SUITS/スーツの1話のあらすじ(ネタバレ)と動画。織田裕二と中島裕翔が月9の弁護士ドラマに!

スーツ

(引用:番組公式HP

月9ドラマ「SUITS/スーツ」のキャストと1話のあらすじを紹介します。ドラマ「SUITS/スーツ」は、勝利至上主義で多少の違法行為は許されると信じてる敏腕弁護士を織田裕二さん、一度見た事を忘れない完全記憶力をもってるフリーターの中島裕翔さんが演じます。その2人がタッグをくんで数々のやっかいな訴訟に挑んでいきます。

スポンサーリンク

ドラマ「SUITS/スーツ」の1話のあらすじ(ネタバレ)

『幸村・上杉法律事務所』に、クライアントのダイス・スズキ氏が怒鳴り込んできています。週刊誌にパワハラのフェイクニュースをだされるからなんとかして止めてくれと、代表の幸村チカ(鈴木保奈美)に文句を言っています。ただ、ダイス・スズキ氏の担当は甲斐正午(織田裕二)という弁護士で連絡が取れませんです。

甲斐正午は、『幸村・上杉法律事務所』に所属する敏腕弁護士。東大入学後にハーバード大学に留学した経歴を持つ甲斐は、企業の買収・合併や、企業間の戦略的提携など、金になる仕事を手がけています。ですが、かなり傲慢な性格で、勝つためなら違法行為ギリギリの際どい手段を用いることもあります。

『幸村・上杉法律事務所』は、幸村チカが代表弁護士を務める、日本四大弁護士事務所のひとつ。敏腕弁護士を父に持つ有能なパラリーガル・聖澤真琴(新木優子)、頭脳明晰で人心掌握術にも長けた甲斐の秘書・玉井伽耶子(中村アン)、ハーバード大学のロースクール出身で甲斐をライバル視している弁護士・蟹江貢(小手伸也)らが働いている事務所です。

そのころ、甲斐はトレーダーの女性と二人でオペラに行っています。そして、嘘をついて女性から内緒にパソコンを奪って事務所に向かいます。

幸村・上杉法律事務所に、ダイス・スズキ氏をパワハラで訴えてる相手側の弁護士がやってきます。ダイスと幸村と蟹江がどうせきしてはなしましたが、ダイスは金はいくらでも出すから記事を止めてくれといいます。相手側の弁護士はそれまでの音声を録音してると言って、金で買収しようとしたことも記事に乗せるといいだします。そして、これ以上は裁判で争おうと言って帰ろうとすると、幸村のところに甲斐から電話が来て、うまくまとめたらシニアパートナーにさせてくれとおどします。

甲斐は部屋にはいると、ダイス氏を訴えてる女性はライバル企業のスパイで、スキャンダルをでっち上げようとしてると説明します。そして、証拠となるライバル企業とのメールやさっきまで一緒にいたのがそのスパイで笑顔で元気にしてると画像で見せます。甲斐は、弁護士が企業と組んでスパイ活動はどうなのか?というと、その弁護士は記事を差し止めることを認めます。

相手側の弁護士が帰った後、幸村は被害者のパソコンを見るのは違法だと言うと、実はパソコンは開けることができなかったと白状します。じつは、相手側弁護士に見せたメールは甲斐が作ったモノです。

 

司法試験の会場で、鈴木大貴(中島裕翔)が試験を受けていましたが、挙動不審です。試験が終わると試験官に呼び止められましたが、一人の女性に助けられて逃げることができます。実は身代わり受験です。そのあと、鈴木が水族館に行って相手の男性になんとかギリギリの点数で通るようにしたというと、約束違反だと言って鈴木を一発殴って帰っていきます。

そのあと、大貴が悪友の遊星(磯村勇斗)の家に行くと、あるビジネスを手伝ってくれとお願いされましたが、返事を濁します。

 

翌日。甲斐が出勤すると、幸村からお呼びがかかります。幸村の部屋に行くと、蟹江がいます。幸村はシニアになるには、アソシエイトをつけてファームの仕事もやるのが条件だと言います。始めは断りましたが、最後は受け入れます。秘書の伽耶子にアソシエイトの面接をすると伝えます。

大貴が配達の仕事をしてると、祖母の結衣(田島令子)が骨折して入院したと連絡は入ります。すぐに静岡の病院にいって、東京に来てくれと言いますが、大丈夫だと断られます。それよりも、せっかくのあたまを使えと元気づけられます。

帰り道、大貴は遊星に連絡してこの間言っていたビジネスをやると言います。

 

数日後、甲斐のアソシエイトの面接がホテルで行われています。

大貴は遊星に渡されたバッグを押入れから出して出かけます。ビジネスとは、そのバッグを有る場所に運んでそこに来た同じバッグと交換してくるというものです。それだけで100万円です。

大貴が向かった先は、甲斐が面接をしてるホテルです。遊星から部屋番号を聞いてホテルに着くと、さすがにやばいと思ってトイレに行ってなかみをみてみます。すると、今までに見たこともない様な大金が入っています。

ホテルの地下駐車場では、遊星が黒ずくめの怖い男に捕まっています。遊星のビジネスは薬の売買です。

大貴は遊星に電話をしましたが、その頃遊星は殴られていて電話に出れませんです。しかたなく言われた部屋に向かいましたが、途中で電気工事をしてる業者とホテルマンに会います。怪しいと思った大貴はホテルマンにジムのことを聞くと、休みのはずなのに何も知りませんです。大貴は指定された部屋を通り過ぎて非常階段に逃げます。

その業者とホテルマンは警察官でおとり捜査をしてたんです。すぐに大貴のことを怪しいとおもって追いかけます。

大貴は、追いかけてくることに気づいて、おもわず2階でやっていた甲斐のアソシエイトの面接会場に飛び込んでしまいます。伽耶子は面接を受けにきた人だとカン違いして話をしてると、甲斐がやってきます。甲斐は大貴を部屋に入れて話を聴こうとすると、大貴のカバンからお金が落ちてしまいます。

大貴は今までのことをすべて甲斐に話します。大貴は法律のことは甲斐よりもよく知ってるから、もう帰っていいかというと、甲斐は「おもしろい」と目を輝かせます。大貴は六法全書を指してなんでも聞いてもらってもいいと言うと、甲斐が聞いた法律のことを完璧に答えます。実は、大貴は完全記憶の持ち主だったんです。

甲斐は、なぜそれだけのあたまを持っていて運び屋なんかをやっていたのかと聞くと、高2のときに司法試験を合格したけども、そのときにセンター試験の替え玉受験がばれて受験資格をなくしてしまったと言います。

スポンサーリンク

甲斐は、大貴をアソシエイトとして雇います。条件は遊星と縁を着ることです。

事務所に戻った先日のダイス・スズキ氏のプロフィールを見せます。ダイス・スズキ氏はハーバードのロースクールを出て弁護士になったけども、企業家に転身してます。通常は海外に住んでいて、関西弁護士会にもまだ所属してます。ダイス・スズキ氏の本名は鈴木大輔で、大貴とは一文字違いです。甲斐は鈴木大輔に成れと命じます。大貴は改名して、鈴木大輔の今までの経歴ややってきたことをすべて覚え始めます。

さらに、大貴はハーバードのロースクールまで見学に行きます。

 

数日後、大貴が日本に帰ってくると、甲斐から弁護士バッジをもらいます。甲斐は、今までの犯罪歴をすべて教えてくれといいます。その日の夜、大貴は祖母に電話をして、去年司法試験を受け直したことと、今度フリーターをやめて勤め始めると連絡します。

甲斐がバーで飲んでると、元上司の柳慎次(國村隼)がやってきます。柳は次長検事です。甲斐はすぐに席を立って帰ります。

翌朝、大貴が出社するとパラリーガルの聖澤真琴(新木優子)がやってきて案内してくれます。

甲斐が出社すると、幸村によばれます。蟹江がメールねつ造のことに気が付いて相手側の弁護士にばらしてしまったんです。幸村は昇進どころか首にするか降格にするか悩んでると甲斐に言います。甲斐はすぐに情報屋に連絡して相手側の弁護士のことを調べさせます。

そして、大貴を呼んで、せっかくやってもらったけども首だと言います。大貴は怒りましたが、これ以上犯罪行為をするわけにはいかないと謝ります。大貴は怒ってまとめた犯罪歴と弁護士バッジを置いて部屋を出ていきます。

 

その日の夜、大貴が酔っ払って道を歩いてると、遊星が現れます。遊星は渡した金を返せと殴りかかりましたが、大貴は捨てたと言い張ります。それどころか、郵政のせいで人生を棒に振ったといってもう関わり合いにならないでくれと言って歩いていきます。

そのころ、事務所にはダイスが再び来て、記事がでるみたいけどもどうにかしろとおどします。

そのあと、情報屋から相手側の弁護士の家族に弱点があったと連絡がはいります。大貴が置いていった犯罪歴のリストを読んだ甲斐は大貴の部屋に行きます。

甲斐は、「弁護士になる覚悟はあるか?」と聞きます。そして、すぐに着替えて出かけるぞと言います。

二人が行った先は、相手側の弁護士の家です。

でてきた弁護士に、今回の件ではなくて息子のことだと言うと、その息子が階段から降りてきます。その息子は司法試験を替え玉受験した学生です。大貴に気が付いた息子は自分の部屋に逃げていきます。その弁護士は甲斐たちを家にあげます。

後日、その弁護士は訴訟を取り下げます。

甲斐は空港までダイス・スズキ氏を見送りに行くと、海外に永住権をとると言われます。それを聞いた甲斐は、名前を使わせてくれとお願いします。

事務所に戻った甲斐が幸村のところにいくと、昇進はボランティアの仕事をしてからだと言われてしまいます。甲斐はボランティアの案件を大貴にまかせます。

その日の夕方、柳が汚職をしていて捜査対象に上がってるらしいから、もしも柳が甲斐に接触してきたら気をつけろと幸村から言われまSちあ。

(⇒2話のあらすじ

ドラマ「SUITS/スーツ」の1話から最終回までの全話を、FODプレミアムという動画配信サービスで見れます。FODプレミアムは月額976円(税込)でフジテレビのドラマをメインに見れるサービスです。

2週間の無料トライアルをしていますので、その間に「SUITS/スーツ」を無料で見れます。詳しくはこちら。

FOD公式サイトへ ≫

ドラマ「SUITS/スーツ」のキャスト

  • 甲斐正午 織田裕二、弁護士
  • 鈴木大貴<大輔> 中島裕翔、フリーター
  • 聖澤真琴 新木優子、パラリーガル
  • 玉井伽耶子 中村アン、甲斐の秘書
  • 谷元遊星 磯村勇斗、大貴の悪友
  • 谷元砂里 今田美桜、遊星の妹
  • 柳慎次 國村隼、甲斐の元上司
  • 鈴木結衣 田島令子、大貴の母
  • 蟹江貢 小手伸也、甲斐のライバル弁護士
  • 幸村チカ 鈴木保奈美、甲斐が所属する弁護士事務所所長

ドラマ「SUITS/スーツ」のスタッフ

ドラマ「SUITS/スーツ」のスタッフは、

  • 脚本 池上純哉
  • 演出 土方政人
  • 原作 全米メガヒットドラマ『SUITS』

脚本の池上純哉さんは、1970年生まれの脚本家です。フジテレビの「任侠ヘルパー」の脚本協力から活動を始められて脚本家になられます。今までの作品は、

  • 外交官 黒田康作
  • 慰留捜査
  • ガリレオXX
  • 極悪がんぼ

などです。

演出の土方政人さんは、1957年生まれの共同テレビジョン所属の演出家です。フジテレビの多くのドラマを担当されていて、2013年に「謎解きはディナーのあとで」で映画監督デビューされています。主な作品は、

  • ショムニ
  • 世にも奇妙な物語
  • 鹿男あをによし
  • 絶対彼氏
  • 大貧乏
  • 明日の約束
  • 映画「高台家の人々」

などです。

原作は、2011年から続いてる全米メガヒットドラマの『SUITS』です。韓国でもリメイクされたようですが、そちらはこけたようです。現在シーズン7までアメリカで後悔されていますが、月9では、シーズン1をリメイクするようです。

ちなみに、アメリカ版では、完全記憶を持ったフリーターではなくて、完全記憶を持ったマリファナの運び人です。経歴を査証してなんとか弁護士事務所に入った後、2人で訴訟を解決して行きます。そして、シーズン3でやっと弁護士になることができます。

アメリカ版の「スーツ」もシーズン1からシーズン7までFODで、無料で見れます。韓国版のスーツは、2880P必要です。

各話のあらすじ

以上、新月9ドラマ「SUITS/スーツ」のキャストと1話のあらすじ(ネタバレ)です。

スポンサーリンク>


コメント

タイトルとURLをコピーしました