SUITS/スーツの3話のあらすじ(ネタバレ)と動画。ゲストはきたろうと久松信美!

スーツ

(引用:番組公式HP

ドラマ「SUITS/スーツ」の3話のあらすじを紹介します

スポンサーリンク

ドラマ「SUITS/スーツ」の3話のあらすじ(ネタバレ)

甲斐(織田裕二)は、一緒にクライアントの元へ行きたがる大輔(中島裕翔)に、必要ないと言い放ちます。さらに、とりあえず身だしなみはしっかりしろと言われます。甲斐に同行することはおろか、会議への参加も認めてもらえない大輔は、パラリーガルの真琴(新木優子)に、仕事が欲しいと愚痴をこぼします。それを聞きつけた 蟹江(小手伸也)は、大輔を外に連れ出します。

甲斐は、社長の加宮忠が急に亡くなった老舗時計メーカー『KAMIYA』を訪れています。KAMIYAでは、家族葬でいきたいという娘の静佳(東風万智子)と社葬をしたい取締役の安樂孝志(久松信美)が巡ってもめています。遺言には何もなく、甲斐は遺族の気持ちに沿った方がいいとアドバイスします。甲斐は臨終に立ち会ったという古株の工場長・岡林達樹(きたろう)に話を聞くと、「社長も、こんな大変なときに、そのうちわかるさ」と不機嫌に言って歩いていきます。

同じころ、大輔は、仕事があると言われて総合格闘技の道場にやってきて、蟹江のスパーリング相手を務めています。その隣には、世界的なゲームメーカー『BPM』のCEO兼チーフクリエーター・藤ヶ谷樹(柳俊太郎)がいます。蟹江の狙いは、ハーバード大学で藤ヶ谷と同期だった大輔を利用して自分を売り込むことです。困惑する大輔。しかし、ハーバード入学直後にゲームが売れ始めた藤ヶ谷が授業どころではなかったことを知った大輔は、ほっと胸をなでおろします。

藤ヶ谷がKAMIYAの時計をしてることがきっかけで、大輔はBPM社のゲームで世界ランキング入りしたとはなして藤ヶ谷と意気投合します。

甲斐は、社長が亡くなる前から安樂たちが国内工場を閉めて東南アジアに生産拠点を移そうと暗躍していたことを娘の静佳からききます。甲斐は、取締役会で安樂が新社長に任命される前に、他の社長候補者を見つけようと動き出します。

会社に帰った甲斐は、大輔にKAMIYAの社長が遺した文章や社内規定などをすべて暗記しろと命じます。翌日の朝までに全て暗記します。

甲斐は、次期社長の人選に入ります。

大輔が甲斐の部屋を掃除してると、藤ヶ谷から電話が来て少し合わないかと言われます。甲斐に言われた暗記をしたあとに、藤ヶ谷が作ったオンラインゲームで対戦をしていたんです。大輔が行った先はオンラインゲームをパブリックビューイングで大勢の人がやってる場所です。その場では、大輔は有名人です。昼間でしたが、藤ヶ谷達と一緒のお酒を飲みます。

事務所に帰ってくると、幸村チカ(鈴木保奈美)から声をかけられて、酔っ払ってることがばれます。甲斐の部屋に行っても、酔っ払っていることがばれて出ていけと命じられます。部屋の外で休んでると、砂里(今田美桜)から電話があります。なぜ弁護士だと嘘をついてるのかと言われてしまいます。大輔はやるしかないんだと答えます。

その日の夜、甲斐が安樂が会食してる場所に行くと、蟹江がふたりで飲んでいます。蟹江は海外移転を推し進めてるようです。甲斐は、まだ社長にもなってないし、顧問に何の連絡もないと怒って帰っていきます。

翌日、甲斐は幸村に文句を言いに行きます。すると、逆にかげでこそこそ新社長を探してるのは何?と言われてしまいます。

甲斐は、大輔からKAMIYAの持ち株比率を聞いて、53%持ってる娘の静佳に臨時株主総会を開いて取締役を増やすと言います。甲斐は、工場長の岡林に会いに行って社長になってくれないかとお願いします。ですが、退職金だけもらえればいいと言われてしまいます。甲斐は、経営は自分が教えるから社長室に座ってるだけで良いと言って納得させます。

甲斐は岡林を事務所に呼んで、作ったスピーチの原稿を憶えさせます。ところが、小難しい言葉ばかりでまともに言えませんです。甲斐は、なにがなんでも覚えろと上から目線で行って自分の部屋に行ってしまいます。岡林は怒って帰ろうとします。大輔は、スピーチの原稿を破り捨てて、甲斐はいつもあんな感じで腹が立つと岡林に同情します。そして、岡林は根っからの職人で何を考えて仕事してるのかと聞き始めて、自分で原稿を書かせることに成功します。すべて甲斐の作戦通りです。

スポンサーリンク

臨時取締役会が始まります。岡林と営業部長のふたりがあらたな取締役になって、翌週の取締役会議に出席することが決まります。

 

取締役会議の日。大輔も出席が許されます。会議室に行くと、蟹江と安樂を含めた5人の取締役がいます。蟹江はすでに臨時取締役会議が開かれて、安樂が社長になったと笑顔で言います。安樂は甲斐をクビにして蟹江を顧問にすると言います。

事務所に戻った甲斐は幸村に、初めからこれを狙ってたのかと文句を言うと、何か問題ある?と言われます。

その日の夜、安樂をKAMIYAに招き入れたのは甲斐だと岡林から聞いたと大輔は話します。甲斐は、先代の社長から根幹だけは崩すなと約束して安樂を入れたんだけど、勝手にそれを裏切ったんだと説明します。

そこに、大輔を幸村が読んでると連絡が入ります。

幸村の部屋に行くと、蟹江と藤ヶ谷がいます。藤ヶ谷が顧問契約を結びたいと言うことです。大輔は、藤ヶ谷を外に連れていって本当に蟹江なんかで良いのかと聞くと、荒れ暗い気持ち悪い方がいいと言います。

翌日、甲斐は大輔と岡林を連れてKAMIYAで行われてる新工場建設の会議に出向きます。35年以上勤務してる社員は取締役会に異議申し立てができると規約に書いてあると会派説明します。そして、静佳の代理人としてここにやってきたと言って、買収のオファーがあると説明します。その会社は、藤ヶ谷のBP,Mです。藤ヶ谷もKAMIYAのコレクターだったので、大輔がお願いしたんです。

甲斐は、静佳は買収に応じるつもりで、藤ヶ谷は岡林を社長にするつもりでいると話します。安樂はそんなことが許されるのかと怒りますが、蟹江は何も言い返せませです。甲斐は岡林にスピーチをさせます。

事務所では、藤ヶ谷が顧問を甲斐と大輔にしてくれないかと幸村に話しています。わけを聞くと、全部聞く前に幸村は納得します。

その日の夜、甲斐は渋い男性とデートをしてる幸村をバーで見ます。

4話につづく

ドラマ「SUITS/スーツ」の1話から最終回までの全話を、FODプレミアムという動画配信サービスで見れます。FODプレミアムは月額976円(税込)でフジテレビのドラマをメインに見れるサービスです。

2週間の無料トライアルをしていますので、その間に「SUITS/スーツ」を無料で見れます。詳しくはこちら。

FOD公式サイトへ ≫

ドラマ「SUITS/スーツ」のキャスト

  • 甲斐正午 織田裕二、弁護士
  • 鈴木大貴<大輔> 中島裕翔、フリーター
  • 聖澤真琴 新木優子、パラリーガル
  • 玉井伽耶子 中村アン、甲斐の秘書
  • 谷元遊星 磯村勇斗、大貴の悪友
  • 谷元砂里 今田美桜、遊星の妹
  • 柳慎次 國村隼、甲斐の元上司
  • 鈴木結衣 田島令子、大貴の母
  • 蟹江貢 小手伸也、甲斐のライバル弁護士
  • 幸村チカ 鈴木保奈美、甲斐が所属する弁護士事務所所長

ドラマ「SUITS/スーツ」の原作は?

原作は、2011年から続いてる全米メガヒットドラマの『SUITS』です。韓国でもリメイクされたようですが、そちらはこけたようです。現在シーズン7までアメリカで後悔されていますが、月9では、シーズン1をリメイクするようです。

ちなみに、アメリカ版では、完全記憶を持ったフリーターではなくて、完全記憶を持ったマリファナの運び人です。経歴を査証してなんとか弁護士事務所に入った後、2人で訴訟を解決して行きます。そして、シーズン3でやっと弁護士になることができます。

アメリカ版の「スーツ」もシーズン1からシーズン7までFODで、無料で見れます。韓国版のスーツは、2880P必要です。

各話のあらすじ

以上、新月9ドラマ「SUITS/スーツ」の3話のあらすじ(ネタバレ)と動画です。

スポンサーリンク>


コメント

タイトルとURLをコピーしました