『ルパンの娘4話』動画とあらすじ。恋のライバル登場!

ドラマ「ルパンの娘」の4話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。深田恭子さんが代々泥棒一家の娘を演じます。深田恭子さん演じる三雲華の結婚を考えてる相手は、なんと代々警察一課の息子、瀬戸康史さん演じる桜庭和馬です。どんなお話になるのかとても楽しみです。

スポンサーリンク

ドラマ「ルパンの娘」4話のあらすじ

三雲華(深田恭子)は、桜庭和馬(瀬戸康史)の母、美佐子(マルシア)の信頼を得てデートしています。ただ、和馬から“Lの一族”逮捕の手柄を立てて捜査一課に入ることが華との結婚条件と聞いてしまい胸中の複雑さは拭えませんです。

和馬がデートから帰ってくると、父の典和(信太昌之)から華との結婚はあきらめろ、見合いがあると言われます。相手は元警視総監の孫娘、橋元エミリ(岸井ゆきの)です。華を気に入った美佐子は反対しましたが、典和は見合いを断れば和馬の昇進はなくなり、捜査一課への異動も出来ないため、どっちみち華とは結婚できないと言います。

途方に暮れる和馬に、美佐子はとりあえず見合いをするよう勧めます。見合いをしてエミリから断ってくれれば良いと言う美佐子に、和馬は勇気づけられます。ところが、見合いの結果、和馬はエミリに気に入られてしまいます。しかもそのお見合いは円城寺輝(大貫勇輔)が盗聴・盗撮しています。その日の夜、典和から結婚を前提につきあいたいとエミリから申し出られたと聞いて和馬はびっくりします。

円城寺はその写真を華に見せましたが、華は「信じてる」と言いながら協力してくれと頼みます。

数日後、華は円城寺とともに和馬とエミリのデート現場へ潜入します。円城寺が仕掛けた盗聴器で二人の会話を聞く華でしたが、聞こえて来たのは和馬からエミリへの愛の告白です。実は、その会話は断片的な会話に過ぎず、和馬は結婚相手がいるからエミリとの結婚を断っていたのでしたが、華は誤解してしまいます。

華はその場から逃げるように帰っていきます。そのあとで、エミリから自分も和馬と同じようにつまらないと言われてるので、異性と普通に話せるようになるために友達になってくれとお願いされます。条件はエミリからお見合いを断るということで、和馬は引き受けてくれます。

傷心の華が家に帰ると、尊(渡部篤郎)たちが騒いでいます。ニュースで“Lの一族”の似顔絵が公開されていたのです。泥棒コスチュームの華ですが、本人と見比べた尊たちはこの似顔絵では分からないだろうと一安心します。そんな尊たちの新たなターゲットは国際ロマンス詐欺師です。この男が女性たちから騙し取った金で集めた金塊を奪い取ろうというものです。

スポンサーリンク

実は、華が図書館出会った女性、智子(南キャンしずちゃん)もその被害者です。和馬は警察で泣いてるその女性に声をかけると国際ロマンス詐欺師のことを聞きます。ウィリアムという外国人でしたが、本名は蛭沼という日本人です。その情報は尊たちも握っています。先日出会った智子も被害に遭ったと華は知ります。

尊たちはすぐに出動して、華も一緒に行きます。

そのころ、智子はメールでわなを仕掛けて蛭沼の家に行ってお金を帰してくれと頼みます。逆切れした蛭沼は家の中に連れ込んで殴ろうとすると、逆にやられてしまいます。そして包丁を突き付けて部屋の中にたてこもります。

和馬も智子のことを聞くと、Lの一族が背後にいることに気づいてすぐに現場に行きます。SATも出動しましたが、隊長は和馬の父親です。

尊たちは一部のSATの隊員たちを眠らせます。渉(栗原類)はテントウムシ3号を操作しまして、ヘリウムガスをまき散らします。その隙に華とマツ(どんぐり)が部屋に突入して智子を眠らせたあと、蛭沼を殴って気絶させます。尊たちもやってきて金塊を盗むことに成功しましたが、華は騙された女性たちに全部返すと言ってそのまま逃げます。

やって来た和馬は父親の典和からテントウムシと聞いて、すぐに部屋に突入します。すると、華が窓から逃げる所です。後姿を見た和馬は「華?」と心の中でつぶやきます。

(⇒5話のあらすじ

ドラマ「ルパンの娘」の1話から最終回までの全話や見逃した回の動画を、わずか1分の登録で無料で見る方法です。

ルパンの娘の無料視聴はこちら

ドラマ「ルパンの娘」のキャスト

  • 三雲華 深田恭子
  • 桜庭和馬 瀬戸康史
  • 三雲悦子 小沢真珠
  • 三雲渉 栗原類
  • 三雲マツ どんぐり
  • 三雲巌 麿赤兒
  • 三雲尊 渡部篤郎
  • 桜庭和一 藤岡弘
  • 桜庭典和 伸太昌之
  • 桜庭美佐子 マルシア
  • 巻栄一 加藤諒
  • 円城寺輝 大貫勇輔

各話のあらすじ

以上、ドラマ「ルパンの娘」の4話の動画とあらすじです。

スポンサーリンク>


コメント

タイトルとURLをコピーしました