ドラマ『陸王』の4話のあらすじ(ネタバレ)と動画と感想。茂木が引退?

ドラマ『陸王』の4話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。紆余曲折がありながらも、ついに、ソールの素材として最適な硬さのシルクレイを作ることに成功した大地(山﨑賢人)と飯山(寺尾聰)。「陸王」完成への道はまだまだですが、大きな一歩を踏み出します。

スポンサーリンク

ドラマ『陸王』4話のあらすじ

紆余曲折がありながらも、ついに、大地(山﨑賢人)と飯山(寺尾聰)が、ソールの素材として最適な硬さのシルクレイを作ることに成功します。「陸王」完成への道はまだまだだが、大きな一歩を踏み出したことを祝して、宮沢(役所広司)は2人に加え銀行マンの坂本(風間俊介)や、ほかの社員たちも居酒屋「そらまめ」に集め、今までの苦労をねぎらいます。その席で、宮沢は

「いつか陸王を世界一のシューズにするためがんばる」

と大きな夢を語ります。みんな大賛成しますが、富島専務(志賀廣太郎)だけは、1日も早く利益を出してくださいと小言を言っています。

 

ダイワ食品では、茂木裕人(竹内涼真)が会社から陸上をやめて普通の仕事をしたほうが良いと言われています。

競技場では宮沢が監督に陸王を茂木にはいてくれといいますが、結局はシューズを売りたいからそういってるだけじゃないのかと言われてしまいます。その競技場では、シューフィッターの村野尊彦(市川右團次)がほかのみんなを見ています。練習が終わって村野は茂木を誘って食事に行くことになります。宮沢が競技場をでようとする茂木を捕まえて、足型を取らせてくれと頼みましたが、やはりはくことはできないと断ります。

会社に帰った宮沢は、茂木といっしょにいた村野のことを聞きます。業界ではナンバー1のシューフィッターだと聞きます。宮沢はとりあえず足型なしで何パターンか作ってくれといいます。

アトランティスでは、村野が毛塚のことを心配してソールを提案しますが、小原賢治(ピエール瀧)からコンピューターで管理してるので口を出すなと言われてしまいます。

こはぜ屋では新しいソールの陸王ができます。

 

大和食品陸上部では、最近結果が出ていないのでトライアルを行うことになります。ただ、怪我が治った茂木は、そのトライアルに落ちるとやめろといわれます。さっそく練習に出ようとしますが、そこに宮沢がやってきて新しい陸王ができたので試してくれといわれますが、今はそんな場合じゃないといって断ります。

茂木が練習してると、アトランティスの小原がやってきて、けがは治ったけどもうしばらく様子を見ないとサポートは再開できないといわれてしまいます。茂木と同じ怪我をした選手でトップに返り咲いた選手はいないというのが理由です。アトランティスのルールで確実に走れる人しかサポートできないと言われてしまいます。

その日の遅くまで茂木は必死になって練習しています。そこに村野がやってきて、もう一度頼んでみると言いますが、茂木はもうこれ以上期待しても仕方ないので、自分のことは気にしないでくださいと言います。

村野は会社に戻って茂木のサポートを再会させてくれと小原に頼みますが、不良品などは必要ないといわれて却下されます。そして、お互いに責任を取れと言いあって村野はアトランティスを退職します。

 

宮沢がスポーツショップの有村融(光石研)に新しい陸王を見せに行くと、村野がいます。有村が二人を引き合わせようと思ったんです。宮沢は新しい陸王を村野に見せます。そして、村野がアトランティスをやめてもう大きな会社には行きたくないときいて、ぜひこはぜ屋に来てくれと頼みます。村野は、陸王を作ってどうだったかを宮沢に聞くと、

「わからないことが楽しくて、毎日わくわくしてます。まだ誰も見たことのないすごい靴を作って、茂木選手にはいてもらいたい」

といいます。村野がどうして茂木にこだわるのかを聞くと、あの故障したときのマラソンを見ていて、あきらめない茂木選手を見て作りたいと思ったと言います。そして、茂木選手が世界一のランナーを目指すなら、陸王を世界一のシューズにしたい、それが夢だと答えます。すると、村野が

