パーフェクトワールドの9話のあらすじ。逆境に立ち向かう普遍の愛

パーフェクトワールド

(参考:番組公式サイト

ドラマ「パーフェクトワールド」の9話のあらすじを紹介します。松坂桃李さんは、大学生のときに事故に遭ったことで下半身不随になってしまった鮎川樹を演じます。そんな彼をささえる高校時代の同級生の川奈つぐみを山本美月さんが演じられます。とても素敵なラブストーリーになりそうです。

ドラマ「パーフェクトワールド」の9話のあらすじ

つぐみ(山本美月)が高木のレストランから駆け出すと、樹(松坂桃李)がタクシーから降りた所です。樹は、「川奈、おれ、後悔がある。後悔があるんだ」とつぐみに向かって話します。

その日の夜、樹とつぐみは樹が下半身不随になった事故現場に来ています。その日とおなじように雨が降っています。樹はずっと苦しんできたことや1日1日を後悔しないで生きていこうと思っていたとつぐみに話します。そして、樹はつぐみの手を離したことを後悔してるというと、つぐみも同じ気持ちです。樹は過去からも現実からも目をそらさずに生きていきたいといって、「川奈、おれともう一度やり直してくれませんか?」と樹は聞きます。

家に帰ったつぐみは、しおり(岡崎紗絵)に樹と付き合うことになったというと、洋貴(瀬戸康史)のことがすきなしおりは、人の気持ちをもてあそぶなと言って泣いて怒って出ていきます。

樹も家に帰ると、翌日話があると葵(中村ゆり)に電話します。すると、洋貴がやってきます。じつは、洋貴はつぐみに内緒で婚約指輪を買って松本に行っていたんです。ところが、つぐみは洋貴がいるとはしらずに東京に来て樹と会っていたんです。

樹は、洋貴に正直につぐみと付き合うつもりだというと、洋貴は怒りだします。洋貴は一発殴らせろと言いますが、殴れずにつぐみがかいた樹のスケッチを渡します。そして、高校のときからつぐみのことを好きだった、樹が障がい者だったから勝てると思ってプロポーズしたと正直に話します。樹も、つぐみがいない人生はかんがえられなかったと告白します。洋貴は、二度とつぐみの手を離すなといってもう一つあるものを渡して帰っていきます。

洋貴が家に帰ると、つぐみがいます。つぐみは話があるといいますが、何も言えませんです。洋貴は代わりに「別れたいんだろ」と言って出ていこうとすると、つぐみは泣いて謝ります。

そのころ、しおりは晴人(松村北斗)とカラオケに行っています。晴人は洋貴に告白しろとしおりを応援します。

翌朝、つぐみが松本に帰るバスに乗ると、洋貴から昨晩わざと冷たくしたことと「今までありがとう」というメッセージが来ます。つぐみは泣き崩れます。

樹の部屋に葵がやってきます。樹は、今月いっぱいでヘルパーの契約を終了させてくれとお願いします。そして、葵に愛情を返せないし、もっと傷つけることになると言いますが、葵はただのヘルパーとして仕事は続けさせてもらうと笑顔で言います。

松本に帰ってきたつぐみは、元久(松重豊)と咲子(堀内敬子)に洋貴と婚約解消して樹とやり直すと告げます。元久は猛烈に反対して、この家を出ていけといって仕事に行きます。

樹は仕事で山奥のホテルに行くことになります。会社のみんなはつぐみにたのめばいいと言いますが、夜電話すると、つぐみは予定があっていけませんです。樹はつぐみの顔を見て、元久に何か言われたことに気が付きます。つぐみは元久にいわれたことをいって、絶対にあきらめないと話します。

洋貴が家に帰ってくると、しおりが待っています。洋貴は初めからわかっていたというと、しおりがだきついて「忘れさせてあげる」と言ってキスをしようとしましたが、洋貴は止めます。洋貴はしおりは家族だとおもっていてそれ以外では見れないというと、しおりはあきらめます。

