『ラジエーションハウス最終話』動画とあらすじ。命懸けで守りたい約束。最後の選択と決断とは?

ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」の最終話の動画とあらすじを紹介します。窪田正孝さんがアメリカ帰りの天才放射線技師の唯織を演じられます。6/24(月)の夜9時から、特別編2時間SPが放送されることになります。唯織が飛行機でアメリカに行く途中での出来事のようです。

スポンサーリンク

ドラマ「ラジエーションハウス」の最終話のあらすじ

唯織(窪田正孝)は、杏(本田翼)の父で、甘春総合病院の前院長・正一(佐戸井けん太)が、うつ病ではなく別の病気ではないかと考え、髄液漏れの検査をすると言います。全身の慢性的疲労感、起立性頭痛に苦しんでいる正一は、発症前、自転車に追突され、その後、飛行機に乗っています。ヒントになったのは、裕乃(広瀬アリス)が手伝っていた造影CTの際に、チューブから造影剤が漏れたことです。

唯織は、髄液が漏れて脳が下垂したんだと言います。

そのころ、小野寺(遠藤憲一)は病院にやってきた別れて暮らす息子と会っています。息子は講習費の10万円を出してくれと言って振込用紙を置いていきましTあ。

唯織たちは髄液漏れの検査をおこない、その画像を見た唯織は、正一が低髄液圧症であることを確信します。正一は、追突事故で硬膜に穴が開き、飛行機に乗った際の気圧の変化と乱気流の振動によって低髄液圧症を発症したものと説明します。髄液が減って脳が下垂したために、起立時に頭痛やめまいに襲われていたのです。正一の病気が手術で治る可能性があると知り、杏はよろこびます。

ところが、そのことを正一に話してると、正一が突然意識障害を起こして倒れてしまいます。すぐに頭部CTを行うと、硬膜血腫が進んでることがわかります。唯織はブラッドパッチで穴をふさいでやるしかないと言いますが、辻村(鈴木伸之)ら甘春総合病院の医師には正一の治療をできる人間がいませんです。すると杏は、自分がやると言い出します。

ただ、辻村はブラッドパッチは難しいし、肉親の手術は感情的になってしまうと止めましたが、唯織が助手となって手術を始めます。ところが、むずかしい部分にくると、杏の手が止まってしまいます。それを見た唯織は杏から注射針をもらって、「ぼくがやります」と言います。辻村が違法だと言うと、唯織は医師免許を持ってるとみんなにばらしてしまいます。

手術は無事成功して、しばらくして正一の意識は戻ります。

ラジエーションハウスの中では、唯織の医師免許が話題になっています。軒下たちは、「内心バカにしてたんでしょ」と唯織を責めます。翌日も、全員、唯織に対して冷たい態度を取り続けます。

唯織が院長の所に行くと、医師として働いたら医師になると約束したことを突きつけられます。ただ、唯織は何も言わずに部屋を出ます。

その日の夜、裕乃が当直でしたが、唯織も残業でのこっています。小野寺も残って、髄液漏れのことをきくと、息子の友だちがおなじ症状だと唯織に相談します。

そのころ、辻村の所に、正一の手術をやるはずだった医師がやってきて、唯織の手術は違法だったと大声で責めています。すると、椅子に座った板一人がその医師に近づいてきます。新聞記者です。

翌日、放射線技師が手術をしたことがマスコミでも、辻村の父親の辻村丈介(名高達男)教授がいる麗洋医科大学病院でも問題になります。聴聞委員会を開くことになります。鏑木(浅野和之)がマスコミ対応をすると、院長が、唯織は医師免許を持ってると教えてくれます。

小野寺の息子の友だちがやってきます。3か月前にハードルで頭を打ってから学校に行けなくなったということです。検査の結果、同じような手術すれば治ることがわかります。

ラジエーションハウスの面々は、唯織は本当に技師でも命を救えると思ってるんじゃないかと話しています。

その頃、院長は麗洋医科大学病院に呼ばれて説明します。丈介がルール、ルールというと、頭にきて「目の前の命を見捨てろって言うの?」と鬼の形相で啖呵を切ります。

甘春総合病院では、MRI検査のキャンセルが相次ぎます。そして、辻村が麗洋医科大学病院から問題視されていて医者を派遣してくれないという話を唯織が聞いてしまいます。唯織は、「困らせてるだけじゃないか」とつぶやきます。

スポンサーリンク

唯織が正一の病室に行くと、杏は医師として成長したと感謝されます。

唯織が院長の部屋に行くと、麗洋医科大学病院から処分をしろと命令が来たと言います。院長は、来月から医師として働いてくれというと、唯織はココにいると迷惑をかけるだけだし、ピレスからオファーも来てるから解雇してくれとお願いします。さらに、目指す物は世界一の技師だから医師にはなれないと言い切ります。

唯織はやめることを小野寺にも打ち明けます。小野寺はラジエーションハウスのみんなにも洩らします。

翌日、みんなから唯織が来てくれたことをひとりひとり感謝されます。

その日の最後、唯織は杏との約束の話をみんなにします。それを聞いたみんなは、あきれ返ります。唯織は杏に何も言わずに病院を後にします。

翌日、杏は小野寺たちの話を聞いて、はじめて唯織が辞めたことを知ります。裕乃は9:30発のバスだから追ってくれというと、辻村が杏の手をつかんで駆け出します。

辻村と杏が唯織に追いついてなぜ何も言わずに行ってしまうのかと聞くと、唯織は杏との約束を守るためにやってきたけども、それが少し伸びるだけだと言ってバスに乗り込もうとします。杏は、言い忘れたことがあると言って、「絶対に負けませんから。だから、かならず戻ってきてください」と笑顔で叫びます。

すると、そこにラジエーションハウスの面々と院長と鏑木もやってきます。小野寺たちは、例のことを杏にいわなくてもいいのかと聞くと、あたらしい約束ができたから大ジョブだと言って笑顔でバスに乗り込みます。杏は唯織の後姿をスマホで撮ります。

(⇒特別編

ドラマ「ラジエーションハウス」の1話から最終回までの全話や見逃した回の動画を、わずか1分の登録で無料で見る方法です。

ラジエーションハウスの無料視聴はこちら

ドラマ「ラジエーションハウス」の原作

ドラマ「トレース~科捜研の男~」の原作は、横幕智裕さんの『ラジエーションハウス』(ヤングジャンプ)です。楽天ブックスで購入できます。

ドラマ「ラジエーションハウス」のキャスト

  • 五十嵐唯織 窪田正孝、放射線技師
  • 甘春杏 本田翼、放射線科医、前院長の娘
  • 辻村俊太郎 鈴木伸之、整形外科医
  • 大森渚 和久井映見、病院長
  • 鏑木安富 浅野和之、科長兼診療部長
  • 広瀬裕乃 広瀬アリス、放射線技師
  • 黒羽たまき 山口紗弥加、放射線技師
  • 小野寺俊夫 遠藤憲一、放射線技師
  • 軒下吾郎 浜野謙太、放射線技師
  • 威能圭 丸山智己、放射線技師
  • 悠木倫 矢野聖人、放射線技師

各話のあらすじ

以上、新月9ドラマ「ラジエーションハウス」の最終話の動画とあらすじです。

スポンサーリンク>


コメント

タイトルとURLをコピーしました