『ルパンの娘5話』動画とあらすじと感想。最愛の人についた嘘・・・

ドラマ「ルパンの娘」の5話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。深田恭子さんが代々泥棒一家の娘を演じます。深田恭子さん演じる三雲華の結婚を考えてる相手は、なんと代々警察一課の息子、瀬戸康史さん演じる桜庭和馬です。どんなお話になるのかとても楽しみです。

スポンサーリンク

ドラマ「ルパンの娘」5話のあらすじ

尊(渡部篤郎)と悦子(小沢真珠)と一緒に金塊を盗み出した時、窓から外に逃げようとしてる華(深田恭子)は桜庭和馬(瀬戸康史)と顔を合わせてしまいます。ついに自分が“Lの一族”だとバレてしまったのではないかと不安になる華は、和馬に呼び出されます。華は正体を偽っていたことを謝ろうとしましたが、先に頭を下げたのは和馬です。

和馬は橋元エミリ(岸井ゆきの)とお見合いしたことを正直に話して華に詫びます。断ったと聞いてホッとする華でしたが、和馬は昨日の18時ごろにどこにいたのかといきなり尋ねてきます。それは、華が逃げる時に和馬と顔を合わせた時間です。華は明日、結婚記念日を迎える両親への動画を撮影していたとスマホの動画を和馬に見せます。撮影時間を見た和馬は「ごめん、ほんとうにごめ」と謝りながら華を抱きしめます。和馬の胸の中で、華はまたウソを重ねたことをこころの中で嘆きます。

華が帰ると、尊(渡部篤郎)、悦子(小沢真珠)、マツ(どんぐり)は次のターゲットを決めています。世界各国の男に女の武器を利用してすり寄り、金品を奪う女泥棒(田中みな実)から200億円はするという伝説のダイヤモンドを奪う計画です。しかし、まだ女泥棒のアジトがつかめていませんです。渉(栗原類)はタブレットから、女泥棒には男二人の強面の手下(真壁刀義選手と本間朋晃選手)がいると警告します。その女泥棒はドロンジョとよばれています。悦子は華にも声をかけますが、華は悲しげな顔をして「もう泥棒はしない。だれがドロンジョでもいい」と断ります。

マツは和馬と何かあったのかと華に聞きます。アリバイ動画はマツと作ったものです。信じてもらえたようだと華が話していると、和馬からメッセージが着信します。和馬の両親の結婚記念日も明日なので、合同結婚記念パーティーを桜庭家でやろうというお誘いです。マツがうっかりメッセージを読み上げると尊たちに聞かれ、桜庭家へ出向くことになります。

そのころ、ドロンジョは和馬の上司の巻(加藤諒)をたぶらかしてホテルにしけこんでいます。巻がシャワーを浴びてるすきに警察手帳を見つけて盗んで帰ります。

翌日、警視庁ではドロンジョの事件を和馬たちが追うことに決まります。和馬が廊下を歩いてると、お見合いをしたエミリとぶつかってしまいます。エミリは総務課です。エミリに誘われますがなんとか断ります。

その日の夜、桜庭家で合同結婚記念日パーティーが行われます。おたがい職業を隠しながら大いに盛り上がります。パーティーのあと、華は和馬とふたりでビルの屋上に行って夜空を眺めながら話をします。和馬はとても幸せそうです。

和馬が家に帰ると華のスマホが落ちています。すぐに届けようと家を出ます。

そのころ、華は川辺の公園でさびしそうに座っています。たまたまとおりかかった尊が隣に座って話しかけると「なんでうちは泥棒なの?」と泣きだします。二人で家に帰ると、ちょうど和馬から電話がかかってきます。和馬から携帯を忘れたと聞くと、ちょうど家に帰ってきたところだと言ってしまいます。実は、和馬は仮の華の家の前にいたんです。和馬は華の言葉に違和感を覚えます。華がいるはずの家は真っ暗だったからです。和馬は明日届けると言って電話を切ります。和馬はエミリに華の携帯を鑑定してもらいます。

