SUITS/スーツの8話のあらすじ(ネタバレ)と動画。ゲストは宍戸美和公と矢田亜希子

スーツ

(引用:番組公式HP

ドラマ「SUITS/スーツ」の8話のあらすじを紹介します

スポンサーリンク

ドラマ「SUITS/スーツ」の8話のあらすじ(ネタバレ)

大輔(中島裕翔)と真琴(新木優子)が出社すると、チカ(鈴木保奈美)に呼ばれます。蟹江(小手伸也)や甲斐(織田裕二)もいて、大手建設会社『烏丸建設』が有毒な塗料を使った事で健康被害が生じたことを訴えた集団訴訟が、東京地裁の一審で原告団の請求を棄却下というニュースを見ています。

チカは、控訴審の弁護を引き受けたということです。理由は、原告団が総勢462名もいて、勝てれば何十億にもなる案件だからです。チカは甲斐に、大輔と真琴をサポートにつけるから担当しろと命じます。

甲斐たちは早速原告団の代表の柳沢(片桐仁)、水原美咲(矢田亜希子)、佐藤鈴子(宍戸美和公)たちを呼んで話をききます。すると、一審を担当した原告団の弁護士は、裁判の直前になって10年前のスキャンダルで叩かれ、ついには廃業にまで追い込まれていたことを聞きます。

その烏丸建設の顧問弁護士は、甲斐の後輩でもあるスタンリー法律事務所の畠中美智瑠(山本未來)で、裏から手をまわしてスキャンダルをリークしたらしいということです。甲斐は、美智瑠が代理人となった過去の裁判を徹底的に調べるよう大輔たちに指示して、全部頭に入ったら呼んでくれと言って歩いていきます。

一方、烏丸建設の社長は美智瑠の所に行って、和解の方向で進めてくれと話をしています。

翌日、美智瑠が甲斐を訪ねてやってきます。美智瑠は甲斐に教わった通りにやっただけだと言って、話があるといいます。美智瑠はチカの所に行って、幸村・上杉法律事務所で作った極秘の集団訴訟の原告団メンバー資料がメールで送られてきたといって、資料を見せます。内部漏えいがあるようでしたが、美智瑠はこのことは内緒にしておくと言って帰っていきます。

チカは蟹江を呼んでだれが内部情報を漏えいしたのか調べろと命じます。この情報はアソシエイトしか知りえないので、蟹江の責任だと脅します。蟹江はアソシエイト全員を呼んで犯人捜しをすると発表しまいす。

大輔は、美智瑠について調べたことを甲斐に報告します。今まで関わった集団訴訟はすべて訴訟を取り下げて問題を解決してると言います。甲斐は、すぐに原告団代表を呼べと言います。

甲斐は原告団代表の柳沢に、かつて大手スーパーに民事訴訟を起こして敗訴になったニュースを見せて、ただの悪質な訴訟ゴロだといいます。さらに、佐藤鈴子の夫が2ヵ月前にパワハラで退職してるといって、矢面になるひとはクリーンな人がいいといいます。そして、柳沢と佐藤に代表を降りてくれといいます。もう一人の水原には何もないと聞いたあと、代わりに代表になってくれる人がいないかと聞きます。

すると、車いすの生活になってしまった瀬川という人物がいると教えてくれます。甲斐と大輔はすぐに会いに行きます。

背側に会うと、「訴訟を降りる」といいます。甲斐たちよりも前に雑誌記者がやってきて、失礼な質問ばかりしていって、裁判になるとすべてが明るみに出てしまうと脅されたということです。週間アヴニールの北嶋という名刺があります。

甲斐は北嶋を調べろと命じます。しばらくして、北嶋という記者はいないことがわかります。甲斐は、こちらから攻め込むといって蟹江に烏丸建設に財務状況をしらべさせろと健斗(岩井拳士朗)に命じます。健斗が蟹江に会いに行くと、いきなり腕をねじ上げられます。早く情報漏えいの犯人を調べろということです。健斗は、パソコンのログを復活させればわかるというと、しばらくして蟹江が全員を呼びます。

蟹江は、犯人は真琴だと言って停職だと宣言します。真琴は文句を言いましたがそのまま出ていきます。大輔だけが追いかけていくと、このまま会社を辞めると真琴が言います。大輔は、自分だけは信じると言って引き止めましたが、そのまま帰っていきます。

そのころ、甲斐は美智瑠とプールバーに行って飲んでいます。甲斐はこのまま病気の人を放っておくのか?というと、原告団のほとんどは、塗料と病気との関係性をしっかり関連付けることが難しいと言います。そして、5億で和解を願ってるというと、甲斐は50億だったら応じると言って帰っていきます。

大輔が家に帰ると砂里(今田美桜)がやってきます。しばらくして、砂里の兄の遊星(磯村勇斗)がやってきて東京でもう一度勝負をしたいといいましたが、大輔は断ります。

スポンサーリンク

翌日、蟹江が烏丸建設の冨永専務が横領してる証拠を甲斐のところに持ってきます。甲斐と蟹江は烏丸建設に行って冨永専務、美智瑠と会います。美智瑠は時間をくれと言って奥へ引っ込むと、しばらくして社長と美智瑠が出てきます。社長は、冨永専務をたった今クビにしたといいます。甲斐と蟹江は仕方なく帰っていきます。その帰り道、チカから電話が来て、原告たちが次々と訴訟を降りると言ってるということです。

大輔は、真琴が退職を受け入れたことを聞いて伽耶子(中村アン)に相談すると、復元したログも改ざんされていたかもしれない、その前のログを復元すればいいかもしれないと言って、伽耶子がログを調べてくれます。新たな情報が出てきます。

甲斐は、ホテルに水原と佐藤に会いに行きます。話をしてると、原告団が集まっています。その場所に甲斐がやってくると、美智瑠があらわれます。そして大声で今だったら100万円を支払ってわかいすることができる、さもなければ過去の出来事がすべて掘り返されると、原告団の人たちに聞こえるように話をします。そして、受け入れる人がいるなら、この電話番号に電話するように伝えてくれと言って出ていきます。

 

翌日、真琴が大輔に言われた通りに会社に出てきます。ふたりはチカの前に行って真琴のまえに健斗がログインしてることがわかったと話します。すると、健斗は、この間スタンリー法律事務所の知り合いから頼まれたといいます。美智瑠のさしがねです。

甲斐は水原に会いに行くと、原告団の全員から和解に応じたいという話を聞いたと言われます。さらに、水原の家は、塗料が禁止になってから作られた家だと告白します。甲斐は、和解に応じるしかないとチカにいってるとだいすけたちがやってきます。甲斐は冨永専務を見つけて、原告たちを集めろと言います。

和解の会場に社長と美智瑠がやってくると、原告団は誰もいませんです。甲斐は、だれも和解に応じないと話して、烏丸建設は法律で禁止されたあとも禁止塗料を使い続けたと説明します。すると、真琴が冨永専務を連れてきて全部話してくれたといいます。そして和解には応じないと言います。

しばらくして、社長は記者会見を開いて禁止塗料を使い続けたことを謝ります。

事務所でも、蟹江が真琴に頭を下げます。

その日の夜、大輔のところに砂里がやってきていきなりキスをします。その所を真琴がみてしまいます。

(⇒9話のあらすじ

ドラマ「SUITS/スーツ」の1話から最終回までの全話を、FODプレミアムという動画配信サービスで見れます。FODプレミアムは月額976円(税込)でフジテレビのドラマをメインに見れるサービスです。

2週間の無料トライアルをしていますので、その間に「SUITS/スーツ」を無料で見れます。詳しくはこちら。

FOD公式サイトへ ≫

ドラマ「SUITS/スーツ」のキャスト

  • 甲斐正午 織田裕二、弁護士
  • 鈴木大貴<大輔> 中島裕翔、フリーター
  • 聖澤真琴 新木優子、パラリーガル
  • 玉井伽耶子 中村アン、甲斐の秘書
  • 谷元遊星 磯村勇斗、大貴の悪友
  • 谷元砂里 今田美桜、遊星の妹
  • 柳慎次 國村隼、甲斐の元上司
  • 鈴木結衣 田島令子、大貴の母
  • 蟹江貢 小手伸也、甲斐のライバル弁護士
  • 幸村チカ 鈴木保奈美、甲斐が所属する弁護士事務所所長

ドラマ「SUITS/スーツ」の原作は?

原作は、2011年から続いてる全米メガヒットドラマの『SUITS』です。韓国でもリメイクされたようですが、そちらはこけたようです。現在シーズン7までアメリカで後悔されていますが、月9では、シーズン1をリメイクするようです。

ちなみに、アメリカ版では、完全記憶を持ったフリーターではなくて、完全記憶を持ったマリファナの運び人です。経歴を査証してなんとか弁護士事務所に入った後、2人で訴訟を解決して行きます。そして、シーズン3でやっと弁護士になることができます。

アメリカ版の「スーツ」もシーズン1からシーズン7までFODで、無料で見れます。韓国版のスーツは、2880P必要です。

各話のあらすじ

以上、新月9ドラマ「SUITS/スーツ」の8話のあらすじ(ネタバレ)と動画です。

スポンサーリンク>


コメント

タイトルとURLをコピーしました