「宮沢さん、その夢、私にも手伝わせてもらえないだろうか」

と言います。

 

村野がこはぜ屋にやってきます。そして、村野は何枚かの設計図を作ってきていて、その中の茂木裕人モデルを作ることになります。

ダイワ食品陸上部のトライアルの日、宮沢と村野は作った陸王の茂木裕人モデルを持って競技場にやってきます。村野は茂木のところに行ってまずはアトランティスをやめたことを謝って、新しい陸王を履いてみてくれと見せます。茂木は早速はいてみると、「裸足みたい」と言って喜びます。はいてるところを見て宮沢は涙を流します。

トライアルが始まろうとしてるときに、アトランティスの小原たちがやってきます。小原はやってくると、何をしてるのかときいて嫌味を言ってよそへ行ってしまいます。

トライアルが始まります。トライアルとはいえ、全部の選手が実践のまま本気で勝負をしています。

のこり2週、茂木がラストスパートをかけてトップに並びますが、あと半周のところで再び足を押さえて倒れてしまいます。

しばらくしてロッカールームに帰ってくると、茂木は笑顔で帰ってきます。怪我は再発しておらず、つっただけだといって

「この靴のせいです。走っていてこんなに気持ちの良いシューズは初めてです。だから、ついオーバーペースになってしまって。でも、久々に楽しく走れました」

「行っただろ。陸王は今のお前にぴったりだって。大丈夫だ、俺が保証する。宮沢さんは信頼できる人だ」

「宮沢社長、もし僕でよければ、正式にサポートしていただけませんか?おねがいします」

「もちろんです。こちらこそ。小さな会社ですが、こはぜ屋一丸となって精一杯あなたのちからになりますから」

そういって二人は熱い握手をします。

 

競技場を後にする小原は、茂木のサポートを再会するように命じて去っていきます。

その頃、こはぜ屋では、窓ガラスから石がなげこまれています。

(⇒5話のあらすじ

ドラマ「陸王」の1話から最終回までの全話を、Paravi(パラビ)という動画配信サービスで見れます。パラビは月額1,017円(税込)でTBSとテレビ東京、WOWOWのドラマをメインに見れるサービスです。

2週間の無料体験をしていますので、それを利用して「陸王」を無料で見れます。詳しくはこちらから。

パラビ公式サイトはコチラ ≫

ドラマ『陸王』4話の感想

面白かったですね。シューフィッターの村野が宮沢の夢に共感していっしょにシューズつくりを手伝ってくれるようなります。そして、足形を持ってる村野のおかげで陸王の茂木モデルができて、やっと履いてもらえることができます。トライアルでも、完全復活を遂げるような感じの走りで、ライバルのアトランティスの小原にも目をつけられてしまいます。これからどうなっていくのか楽しみですね。

宮沢がランニングシューズを作りたいと思ったことで、シルクレイの飯山、シューフィッターの村野が自然に引き寄せられてきて、宮沢の夢を一緒にかなえようということになります。こうなったのは、宮沢が単純に会社を立て直そうということ以外に、茂木のために世界一のシューズをつくろうという夢を持ったからだと思います。会社を立て直そうとしたら、次回に出てくるような足軽大将といった足袋の新製品を作る方に力を注げばいいのですが、それでは宮沢の心の中では納得がいかなかったんだと思います。

そこには、なんのために足袋、シューズを作るのかという志みたいなものがあったんだと思います。何のためにこの仕事をやってるのか?という気持ちです。ですから、今までの発想を壊して新しいシューズをつくろうと考えたんだと思います。ステップアップしたいときにはこの考え方がたいせつで、今までのものを壊さないと次のステージにはいけないと思います。

スポンサーリンク

これとおなじようなことが、他のドラマでも起きています。「先に生まれただけの僕」「民衆の敵」です。どちらも、決まりきったところに、素人が素人の考えで壊していって新しいものを作っていくというストーリーです。ただ、「陸王」と違って感動とか、ドキドキ、ワクワクが感ないのは、宮沢のような志が描かれていないからです。

「先に生まれただけの僕」の鳴海校長は、学校や生徒の方向を見ていません。加賀谷専務の方ばかり向いていて黒字になったら本社に戻してくれるという底だけを考えています。

「民衆の敵」では、周りのことはあまり考えずに給料がいいというのが根本にあって、単純に文句を言ってるだけです。具体的にわたしはこうしたいという志が抜けてしまってるんです。

見てるひとはその部分が物足りなくて、結局ドラマだから上手くいって終り・・みたいな感じで心には響いてこないんだと思います。

これが、例えば、宮沢のようにしっかりした志を持って、泣いたり怒ったり感情をだすような芝居をしてくれたら、きっと多くの人が喜んでみたんじゃないかなと感じます。

もしも、最近停滞しているな・・・とか、ステージをあげたいと思ってるなら、まずは志をしっかり見直して、何のために仕事してるのか、なんのために生きてるのかを考え直して、普段見たことのないものを見たり、新しい方式を取り入れていれてみてください。本でも映画でもスポーツでもなんでもいいです。服装や言ったことのない場所でも良いです。志をしっかり持って、今までのものの考え方を壊してくれるようなことをすることで、新しいステージに行けると私はかんがえています。

来週からは、再びアトランティスの攻撃が始まるようです。どうなるのか楽しみです。

足袋型ランニングシューズ

陸王のモデルになったのは、きねや足袋さんのMUTEKIです。

他のメーカーでも同じようなものがあります。

世界的には、5本指のランニングシューズのビブラムが有名です。

ドラマ『陸王』の原作

原作の池井戸潤さんは、1963年生まれの54歳の小説家です。1988年、三菱銀行に入行されて32歳のときに退行されて、コンサルをしながらビジネス書などを書かれています。同時に子供のころからの夢だった江戸川乱歩賞を目指して、小説を書き始めて、1998年に江戸川乱歩賞を受賞されます。2011年には「下町ロケット」で江戸川乱歩賞を受賞されています。多くの著作がドラマ化されています。

また、小説の「陸王」は、電子書籍のナンバー1「honto」で読むことができます。紙の本も買うことができますし、雑誌やビジネス本や小説などの一般の本もどちらでも見ることができます。まるで、家に居ながら本屋さんにいる感じで素晴らしいです。会員登録しなくても、立ち読みすることができますので、ぜひ、ご覧になってみてください。

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

各ドラマ『陸王』のキャスト

  • 宮沢紘一 役所広司、こはぜ屋の4代目社長
  • 宮沢大地 山﨑賢人、紘一の息子
  • 宮沢茜 上白石萌音、紘一の娘
  • 宮沢美枝子 壇ふみ、紘一の妻
  • 安田利充 内村遥、こはぜ屋の係長
  • 仲下美咲 吉谷彩子、こはぜ屋の縫製課従業員
  • 水原米子 春やすこ、こはぜ屋の縫製課従業員
  • 西井冨久子 正司照枝、こはぜ屋の縫製課従業員
  • 富島玄三 志賀廣太郎、こはぜ屋専務取締役
  • 有村融 光石研、スポーツショップ経営者
  • 江幡晃平 天野義久、椋鳩運輸セールスドライバー
  • 飯山晴之 寺尾聰、シルクレイの特許所持者
  • 飯山素子 キムラ緑子、晴之の妻
  • 茂木裕人 竹内涼真、ダイワ食品陸上部部員
  • 平瀬孝夫 和田正人、ダイワ食品陸上部部員
  • 小原賢治 ピエール瀧、アトランティス日本支社営業部長
  • 佐山淳司 小藪千豊、アトランティス日本支社営業
  • 村野尊彦 市川右團次、シューフィッター
  • 坂本太郎 風間俊介、さいたま中央銀行行田支店銀行マン
  • 家長亨 桂雀々、さいたま中央銀行行田支店支店長

4話以外のあらすじ

以上、ドラマ『陸王』のキャストと4話のあらすじと動画と感想です。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました