ドラマ『陸王』の7話のあらすじ(ネタバレ)と動画と感想!

ドラマ『陸王』の7話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。タチバナラッセルとの取引が白紙になり、またもや窮地に立たされた宮沢(役所広司)と「こはぜ屋」。取引終了までに、新たな供給先を探さなければ「陸王」の生産はストップしてしまうと、危機感を募らせるばかりです。

スポンサーリンク

ドラマ『陸王』7話のあらすじ

宮沢(役所広司)は、会社に帰ってタチバナラッセルと取引停止になったことを伝えると、みんな怒りますが、飯山は次の試合に勝てばいいんじゃないかといいます。大地(山﨑賢人)は、全国の織物会社をリストアップしたものを宮沢に手渡します。就活は行きたいところだけに絞るので時間はあるからといって、リストの会社を片っ端から電話するといいます。

村野は、茂木に会いに行って、茂木にできることは走ることだけだからと元気付けます。練習が終わると、茂木にインタビューさせてくれと電話が来ます。茂木は陸王の宣伝になると思って受けます。インタビューのとき、茂木は陸王のことをしっかり宣伝してくれます。村野がそのことを宮沢に伝えましたが、なかなかアッパーがみつからないとこぼしています。

すると、開発室から煙が出ています。中に飯山がひとり取り残されていましたが、大地がつれだしてくれます。シルクレイの機械は爆発して燃えてしまいます。機械は修復不可能になり、シルクレイはもう作れなくなります。

シルクレイの機械をはじめから作るには1億かかると飯山が言います。専務は売り上げが7億しかないのに1億も借金はできないといいます。とりあえず明日銀行に行って融資の話しをてみるとみなに言います。

家に帰ると、妻から、「あきらめるのも社長の仕事だよ」といわれます。

飯山が夜道を歩いてると、世界的アウトドアメーカー「フェリックス」の関口という男が話しかけてきます。年間6000万円で特許を独占使用契約をさせてくれといわれます。家に帰って妻に相談すると、「本当にそれでいいの?」といわれます。

 

翌日、宮沢と専務が銀行に行って1億円の融資の依頼をすると、無理ですといわれます。

会社に帰って村野に言うと、

「茂木を見捨てるんですか?」

と言って、選手たちも命を懸けてるんだから、命を懸けてくださいといいます。ところが、宮沢は社員達の生活を守らなければいけないと答えると、村野は「もうここにいる必要はないですね」と言って出て行きます。

飯山は、経営者にならないと気持ちはわからないといって、悔いの残らないあきらめ方を知ってるかい?とつぶやいて歩いていきます。

茂木がインタビューを受けた雑誌が発売されます。その内容はまったく別な記事なっています。陸王のことも一言も出ていませんです。それはアトランティスの仕業です。茂木は監督に抗議をしたいけどいいかと聞くと、これが大人の社会だ、そんなことをしてる暇があるなら、徹底的に毛塚を叩きのめすために走れといわれます。

こはぜ屋では、いらいらしてる宮沢といらいらしてる大地がぶつかりあって口げんかをしてしまい空気がどんどん悪くなっています。

 

埼玉中央銀行の前橋支店では、坂本(風間俊介)が上司に融資の件でたてついています。坂本は融資先に謝りに行くと、もっとはやく見捨ててもらいたかったと涙うかべて言われてしまいます。

飯山のところには、早く決断してくれとフェリックスから電話があります。

その日の夜、宮沢は坂本と居酒屋で飲んでいます。坂本も、今回のこはぜ屋の設備投資には反対だといいますが、一番たいせつな宮沢の気持ちが抜けてるといいます。そして、宮沢がこの事業を継続したいのかどうかが一番大切だといいます。宮沢が社員を見捨てられないというと、早く決断したほうがいいといいます。しかし、資金調達ならほかのやり方もあるし、宮沢の気持ちはどこに行ったのかといわれます。

帰り道、二人で歩いてると、坂本が銀行を辞めて投資会社に移ることを考えてるといいます。銀行とは違って、これからは伸びてる会社の将来性を買って投資をするといいます。そして、事業を続ける気になったら、いつでも連絡をしてくれ、何か力になれるかもしれないと言って別れます。

家に帰ってくると、大地が居間でねています。妹に聞くと、うまくいかなくてやけ酒飲んで寝てしまったといいます。どこの面接なのか聞くと、アッパー素材を探していたと聞きます。

大地が持っていたリストを見ると、全部の会社に細かくいろいろ書かれています。それを見た宮沢の目に涙が浮かんできます。宮沢は陸王を履いて外に走りに行きます。そして、真っ暗な空に向かって

「なにやってんだ!おれは!」

と叫びます。

 

数日後、坂本も呼んで居酒屋でみんなで飲んでいます。そこで宮沢はうまくいくかわからないけど、ここで止まってることはできない、悔いの残らないあきらめ方をしたいと言って、

「だから、もうすこしわるあがきをさせてくれ。このとおり」

と頭を下げます。そして、坂本に投資してもらえないかと頼みます。

家に帰った飯山は、フェリックスに断りの電話を入れます。

翌日、宮沢と専務は、坂本の会社に行って陸王を説明します。しかし、数日後、坂本がこはぜ屋に来て、投資は難しいといいます。そして、会社を売らないかといわれます。その会社はフェリックスです。

(⇒8話のあらすじ

ドラマ「陸王」の1話から最終回までの全話を、Paravi(パラビ)という動画配信サービスで見れます。パラビは月額1,017円(税込)でTBSとテレビ東京、WOWOWのドラマをメインに見れるサービスです。

2週間の無料体験をしていますので、それを利用して「陸王」を無料で見れます。詳しくはこちらから。

パラビ公式サイトはコチラ ≫

「陸王」の口コミ

ドラマ『陸王』7話の感想

おもしろかったですね。アッパー素材が見つからず、シルクレイの機械もこわれてしまいます。そこに、フェリックスからの買収の話が来てしまいます。買収を受け入れるのでしたら、おそらくシルクレイも作ることができるし陸王も再びつくることができるようになるかもしれません。茂木たちにも、もしかしたら陸王を提供出来るかもしれません。飯山も社員じゃないので特許料ももらえるし、村野も茂木たちに陸王を提供できることになると、そちらの方が喜ぶような気がします。

問題は、宮沢の気持ちと、フェリックスの方針に従うことができるかどうか、ということでしょうか。そのあたりの葛藤を来週から描いていくと思います。

ただ、実際問題としては、シルクレイが作れない限り陸王は作れないので受けざるを得ないような気はします。

買収ではなくて、業務提携とか、業務委託などの別な方法でやっていくのかもしれませんが、来週も目が離せません。松岡さんが役所さん以上の熱いハートをみせてくれるかどうかも見どころです。

足袋型ランニングシューズ

陸王のモデルになったのは、きねや足袋さんのMUTEKIです。

他のメーカーでも同じようなものがあります。

世界的には、5本指のランニングシューズのビブラムが有名です。

ドラマ『陸王』の原作

原作の池井戸潤さんは、1963年生まれの54歳の小説家です。1988年、三菱銀行に入行されて32歳のときに退行されて、コンサルをしながらビジネス書などを書かれています。同時に子供のころからの夢だった江戸川乱歩賞を目指して、小説を書き始めて、1998年に江戸川乱歩賞を受賞されます。2011年には「下町ロケット」で江戸川乱歩賞を受賞されています。多くの著作がドラマ化されています。

また、小説の「陸王」は、電子書籍のナンバー1「honto」で読むことができます。紙の本も買うことができますし、雑誌やビジネス本や小説などの一般の本もどちらでも見ることができます。まるで、家に居ながら本屋さんにいる感じで素晴らしいです。会員登録しなくても、立ち読みすることができますので、ぜひ、ご覧になってみてください。

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

ドラマ『陸王』のキャスト

  • 宮沢紘一 役所広司、こはぜ屋の4代目社長
  • 宮沢大地 山﨑賢人、紘一の息子
  • 宮沢茜 上白石萌音、紘一の娘
  • 宮沢美枝子 壇ふみ、紘一の妻
  • 安田利充 内村遥、こはぜ屋の係長
  • 仲下美咲 吉谷彩子、こはぜ屋の縫製課従業員
  • 水原米子 春やすこ、こはぜ屋の縫製課従業員
  • 西井冨久子 正司照枝、こはぜ屋の縫製課従業員
  • 富島玄三 志賀廣太郎、こはぜ屋専務取締役
  • 有村融 光石研、スポーツショップ経営者
  • 江幡晃平 天野義久、椋鳩運輸セールスドライバー
  • 飯山晴之 寺尾聰、シルクレイの特許所持者
  • 飯山素子 キムラ緑子、晴之の妻
  • 茂木裕人 竹内涼真、ダイワ食品陸上部部員
  • 平瀬孝夫 和田正人、ダイワ食品陸上部部員
  • 小原賢治 ピエール瀧、アトランティス日本支社営業部長
  • 佐山淳司 小藪千豊、アトランティス日本支社営業
  • 村野尊彦 市川右團次、シューフィッター
  • 坂本太郎 風間俊介、さいたま中央銀行行田支店銀行マン
  • 家長亨 桂雀々、さいたま中央銀行行田支店支店長

7話以外のあらすじ

以上、ドラマ『陸王』のキャストと7話のあらすじ(ネタバレ)と動画と感想です。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました