ドラマ「リピート」の8話のあらすじ(ネタバレ)と動画。鮎美と圭介に谷本が!

ドラマ「リピート~運命を変える10か月」の8話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。圭介の家の前で、興信所の谷本に鮎美時計介がいっしょにいるところを見られてしまいます。

スポンサーリンク

8話のあらすじ

圭介(本郷奏多)と鮎美(貫地谷しほり)がでかけようと家から出ると、前に図書館にやってきた興信所の谷本がやってきます。

「あれ、あなたは図書館の・・・どうしていっしょに?」

と、谷本が目を細めます。圭介は付き合ってると白状します。すると、谷本は先日から鮎美を尾行していて付き合ってるのは知ってるといって、試したんだといいます。さらに、由子(島崎遙香)と付き合っていたのが圭介だとはしらないと鮎美が嘘をついたとついきゅうしてきます。圭介はなんとかごまかしてそのばをはなれます。すると、天堂(ゴリ)から電話がかかってきて、坪井が路上で亡くなったというニュースが発表されたということです。

天堂のカフェに行くと、天堂は時空の裂け目を探しに行くことにするといいます。圭介は坪井がなくなっていたところに聞き込みに行ってきたことをはなします。そこでひろった薬のごみから、大森知恵(安達祐実)がさいごにつぼいとあっていたことがわかります。そこに、知恵がやってきます。直接聞くと、会ったけどなにもしていない、おとりになろうと思ったといいます。ただ、会ったときに襲う気配がなかったので、犯人は坪井じゃないとわかったといいます。坪井の居場所も偶然わかったといいます。

天堂は信じるといいましたが、圭介は信じられない、鮎美はわからないといいます。天堂は女の手で首を絞めることは出来ないといって仲間割れをしてるときじゃないといいます。圭介は、そんなことをいう天堂が信じられないといって出て行きます。

残った天堂は、圭介と鮎美はあまりにもいいやつらだ、といいます。そして、目的を達成するためには、人を裏切ることも必要だ、知恵とはおなじにおいがすると言って二人でにやりと笑います。そして、天堂は知恵の体ことを心配すると、知恵は天堂にキスをしようとします。すると、いきなり血をはいてしまいます。救急車を呼ぼうとする天堂を止めて、横になっていれば大丈夫だと言ってしばらくのあいだねています。知恵は目を覚ますと、余命1年だと医者から言われてるといいます。そのために、もういちどリピートしないといけないというと、天堂は「わかった。相棒だからな」と答えました・

外に出た圭介は、この間の風間を見失ったマンション「ミラーズコート」のときから何か天堂はおかしいと鮎美にいいます。きっと天堂には裏の顔があるはずだといいます。

 

圭介がミラーズコートに聞き込みに行って管理人に天堂の写真を見せると、良く知ってるといいます。3年前に寺山という男性が屋上から飛び降りたんですが、その第一発見者がTんどうです。天堂と寺山はお金の貸し借りでもめていたということです。圭介は寺山の娘の桜に話を聞きに行くと、天堂が突き落としたと思ってるといいます。いつも寺山が借金を待ってほしいと頭を下げていたからだといいます。

天堂と知恵はふたりで時空の裂け目の調査をしていましたが、なかなか見つかりませんです。知恵は圭介が犯人じゃないかといいますが、天堂は自分たち以外に犯人がいるんじゃないか、何か見落としてるよう泣きがするといいます。そして、今までの事件を並べてみてると、あることに気がつきます。佐知子(手塚理美)の夕焼け荘の火災の件をネットで調べると、犯人がわかります。

 

家に帰った圭介は、鮎美に圭介の過去を話します。すると、本当はどうなのか直接確かめようと天堂に電話をしましたが、出ませんです。二人で天堂のカフェに行きましたが、しまっています。天堂は電話にはやっぱり出ずに、知恵に電話をするとカフェの中で着信の音が聞こえます。圭介がドアを押すとかんたんにあきます。二人で中に入ると、床に血と知恵の携帯がおちています。電気をつけると今までの記事が散乱しています。

机の上にあったPCを圭介が立ち上げると、今までの被害者がなくなったときの写真が映し出されています。圭介は由子を刺したときにもタイミングが良かったとおもいだします。そこに、うめき声が聞こえます。厨房に行くと知恵が倒れています。圭介はすぐに救急車を呼んで入院させます。そこで、先生からは数日で退院できるといわれます。圭介は風間に電話をしてくると行って外に行きます。

鮎美が病室に入ると、知恵が気がつきます。何が起きたのかを聞くと、天堂から犯人がわかったといわれた後、誰かに頭を殴られたといいます。

スポンサーリンク

圭介は風間に電話をしますが出ませんです。電話を切ると、風間から挑戦状というメッセージがきます。そこには、

<一連の事件の犯人がわかったら、風間にお知らせください。犯人が当たれば、すべてが解決すると約束します 風間>

とかかれています。

家に帰った圭介と鮎美は犯人探しをするしかないと話し合います。

 

翌日、鮎美が図書館で働いていると、気持が悪くなります。つわりです。家に帰った鮎美は圭介にそのことを話して、リピートせずに圭介との子供を産みたいと告げます。

(⇒9話のあらすじ

ドラマ『リピート~運命を変える10か月~』の1話から最終回までの全話を、Huluという動画配信サービスで見れます。Huluは月額1,026円(税込)で日テレのドラマや映画、海外ドラマなどを見れます。

Huluは2週間の無料お試しをしていますので、その期間中に『リピート~運命を変える10か月~』を無料で見れます。くわしくはこちらから。

Hulu公式サイトはこちら ≫

原作

原作の乾くるみさんは、1963年生まれの54歳の小説家、推理作家です。静岡県出身で静岡大学理学部数学科を卒業されています。そのご、IT企業に就職されてソフトの開発をされています。1998年に「Jの神話」でメフィスト賞を受賞されて34歳で作家デビューされます。2004年に発表した「イニシエーション・ラブ」はベストセラーになって映画化もされています。代表作としては、

出身が数学科ですので、数学的な小説だという評判もありますが、とても面白い作品ばかりです。「リピート」は、タロットシリーズと呼ばれるシリーズの中のひとつで、2004年に刊行されています。副題は、「10番・運命の輪」です。タロットシリーズは、タロットをモチーフにしていて、天童太郎という人物がきゅつうして登場します。ベストセラーのイニシエーションラブもこのシリーズで、「リピート」のすぐ前にかかれたものです。

キャスト

  • 篠崎鮎美 貫地谷しほり
  • 天童太郎 ゴリ(ガレッジセール)
  • 毛利圭介 本郷奏多
  • 風間 六角精児
  • 大森知恵 安達祐実、食品化学の研究員
  • 滝沢佐知子 手塚理美、専業主婦
  • 郷原俊樹 清水圭、サラリーマン
  • 坪井要 猪野広樹、東大受験を目指す予備校生
  • 髙橋和彦 福田転球、トラック運転手
  • 町田由子 島崎遙香、毛利圭介の彼女
  • 久瀬一樹 松田悟志、篠崎鮎美の彼氏

各話のあらすじ

以上、ドラマ「リピート~運命を変える10か月」の8話のあらすじ(ネタバレ)と動画と感想です。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました