ドラマ「リピート」の最終話のあらすじ(ネタバレ)と動画。

ドラマ「リピート~運命を変える10か月」の最終話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。

スポンサーリンク

最終話のあらすじ

「本日の13時31分です」

と、風間(六角精児)這いいます。鮎美(貫地谷しほり)がトラックの事故で亡くなる運命の時間です。それを聞いた圭介(本郷奏多)は、「後40分!」と叫んで走っていこうとします。すると、風間は、このままここにいないとリピートの権利はなくなるといいます。そして、リピートさえすれば、次の世界には鮎美はいるし、由子はまだなくなっていないのでうまくやればすべては丸く収まると、ニヤニヤしながら言います。

圭介は、

「ふざけんなよ。人の命をもてあそぶのもいい加減にしろ!」

と言って、走り出します。走ってる途中に鮎美に電話をしましたが、全然出ませんです。やっと出た鮎美に、これからトラック事故が起きて鮎美の命がなくなる運命だからその場所を動くなといいます。ただ、鮎美は、子供たちも巻き込まれてしまうと気がつきます。それを言うと、圭介は「俺が何とかするから、動くな」と言って電話を切ります。

気になって仕方がない鮎美は、図書館を出て、読み聞かせの予定だった子供たちを迎えにいきます。すぐに、子供たちがいる所に行って場所を移動させます。

すると、一人の子供がボールを落としてしまいます。子供はそれを追いかけて飛び出します。トラックがやってきたことに気がついた鮎美は、道路に飛び出します。ちょうどそこに圭介がやってきます。トラックは間一髪止まってくれて鮎美は助かります。圭介がかけよると、鮎美は意識を失ってしまいます。すぐに病院につれていきます。

 

病院で目を覚ました鮎美に、子供たちは無事だと圭介が言うと、「おなかの赤ちゃんは?」と鮎美が聞きます。圭介が何も答えずに下を向くと、すべてを理解して、「わたしのせいだ」と泣き出します。

しばらくして鮎美が寝たのを確かめて廊下に出ると。、天堂から電話がかかってきます。外に出ると天堂が待っています。圭介は自分の家に行って天堂に疑っていたことを謝ります。天堂も内緒にしていたことをあやまります。

 

しばらくして、鮎美が図書館で働き出すと、天堂と圭介がやってきます。そして、喫茶コーナーにいって、リピートをしないか?と鮎美に提案します。もう一度リピートして亡くなったみんなを助けようといいます。すると、鮎美は、子供を亡くしたことで由子に対してひどいことをしたことが改めてわかったから、リピートして助けると力強く天堂と圭介にいいます。

仕事が終わった鮎美を送って帰る途中、

「鮎美、今度リピートしたら、結婚しよう。おなかにいた赤ちゃんが生まれ変わって、って言うのもへんだけどさ、俺達の子供として戻ってきてくれると思うからさ、俺はそう思う」

と圭介が言うと、涙ぐみながら、

「そうだね、ありがとう」

とうなづきます。二人は手をつないで歩き出します。

 

2017年12月10日。

天堂が鮎美と圭介の家にやってきます。大森は自分の研究に没頭するからもうリピートしないと天堂が二人に言います。すると、地震がきます。リピート前に風間から言われたはじめの予言の日です。圭介は、何とか風間を出し抜く方法を考えないといけないとつぶやきます。

数日後、3人は風間を呼び出して、もう一度リピートしたいから洞窟の場所を教えてくれといいます。風間は、圭介は鮎美に電話をかけたし、鮎美は正解を圭介からおしえてもらったから失格だといいます。天堂は信用できないから教えられないといわれてしまいます。しかも、約束した覚えはなくて、考えておくといっただけだといいます。それだけ言うと、風間は帰っていきます。

風間が帰った後、天堂は「いや、これでいい」とにやりと笑います。

 

2018年1月10日。リピート前日。

風間が歩いてると、二人の男があらわれます。刑事です。刑事は、由子の失踪に風間が関係してるとたれ込みがあったといいます。そして、発見された遺体を調べてみると、携帯から指紋が採取されたので、風間の指紋をとらせてもらいたいということです。風間はおとなしく連れて行かれます。ちょっとはなれたところで、その光景を天堂がみています。

すぐに圭介たちに連絡して、明日1日だけ警察に拘束されれば良いといいます。そして、洞窟の場所は大森から教えてもらってるから大丈夫だといいます。

翌日、リピートの日がやってきます。二人で朝食を食べながら、圭介は、リピートした後に鮎美の部屋に行くからまっててくれといいます。鮎美は、圭介がとった写真を見ながら、この10ヶ月間は絶対に忘れないとやくそくします。

しばらくして、天堂の車に乗ってリピートの洞窟に向けて出発します。

洞窟に着くと、3人であるきはじめます。すると、

「いけませんねえ、抜け駆けは」

といって風間があらわれます。風間はリピートが出来るとおもって、連行してる警察官にむかって拳銃を撃って命を奪って逃げ出したんです。

風間は、1月まで生きてこられたのは自分のせいだからもっと感謝をしてくれといいます。圭介がそのままにしてくれればいいというと、退屈だったから試してみたといいます。そして、人生はひまつぶしだから、成長したり変化し続けなきゃいけないなんていうわずらわしいことは、リピートすることで開放されるといいます。

それまで黙っていた鮎美は、成長したいし、変わりたいといいます。結婚もしたいし子供もほしいといいます。年を取ってなくなるまでそれは続いて、それまですごした時間は槙戻すことが出来ないからこそ、かけがえのない時間だといいます。

すると、風間は笑い出して

「くだらない。リピートを繰り返せばなんでも出来る。わたしは神だ!ははっ」

と大声で笑い始めます。

天堂は、

「お前は神なんかじゃない。10ヶ月という短い時間の中に閉じこもってる臆病者だ。俺達が終わらせてやるよ」

「風間さんにはいないんですか?家族や愛する人は?リピートするより、愛して愛されるほうがいいじゃないですか?悲しい人。心から信用できる人がいれば、そんな孤独なことをやり続けなくてもいいのに」

風間は、

「だまれ、リピートは終わらせない」

と言って、拳銃を構えます。すると、圭介が鮎美をかばって撃たれてしまいます。天堂は持っていた懐中電灯を風間に投げつけてかざまにおそいかかります。ところが、天堂も撃たれてしまいます。天堂は最後の力を振り絞って風間から拳銃を奪い取って天堂に残りの弾丸を撃ち込みます。

スポンサーリンク

鮎美が天堂に駆け寄ると、

「・・・さきに行ってくれ、あとから・・おいかける・・」

と切れ切れの声で鮎美にいいます。

鮎美は圭介に肩をかして、リピートの場所までなんとかあるいていきます。すると、光がさしてきます。リピートがはじまります。

 

鮎美が気づいた場所は、前回とおなじベッドの上です。すぐにスマホを確認してTVをつけます。確かに、10ヶ月前に戻っています。あとは圭介がきてくれればいいと思ってると、婚約者の一樹からメッセージがきています。

鮎美は本を読みながら圭介を待っていましたが、朝になっても圭介は来ませんです。救急車の音で目が覚めて、圭介の携帯に電話をしましたが出ませんです。たまらなくなって部屋を出て圭介の家に向かって走り出します。

部屋についてチャイムを鳴らすと、圭介が出てきます。うれしくなった鮎美が抱きつくと、

「おっと、なにすんだよ。だれだよ、あんた。あったことないよな」

「どういうこと?」

「いや、こっちが聞きたいけど」

鮎美は、リピートのとき、すでに圭介の命がなくなっていたことに気がつきます。

<あのときの圭介くんはもういない>

とおもうと、自然になみだがながれてきます。鮎美は笑顔を作って

「毛利・・圭介さんですよね。わたし、あなたの写真のファンです。以前、新人賞とられたことありますよね」

「わるいけど、写真はもう・・・」

「今は写真から離れてるかもしれないけれど、でも、ぜったいつづけてください。あなたには、才能があるから」

「あんたになにがわかるんだよ」

「わたしにはわかるの。あなたはほんとうは写真がとりたいってこと。だから、ぜったい、あきらめないで。それだけ、言いたかったんです」

鮎美は、お辞儀をして帰っていきます。

 

すると、「待てよ」という声が後ろからきこえます。圭介が後を追ってきたんです。圭介は、新人賞を取ったときの写真を鮎美に差し出して、「これやるよ」といってかえっていきます。鮎美は、写真を見ながら号泣します。

振り返って歩き始めると、風間とすれちがいます。おどろいて振り向くと風間も振り向いて笑顔で近づいてきます。風間はぎりぎり間に合ったといって、

「篠崎さん、あなた、わたしと同じことをしようとしていますね」

「同じじゃありません。わたしはみんなをたすけたいんです」

「わたしとおなじように、地獄をあじわうことになりますよ。いずれわかることになりますよ。運命を変えることの恐ろしさが」

そういうと、風間はあるいていってしまいます。鮎美は、前をみつめながらおもいます。

<それでもわたしはみんなを救いたい。運命を変えたい>

(おわり)

ドラマ『リピート~運命を変える10か月~』の1話から最終回までの全話を、Huluという動画配信サービスで見れます。Huluは月額1,026円(税込)で日テレのドラマや映画、海外ドラマなどを見れます。

Huluは2週間の無料お試しをしていますので、その期間中に『リピート~運命を変える10か月~』を無料で見れます。くわしくはこちらから。

Hulu公式サイトはこちら ≫

原作

原作の乾くるみさんは、1963年生まれの54歳の小説家、推理作家です。静岡県出身で静岡大学理学部数学科を卒業されています。そのご、IT企業に就職されてソフトの開発をされています。1998年に「Jの神話」でメフィスト賞を受賞されて34歳で作家デビューされます。2004年に発表した「イニシエーション・ラブ」はベストセラーになって映画化もされています。代表作としては、

出身が数学科ですので、数学的な小説だという評判もありますが、とても面白い作品ばかりです。「リピート」は、タロットシリーズと呼ばれるシリーズの中のひとつで、2004年に刊行されています。副題は、「10番・運命の輪」です。タロットシリーズは、タロットをモチーフにしていて、天童太郎という人物がきゅつうして登場します。ベストセラーのイニシエーションラブもこのシリーズで、「リピート」のすぐ前にかかれたものです。

キャスト

  • 篠崎鮎美 貫地谷しほり
  • 天童太郎 ゴリ(ガレッジセール)
  • 毛利圭介 本郷奏多
  • 風間 六角精児
  • 大森知恵 安達祐実、食品化学の研究員
  • 滝沢佐知子 手塚理美、専業主婦
  • 郷原俊樹 清水圭、サラリーマン
  • 坪井要 猪野広樹、東大受験を目指す予備校生
  • 髙橋和彦 福田転球、トラック運転手
  • 町田由子 島崎遙香、毛利圭介の彼女
  • 久瀬一樹 松田悟志、篠崎鮎美の彼氏

各話のあらすじ

以上、ドラマ「リピート~運命を変える10か月」の最終話のあらすじ(ネタバレ)と動画と感想です。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました