正義のセの6話のあらすじ(ネタバレ)。ゲストは倉科カナ。

正義のセ

(引用:公式サイト

ドラマ「正義のセ」の6話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。

6話のあらすじ

凜々子(吉高由里子)は、同期・ユキの結婚披露パーティーに出席しています。全国各地に赴任している仲間たちが一堂に集まり、パーティーは大いに盛り上がっています。

そこで凜々子は、学生時代に一目ぼれされて今は検事の神蔵と、弁護士になった親友の美咲(倉科カナ)に久しぶりに再会します。神蔵はあいかわらずうざくて、無視をしています。

美咲とは、大学時代からずっと助け合いながら勉強してきた似た者同士の二人でしたが、進路を決めるときに、それぞれの正義を貫くために検事と弁護士という違う道を選びます。披露宴の帰り、凜々子は美咲を自宅に招き、竹村家みんなで歓迎します。凜々子と美咲は、お互いの近況を報告しながらのみなおします。そして恋バナになると、なぜか大塚(三浦翔平)とキスするシチュエーションが凜々子の頭に浮かびます。

翌日、出勤した凜々子は相原(安田顕)から、飲み会で酔っぱらって寝てしまったときに、寝ぼけた凜々子が大塚にキスしたことを知らされます。

その日から、挙動がおかしかった大塚の理由がわかります。そこに大塚が出勤してくると挨拶しに行きましたが、謝ることもくわしく聴くことも出来ませんです。

しかたなく、席にもどった凜々子は、仕事を片付けることにします。その日の取調べはオレオレ詐欺の受け子です。被害者は、橋本静江という63歳の女性で、200万円を貸してくれといわれたのですが、オレオレ詐欺じゃないかと警察に通報します。警察から渡されたお金を、待ち合わせ場所に持って行って、お金を受け取りに来た浅田謙人(岡山天音)に渡します。警察がすぐに現行犯で浅田を逮捕します。

調書を読んだ凜々子は許せない!といって、詐欺グループを一網打尽にしてやるといきまいています。

浅田がやってきましたたが、オレオレ詐欺だとはしらず、割のいいアルバイとおもってた」と言います。相手の男は佐藤という名前で、いつも非通知で電話がかかってきたとうなだれています。

事務所に帰ってくると、浅田の弁護士がやってきます。その弁護士は美咲です。あまりのかわいさに、その場にいた男が全員、大塚もいっしょに美咲に見ほれてしまいます。

別室に美咲を通して話を聞くと、浅田を釈放してくれということです。浅田は、だまされて1回だけやっただけなので、被疑者グループではないから拘留する必要はないと美咲は言いますが、凜々子はその確証がないから釈放はできないと答えます。美咲は怒って帰ってしまいます。

事務所に帰ると、浅田の所持品に気になるものがあると相原がいいます。それは、10万円のプレミアがついてる切符です。通帳にはお金がほとんどなかったので、浅田の部屋に行って調べて見ると相原がはりきります。

相原と凜々子が浅田のへやにいくと、鉄道関連のお宝ばかりならんでいます。相原の見積もりでは、総額80万円以上はあります。二人は浅田の大学に行って授業が終わった教授に浅田の事を聞くと、今日も出席していて4月から欠席していないといわれます。すると、覗き見してる学生を凜々子が見つけて呼び止めます。

その学生に話を聞くと、浅田のかわりに授業に出席していたと告白します。1学期分で2万円ということです。浅田は普通の学生じゃないことがわかります。

美咲にこのことをおしえたい、こっちが悪者みたいになってると話しながら帰ってくると、支部長からいろいろな見方があるといわれます。ただ、真実はひとつだと言ってあるいていきます。

そこに、友人達からのみに来ないかとさそわれます。行ってみると、神蔵がいます。さらに、美咲がやってきます。凜々子とは目も合わさずに美咲は席につきますが、二人はケンカをはじめてしまいます。

凜々子が家に帰ってそのことをいうと、昔から二人は頑固で融通がきかなかった似たもの同志だったといわれます。父親の浩市(生瀬勝久)からは、似たもの同志だから分かり合えることもあると慰めます。

 

美咲は、留置されてる浅田に接見しに行きます。普段の生活態度を教えてくれる友達を紹介してくれというと、小林という学生ですと答えます。

凜々子が親に会って帰ってくると、昨日の代返の生徒から電話がかかってきます。大学の中で浅田がオレオレ詐欺をしてるとうわさになってるということです。凜々子がネットを調べると、いつもつるんでいたのが小林という学生だとわかります。すぐに大学に向かいます。

そのときにはすでに美咲が小林の話を聞いています。小林はまじめなやつで詐欺なんてとんでもないと証言して大学に戻っていきます。美咲が小林が名刺を忘れていったのに気づいて追いかけると、すぐ外で電話をしています。はなれたところで聞いていると、小林も詐欺グループの一員で、仲間にも余計なことは言わないように指示するといっています。

美咲は小林のあとをつけます。

凜々子が大学に来ると、すでに美咲が来ていたことを知ります。電話をしてみると、

「ごめん、わたし間違っていたかもしれない。でも大丈夫だから」

スポンサーリンク

と言って切れます。凜々子は、美咲が「大丈夫だから」というときはいつも大丈夫じゃないと言って、どこにいるのかをさがそうとします。相原に言われて、電話の内容を思い出すと太鼓の音がしていたことをおもいだします。耳を澄ますと、太鼓の音がきこえてきます。そっちに二人で駆け出します。

 

美咲が小林をつけていくと、ある教室で、小林が中心になって数人の学生に心配ないから何も言うなと話しています。美咲は隠れて動画を撮り始めます。主犯の名前が「小宮山」だと聞くと、ついい近くにあったものを動かしてしまい音を立ててしまいます。気づいた学生たちは逃げ出しますが、小林だけが美咲に気がついて、手に持っていた携帯を取り上げて突き飛ばします。

そこに、凜々子と相原がはいってきます。美咲が「携帯」とさけぶと、小林が近くにあった棒を振りかざして相原になぐりかかろうとします。相原はバッグでよけた後、プロレス技で小林をノックアウトします。

小林は警察に連行されます。美咲とは仲直りします。

 

翌日、浅田が詐欺のために集めた学生たちの写真と小宮山の写真を浅田に見せて、すでに小宮山は指名手配されてるといいます。浅田は退学になるしいい会社には入れなくなるからもう人生終わりだと叫びます。

それを聞いた凜々子は、

「被害者ぶってるんじゃない、あんたも金をだましとって、他人の人生を台無しにしてます。その罪の重さをちゃんと感じてください。そうでなければ、あなたには罪を償う資格もありません」

といいます。浅田は、「はい、すみません」とあたまをさげます。相原は、

「ちゃんとつみをつぐなえば、人生をやり直せる、検事や弁護士はそのてだすけをするためにいるんですよ」

といってくれます。

凜々子は美咲と会います。浅田の弁護士を続けるといって、ちゃんと最後まで寄り添うといいます。そして、ふたりで、この仕事は難しいけども、お互い正義の味方になろうと再確認します。

翌朝、凜々子が出勤してきて相原と話してると、大塚がやってきます。キスしたことをすっかりわすれていたといって走りよって謝ってると、みんなからなにがあったの?とつっこまれます。そのとき、相原がきをきかせて饅頭でみんなをよんでくれます。そのすきにあやまると、「もういいから」と大塚からゆるしてもらえます。

(⇒7話のあらすじ

ドラマ「正義のセ」を見逃してしまったら、月額会費1,026円(税込)で見放題のHuluで見ることができます。月額会費1,026円(税込)が14日間無料になるキャンペーンをしています。こちらをクリックして登録すれば、5分後には見ることができます。

クリックしてHuluに行く!

ドラマ「正義のセ」の原作

原作は阿川佐和子さんです。1953年生まれの64歳のエッセイスト、小説家、タレントです。小説家の阿川弘之さんの長女として東京にうまれます。慶応大学卒業後は、1981年に「朝のホットライン」でリポーターを務めてから業界にはいられます。その後、情報番組のアシスタントや、「筑紫哲也のNEWS23」「報道特集」のキャスターを務められます。1998年の「ビートたけしのTVタックル」の進行役になって、硬軟併せ持つスゴイ人だということが日本中にしれわたります。2012年にだしたエッセイ「聞く力」はベストセラーになります。多くのエッセイや小説を出されています。原作の「正義のセ」はアマゾンで購入できます。

キャスト

  • 竹村凜々子 吉高由里子、横浜地検港南支部の2年目の検事
  • 相原勉 安田顕、凜々子の担当事務官、サポート役
  • 大塚仁志 三浦翔平、横浜地検港南支部のエース検事
  • 木村秀樹 平埜生成、大塚の担当事務官
  • 徳永太一 塚地武雄、凜々子の同僚検事
  • 榎戸修 夙川アトム、徳永の担当事務官
  • 梅宮譲 寺脇康文、横浜地検港南支部長
  • 中牟田優希 大野拓朗、4年付き合ってる凜々子の恋人、航空会社勤務
  • 竹村浩市 生瀬勝久、凜々子の父
  • 竹村芳子 宮崎美子、凜々子の母
  • 竹村温子 広瀬アリス、凜々子の妹

6話以外のあらすじ

以上、ドラマ「正義のセ」の6話のあらすじ(ネタバレ)などです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました