シグナルの9話のあらすじ(ネタバレ)。

シグナル(FOD)

シグナル 長期未解決事件捜査班

(引用:公式サイト

ドラマ「シグナルー長期未解決事件捜査班」の9話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。

スポンサーリンク

9話のあらすじ

岩田(甲本雅裕)が亡くなる直前に残した言葉がきっかけで、健人(坂口健太郎)と美咲(吉瀬美智子)は、白骨化した大山(北村一輝)の遺体を発見します。美咲は、抱いていたわずかな希望を打ち砕かれ、悲しみに暮れてます。

美咲と健人が大山の自宅に遺骨を持っていくと、健人は大山の使っていた部屋から一枚の名刺を見つけます。それは、兄・亮太(神尾楓珠)の逮捕後、幼い健人が通った焼き鳥店のものです。

 

1999年。

健人の兄の亮太が逮捕された後、大山は健人の家に行きます。母親は、健人を自分の旧姓の三枝にあらためさせて、親戚の家に預けたと泣きながら話してくれます。

大山がその親戚の家に見に行くと、健人は親戚の叔父さんからもらった500円を持って、近くの焼き鳥屋さんに入っていくところを見ます。大山も他人のふりをして入ると、健人は焼き鳥屋さんなのにオムライスを頼みます。店員が親の事を聞いてるのを見かねて、大山はその店員を呼んで、「手間賃を払うからつくってやってよ」と内緒で頼みます。

幼い健人は夢中で食べ始めます。

その次の日からもずっと、大山は健人が現れるときに他人のふりをしてその焼き鳥屋さんにかよって、ずっと健人の様子をみまもっています。

 

2000年。健人は、その焼き鳥屋さんにやってきます。大山の部屋にあった名刺がずっと大山が内緒で見守り続けた場所だったんです。健人は、久しぶりに会った焼き鳥屋のおばさんに、大山の写真を見せると、ずっと健人に内緒で健人のことを気にかけていてくれて、お金もその分たくさん払ってくれていたといいます。

健人は、子供の頃は、ずっと一人ぼっちで孤独だと思ってたのですが、そうじゃなかったことにショックをうけます。

 

2018年。夜の11時23分。無線機の電気が入ります。

健人が呼びかけると、大山は、武蔵野の事件は何があってもあきらめませんとこたえます。健人は、事件が解決しなくてもいいから大山に幸せになってほしいといいます。大山も、健人が家族と一緒にいる幸せを味わってもらいたいといいます。

健人は、武蔵野の事件からてをひいてくれ、そうでないと大山の身に危険が及ぶといいます。一番初めの無線で聞こえた拳銃の音は、この事件が原因だというと、大山はそれ以上は聞きたくないと言って無線をおきます。

健人はすぐに武蔵野の事件を見直します。

翌日、美咲を健人の家に呼んで捜査の状況を聞きます。元暴力団の岡本をがさ入れしましたが、直前で逃げてしまったということです。たぶん、警察内部にない通者が居ると健人は断言します。

健人が、岩田係長が亡くなって武蔵野事件のことを知ってるのは、武蔵野事件の被害者の井口奈々くらいだというと、すでに調べてあると美咲が言います。2人は井口奈々のところに話しを聞きに行きます。

喫茶店に連れて行って話を聞くと、健人の兄の亮太は、たったひとりだけ奈々に優しくしてくれた人だと話し始めます。なのに、お金でうその証言をしたと泣いて謝ります。そして、真相を話してくれます。

ある日、勉強を教えてもらってる亮太がこれなくなった日に、小川陽一に無理やり乱暴されたと話してくれます。小川都市開発の社長の息子で、今は、取締役をしている男です。

健人は、今からでも小川陽一を犯人だと証言してくれとお願いします。奈々は、今は夫も子供もいるし、あの後、被害者なのにひどいことばかり言われたといいます。

健人が、亮太が自ら命を絶ったというと、「嘘だ」といって、少年院にいる亮太から手紙が来たといいます。中身は、悪いのは周りの人で、自分もやり直すから奈々もがんばってくれと書いてあったといいます。自ら命を達人の手紙じゃないといって、「ごめんなさい」と言って席を立ちます。

スポンサーリンク

健人がまってくれというと、美咲は、もう時効が成立してるからととめると、「自ら命を絶ったんじゃなかったとしたら・・・」といって喫茶店を飛び出します。

 

2000年。

亮太が出所します。母親が迎えにきてくれます。家に帰ると、家の中がメチャクチャです。すると、奈々との勉強に家を借りていた生徒が来てあやまります。そして、渡したいものがあるといって紙袋をわたされます。

その頃、中本管理官(渡部篤郎)は大山のところにやってきて、捜査をやめろと脅しています。それを断わって自分の関に帰ると、亮太から電話があります。

「実はお渡ししたいものがあるんです。証拠です。真犯人の。他の刑事は信用できません。大山さんだけです」

大山は、すぐに向かうと返事をします。部屋から出て行こうとすると、岩田に呼び止められて、これから会議だといわれます。大山が会議室に行くと、岩田はあるところに電話をします。実は、大山にかかってきた亮太の電話を立ち聞きしていたんです。

大山が会議をしてる途中、亮太の家にある男がやってきています。

会議が終わって出かけるときに、美咲から映画のチケットを2枚渡されます。大山は、「映画は見ないんだ」と言って返します。車に乗り込むと、無線機を手にしてボタンをおします。

 

2018年。

健人は、城西病院に行って岩田の写真を見せて何をしたのか聞きます。岩田は、血液サンプルの記録を照会しています。亮太のものです。健人がどこかおかしなところがあるか聞くと、精神安定剤の成分と抗凝固剤の血中濃度が以上だと医者に言われます。その量は、普通の人なら意識を失う量だということです。

健人は、亮太が世親安定剤と抗凝固剤を飲まされて、気を失ったところに手首を切られたんだとわかります。美咲も病院にやってきて、勝手に動くなといいます。ですが、健人は、その話をして、亮太は証拠を見つけたのでおそらく口封じで命を奪われたんだといいます。美咲は、あの事件の責任者は中本刑事部長で、今回の事件も中本刑事部長だとつぶやきます。

そのとき、夜の11時20分になります。健人がバッグから無線機を出すと、美咲が大山の無線機だと気がつきます。それを言うと、大切なことがいえなかった、命があぶないといえなかったと告白します。

すると、無線機に電気がつきます。

大山の声が無線機から聞こえてきます。美咲はびっくりして声も出ませんです。

大山は真犯人の証拠が手に入りそうだと健人に言うと、健人は、2000年の3月20日に、兄の亮太が自殺に見せかけて命を奪われてしまうから助けてくれと叫びます。

(⇒最終話のあらすじ

ドラマ「シグナル」を見逃してしまったら、有料ですがこちらのFOD見ることができます。FODは月額976円(税込)で、フジテレビのドラマを見れます。韓国のトップ俳優のイ・ジェフンさんとトップ女優のキム・ヘスさんが出てる原作韓国版も無料で見れます。

月額会費を初回2週間無料お試しをしていますので完全に無料で見れます。コチラをクリックして、ドラマ「シグナル」をご覧ください。

FOD公式サイトへ ≫

キャスト

  • 三枝健人 坂口健太郎、現代の地域課の刑事
  • 大山剛志 北村一輝、過去の刑事
  • 桜井美咲 吉瀬美智子、城西警察署刑事
  • 山田勉 木村祐一、城西警察署刑事
  • 岩田一夫 甲本雅裕、城西警察署刑事課係長
  • 小島信也 池田鉄洋、城西警察署鑑識課
  • 中本慎之助 渡部篤郎、警視庁刑事部長
  • 安西理香 青野楓、慶明大学医学部助手
  • 加藤亮太 神尾楓珠、三枝健人の亡くなった弟

各話のあらすじ

以上、ドラマ「シグナル」の9話のあらすじ(ネタバレ)です。

スポンサーリンク>


コメント

タイトルとURLをコピーしました