ドラマ「リバース」5話のあらすじ(ネタバレ)と動画と感想!

リバース

ドラマ「リバース」の5話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。谷原は病院に担ぎ込まれましたが意識不明のままです。偽証を依頼されていた深瀬は、浅見のことや今までのことを考えて本当のことを話します。そんな深瀬に、事故当時のことを浅見は話しだします。

スポンサーリンク

ドラマ「リバース」5話のあらすじ

広沢(小池徹平)の事故のとき、車から離れていく村井(三浦貴大)を見たと浅見(玉森裕太)は言います。大学のときに、村井の妹の明日香(門脇麦)は広沢とつきあっていたのに、広沢には別に本命の彼女がいたらしいと浅見が言います。村井はそれに気が付いて、広沢を研究室から連れ出したところを浅見が見ていたと深瀬(藤原竜也)に話します。

そのころ、マスコミに追っかけられている村井は明日香の家にいます。明日香の所にも小笠原(武田鉄矢)が来たと聞いて、「何も話すな」と村井は念を押します。

翌日、村井と沼淵ことは(篠原ゆき子)のW不倫のスクープが大々的にニュースで発表されます。村井の父親からは、身を隠してろと指示されますが、その夜、深瀬の所に転がり込みます。

越智美穂子(戸田恵梨香)が仕事が終わって家に帰る途中、見知らぬ男に後をつけられてマンションの中にはいりこまれます。エレベーターの中に閉じ込められそうになりましたが、何とか逃げ出すと、クローバーコーヒーのママの乾恭子(YOU)と会って助かります。恭子は深瀬に一応連絡を入れます。

翌日。深瀬がパン屋の前に行くと、後ろから美穂子から声をかけられます。

「しばらくは、恭子さんにむかえにきてもらうことにしたから。大丈夫」

「何かあったら、いつでも連絡して」

「心配かけてごめんね。会社、遅れちゃう。行ってらっしゃい」

美穂子に笑顔で送られます。

その夜、夕食の準備をしている深瀬の所に、浅見がやってきます。3人で食べようとすると、深瀬と浅見が村井に広沢のことを聞きます。

「村井に聞きたいことがある。最後に広沢を見たのはお前じゃないのか」

「俺は何もしていないし、広沢はみていない」

明日香の二股のことで広沢ともめていたというと、広沢を殴ったことがあると言います。実は、村井の勘違いで、別な本命の彼女がいて、明日香の片思いだったと知って広沢に謝ったことを話します。その夜、寝ながら、ことはとの関係を深瀬に話します。いつのまにか深瀬も、美穂子のことを村井に話しています。

 

翌日、深瀬と浅見が小笠原と話し会います。広沢の母親、昌子(片平なぎさ)と小笠原の共謀を疑ってると言うと、

「村井君の単独インタビューをセッティングしてくれれば教えるよ。あ、それから駅の階段とか、ホームとか気をつけろよ」

と言って、帰っていきます。

村井は、ホテルの一室に父親の村井明正(村井國夫)に会いに行きます。「もうことはのことは見てられない」と出て行こうとすると、甲野伸之(山崎銀之丞)から、きつい言葉を言われます。

「甘いんだよ。もう少し頭を使えよ。騒ぎが大きくなったらあの人はますます窮地に追い立てられます。そうなると、辞職はまぬがれません。議会は有能な人材を失うことになります。あなたのせいで。沼淵先生のことを思うなら、ご自分が何をすべきか、良く考えてください」

谷原はまだ昏睡状態が続いています。谷原の社員に、谷原が隠していたことを聞き出そうとしていると、そこに浅見が現れます。

「谷原は家族を守るために必死に頑張ってるんだと思う。信じてやろうよ」

村井が深瀬の部屋にいると、沼淵ことはから電話がかかってきます。「明日辞職届出してくる」と、言うことはに、

「おおげさなんじゃないの?おたがい、ちょっと遊んだだけじゃないの?俺は後悔している。愛情のない相手とうかつに関係を持つと痛い目見るってよくわかったよ。いい機会だから、なかったことにしようよ。正直、ちょっと面倒になってきたんだ。おれ、香織とも別れる気ないし、だいたい、ことはから議員バッジとったら何が残るの?」

「最後に確認させて。本当に、ほんの少しも愛情、なかった?」

「・・・なかったよ。最初から」

電話を切った村井は、その場に崩れ落ちます。

途中で帰ってきていた深瀬は、全て聞いています。そして、コーヒーをだすと、深瀬が泣いています。

村井の父親の所にも、小笠原がやってきて、いつも息子に好きな人が出来ると仲を引き裂くけど大丈夫かと聞きます。広沢のときも、事故の後に、長い間付き合っていた誰かと別れさせられたようです。

 

深瀬の仕事中に、メールが来ます。

「10年前の事件をこれ以上詮索するな。もし、忠告を無視したら、お前にも、周りの人間にも不幸が続くことになる」

と書かれています。それを見た深瀬は急いで美穂子が働いているパン屋に行きます。深瀬が聞くと、その日は、美穂子は本社で研修です。店を飛び出して駅の方に向かってると、

「たすけて、誰か助けて」

という声が聞こえます。深瀬が男にとびかかって必死に美穂子を守ろうとします。ですが、ナイフを突きつけられます。偶然通りかかった人に美穂子が叫ぶと、その男は逃げて行きます。

クローバーコーヒーに傷の手当てをするために深瀬を連れて行きます。

「よかった。無事でよかった」

「ごめんなさい。わたし。ごめんなさい」

「大丈夫だよ。大丈夫だから」

美穂子はゴメンナサイを繰り返しながら泣いています。深瀬は美穂子を抱きしめます。

深瀬は村井から、

「おまえはすごいな、命がけで彼女を守って」

「村井だって、彼女を守ったじゃない」

「おれ、守れたのかな?」

「守れたよ。きっと彼女も、村井の本当の気持ちわかったと思う。あと、余計な事だけど、奥さんにも本当のこと話したほうが良いんじゃないかな」

「深瀬って、人のことにやたらといっしょうけんめいなんだな。初めて分かったよ。こういうやつだって」

「おれもそうだよ。おれも、俺が持っていないものをみんなが持ってると思ってた。でも、そう思ってただけなんだよね。みんなそれぞれ、人には言えない苦しいこと、たくさん持ってた」

「おれ、前に話したよな。10年前のあの日、浅見と谷原が車を谷底に落としたんじゃないかって。あの話、ただの想像っていうことじゃないんだ」

と話し始めます。村井と明日香は、駅で待っていたときに、たまたまタクシーが来て乗り込んだようです。そして、途中でおろされましたが、チョット先で、車の残骸の中で、浅見と谷原が何かをしているところを見たようです。村井は、二人が何かを隠ぺいしていたように見えたといいます。村井は、そのまま自分の家に帰っていきます。

翌々日、深瀬が出社すると、深瀬の会社が倒産しています。社長が金を持って逃げたようです。その夜、村井明正の秘書の甲野が深瀬のアパートの前にたっています。深瀬と会った後の村井の行方が分からないということです。

スポンサーリンク

(⇒ 6話のあらすじ

ドラマ「リバース」の1話から最終回までの全話は、動画配信サービスParavi(パラビ)で見れます。パラビは月額1,017円(税込)ですが、2週間の無料体験をしていますので、その期間中に無料で見れます。くわしくはこちらからお確かめください。

パラビ公式サイトはコチラ ≫

ドラマ「リバース」の感想

おもしろくなってきましたね。犯人は誰でしょうか?やはり、犯人は二人いるような気がします。一人は、美穂子を襲った男。もう一人は、深瀬にこれ以上調べるなとメールを送った人です。

美穂子を襲った人物として考えられるのは、今までに出てきた男性の中では、クローバーコーヒーのマスター、浅見、小笠原、広沢の父親位でしょうか。広沢の件と関連しているのでしたら、深瀬と美穂子が良い関係だということと、どこに勤めていて、どこに住んでいるのかを知ってる人物になります。となると、ドラマの映像ではクローバーコーヒーのマスターしかいませんが、広沢の父親にも疑惑は残っています。谷原を落としたのが母親として、美穂子を襲ったのが父親だったとしても、犯行動機は確かにあるような気がします。とはいえ、浅見が言っていたように、愛媛県からやってきて、長い間滞在しながら、ビラを配ったり、勤め先を探ったり、村井のことを探ったりできるものかどうか、ちょっと疑問です。いくら小笠原が絡んでいるといっても、あの動きは老人ではないし、ちょっとムリがあるような気がしますね。だとすると、美穂子は広沢とは全く関係の無い、全く別な人間に襲われたとみる方が自然かもしれませんね。

深瀬にメールを送ったのは、文面からすると、逆側の人間ですね。広沢を事故に見せかけて車を落とした人物なら、もうこれ以上探るなとメールすることは考えられます。となると、村井の言葉を信じれば、メールを送ったのは浅見ではないかと想像できます。まあ、どんな展開になるのか、これから楽しみなところです。

今回の中で良かったのは、村井の成長ですね。ドラマの初めの方は、昔のことを隠そうとしていて、ごまかしておけば何とかなると思ってた4人ですが、サッカー部の件で浅見が大人になって、村井のやんちゃのせいで、村井と深瀬が大人になります。ちゃんとけじめをつけなければいけないことは、ごまかしてはいけないということがやっとわかったと思います。それを考えると、寝ているだけの谷原が成長できないのでかわいそうな気がしますね。

ますます、原作から離れてきたように感じますが、この先どうなっていくのか、とても楽しみです。

湊かなえさんの著書

湊かなえさんは、「イヤミスの女王」と呼ばれています。その意味は、「読んでいやな気分になるミステリー」だと言うことです。つまり、読んだ後の後味が悪いということのようです。この「リバース」でも、最後の1行でそれまでの雰囲気を壊してくれていやな気分にさせてくれます。ただ、ドラマでは、その後の話も描かれるようで、小説とは違う結末になってるようですので楽しみです。

湊かなえさんのおすすめの著書は、

などですね。やはり、告白が映画化もされていますし、一番面白いのではないかと思います。

ドラマ「リバース」のキャスト

  • 深瀬和久 藤原竜也
  • 越智美穂子 戸田恵梨香、深瀬和久の恋人
  • 乾佳介 バッファロー吾郎A、珈琲店「クローバーコーヒー」のマスター
  • 乾恭子 YOU、乾佳介の奥さん
  • 広沢由樹 小池徹平、山本ゼミの仲間、10年前の事故で遭難
  • 広沢忠司 志賀廣太郎、広沢由樹の父親
  • 広沢昌子 片平なぎさ、広沢由樹の母親
  • 谷原康生 市原隼人、山本ゼミの仲間
  • 谷原明日香 門脇麦、村井隆明の妹で、谷原康生の妻
  • 村井隆明 三浦貴大、山本ゼミの仲間、父親の村井明正の秘書
  • 村井香織 趣里、村井隆明の妻
  • 村井明正 村井國夫、神奈川県議会の議長で村井隆明と明日香の父親
  • 沼淵ことは 篠原ゆき子、神奈川県議会の女性議員、村井隆明の浮気相手
  • 浅見康介 玉森裕太、山本ゼミの仲間、高校教師
  • 小笠原俊雄 武田鉄矢、フリージャーナリスト

各話のあらすじ

以上、ドラマ「リバース」の5話のあらすじと感想です。

スポンサーリンク

 


コメント

  1. […] 5話のあらすじ […]

タイトルとURLをコピーしました