翌日、つぐみは葵に会って山奥のホテルに行く樹に付き添ってくれとお願いします。葵はつぐみが行けばいいと言いますが、自分では万が一の時には対応できないからお願いしますというと、つぐみは変わったと葵は言います。つぐみは、樹の日常を受け入れる決意ができたと答えます。

そのころ、樹は松本に行っています。元久に会って話をしてくれといいますが、門前払いです。しばらくして、つぐみもやってくるといっしょに家の中に入って、玄関の前で待ちます。時間が開いたときは玄関の前で待ちましたが、会ってはくれませんです。

山奥のホテルに樹が行きます。高木の家の建築のほうはつぐみから連絡をもらっています。その姿を遠くから葵が見ています。

スポンサーリンク

東京に帰ってくると、葵は私にできることは何もなくなったから、今日で終わりにすると樹に言います。そして、いつのまにか樹が生きがいになっていて、逆に自分が助けられていたと涙を流しながら話してくれます。樹は、「長い間、本当にありがとうございます。あなたのおかげで生きてこれました」と葵に話します。

その日の夜、葵は洋貴を呼び出して一緒に飲みます。葵は元久に反対されてることを洋貴に話します。そのころ、樹の部屋につぐみがやってきます。だきあってると、樹の母親の文乃(麻生祐未)がチャコを返しに来ます。泣いて喜んでくれて、帰っていきます。

翌朝、二人がベッドの上で目覚めると、目の前の壁に立てかけてあったつぐみが高校のときに書いた絵をいっしょにみます。樹は「俺と結婚してください」とプロポーズします。

樹とつぐみが松本に行くと、元久が出てきます。そして、「二人で話そう。コチラに来なさい」と元久がいってあるきだします。つぐみを置いた二人は無言のまま歩いていきます。

(⇒最終話のあらすじ

ドラマ「パーフェクトワールド」は、動画配信サイトのFODで見ることができます。FODは月額976円(税込)で、個別課金作品と見放題作品を見れます。「パーフェクトワールド」は見放題作品です。月額会費を初回1ヵ月間無料お試しをしていますので完全に無料で見れます。

ドラマ「パーフェクトワールド」をもう一度見たいと思われたら、FODしかありません。コチラをクリックして、どんな作品があるかだけでも確かめみてください。

ココをクリックしてFODに行く!

ドラマ「パーフェクトワールド」の原作

原作は、有賀リエさんの『パーフェクトワールド』で、月間漫画雑誌の「Kiss」に連載中です。有賀リエさんは、長野県大町市出身です。2011年に『天体観測』でKissゴールド賞を受賞されて、この作品がデビュー作として『Kiss』に掲載されます。『パーフェクトワールド』は、フランスの雑誌『Animeland』においてベスト少女漫画賞を受賞されて、2018年に実写映画が公開されます。

映画版では、樹を岩田剛典さん、つぐみを杉咲花さんが演じられます。有料ですがFODプレミアムで見ることができます。

原作の漫画は、こちらの楽天ブックスから購入できます。

ドラマ「パーフェクトワールド」のキャスト

  • 鮎川樹 松坂桃李、渡辺設計事務所一級建築士
  • 川奈つぐみ 山本美月、クランベリーズ事務員
  • 東美千代 とよた真帆、クランベリーズ代表
  • 渡辺剛 木村祐一、渡辺設計事務所代表
  • 渡辺晴人 松村北斗、渡辺設計事務所社員
  • 鮎川文乃 麻生祐未、樹の母親
  • 雪村美姫 水沢エレナ、樹の元カノ
  • 長沢葵 中村ゆり、樹のヘルパー
  • 是枝洋貴 瀬戸康史、つぐみの友人
  • 川奈咲子 堀内敬子、つぐみの母
  • 川奈元久 松重豊、つぐみの父

各話のあらすじ

以上、ドラマ「パーフェクトワールド」の9話のあらすじ(ネタバレ)などです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました