シグナルの5話のあらすじ(ネタバレ)。

シグナル(FOD)

シグナル 長期未解決事件捜査班

(引用:公式サイト

ドラマ「シグナルー長期未解決事件捜査班」の5話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。

スポンサーリンク

5話のあらすじ

健人(坂口健太郎)は、現在の大山刑事(北村一輝)を探し出そうとおもって、かつて同僚だったという岩田係長(甲本雅裕)に話を聞くことにします。すると、いやそうな顔をして「何のために探してる?」といいながら、大山のことを教えてくれます。大山は、2000年に失踪していて、その後、暴力団関係者から多額の賄賂を受け取っていたことがわかって、懲戒免職になったといいます。警務部が調査してるのを知って、逮捕される前に失踪したと岩田係長は教えてくれます。

その頃、桜井美咲刑事(吉瀬美智子)は、大山刑事の実家の時計屋に行きます。年老いた大山の父親がまだ時計屋をやっています。

 

1998年、桜井美咲は交番勤務から城西署の強行班に配属になります。大山刑事が教育係になります。美咲は車の運転も出来ず、大山刑事は「半人前」と呼んできびしく指導します。

ただ、初めて遺体を見て号泣してるときに、遺族が流す涙は海で、自分たちが流せる涙はせいぜいペットボトルぐらいだ、そのためにつかまえなきゃいけないし、これからつらいときは思いっきり泣けばいいと言って慰めるようなときもあります。

ある日、美咲が缶コーヒーを大山の机の上においたときに、お守り代わりに持ってる無線機にきがつきます。美咲はその無線機の底にスマイルマークのシールを貼ります。

 

2018年。

健人は大山の汚職に関係していた岡本という元暴力団系の男にあいます。岡本は、大山が違法のキャバクラ営業をネタに300万円の賄賂を請求されたといいます。証拠に大山の手書きの領収書みたいなものがみせられます。

健人が帰ったあと、岡本は岩田係長に電話をしてきて健人が大山の事を聞きに来て、昔と同じことを話しておきましたといいます。磐田係長はその電話を中本刑事部長(渡部篤郎)といっしょに聞いています。すると、中本刑事部長は、

「なんで、あいつが大山のことをかぎまわってるんだ?大山とはどういう関係なんだ?」

と渋面を作って岩田係長をにらみつけます。

岩田係長は、大山が失踪した2000年のときは健人は11歳だったはずですというと、

「なんなんだ、こいつは」

と中本刑事部長は舌打ちします。

岩田係長は、美咲に健人が大山のことを調べてるので何のために調べてるのかしっかり管理しろといいます。

健人は、自宅に帰って大山の収賄と失踪について考え始めます。あまりにも完璧な証拠に違和感を覚えて、警察内部の人間がかかわってるはずだとおもいます。そして、最初の無線で、なぜ谷原病院にいたのか?疑問におもいます。

 

1998年5月。

大山刑事が連続強盗事件のために城ヶ丘地区に張り込みをしてると、犯人が忍び込んだ白石家から逃げ出したという連絡が入ります。大山たちが現場に駆けつけますが、だれともすれちがいませんです。先頭きって走っていた大山は犯人に間違わられて、反対側からきた警察官に取り押さえられます。

署に帰ると、白石家の長男智弘から犯人が逃げたと電話が来てすぐに連絡したけど、なんで誰も犯人を見ていないんだ?と岩田から怒られます。この1ヶ月の間に、昨晩の城ヶ丘地区で同じようにセキュリティを切って進入した事件が起きてるから、どう見ても同一犯の犯行だといいまいた。ファイルを全員に渡して前歴のあるものを探せといいます。

さらに、そのあたりは政治家や財界人の家も多く、白石家は白石重工社長の家なので、上層部からもすぐ逮捕しろと言われてるとハッパをかけます。

大山は、渡されたファイルの中から前に逮捕した工藤雅之(平田満)のところに行って、アリバイを確かめます。工藤は「おれじゃねえよ。昨日は配達してたんだ」と繰り返します。そこに、娘の和美が帰ってきます。

大山は、工藤の家で和美が作ってくれた夕食をたべます。実は、工藤が刑務所にいたときに和美の面倒を大山が見ていたんです。

和美は、工藤が捜査してる城ヶ丘の連続事件は素人だといいます。理由は入った家がすぐそばだということです。盗品も出ていないので、素人だからきっと換金ルートを知らないからだといいます。工藤も、手口は素人だけど、厳重なセキュリティを簡単に突破してると不思議がります。3人は楽しく夕食を食べます。

大山が家から出て歩き出すと、和美が出てきて、「お父さんはぜったいやってない。わたしが保証する。だからお願い」といいます。大山は「わかった」といって家に帰そうとすると、和美から運転してるときに聞いてと、音楽をダビングしたカセットテープをもらいます。

家に帰った大山は、ふと机の上にある無線機を手にとって話しかけます。すると、無線機から雑音といっしょに健人の声が聞こえます。大山は、

「三枝警部補、この1年なにしてたんですか?」

とききます。健人が話したのは、1週間前です。健人はびっくりして

「じゃあそちらは、1998年ですか?」

「ええ。そちらは?」

「2018年です。こっちは1週間しかたっていません」

「2018年?本当ですか?あなた、ほんものの三枝警部補ですか?」

「俺も理解不能ですが、事実です」

すると、大山は、もしも事実なら城ヶ丘地区の連続窃盗事件の犯人を教えてくれといいます。健人はファイルを調べて、その事件は未解決だといいます。そして、もし何か知っていても過去が変わってしまうので教えられないといいます。大山がヒントぐらいくれというと、厳重なセキュリティを突破するために、郵便受けなどから住人の情報を得たはずだと教えてしまいます。健人は無線のせいで亡くなった人もいるから慎重に捜査してくれといいます。

スポンサーリンク

 

2018年。

健人がその無線を切って机の上につっぷして寝てる間に、城ヶ丘のフ事件ファイルが真っ白になってしまいます。大山が1998年に何かしら動いたことで、未解決ではなくなってしまったんです。目が覚めてそれに気づいた健人はすぐにPCで調べると、1998年に工藤が逮捕されたとニュースになっています。

翌日、工藤が刑務所から釈放されます。

健人が署にやってくると、山田刑事(木村祐一)と小島(池田鉄洋)が、次にどの未解決事件を捜査しようか考えています。健人は、城ヶ丘事件の事を聞くと、現場の郵便受けから出た指紋と目撃証言が証拠になって逮捕されてると美咲が言います。健人は、無実を訴えてるので、誤認逮捕かもしれないといいます。

その頃、刑務所を出た工藤は、矢部という豪邸に忍び込んで娘の香織を拉致しています。工藤は、わざわざ鏡に自分の指紋を残していきます。

健人は大山が残した捜査ファイルを調べてると、美咲からこの事件はもう終わってるし、秘密を持った人とは捜査できないといわれてファイルを取り上げられます。

すると、山田刑事達が誘拐事件だと叫んで入ってきます。

捜査会議が開かれます。中本刑事部長も出席します。岩田係長は、

  • 誘拐されたのは、矢部香織 35歳
  • 大学の研究員
  • 父親は大学教授
  • 犯人は出所したばかりの工藤雅之
  • 運んだ車はすでに発見
  • まだ接触はない

と報告します。中本刑事部長は

「くずはいつまでたってもくずだ。盗みに入って気づかれて誘拐したんだろ」

とかんたんにいいます。すると、健人は、

「何か変です」

と言って、今までの工藤の行動とは違っていて、証拠をわざと残したんじゃないかといいます。ところが、中本刑事部長は、健人を無視して話し出します。美咲は健人の足をけっていすに座らせます。岩田係長も健人の話を無視して指示をします。健人が岩田係長に「ちょっと待って下さい」と話しかけると、いきなり殴られます。そして、「事件をひとつふたつ解決したぐらいで調子に乗るな」といいます。

怒った健人は、

「忘れてます。警察に品位なんてなかったんだ」

というと、美咲から殴られてしまいます。美咲は岩田係長に「わたしからよくいっておきます」といいます。岩田係長たちが出て行くと、健人は、ぜったいに怨恨が動機で被害者の命が危ないといいます。美咲は、

「だとしたら、被害者がなくなったらあなたのせいよ。今のやり方を変えないと、だれもあなたに耳をかさない。たとえ正しかったとしても。少しは学んで。何も知らないくせに、捜査員の苦労を知らないくせに批判しないで」

と言って出て行きます。

美咲たちは矢部家に待機します。

健人は刑務所にいって刑務官に話を聞きます。工藤は何度か脱走を企てたあと、電気技術の勉強を始めたといいます。また、ときどき火をみて発作を起こしていたと聞きます。娘の和美が事故で焼死したのが原因だということです。

拉致された和美は、冷凍者の中にとらわれています。そばには和美の携帯が落ちています。

そのころ、美咲は矢部家の洗面室に和美の抗不安薬がおいてあるのに気がつきます。父親に聞いてみると、20年前に起きた事故が原因だということです。

その日の夜、健人は車に乗って「全部自分のせいだ」とつぶやきます。

 

1998年。工藤が連行されるとき、そばにいた大山に向かって突進していって、

「おまえのせいだ。おまえのせいで和美の命が!」

とつかみかかってきます。連行されて言った後、大山は車の中で和美からもらったカセットテープを聴きながら涙を流しています。すると、無線機から雑音と健人の声が聞こえてきます。健人は、

「大山巡査部長。過去が変わりました」

「みんなおれのせいです。おれがまちがえていました」

「どういうことですか?」

「警部補の言ったとおりです。俺のせいでめちゃくちゃになった。こんな無線機はじめなきゃ良かった」

「一体何があったんですか?・・・大山巡査部長!・・・教えてください!何があったんですか?・・」

(⇒6話のあらすじ

ドラマ「シグナル」を見逃してしまったら、有料ですがこちらのFOD見ることができます。FODは月額976円(税込)で、フジテレビのドラマを見れます。韓国のトップ俳優のイ・ジェフンさんとトップ女優のキム・ヘスさんが出てる原作韓国版も無料で見れます。

月額会費を初回2週間無料お試しをしていますので完全に無料で見れます。コチラをクリックして、ドラマ「シグナル」をご覧ください。

FOD公式サイトへ ≫

キャスト

  • 三枝健人 坂口健太郎、現代の地域課の刑事
  • 大山剛志 北村一輝、過去の刑事
  • 桜井美咲 吉瀬美智子、城西警察署刑事
  • 山田勉 木村祐一、城西警察署刑事
  • 岩田一夫 甲本雅裕、城西警察署刑事課係長
  • 小島信也 池田鉄洋、城西警察署鑑識課
  • 中本慎之助 渡部篤郎、警視庁刑事部長
  • 安西理香 青野楓、慶明大学医学部助手
  • 加藤亮太 神尾楓珠、三枝健人の亡くなった弟

各話のあらすじ

以上、ドラマ「シグナル」の5話のあらすじ(ネタバレ)です。

スポンサーリンク>


コメント

タイトルとURLをコピーしました