探偵が早すぎるの8話のあらすじ(ネタバレ)と動画。予期せぬ再会と裏切りの結末

探偵が早すぎる

(引用:番組HP

ドラマ「探偵が早すぎる」の8話のあらすじ(ネタバレ)と動画などを紹介します。

ドラマ『探偵が早すぎる』8話の無料視聴方法

ドラマ『探偵が早すぎる』8話の動画は、Huluで無料で見れます。

今すぐ探偵が早すぎるを無料で見る方はこちら

8話のあらすじ

城之内(佐藤寛太)が病院から姿を消し、城之内の妹・早苗(優希美青)も何者かに襲われてしまいます。橋田(水野美紀)の腕についた引っかき傷をそっと見てしまった一華(広瀬アリス)は、早苗を襲ったのは橋田?と疑いを抱いています。

夕食のあと、母・純華(新山千春)と橋田の関係を知ろうとして、純華を担当していた看護師に連絡します。

翌日、一華は担当看護師の池内由美と会います。由美は前日までは症状がなくていきなり純華が心筋梗塞になったので噂になっていたといいました、そして、担当医も3週間後に自動車事故でなくなっていたということで同期の尾崎悟という医者を紹介してもらいます。さらに橋田と大陀羅達の写真を見せると、橋田はよくお見舞いに来ていたと話してくれます。

一華が尾崎悟という医者に会うと、遺体を見たかと聞かれます。霊安室でみたけども遺骨はもらったと答えます。すると、尾崎は、医大に送られる途中で遺体が亡くなったはずだからそんなはずはないといいます。そして、3週間後に亡くなった同僚が酔った席で、純華が誰かに狙われていて、自分が装置に細工して亡くなったように見せかけて逃がしたと話していたと言います。そして、いつも見舞いに来ていた女性から狙われてるとも言っていた言うことです。

一華が部屋を出ると千曲川が待っていて、純華が生きてるという話しはよっぱらいのたわごとで考えないことだと言われます。一華は橋田に傷があったことや、純華が亡くなってから一華の面倒を見はじめたという嘘を千曲川に話して、どういうことかと相談します。

千曲川は

「心配するな。なにがあったとしても存分にいためつけてやるさ、それがたとえ橋田だったとしてもな」

と答えます。

その日、一華は未夏(南乃彩希)の家に止まるとラインを送ります。橋田はそれを見て「気づかれた?」とつぶやきました

翌日、一華が大学を歩いてると、小さな女の子から電話番号と純華と書かれた紙を渡されます。一華がその番号に電話をすると、女性の声が聞こえてきます。

一華が言われた通りにゆっくりと右側を見ると、純華が立っています。そして、何も言わずにそのまま聞いてくれ、今は探偵に気づかれるので近づかないでくれと言います。そして、話さないといけないことがあるから、探偵の目を盗んで夜の10時にある工場に出てきてくれと言って姿を消します。

電話を切って振り向くと橋田が立っています。お弁当を持ってきてくれたんです。お弁当を千曲川に渡して一人で公園に行きます。

その日の夜、一華は千曲川をバーに連れていって高いお酒を飲ませて酔いつぶれさせます。そのころ、橋田は、何者からか電話が来ていて、一華が行く工場と時間を教わっています。

一華がその工場に行くと、純華がまっています。純華はごめんねと謝りながら一華を抱きしめます。そして、純華は橋田は大陀羅一族の関係者で遺産を狙ってるといいます。すると、足音が聞こえてきます。入ってきたのは橋田です。純華と一華は裏口から逃げ出します。

翌朝、純華と一華は橋の下で火を燃やして暖をとっています。いつのまにか純華の顔は虫に刺されてはれています。一華は昔のことをきいています。すると、橋田がやってきます。橋田が帰ろうと言うと、純華はこのまま自分と暮らすといいます。

橋田が一華にえらんでもらおうというと、一華は、立ち上がって「あなたは・・お母さんじゃない」といいます。

そういってバッグをとると純華が襲い掛かってきます。橋田がキック一発で倒します。橋田は純華の前に立って、「あなたはすでに大きなミスを犯してます」といいます。すると、千曲川が一斗缶からけむりをだしながらやってきます。千曲川はその煙で一華の命を奪おうとしたと説明します。それは、うでや首筋にアレルギーがでているのが証拠だといいます。

スポンサーリンク

そのアレルギーは毒をもった植物をとって証拠で、その植物を燃やして命を奪おうとしたとばらします。橋田は、工場と時間を教えてもらったのは純華で、橋の下に自然に誘導するための準備だったとばらします。

千曲川は純華がいるように情報を出して、純華ににせて整形したと言って増々煙を吸わせます。それを見ていた一華は水をかけて煙を止めて解毒剤を千曲川から取り上げます。

元気になったニセ純華は、夫からDVを受けていて整形外科に行ったときにこの話を受けたと言います。一華は、純華が遺したノートを受け取ってニセ純華に「すべてわすれます。このまま去ってください。早く行って!」と言います。一華はホンモノの純華がかいたノートを見ながらなみだをながします。

家に戻った一華は、ニセ純華に手を触られたときに違和感を感じたといいます。千曲川は看護師も医者も大陀羅一族にしこまれていたし、バーでもウーロン茶を飲んでいたとばらします。

橋田は、城之内の妹を襲った野は自分だとばらします。一緒に千曲川に守らせることで二人のキョリを近づかせるためだったと謝ります。

すると、一華は、純華が亡くなった理由は何?と聞くと、大陀羅一族によって命を奪われたと説明します。実は、純華はある資産家が亡くなった事件の犯人を見ていてそれを証言しようとしていたんです。それを阻止ようとしたのが大陀羅一族です。それを聞いた一華は、守ってばかりじゃだめだと言って、橋田と千曲川にあるお願いをします。

一方、朱鳥(片平なぎさ)のオフィスには、亜謄蛇(神保悟志)と復活した壬流古(桐山漣)、麻百合(結城モエ)が集まっています。朱鳥は個々にやってる場合じゃなくて一族で協力しようと話しています。

(⇒9話のあらすじ

ドラマ『探偵が早すぎる』はHuluで見ることができます。2週間のお試し無料をしていますので、完全に無料で見ることができます。もちろん、2週間以内に解約すれば大丈夫です。

今すぐ探偵が早すぎるを無料で見る方はこちら

キャスト

  • 千曲川光 滝藤賢一、探偵
  • 十川一華 広瀬アリス
  • 十川純華 新山千春、一華の母親
  • 橋田政子 水野美紀、十川家の家政婦
  • 城ノ内翼 佐藤寛太、一華が好きな人
  • 阿部律音 水島麻里奈、一華の友人
  • 山崎未夏 南乃彩希、一華の友人
  • 大陀羅朱鳥 片平なぎさ、阿藤的な権力を誇る女帝
  • 大陀羅亜謄蛇 神保悟志、政財界の超大物
  • 大陀羅壬流古 桐山漣
  • 大陀羅麻百合 結城モエ

原作の井上真偽(まぎ)さんは、2014年に講談社主催のメフィスト賞を受賞されてデビューされます。主な作品は、

各話のあらすじ

以上、「探偵が早すぎる」の8話のあらすじ(ネタバレ)と動画です。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました