SUITS/スーツの10話のあらすじ(ネタバレ)と動画。最終話前編!ゲストは市川海老蔵

スーツ

(引用:番組公式HP

ドラマ「SUITS/スーツ」の10話のあらすじを紹介します

スポンサーリンク

ドラマ「SUITS/スーツ」の10話のあらすじ(ネタバレ)

遊星はチカ(鈴木保奈美)に会いに行って大輔(中島裕翔)は偽物だとばらします。

翌日、甲斐(織田裕二)のもとに、最高検次長検事の柳慎次(國村隼)が現れます。柳は、検事時代の甲斐の上司でしたが、汚職疑惑で週刊誌を賑わせている渦中の人物でもあります。柳は、食事の誘いを断る甲斐に、「もし私が有罪になったら君だって困るだろう?」と告げてあるいていきます。

事務所に帰ってくると、チカは甲斐の所にいって、大輔は何者なのか聞きます。すると、甲斐は、すでに事務所で実績をあげてるので、公になればこの事務所もただではすまないと逆にチカをおどします。さらに、柳が近づいてきたと話します。

柳は、10年前に裁判を有利に進めるために証拠隠しをしていたと告白します。甲斐が検察を辞めたのもそれが原因です。チカは、柳の件は責任を持って処理するよう命じると、大輔のことは自分が預かる、と甲斐に告げます。

チカは、蟹江(小手伸也)と大輔を呼び出し、ある案件を任せます。病に倒れ、寝たきりの状態になった与謝野ホールディングス社長から、ふたりの娘に資産を分配してほしいと頼まれたのだという。だが、姉の藤代(町田マリー)と、妹の雛子(本仮屋ユイカ)は犬猿の仲です。チカは、蟹江に姉の藤代の、大輔に妹の雛子の相続希望の聴取役を任せます。

大輔は甲斐に相談すると、勝てばいい、妹に最大限の恩恵を与えれば良いといいます。そこに蟹江がやってきます。そしてお互いの内部資料は絶対見ないようにしようと言います。

甲斐が事務所を出ると、柳のことを調査している最高検監察指導部の澤田仁志(市川海老蔵)がやってきましたs。澤田は、何も知らないと主張する甲斐に、黙っていると同罪だと思われる、と話します。甲斐も恥をかくのはどっちかなと言い残して去っていきます。

大輔は雛子を、蟹江は藤代を事務所に呼び出します。藤代はいっさい財産を渡さないと言い切ります。実は、雛子は後妻の娘です。とくに、雛子の母親が遺したアパレル部門を藤代はすぐに売りたい、雛子は絶体に受け継ぎたいと主張します。

その日の夜、甲斐は柳に呼び出されます。柳は甲斐がどちら側につくのかを確かめるためです。甲斐は絶対に柳を裏切らないといいますが、味方でもないと言いのこして帰ります。

翌日、事務所に行くと、甲斐はどうすればいいかと伽耶子(中村アン)にききます。伽耶子は全部正直に話して柳を引きずり落とせばいいとシンプルにいいます。

大輔は蟹江の所に行って相続の分割案を見せますがすべて拒否されます。アパレル部門は絶対に渡せないと蟹江はいいます。

再び事務所に澤田がやってきます。伽耶子はすぐにチカを呼びに行きます。チカは帰ってくれといいますが、約束があるからと言います。甲斐が出てきて部屋に招き入れます。チカも同席します。澤田は、柳の不正の証拠を出してくれ、協力してくれといいますが、甲斐は証拠の一つくらい持って来いと言って追い返します。

澤田が帰った後、二人きりになったチカも正直に話しちゃえば?と言いますが、権力闘争に利用されたくないから話しはしないときっぱり断ります。

大輔が仕事をしてると、砂里から電話があります。兄の遊星がチカに大輔の正体を言ってしまったと泣きながらいいます。翌日、甲斐にそのことを聞くと、チカは大輔をクビにするために難しい遺産相続をまかせたといって、だから絶対に蟹江に負けるなとはっぱをかけます。

 

甲斐は検察庁にやってきます。中に入ると、証言するかどうか迷ってるので検察の翔子を見せてくれと言います。澤田が断ると、甲斐も証言するのをやめると言って帰ろうとします。驚いた澤田は甲斐を引きとめます。

甲斐が事務所に帰ると、大輔はアパレル部門を手放すことを承諾したと聞きます。大輔にきくと、売却する前に新会社を設立して社員をすべて引き抜くつもりだというと甲斐が喜びます。ところが、蟹江がやってきて、アパレル部門の幹部に引き抜かれない誓約書をとったと言います。大輔の作戦がばれていたんです。大輔は次の罠を仕掛けます。U&Tという会社から買収の話が来てるという打ち掛けのメールを見せたんです。

スポンサーリンク

甲斐のところに、検察の証拠が届きます。甲斐は徹夜でそれをよみます。

翌日、雛子と藤代が事務所で蟹江と大輔の同席で話し合いをします。雛子はアパレル部門を売ることを認めると、蟹江はU&Tから買収の話が来てるからすぐにそこに売却されるだろうと念を押してきます。大輔と雛子はうなずきます。

甲斐は狩猟をしてる柳のところに行ったあと、別荘で話をします。検察からもらった証拠の中に甲斐が担当してた事件があったことを聞くと、甲斐がしっかりしなかったからだといいます。甲斐は、その事件の犯人は無実だったというと、柳はぜったいに犯罪を犯してはずだから証拠を隠したと言います。甲斐は、権力争いから身を引いてくれとお願いしましたが、そのつもりはないから帰ってくれと言われます。

事務所に帰ってくると、大輔から蟹江がしっかり罠にかかったと報告します。そこに蟹江が血相を変えてやってきます。U&Tの新社長に雛子がついたんです。蟹江が大輔に騙したなと怒ってると、甲斐が大声で不正をした蟹江が悪いと怒ります。

ところが、蟹江はすべて知っていたといいます。知ってたうえで、法外な値段で売ったので、雛子ははじめから莫大な借金が残ったんだと種をばらします。甲斐は負けたのは大輔だとつぶやきます。そのやり取りを聞いてた伽耶子は、チカの所に行って柳の不正の証拠の録音機をわたします。そして、あんな甲斐は見たくないからすくってくれとお願いします。大輔も資料室で一人落ち込んでいます。

チカは柳に会いに行きます。そして、すぐに検察庁をやめてくれと、不正の証拠を見せながらいいます。チカがその録音機のボタンを押すと、柳の顔が蒼白になります。

甲斐が事務所で酒を飲んでると、チカがやってきます。そして、柳の捜査は終わったといいます。さらに、大輔は即刻クビにするというと、ひとつだけ手伝わさせてくれとお願いします。柳に話した、13年前に甲斐が有罪にしてしまった無実の男を助けるためです。

(⇒最終話のあらすじ

ドラマ「SUITS/スーツ」の1話から最終回までの全話を、FODプレミアムという動画配信サービスで見れます。FODプレミアムは月額976円(税込)でフジテレビのドラマをメインに見れるサービスです。

2週間の無料トライアルをしていますので、その間に「SUITS/スーツ」を無料で見れます。詳しくはこちら。

FOD公式サイトへ ≫

ドラマ「SUITS/スーツ」のキャスト

  • 甲斐正午 織田裕二、弁護士
  • 鈴木大貴<大輔> 中島裕翔、フリーター
  • 聖澤真琴 新木優子、パラリーガル
  • 玉井伽耶子 中村アン、甲斐の秘書
  • 谷元遊星 磯村勇斗、大貴の悪友
  • 谷元砂里 今田美桜、遊星の妹
  • 柳慎次 國村隼、甲斐の元上司
  • 鈴木結衣 田島令子、大貴の母
  • 蟹江貢 小手伸也、甲斐のライバル弁護士
  • 幸村チカ 鈴木保奈美、甲斐が所属する弁護士事務所所長

ドラマ「SUITS/スーツ」の原作は?

原作は、2011年から続いてる全米メガヒットドラマの『SUITS』です。韓国でもリメイクされたようですが、そちらはこけたようです。現在シーズン7までアメリカで後悔されていますが、月9では、シーズン1をリメイクするようです。

ちなみに、アメリカ版では、完全記憶を持ったフリーターではなくて、完全記憶を持ったマリファナの運び人です。経歴を査証してなんとか弁護士事務所に入った後、2人で訴訟を解決して行きます。そして、シーズン3でやっと弁護士になることができます。

アメリカ版の「スーツ」もシーズン1からシーズン7までFODで、無料で見れます。韓国版のスーツは、2880P必要です。

各話のあらすじ

以上、新月9ドラマ「SUITS/スーツ」の10話のあらすじ(ネタバレ)と動画です。

スポンサーリンク>


コメント

タイトルとURLをコピーしました