケンカが始まり倫子が店から出て行ってしまいます。今までになく重い空気になってしまいます。

数日後、香と小雪に連絡をしないまま、倫子は早坂に頼まれた企画書を仕上げて持っていくと、べた褒めに褒めてくれます。そこに芝田マミ(石川恋)がやってきますが、二人の関係がちょっとビミューです。早坂が出ていった後、倫子が聞くと、マミには新しい恋人ができてすでに早坂と別れたと言ってます。

KEYのドラマの撮影が倫子の家の近くで始まります。その日、小雪は丸井と温泉に行く予定でしたが、丸井の家族が入院してしまいこれなくなってしまいます。子供がいたことに気が付いた小雪です。香は彼女が留守の涼の部屋に行くと、彼女から帰ってくると連絡が入ってすぐに追い出されます。倫子は部屋の中の掃除をしてると、昔の写真が出てきます。思い出しながら見てると、涙が零れ落ちます。「やっぱり、直接あやまろ」と言って、部屋を出ていきます。

倫子がKEYの撮影現場を通りかかると、マミに呼び止められます。ちょっと見ていこうとすると、KEYに声を掛けられます。「あたしがタラレバ女になったのはあの二人のせいじゃない。あの二人のおかげで楽しい人生を送ってこれた、だから、わたしはこれからもつるんでやる」と言います。そして、「あんた、意外と役者むいているかも」といって歩いていきます。すると、小雪からLINEが来ます。一人で行った温泉旅館からで、「来ない?」と書かれています。その夜、仲直りした3人で温泉旅館で酒盛りが始まります。

早坂とKEYは撮影終りにバーで飲んでいます。KEYが他のひとに見せない表情を倫子に見せるねと早坂が聞くと、

「そうかもしれないです。あのひと、似てるんです。結婚してた人です」

とつぶやきます。

(⇒ 5話のあらすじ

ドラマ『東京タラレバ娘』は、Huluで見ることができます。14日間無料のお試しができますので、無料で見ることができます。

見るだけ見てやめても違約金は請求されません。こちらをクリックして、1話から最終話までもう一度ドラマ『東京タラレバ娘』を楽しみましょう。

スポンサーリンク

Hulu公式サイトはこちら ≫

ドラマ「東京タラレバ娘」4話の感想

おもしろかったですね。来週は、倫子に新しい恋人候補のもこみちくんが現れるようです。どんな展開になるのか楽しみですね。そして、KEYが結婚していたとは驚きです。もしかしたら、花束を添えていたお墓がそうなのかもしれません。来週からちょっとずつ出てくると思います。

今回は、恋愛が始まったと勘違いした二人が、じつは便利女になってしまっていたと気づかされます。やはり、男性の場合、一人のひとをずっと愛していけるっていうひとと、すぐに、他のひとに目がいってしまう人と、二通りいるのかもしれません。すぐ他に目が行ってしまうのは、涼とか丸井で、一人をずっとと言うのは、早坂やKEY、小雪のお父さんですね。出来れば、ずっとひとりのほうが良いと思いますが、それには、ちょっと工夫が必要なのかもしれません。ある程度距離をとったり、逆に、引っ付いたりして、男を手玉に取るくらいのことをしていかないと、基本てきに、いい男は他のひとに目移りしてしまう人がおおいので、注意が必要です。もしくは、早坂のように見た目も性格もおんなじというひとを選ぶことをお勧めします。

この後の展開は、なんとか3人ともハッピーエンドになってもらいたいと思いますが、どうなんでしょうか?

原作者の東村アキコさんもチラッと話されてるようですが、原作とドラマはだいぶ違っています。原作の方が何倍も面白いというひともいますので、確かめてみてはどうでしょうか。ただ、大人の人じゃないと面白さは分からないかもしれません。

ドラマ「東京タラレバ娘」のキャスト

ドラマ「東京タラレバ娘」のキャストは、

  • 鎌田倫子 吉高由里子、売れない脚本家
  • 山川香  榮倉奈々、ネイリスト
  • 鳥居小雪 大島優子、居酒屋「呑んべえ」の看板娘
  • KEY(鍵谷春樹) 坂口健太郎、モデル
  • 早坂哲朗 鈴木亮平、プロデューサー、8年前、倫子に振られる
  • 芝田マミ 石川恋、AD
  • 鮫島涼  平岡祐太、人気バンドBUMKEY’Sのギタリスト、香の元恋人
  • 鳥居安男 金田明夫、居酒屋「呑んべえ」の店主
  • 丸井良男 田中圭、サラリーマン、既婚者
  • タラ(声)加藤諒
  • レバ(声)あ~ちゃん(Perfume)

4話以外のあらすじ

以上、ドラマ「東京タラレバ娘」の4話のあらすじ(ネタバレ)や感想などをまとめます。

スポンサーリンク


コメント

  1. […] 4話のあらすじ […]

タイトルとURLをコピーしました