なにも知らない華の家では、渉(栗原類)がドロンジョの居場所がわかったと尊に言います。尊はひとりでドロンジョのいるバーにでかけます。なにも知らないふりをしてホテルに行ってスタンガンで眠らされてしまいます。

スポンサーリンク

翌日、和馬はエミリから鑑定結果を聞いた後、華に携帯を返しましたが様子が少しおかしいかんじです。実は、華に見せてもらった携帯の動画は日時が偽装されていたのがわかったんです。和馬は華がLの一族なんじゃないかと感づきます。和馬が警視庁に帰ると、巻からドロンジョに警察手帳をうばわれたと告白されます。そして警察手帳を返す代わりにLの一族の情報を渡せと言われてると言うことです。和馬はすべてを任せてくれと言います。

その日の夜、和馬が交渉場所に行くとすぐに捕まってしまい、尊が捕まってる場所に連れて行かれます。そこには、同じように騙された男たちがたくさんいます。尊はてんとう虫3号を離して居場所を渉に教えます。

てんとう虫3号の動画を見た悦子と華とマツは着替えて救出に向かいます。渉からの情報でドロンジョの屋敷には強力なレーザーがあって華でも忍び込むのが難しいとわかります。華は円城寺(大貫勇輔)を呼び出して侵入してもらいレーザーを切ってもらい屋敷の中に突入ます。

そのころ、てんとう虫が男たちのロープをレーザーで切って逃げ出します。尊はお宝を盗んでいます。ドロンジョの部下たちが尊に襲い掛かりますが簡単にやっつけてしまいます。そこに華と悦子がやってきます。尊と悦子が帰った後、ドロンジョがやってきます。ドロンジョは愛は幻だと言いますが、華はこの愛だけは守ってみせると言ってドロンジョをやっつけます。

そのあと、華は和馬を助けに行きますが、気を失ったふりをしていた和馬に腕をつかまれてしまいます。そして、来てもらいたくなかったと涙を流しながら華の仮面を取ります。華は「ごめんなさい」と叫んで逃げ出します。和馬はその場に崩れ落ちます。

(⇒6話のあらすじ

ドラマ「ルパンの娘」の1話から最終回までの全話や見逃した回の動画を、わずか1分の登録で無料で見る方法です。

ルパンの娘の無料視聴はこちら

ドラマ「ルパンの娘」5話の感想

おもしろかったですね。今回は見どころがいろいろあります。しかも、それぞれの人物にスポットライトが当たっていてとっても楽しめます。わたしが印象に残ったのは、田中みな実さんのナイスボディとドロンジョ役、加藤諒さんのボス的な横顔、大貫勇輔さんのハリウッド映画のトム・クルーズさんばりのアクション、意外にカッコいい渡部篤郎さんの立ち回りです。

それと、何と言っても最後の華のマスクが取られるところがしびれます。今までどんな相手にも屈せずに戦ってきて、必ず勝ってきたような強い華が、マスクをとろうとする和馬の手が伸びても動くこともできずによこたわっているのがとてもいとおしくてすてきです。やはり、こころの中では本当のことを知ってもらいたいと言う気持ちがあって、それがあのシーンでうまく表現されていてこちらに伝わってきます。

今回で華の正体がばれてしまいましたが、この先の展開がどうなるのか本当に楽しみです。果たして二人は結びついてハッピーエンドになるのか、どっちがどっちの家系に引き込まれるのかまだまだ分かりません。あと5話ありますが来週が待ち遠しいですね。

ドラマ「ルパンの娘」のキャスト

  • 三雲華 深田恭子
  • 桜庭和馬 瀬戸康史
  • 三雲悦子 小沢真珠
  • 三雲渉 栗原類
  • 三雲マツ どんぐり
  • 三雲巌 麿赤兒
  • 三雲尊 渡部篤郎
  • 桜庭和一 藤岡弘
  • 桜庭典和 伸太昌之
  • 桜庭美佐子 マルシア
  • 巻栄一 加藤諒
  • 円城寺輝 大貫勇輔

各話のあらすじ

以上、ドラマ「ルパンの娘」の5話の動画とあらすじと感想です。

スポンサーリンク>


コメント

タイトルとURLをコピーしました