SUITS/スーツの9話のあらすじ(ネタバレ)と動画。ゲストは石田ひかりと西村まさ彦

スーツ

(引用:番組公式HP

ドラマ「SUITS/スーツ」の9話のあらすじを紹介します

スポンサーリンク

ドラマ「SUITS/スーツ」の9話のあらすじ(ネタバレ)

甲斐(織田裕二)は、『幸村・上杉法律事務所』の経営にも参画するシニアパートナーへと昇格します。そのお披露目パーティーの席上で、チカ(鈴木保奈美)は、『YURI綜合会計事務所』所長の華村百合(石田ひかり)と、同事務所のエース会計士・大河原忠(西村まさ彦)を甲斐に紹介します。

百合の事務所は、『幸村・上杉法律事務所』の顧問会計事務所であり、クライアントでもあります。しかも百合は、チカの大親友なのだといいます。その場で百合は、大河原を遠ざけてからチカと甲斐に、大河原を解雇したいから助けてほしい、と頼みます。理由は経歴詐称という不正を働いてたからです。

甲斐は、大輔(中島裕翔)を連れてファームに戻ると、百合の事務所の定款と雇用契約書を頭に叩き込めと指示します。大河原の経歴詐称は、出身大学と無資格です。それを教えてもらった大輔は、大河原と自分の境遇を重ねてしまい、なかなか仕事に集中できませんです。

あくる日、甲斐は、大河原を呼び出します。大河原は大輔と同じように一度見た数字は忘れない人物です。甲斐は大河原に解雇を告げます。百合の事務所は大河原を訴えず、十分な額の退職金も用意するという条件です。しかし、25年も事務所に尽くしてきた大河原は突然の解雇に納得できませんです。そのやり取りを聴いていて我慢できなくなった大輔は、これまでの功績を考えればこんな解雇の仕方なんておかしい、一度百合と話し合うべきだ、とつい口をはさんでしまいます。すると大河原は、大輔に同調して百合を批判し、不当解雇で訴える、甲斐たちも今から敵だと言い残して席を立ってしまいます。

大輔は慌てて追いかけようとしますが、甲斐は何もするなと命じます。ところが、大輔は甲斐に内緒で追いかけて、大河原の気持ちがよくわかると言いましたが、必ず訴えると言って帰っていきます。

百合が事務所にやってくると、甲斐は直接話し合ったらどうかと言いますが百合はムリだといいます。すると、チカは甲斐が今日中に解雇して秘密保持誓約書にもかならずサインをさせると言い切ります。

甲斐は大河原に会いに行きます。いま訴えると、こちらからも訴えなくてはならないので、クライアントから巨額な損害賠償が請求されると脅します。そして、退職願を出して、退職金をしっかりもらって第二の人生をやり直しましょうというと、大河原はサインをしそうになります。

そのとき、大輔から大河原に電話が入ります。百合は10年前に大河原の身辺調査をしていて、10年前から経歴詐称のことを知っていたことがわかったと話します。甲斐は大輔からの電話だと感じて、大河原から電話を受け取って「何もするな」と言って電話を切ります。

大河原は大輔の話を聞いてやはり百合と話し合うと言いましたが、甲斐は、「平穏な余生を送りたいのでしたらサインを」とお願いします。大河原はサインをします。

事務所に帰って、百合にその書類を渡します。そこに大輔が入ってきます。そして、甲斐が止めるのも聞かずに3年前にも同じように解雇で訴訟を起こされてる、大河原の本当の解雇理由那覇にか?と問い詰めます。

すると、百合は情報を大河原に漏らしたのか?と怒りだします。甲斐は大輔を部屋から追い出して謝りましたが、百合はこれからの甲斐たちの行動では付き合い方も変えないといけないと怒って帰っていきます。

百合が帰った後、チカは甲斐を怒って、すぐに大輔をよこせと命じます。甲斐は部屋に戻ると、すでに大輔はいませんです。甲斐が電話をすると、大河原の本当の解雇理由を調べると言って3年前に解雇された香西に会いに行くといって電話を切ります。

大輔が香西に会いに行くと、今は幸せだし、関わりたくないのでと言われて追い出されます。そして、大河原に会いに行くと、もうサインしたから帰ってくれと言われましたが、大輔はホンモノ以上に頑張ったと言います。ところが、大河原は初めから偽物だとわかってて雇ってくれたんだと思うと言って家に入っていきます。

大輔は祖母の所に愚痴を言いに行きます。

その頃、事務所では甲斐が百合の傘下の会社にコンサルタント料を払ってるのはなぜとチカに言うと、チカはごまかそうとします。家に帰った大輔は、3年前の訴訟の弁護士に会って状況を教えてもらおうとおもいます。最近付き合い始めた蟹江の彼女がその弁護士事務所の弁護士です。砂里に頼んでダブルデートをしてつながりをもとうとします。

スポンサーリンク

なかなかその弁護士と蟹江が離れないので、砂里はその弁護士の社員証を盗んで大輔に渡します。大輔はその弁護士事務所に潜入して情報を見ます。すると、警備員がやってきて捕まってしまいます。

その頃甲斐は、昔世話をした裁判官の所に行って情報を聞きます。大輔が捕まったと連絡をうけると、その警備員に金を払って大輔を見受けします。帰りながら、甲斐も同じことを調べていたとばらします。

百合はペーパーカンパニーをたくさん作って、コンサルタント料の名目でお金を振り込ませていたとチカに報告します。チカは証拠をしっかり見つけろと言います。

大輔が自分の席に帰ると、昨晩、蟹江が女弁護士を連れ込んで盛大に振られてる動画をみんなで見ています。そこに蟹江がやってきて大輔が連れていかれます。怒られると思ったのですが、蟹江はなぜ突然怒り出したのか?と大輔に聞きます。大輔は、その女弁護士に会って、書類を手に入れるために潜入したんだろうと言って、そちらの情報を出してくれれば不問にするといいます。ところが、その女弁護士は奪った書類を返して、どうにでもしてくれと言います。そして、大輔が侵入して見た書類ももう処分されてるはずだから、よけいなことに首を突っ込まない方が身のためだといって帰っていきます。

大輔は、昨晩見た書類を思い出して真琴にタイプさせます。そしてタイプが終わると、思わずキスをしてしまいます。そのとき蟹江から声をかけられて、社内恋愛禁止だと言われます。

翌日、百合を事務所に呼んで百合を訴えると言います。そして、真琴がタイプした書類を見せると、あわてます。そして甲斐が「じゃ、証人を」というと、大輔が大河原を部屋の中に連れてきます。

大河原は、以前百合の机の上にあったペーパーカンパニーの契約書を暗唱します。

百合は見逃してくれと言いましたが、チカはダメだと睨みつけます。

大河原は、道はいくらでもある、後悔はないさ、事情は分からないけどきみはホンモノの弁護士だと笑顔で言って帰っていきます。

その日の夜、大輔は、砂里に妹としてしか見れないというと、笑顔で納得します。

砂里は大輔の家を出ると、兄の遊星と会います。泣きながら静岡に帰ろうというと、遊星はチカに会いに行って大輔は偽物だとばらします。

(⇒10話のあらすじ

ドラマ「SUITS/スーツ」の1話から最終回までの全話を、FODプレミアムという動画配信サービスで見れます。FODプレミアムは月額976円(税込)でフジテレビのドラマをメインに見れるサービスです。

2週間の無料トライアルをしていますので、その間に「SUITS/スーツ」を無料で見れます。詳しくはこちら。

FOD公式サイトへ ≫

ドラマ「SUITS/スーツ」のキャスト

  • 甲斐正午 織田裕二、弁護士
  • 鈴木大貴<大輔> 中島裕翔、フリーター
  • 聖澤真琴 新木優子、パラリーガル
  • 玉井伽耶子 中村アン、甲斐の秘書
  • 谷元遊星 磯村勇斗、大貴の悪友
  • 谷元砂里 今田美桜、遊星の妹
  • 柳慎次 國村隼、甲斐の元上司
  • 鈴木結衣 田島令子、大貴の母
  • 蟹江貢 小手伸也、甲斐のライバル弁護士
  • 幸村チカ 鈴木保奈美、甲斐が所属する弁護士事務所所長

ドラマ「SUITS/スーツ」の原作は?

原作は、2011年から続いてる全米メガヒットドラマの『SUITS』です。韓国でもリメイクされたようですが、そちらはこけたようです。現在シーズン7までアメリカで後悔されていますが、月9では、シーズン1をリメイクするようです。

ちなみに、アメリカ版では、完全記憶を持ったフリーターではなくて、完全記憶を持ったマリファナの運び人です。経歴を査証してなんとか弁護士事務所に入った後、2人で訴訟を解決して行きます。そして、シーズン3でやっと弁護士になることができます。

アメリカ版の「スーツ」もシーズン1からシーズン7までFODで、無料で見れます。韓国版のスーツは、2880P必要です。

各話のあらすじ

以上、新月9ドラマ「SUITS/スーツ」の9話のあらすじ(ネタバレ)と動画です。

スポンサーリンク>


コメント

タイトルとURLをコピーしました