シグナルの3話のあらすじ(ネタバレ)。大山が重大なミスを?

シグナル(FOD)

シグナル 長期未解決事件捜査班

(引用:公式サイト

ドラマ「シグナルー長期未解決事件捜査班」の3話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。

スポンサーリンク

3話のあらすじ

2018年。

アメリカでの研修を終え、プロファイラーとして警視庁に戻ってきた三枝健人(坂口健太郎)は、桜井美咲(吉瀬美智子)率いる長期未解決事件捜査班に配属され、1997年に女性7人が被害にあった連続殺人事件を再捜査することになります。

るとその直後、かつて事件解決の糸口となった謎の無線が再びつながり、健人は大山剛志(北村一輝)刑事と8年ぶりに言葉を交わします。大山が1997年の事件のことを話しだしたので、一連の事件の遺体の発見場所を健人が話します。すると、ホワイトボードに書かれた5人目の犠牲者、中島亮子の所に書かれた

「遺体で発見」

という文字がゆれ始めて、「未遂」に変わり、写真もかわります。

実は、大山が健人の無線を聞いて犯行場所に行ったことで、被害者を助けることが出来たんです。

「遺体発見」の文字が「未遂」に変わっていくところを見ていた健人は、わけがわからず、たまたまやってきた鑑識の小島信也(池田鉄洋)に、ホワイトボードを書き換えたのか聞くと、

「そうですよ。中島亮子は襲われたけど、偶然通りかかった刑事に救出されたんですよね」

と、何事もなく言います。そのころ、聞き込みをしていた美咲のノートに書かれた文字もかわっています。健人が、美咲に電話をして中島亮子の事を聞くと、

「犠牲者?中島亮子は未遂よ。何言ってんの?」

過去がかわっています。しかし、気づいてるのは健人だけだと、わかります。

 

1997年。

健人にいわれた場所に言った大山は、縛られてる中島亮子を見つけます。揺さぶると目を覚ました中島亮子は叫び始めます。大山がびっくりしてると、後ろから何者かが殴りかかってきます。真犯人です。大山は何とか投げ飛ばして離れますが、真犯人は走って逃げ出します。

大山が急いで後を追いかけると、通りを曲がったところで黒づくめの男を取り押さえることが出来ます。その男を押さえつけて殴ってると、そばにいたバスが走り出します。そのバスの中から、何者かがのぞいています。

大山はなにも気づかずににその男をとりおさえて署に連行しましたが、「何も知らない」とその男はさけびつづけています。大山は上司にほめられます。

 

2018年。

健人が自分の席で何が起こったのかを思い出してると、まるで1997年の事件のときに無線の相手がいたようだと感じます。そして、健人が話した言葉で犯人を逮捕できて過去が変わったんだと推理します。

すると、無線機からふたたび雑音がきこえてきます。

「・・ザ・・・警部補、三枝警部補・・・」

健人は、無線機を取って出てみると、相手は大山です。

「警部補の言ったとおりでした・・・襲われたのは中島亮子という女性でした」

「改めて聞きます。あなた、誰ですか?どこのだれか?ってきいてるんです」

「なに言ってるんですか?逮捕したんですよ。逮捕できたのは、警部補のおかげです・・」

「なんかのいたずらだったら、そういってください」

「いたずらって・・なにってるんだ・・じゃあ、こっちも聞かせてください。警部補はなぜこれからおこる事件を知ってたんですか?俺は言われたとおりに犯行場所に行って犯人の木村直也を逮捕したんです。これは事実です・・・」

健人はそれを聞いてホワイトボードの前に行きます。そこには、容疑者木村直也を逮捕とかかれています。そのあとには、取調べ中に亡くなったとかれています。

「そこは、本当に1997年なんですか?」

「なに行ってるんですか?大丈夫ですか?」

「そこがもし本当に1997年なら、取調べ中、木村は亡くなる。木村は犯人じゃない。誤認逮捕だ。しかも、その時刻に、大沢1丁目にある先頭の裏路地で6人目の犠牲者が出る。もし、あんたが1997年にいるなら、防いでみろ」

「なにいってるんですか?」

「時間がないんだよー!」

そういうと、無線は切れてしまいます。

大山はその場所からはしりだします。そして、警察署内の取調室に行くと、木村は痙攣しています。さらに、6人目の犠牲者が出たとほうこくがきます。

 

2018年。健人は図書館に行って城西事件の新聞をしらべます。新聞も大山の言っていたように変わっています。その新聞には、助けた警察官として大山の写真が載っています。健人は、無線機が1997年の大山につながってることを確信します。

健人は、1997年に救出された中島亮子のところに行くと、美咲がいます。ただ、中島亮子はすでに亡くなっていてそれを警察のせいにした父親から水をかけられています。美咲が家から出てきて健人といっしょに歩き出すと、娘が外に出てきて絵をかけてくれます。喫茶店に言って話をすると、新しいものはないけれど・・といって、中島亮子と夫、娘の写真を見せてくれます。中島亮子は大山のおかげで助かったと娘には話をしていたとききます。

娘と別れてあるいてると、健人が美咲にききます。

「もし、無線で過去と通信できたらどうします?」

「夢でも見たの?もし過去と通信できたら、大切な人を守ってって頼む」

「もしそれで事態が悪化したらどうしますか?過去を変えれば未来が変わる。それがいい方向になるとは限らないでしょ」

「何もしないで後悔するより、やって後悔するほうがましよ」

 

署に戻った美咲は、大山が載った新聞の切抜きを見ながら過去を思い出しています。じつは、新人の刑事だった美咲は大山の部下ですくなからず好意を抱いていたんです。あるとき、

「今週末にはすべて解決する。そしたら、ゆっくり話そう」

と大山ははなして、そのまま帰ってこずに行方不明になっていたんです。

その日の夜、健人は自宅で大山との無線で「過去は変えられます」と言われたことを思い出しています。そして、やり方しだいでは犯人を逮捕できるんじゃないかと考えはじめます。そして、過去が変わる前と後では、犯行日時が早まったこと、犯行場所が人目のつかないところからひと目に触れやすい場所に変わったことに気がつきます。

そして、犯人が犯行を早めなければいけない何かが起こったんだと推理します。

スポンサーリンク

 

1997年。

大山は誤認逮捕の件で近親になります。上司も降格の上異動になります。

大山は仕方なく公園でボーっとしてると、行きつけのラーメン屋さんの娘の北野みどり(佐久間由衣)が来て慰めてくれます。そして、自分の誕生日だからと言ってプレゼントを買いに連れ出してくれます。

 

2018年。

警視庁のホワイトボードの前で健人が悩んでると、美咲が「同じバスなんじゃない?」といいだします。当時の路線バスの運行表を見ると犯行場所は全て98番線のバス停に近くです。

そして健人は、中島亮子を襲うとして失敗した犯人は、2時間後に、すぐ近くで犯行を犯していて、その二日後に、北野みどりという女性の命を奪ってるということから、犯人は暴走してるといいます。それまでは、何ヶ月かに1回のペースだったからです。

そして、大山に追われたときに、誤認逮捕してる隙にバスに飛び乗って、そこにいた乗客の命を狙ったんだじゃないかと暴走した理由を推理します。目撃者の口風示なんじゃないの?というと、山田刑事(木村祐一)が事件当時も同じこと言っていた刑事がいたらしいといいます。それは大山です。そして、そのときの運転手にはなしをききにいくことになります。

 

1997年。

大山は、中島亮子を襲った真犯人があの日逃げた道筋を思い出しながらあるいてみます。誤認逮捕した場所まで来ると、バスがやってきます。大山は、あの日もバスがいて走り出したことを思い出します。

大山がバス会社に行って、犯行の時刻に運転していたバスの運転手にあって話を聞きましたが、誰も乗ってこなかったといいます。大山は気づきませんでしたが、事務員がそのときに、その運転手をにらんでいます。

 

2017年。

美咲と健人がバス会社に行くと、その運転手は田中(モロ師岡)という男性ですでに退職してて、住所もわからないということです。八代英子という女性が親しくしていたんですが、今日は、美咲たちの電話が来た後に早退したといいます。

その日の夜、八代英子の家に行く途中、車の中で、犯人は何をしてるんだろうか?と健人と美咲は話しています。7人目でぴったりと犯行が泊まってしまったからです。

八代英子の家につくと、家の中が荒らされてるのに気がつきます。中に入ると、1997年の事件と同じように、紐で縛られて八代英子が亡くなっています。健人は「あの縛りかただ、同じだ。同じ犯人だ」とつぶやきます。

警視庁では、健人たちの上司の岩田係長(甲本雅裕)が中本刑事部長(渡部篤郎)に犯行を再開したと報告しています。すると、未解決班をすぐに手を引かせろといいます。岩田係長がびっくりすると、未解決班が犯人を刺激したからだと説明します。未解決事件の捜査の再開がマスコミに出たらまずいということです。

現場で児島たちが現場を調べてると、違う部署の刑事達がやってきて未解決班は撤収だとどなります。それをきいて児島はすぐになにかをひろいあげます。健人は刑事たちにつかみかかりますが、美咲は静かにしろといって現場を引き上げさせます。

外に出た健人は美咲に文句を言いましたが、美咲は科捜研に指示を出した後、

「捜査をやめるって誰が言った?あなたプロファイラーでしょ。冷静に距離をおいて事件を分析して」

そして、あるきだします。健人は「あの無線だ」とつぶやきます。美咲が振り返りますが、健人は何も言わずに走り出します。健人は車に乗って、無線が来るのを待っています。

 

1997年。

謹慎中にバス会社に行ったことがばれて、上司からおこられています。そして、会議が始まる連絡が来ると、全てを取り上げられて近くにあった取っ手に手錠で縛られてしまいます。刑事達が行ってしまうと、無線機から雑音がなり始めます。そして、健人のこえがきこえてきます。

「大山刑事。三枝です。俣犠牲者が出ます。もしそこが1997年なら、次の事件を防いでください。おれがいるのは、2018年です。まだ犯人が捕まっていません。この事件はもう一人います。それを防いで未来を変えてください。次の犠牲者は、北野みどり。23歳。飲食転勤務。4月19日の夜9時に、大沢6丁目で命を奪われます。被害者を救えるのはあなただけだ!」

大山は手錠につながれて出られませんです。健人は返事の来ない無線機にむかってどなりつづけます。

手錠で縛られた大山は、行きつけのラーメン屋さんの娘だということに気がつきます。そして、壁を見ると4/19で、時間は、夜の7時です。その瞬間、大山は必死になっててじょうをはずそうとあばれだします。

刑事達が会議が終わって帰ってくると、大山の姿はありませんです。

 

2017年。無線が通じなくなった健人は、警視庁の未解決事件班のデスクに戻ります。ホワイトボードの文字は変わっていませんです。

(⇒4話のあらすじ

ドラマ「シグナル」を見逃してしまったら、有料ですがこちらのFOD見ることができます。FODは月額976円(税込)で、フジテレビのドラマを見れます。韓国のトップ俳優のイ・ジェフンさんとトップ女優のキム・ヘスさんが出てる原作韓国版も無料で見れます。

月額会費を初回2週間無料お試しをしていますので完全に無料で見れます。コチラをクリックして、ドラマ「シグナル」をご覧ください。

FOD公式サイトへ ≫

キャスト

  • 三枝健人 坂口健太郎、現代の地域課の刑事
  • 大山剛志 北村一輝、過去の刑事
  • 桜井美咲 吉瀬美智子、城西警察署刑事
  • 山田勉 木村祐一、城西警察署刑事
  • 岩田一夫 甲本雅裕、城西警察署刑事課係長
  • 小島信也 池田鉄洋、城西警察署鑑識課
  • 中本慎之助 渡部篤郎、警視庁刑事部長
  • 安西理香 青野楓、慶明大学医学部助手
  • 加藤亮太 神尾楓珠、三枝健人の亡くなった弟

各話のあらすじ

以上、ドラマ「シグナル」の3話のあらすじ(ネタバレ)です。

スポンサーリンク>


コメント

タイトルとURLをコピーしました