下町ロケット2のキャストと1話のあらすじ(ネタバレ)。宇宙から大地へ!

下町ロケット2

(引用:番組公式サイト

10月14日(日)の夜9時から始まる新ドラマ「下町ロケット2」のキャストと1話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。2015年10月から放送された「下町ロケット」の続編です。主演は同じく阿部寛さんで、原作は2018年7月に刊行された池井戸潤さんの「下町ロケット ゴースト」です。前回に引き続き土屋太鳳さん、竹内涼真さん、真矢ミキさんたちは続投しますが、脚本が八津弘幸氏から丑尾健太郎氏に代わります。影響がどうでるか楽しみです。

ドラマ「下町ロケット2」のキャスト

  • 佃航平 阿部寛
  • 佃利菜 土屋太凰
  • 立花洋介 竹内涼真
  • 山崎光彦 安田顕
  • 軽部真樹男 徳重聡
  • 江原春樹 和田聰宏
  • 迫田滋 今野浩喜
  • 津野薫 中本賢

ドラマ「下町ロケット2」の1話のあらすじ

20年前、10年の歳月をかけて国産第一号ロケットを帝国重工が打ち上げます。それ以降、ロケットの打ち上げは世界でも上位の成功率を誇っています。日本の上空には5機の衛星がすでに討ちあがっていて、後2機だと財前(吉川晃司)が社員の前で叱咤激励した3ヵ月後、ヤタガラスを搭載したロケットが打ちあがります。衛星ヤタガラスの分離は成功して衛星軌道に乗ります。

そのシーンを佃航平(阿部寛)がセンターで見守っていて、喜んでいます。

ところが、その後で、財前からつぎのヤタガラスの打ち上げでロケット事業から帝国重工が手を引くかもしれないと聞かされます。藤間社長(杉良太郎)の退任が規定路線になりつつあるからです。次期社長の的場取締役(神田正輝)は、赤字部門を縮小する構えだと言うことです。

家に帰った航平は、娘の利菜(土屋太凰)から社内でもうわさが出ていて、藤間社長派は追い込まれてるようだと聞きます。

翌日、殿村経理部長(立川談春)や山崎技術開発部長(安田顕)にそのことを話します。

航平と山崎が廊下を歩いてると、立花洋介(竹内涼真)から次のロケットのバルブの改良を考えてると図面を渡されます。すると、農業機械メーカーのヤマタニから電話だと告げられます。ヤマタニに出向いてみると、農耕機の新型エンジンの話を白紙に戻してもらいたいと言うことです。すでに試作品もできてテストも終わっていて、製造ラインも用意して人も雇ったと航平が文句を言いますが、社長が変わって汎用機を作る方向に方針が変わったと言われます。そして、ダイダロスと言うメーカーがその汎用機のエンジンを負かされたと言うことです。

航平がヤマタニの担当者と歩いてると、ダイダロスの重田社長(古館伊知郎)と会います。重田から、もう技術の時代ではなくて価格の時代になってる、農耕機なんて動けばいいんだと耳元で言われてしまいます。

会社に帰って幹部達にそのことを言うと、殿村は、やはり顧客のニーズが変わってきて、ヤマタニもダイダロスもしっかりアジャストしてきたんだと言います。航平も時代の流れに乗らないといけないかな?と言ってると、殿村の父親が倒れたと連絡が入ります。殿村は急いで会社を後にします。

さらに、技術部では、帝国重工のロケット事業がなくなるかもしれないと社員達が大騒ぎし始めます。

その日の夜、航平が今後のことを考えるためにボーリング場に行ってると、変な女(イモトアヤコ)にじゃまをされてしまいます。

 

翌日、山崎といっしょに殿村の田舎の家にいくと、思った以上の大豪邸で大地主の豪農です。近くまで行くと、殿村はトラクターに乗って畑仕事をしています。そのトラクターは、佃製作所の初代ステラエンジンが乗ったものです。

思わず航平がトラクターに乗って運転してると、殿村はくわを担いでそのあとをあるきだします。そしてずっと下をみて何かをしています。航平がトラクターを止めて聞いてみると、作業ムラをなくしてると殿村は答えます。じつは、そのクワ入れの途中で倒れたと言うことです。

その日の夜、航平と山崎は殿村の家に泊まります。夜中に今までのことを考えてると、下の部屋から殿村の父親の正弘(山本学)が水をくれと怒鳴る声が聞こえます。殿村が疲れて寝てたので航平が水をくんで持っていくと、いままでのことをおしえてくれます。起きてきた殿村からは、農業も自分の代で終わらせると聞きます。

翌朝、航平はトラクターを分解しています。山崎と殿村がそばにいくと、作業ムラができるのは、トランスミッションのせいだとわかったと航平が言います。そして、高性能のトランスミッションを開発できないかな~とつぶやきます。トランスミッションの重要なパーツはバルブだからです。山崎は、「おもしろそうじゃないですか」といいます。

会社に帰った航平は、トランスミッションの話をしてヤマタニにもう一度交渉しようと言うと、津野営業部長(中本賢)は、トランスミッションもギアゴーストと言うベンチャー企業に外注してると言います。たった5年で100億を超えていて、帝国重工の元社員の伊丹大(尾上菊之助)が天才エンジニアの島津裕といっしょに独立して会社を始めたということです。

航平と山崎と唐木田営業部長(谷田歩)がギアゴーストに行きます。すると、工場はない企画設計だけの会社で、組み立てはすべて外注だと言うことです。帝国重工と浜逆で、それがイヤで島津といっしょに会社を飛び出したと伊丹社長が話してくれます。そして、トランスミッションのすべてのパーツはコンペになってると聞きます。

航平たちが今までのトランスミッションを見てると、島津裕副社長がやってきます。その顔を見た航平は驚きます。じつは、この間ボーリング場で出会った変な女だったんです。

伊丹と島津がそろったところで商談が始まります。島津がなぜトランスミッションを考えてるのかと聞くと、航平は、「いつかトランスミッションのメーカーになることです」と率直に行ってしまいます。「うちのライバルになるつもりですか?」と伊丹が笑顔でいいます。島津は、ロケットのバルブよりもトラクターは難しいと言って、さらにコンペのライバルは業界ナンバー1の大森バルブだと教えてくれます。伊丹も納期を守りながら品質を維持するのは難しいと言います。

会社に帰って、そのことを話して大森バルブに絶対に勝つと発表します。プロジェクトリーダーは軽部(徳重聡)で、メンバーは加納アキ(朝倉あき)と立花です。

大森バルブでも佃製作所がコンペに参加したと瑛k行会議で発表されます。辰野営業部長(六角精児)は、ロケットのブル部を作っていた会社なので侮ってはいけないとはっぱをかけて、もういちど設計を見直して最高のバルブを作れと命じます。

航平と立花たちは、大森バルブが使われてるトランスミッションを分解して大森バルブのバルブを研究します。ところが、中をあけて見ると、航平たちの想像をはるかに超えるものです。ところが、軽部は関心がなく、定時になったらすぐに帰って行きます。立花が待ってくれといっても無理です。それを見ていた航平は将来は立花にかかってるから泥臭くやれと元気付けます。

立花がやっと設計図が出来て軽部に見てもらうと、「やぼったい、やりなおせ。予算オーバーだ。設計もつきあうのも無駄だ」と言われてしまいます。そして定時になったので帰っていこうとします。立花が待ってくれと言って、自分以上のものを作れるのかと聞くと、予算内で作れなければスペックが高くても無駄だと言って歩いていきます。立花は軽部につかみかかって、「じゃ教えてくれよ」と叫ぶと、「オリジナルを出せ。お前らしさがまったくない。ロケット品質ってこんなものか」と言い捨てて帰っていきます。

スポンサーリンク

社長室で、航平と山崎が2人のけんかのことを話してると、殿村が帰ってきます。週末は帰るけども平日は会社の仕事をするといってくれます。

立花が頭を抱えてると、加納が「ロケット品質ってガウディのこと」とポスターを見ながらつぶやきます。

 

そのころ、帝国重工の的場取締役は財前と会食をしています。その席で的場から、財前の異動のこととロケット事業を辞めるとはっきり言われます。財前はすぐに航平を呼んで的場からロケット事業をやめることが決まったと言われて申し訳ないと頭を下げます。

翌日、航平のところにガウディの北陸医科大の市村から電話が来ます。立花がガウディの件でこっちにやってくると昨晩電話があったと言います。市村は、ちょうど、ガウディを入れた子供たちのサッカーの試合があるから航平にも着てもらいたいと子供たちといっしょに航平に頼みます。すぐに航平も福井に飛びます。

立花と加納がサッカー場につくと、すでに航平がきています。加納はちゃんとロケット品質に向き合いたいと思ってやってきたと航平に話します。ガウディを心臓に入れた子供たちのサッカーを見て、立花と加納は涙を流します。

帰り道、航平は、自分で自分に線を引いていた、まだ夢を見ていいんだと2人に話します。

 

ギアゴーストコンペ2週間前。航平は佃らしさが何か気がつきます。

そのころ、大森バルブは試作品をギアゴーストに持ち込んでいます。スペックは申し分のないものでしたが、費用が予算内に納まりませんです。辰野営業部長は、大森バルブに決まったら、値上げさせてくれと言いますが、ルールはルールだと伊丹社長は言います。辰野は受け入れてくれなければ、今おろしてるほかのバルブの供給を停止すると脅します。

試作品を見ていた島津は、「ブロックが」とつぶやくと、辰野はすぐに立ち上がって、「ブロックですね。すぐに持ち帰ります。ただ、予算内ならすぐに採用してくださいね」と行って帰っていきます。立つのが帰った後、伊丹が島津にブロックの事を聞くと、材料を買えれば安く出来ると思ったと言います。辰野は、島津の一言で気がついて持ち帰ったのです。伊丹は、「どうやら、バルブの供給が止まるのはなさそうだ」と笑顔でいいます。

佃製作所では、立花が航平と一緒に考えた図面を軽部に見せます。軽部はにやりと笑って「ま、いいんじゃないの」とつぶやきます。すぐに立花は試作品の製作に取り掛かります。

 

ギアゴーストのコンペの日。予算内で仕上げた製品を大森バルブが持ってきます。伊丹と島津は満足します。大森バルブが帰ろうとすると、幸平たちがやってきます。辰野が試験を一緒に見させてくれというと、航平も了解します。

会議室で待ってると、はじめに大森バルブの結果が出ます。しばらくして佃製作所のものも出てきます。一覧表になっていて、有利な方を赤くしてあると検査員がはなすと、二つの数値を除いてすべて大森バルブの数値が赤くなっています。

それを見た天才エンジニアの島津は目をみひらきます。そして手元に来た佃製作所が作ったバルブを観察し始めます。辰野と伊丹は生産計画を練ろうといって席を立ち上がると、島津は、「ちょっと待って」と血相を変えていいます。そして、辰野にいくつのパーツで作ったのかを聞きます。怪訝な顔をした辰野は491個だと答えます。

島津が航平に聞くと、153個だと山崎が答えます。

辰野が笑いながら、「それがなんなんですか?」と言うと、島津は、「このすごさがわからないんですか?」と言います。そして、どうしてこんなものを作ろうと思ったのかと聞くと、実際にトラクターに乗ってみたからだと航平が答えます。そして、はじめは大森バルブのように数値を見ていたけども、これは振動がすごいトラクターに乗せてはじめて価値のあるものだ、スペックなんて本末転倒、無駄なんだと航平は島津にはなします。

辰野は、スペックがすべてだと叫びますが、島津は、うちのトランスミッションのため、ユーザーのために考え抜かれたバルブで大森バルブとは圧倒的な差だと涙を流しながら語ってくれます。

航平は、これがロケット品質だと断言します。伊丹は、しばらく時間をくれと行って島津と話しをしたあと、航平にむかって佃のバルブを採用させてくれと頭を下げます。

辰野は怒って部屋を出て行きます。航平と島津は握手をします。

会社に帰った辰野は、ケーマシーナリーの神田川知財部長(内場勝則)と中川弁護士(池畑慎之介)に相談して、ギアゴーストに損害賠償を起こすことになります。かなり大金を集めないとギアゴーストは倒産すると、顧問弁護士の末永(中村梅雀)から伊丹が言われてびっくりしてしまいます。

(⇒2話のあらすじ

ドラマ『下町ロケット』をもう一度観るには、こちらのParavi(パラビ)がおすすめです。Paravi(パラビ)はTBSとテレビ東京、WOWOWがメインの動画配信サイトです。Paravi(パラビ)も2週間の無料お試しをしていますので、無料期間中でしたら完全に無料でドラマ『下町ロケット』を見ることができます。

レンタル店と違って、あなたの好きなときに、好きなお話を、好きなだけ見ることができます。『インハンド』などのドラマ『下町ロケット』以外のTBSのドラマも見放題できます。こちらからドラマ『下町ロケット』を無料でご覧ください。

クリックして下町ロケットを見る

ドラマ「下町ロケット2」のスタッフ

ドラマ「下町ロケット2」のスタッフは、

  • 脚本 丑尾健太郎
  • 演出 福澤克雄
  • 原作 池井戸潤

脚本を書かれてる丑尾健太郎さんの主な作品は、

  • HEAT
  • 小さな巨人
  • ブラックペアン

などです。

演出の福澤克雄さんは、1964年生まれの演出家、映画監督で、2015年の「下町ロケット」の演出もされます。主な作品は、

  • 3年B組金八先生
  • 半沢直樹
  • ルーズヴェルト・ゲーム
  • 小さな巨人
  • 陸王
  • ブラックペアン

などです。

各話のあらすじ

以上、ドラマ「下町ロケット2」のキャストと1話のあらすじ(ネタバレ)、スタッフなどの情報です。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました