『ラジエーションハウス10話』動画とあらすじ。もう一人の天才現る?

ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」の10話の動画とあらすじを紹介します。窪田正孝さんがアメリカ帰りの天才放射線技師を演じられます。

スポンサーリンク

ドラマ「ラジエーションハウス」の10話のあらすじ

出勤途中の唯織(窪田正孝)のもとに、放射線科の世界的権威である恩師・ピレス教授(Dutch)からメッセージが届きます。人工知能を使った読影補助ソフトを開発することになったピレスは、そのメンバーに唯織を迎えたいと考えていたんです。

鏑木(浅野和之)は、辻村(鈴木伸之)の父で、麗洋医科大学病院教授の辻村丈介(名高達男)から系列病院の院長を任されたことを家族に報告します。妻の聡子(梅沢昌代)と娘の加奈子(丸川ゆい)に、給料も倍になるから3人でハワイ旅行に行こう、と嬉しそうに話すと、いつもは無愛想な二人も喜びます。

そんな折、ラジエーションハウスに杏(本田翼)の父親で、元院長の正一(佐戸井けん太)が突然現れます。正一がうつ病の状態だと知る小野寺(遠藤憲一)やたまき(山口紗弥加)らは、努めて明るく彼を出迎えてると、杏もやってきます。杏は母親に連絡して玄関まで送っていきます。

鏑木は、院長の渚(和久井映見)に辞表を提出します。院長室を後にした鏑木は、椅子に座っていた正一に気づき、正一も鏑木に挨拶しようと立ち上がりますが、そのとき突然頭痛に襲われ、倒れてしまいます。とりあえず鏑木が処置をすると、頭痛もおさまって落ち着きます。杏が病室から出ると、唯織がまっていて検査をやり直しましょうと言いますが、検査は何べんもしていて、頭痛は精神性のものだと思うと答えます。

部屋に戻った唯織が画像を見ますが、やはり異常は見当たりませんです。

同じころ、辻村は、嶋田茜(西原亜希)の1歳8ヵ月になる息子・光の診察をしています。光はどこか痛いのかずっと泣き叫んでいます。骨折の疑いでレントゲン検査のオーダーを受けた裕乃(広瀬アリス)は、赤ちゃんの検査にしり込みします。軒下(浜野謙太)に助けを求めると、そばを通りかかったたまきが、3ヵ月前にも右上腕骨骨折の疑いで光の検査をしたといいます。検査の結果、光は鎖骨を骨折しており、虐待の疑いが浮かび上がります。

それを見ていた唯織は、光に卵アレルギーがあるのに気が付きます。

辻村が検査結果を茜に話しましたが、骨折の原因には覚えがなく、他の子供に比べて怪我しやすいと茜は答えます。たまきにも自分の育て方が悪いのかもと悲しそうに言って帰っていきます。

ラジエーションハウスで光の画像を見てると、杏と辻村がやってきて唯織の意見を求めます。そこにたまきもやってきて、紫外線対策もしっかりやっていたと話すと、唯織があることに気づきます。すぐに茜を呼び戻してもう一度検査をします。辻村と杏が画像を見ると、クル病だと気が付きます。卵アレルギーと紫外線対策でその病気になってしまったようです。

茜がバスに乗って家に帰る途中、光の意識がなくなって病院に搬送されてきます。画像をみていた唯織はすぐに処置室に行って神経芽腫がどこかにあるかもしれないから、すぐに見つけて切除しないと呼吸不全を起こすかもしれないと辻村に言います。

すると、鏑木がやってきて、乳幼児は検査も手術もムズカシイから専門病院にまかせた方がいいと言って入ってきます。それでも、今やらないと手遅れになるかもしれないと訴えてると、杏がやってきてお願いしますと頭を下げます。担当医は腹部CTをオーダーします。鏑木は、患者の命がかかってるんだぞと唯織を脅します。

唯織と杏がラジエーションハウスに戻ってくると、小野寺たちはすでに準備を始めています。

取られた画像はすぐに鏑木のところにも送られます。神経芽腫がしっかり写っています。ただ、腫瘍が脊髄に達しています。画像を見た担当医と辻村はラジエーションハウスにやってきて、脊髄まで浸潤してるかもしれないので手術は難しいと杏や小野寺たちに話します。

スポンサーリンク

そこに鏑木がやってきて、答えは画像の中にあると言います。鏑木が指示通り画像処理すると、脊髄には進展してないことがはっきりわかります。すぐに手術を始めると担当医と辻村が歩いていきます。

唯織が感謝すると、それが私たちの仕事で、やるべきことをやっただけだと言って帰っていきます。光の手術は無事成功します。

たまきは光の病室に行って、自分のせいだと泣いてる茜をなぐさめます。完璧じゃなくてもいいんじゃない?足りないものを補ってくれる人は必ず周りにいるから、たよってもいいんじゃない?と話します。茜はこの病院に連れてきて良かったと感謝をいうと、たまきも涙ぐみます。すると、ラジエーションハウスの他のみんなもやってきます。

鏑木は院長の所に行って、退職するのをやめたいと話します。

その日の夜、唯織は元院長のレントゲン写真を見てあることに気づきます。すぐに杏のところにいって再検査させてくれとお願いします。小野寺もやってきて翌日に空きがでたから入れておいたと笑顔で言います。

翌日、元院長の検査が始まります。画像をみた杏が慢性の硬膜下血腫だとはなしてると、唯織がやってきて髄液漏れの検査をするといって元院長は別な病気だと言います。

(⇒最終話のあらすじ

ドラマ「ラジエーションハウス」の1話から最終回までの全話や見逃した回の動画を、わずか1分の登録で無料で見る方法です。

ラジエーションハウスの無料視聴はこちら

ドラマ「ラジエーションハウス」の原作

ドラマ「トレース~科捜研の男~」の原作は、横幕智裕さんの『ラジエーションハウス』(ヤングジャンプ)です。楽天ブックスで購入できます。

ドラマ「ラジエーションハウス」のキャスト

  • 五十嵐唯織 窪田正孝、放射線技師
  • 甘春杏 本田翼、放射線科医、前院長の娘
  • 辻村俊太郎 鈴木伸之、整形外科医
  • 大森渚 和久井映見、病院長
  • 鏑木安富 浅野和之、科長兼診療部長
  • 広瀬裕乃 広瀬アリス、放射線技師
  • 黒羽たまき 山口紗弥加、放射線技師
  • 小野寺俊夫 遠藤憲一、放射線技師
  • 軒下吾郎 浜野謙太、放射線技師
  • 威能圭 丸山智己、放射線技師
  • 悠木倫 矢野聖人、放射線技師

各話のあらすじ

以上、新月9ドラマ「ラジエーションハウス」の10話の動画とあらすじです。

スポンサーリンク>


コメント

タイトルとURLをコピーしました