視覚探偵日暮旅人の4話のあらすじと感想!ゲストは北村有起哉!

ドラマ「視覚探偵日暮旅人」の4話のあらすじや感想などをまとめます。「視覚探偵日暮旅人」は、松坂桃李さん主演のドラマで、五感のうちの視覚以外の四つの感覚を失ったことで、匂い、味、感触などが見えることで事件を解決する探偵の物語です。ゲストは、北村有起哉さんです。

スポンサーリンク

「視覚探偵日暮旅人」4話のあらすじ

旅人は、山田手帳の中身を読みます。かなり危険なことが書かれているようです。読むたびに体力を奪われて、倒れてしまいます。榎木の所に連れて行ってみてもらいます。旅人と雪路が帰った後、増子たちがやってきて榎木に二人の事を聞き出します。二人に関わらないことを条件に、榎木が知ってる裏社会の情報を教える約束をします。

一方、保育園では、陽子(多部未華子)が合コン好きの同僚保育士・智子(木南晴夏)に、恋をしなきゃと、婚活パーティに誘われます。会場では、智子がヒカル・レイと名乗る男(三浦貴大)と意気投合して、会場を後にどこかに行ってしまいます。

翌日、智子が無断欠勤します。陽子が家に訪ねて行ってもいなくて、婚活パーティの主宰者に相手のヒカル・レイの連絡先を聞きますが、通じませんです。警察では、榎木から得た情報で動こうとしていますが、その売人の名前の中にヒカル・レイと言う名前が載っています。陽子は旅人の事務所に行って探してもらおうとします。陽子は、「わかってます。私が来ると迷惑なのもわかってます。でも」と頼むと雪路が旅人の本に連れて行きます。倒れて以降、旅人は眠りっぱなしです。陽子が帰ろうとすると、灯衣は、「パパが起きたら、探すと思う、だから、雪路が探してあげるのが、パパの目のために、一番いいと思う。それに、雪路も優秀な探偵でしょ」と言って助けてくれます。陽子も手伝うことになって、亀吉も張り切りだします。

陽子と雪路は浮浪者に聞きに回ります。ヒカル・レイのことを聞いてると、増子たちがやってきます。ヒカル・レイと関係している売人の元締めのリッチ―と言う名前を聞くと、雪路が何かに気が付いたようです。もう首を突っ込むなと言って行ってしまいます。そこに、亀吉から電話がかかってきます。ヒカル・レイがホストだと話していると、殴られる音がします。そのホストクラブに行ってみると、鳥羽組関連のホストクラブでしたが、ヒカル・レイは智子をさらってはいない様です。終電でバイバイしたようです。亀吉を連れ出すと、増子に電話をして4人でヒカル・レイの部屋を捜索しに行きます。亀吉が治療のために家に戻って榎木に治療されていると、旅人が起きてきます。3人の異様な行動を見て、何かあったことに気が付きます。そして「目の力を使えばわかるけれど、最近目を使い過ぎてるから、言ってもらいたい」というと、亀吉が思わず、言ってしまいます。鳥羽組と言う言葉を聞くと、皆が止めるのも聞かずに「これは僕に事件です」と言って出て行ってしまいます。

一方、雪路と陽子と増子たちは再びホストクラブにやってきて事情聴取をします。雪路は奥の通路を歩いていたリッチ―(北村有起哉)に気が付いて外に行きます。昔世話になった人の様で、「なんでお前が刑事連れて来てんのよ」と言って壁に押し付けられてやられてしまいます。雪路は預かってるものがあるとリッチ―に言うと、リッチ―は「大事な商品だから、今後ともよろしく」と頼んで行ってしまいます。預かってるものとは、灯衣のことです。そこに、陽子がやってきて旅人がやってきたと告げます。再び、ヒカル・レイの部屋に行きます。旅人は、智子のあとをたどります。

スポンサーリンク

後はホテルの一室に続いていて、踏み込むと3人の女性が鎖でつながれています。雪路は薄暗い部屋の一番奥に怪物がいるのが見えます。旅人が花瓶で窓を割って光を入れると、それは薬を使ったヒカル・レイです。ヒカル・レイは雪路におそいかかりましたが、旅人の機転でヒカル・レイを捕まえることができます。現場検証のために後からやってきた古株の刑事、白石孝徳(吹越満)を見た旅人はフラッシュバックが起きて、意識を失ってしまいます。ヒカル・レイは警察で取り調べを受けていて、リッチ―から薬を回してもらっていて、お金が払えなくなってしまったとしゃべります。

翌日、陽子は事務所に行ってあやまります。灯衣に「もう来ないほうが良いよ。先生が来るようになる前の方がよかった」と言われて、旅人の枕元に幼稚園の時に拾ったキーホルダーを置いて帰っていきます。

陽子が帰った後、「ていね、先生のことも大事なの。でも、そんなにいっぺんにたくさんのひと、大事にできないよ。それって、ていが子供だから?」と灯衣がいうと、榎木は、「それって大人も同じだよ」と言います。

旅人が目を覚まします。小さいころ、誘拐された時に見た目が白石の目です。

(⇒ 5話のあらすじ

ドラマ「視覚探偵日暮旅人」の1話から最終回までの全話を、Huluという動画配信サービスで見れます。Huluは月額1,026円(税込)で日テレのドラマや映画、海外ドラマなどを見れます。

Huluは2週間の無料お試しをしていますので、その期間中に「視覚探偵日暮旅人」を無料で見れます。くわしくはこちらから。

Hulu公式サイトはこちら ≫

「視覚探偵日暮旅人」4話の感想

おもしろかったですね。山田手帳を呼んで意識を失った事と、白石刑事の目を見て意識を失ったことには、きっと関連性があるのではないでしょうか。たぶん、旅人を誘拐した犯人の一人が白石だと思います。鳥羽組と言う言葉に反応したのも、きっと山田手帳の中にかかれていたためではないでしょうか。そして、陽子と旅人の関係が、恋愛系ではないというと、父親経由のなにかしらの関係があると思います。一番大事なキーパーソンは、やはり雪路の父親の雪路照之で、全てはそこから事件が発生しているような気がします。これからどんどん、謎が明らかになっていって面白くなってくると思います。ただ、「嘘の戦争」や他の復讐もののようなぶきが旅人にはないんですよね。見ることはできますが、相手を攻撃できるようなものがないので、どうやって復讐していくのか、とても楽しみです。

「視覚探偵日暮旅人」のキャスト

  • 日暮旅人 松坂桃李、探し物探偵
  • 雪路雅彦 濱田岳、日暮旅人のパートナー
  • 鶴田亀吉 上田竜也、探偵事務所の助手
  • 百代灯衣 住田萌乃、日暮旅人の血のつながってない子供
  • 山川陽子 多部未華子、灯衣の通う保育園の保育士
  • 小野智子 木南晴夏、灯衣の担任、陽子の先輩
  • 園長先生 木野花
  • 榎木渡  北大路欣也、榎木診療所所長、旅人の秘密を握る
  • 増子すみれ シシド・カフカ、超ドSな刑事
  • 土井潤一 和田聰宏、増子の相棒

4話以外のあらすじ

以上、ドラマ「視覚探偵日暮旅人」の4話のあらすじなどの情報です。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました