『奥様は、取り扱い注意』の8話のあらすじ(ネタバレ)と動画と感想!ホームパーティー?

『奥様は、取り扱い注意』の8話のあらすじ(ネタバレ)と感想と無料動画を紹介します。ある日曜日、近所に住む妙子が主催するホームパーティに出席することになった菜美(綾瀬はるか)と優里(広末涼子)、京子(本田翼)。妙子の夫は1年前に収賄疑惑で世間を騒がせた大物政治家で、夫のイメージ回復のために時折パーティが開かれるのだといいます。

スポンサーリンク

『奥様は、取り扱い注意』の8話のあらすじ

京子(本田翼)は、夫の渉(中尾明慶)の浮気に気がつきます。渉の母親の良枝(銀粉蝶)も気づいてるようでしたが、今は静観してる感じです。ただ、表面化したら見方にはなってくれそうにありませんです。そんな京子が、唯一気晴らしができるのだ、菜美(綾瀬はるか)の家で、菜美と優里(広末涼子)の3人で食事をしたりすることです。

ある日、優里が、近所に住む三浦妙子が主催するホームパーティをどうする?と話します。妙子の夫は今は与党の幹事長代理ですが、厚生労働大臣だった1年前に、福祉施設の許認可をめぐる収賄疑惑で世間を騒がせた人物です。事件はうやむやに終わったのですが、夫のイメージ回復のために時折パーティが開かれるのだといいます。「行かないのもなんだし、せっかくだから」と言って、3人は出かけることにします。

次の日曜日、3人はホームパーティーにいきます。パーティーと言いながら、支持者集会のようなもので、料理もポテトチップスのようなものばかりで、たいしたものはありませんです。

ところが、菜美は、三浦夫婦をにらんでるひとりの主婦・藍子(笛木優子)に気がつきます。しばらくして帰ろうとすると、トイレを探して2階から降りてくる藍子と出会います。そのときは、不審に思いながらそのままかえります。

数日後、菜美が買い物から帰ってくる途中で空き巣があったと人だかりができています。今週2回目です。

家で勇輝(西島秀俊)と夕食を食べながら空き巣の話をしてると、奈美はこの間の出張から嘘のにおいがしてるのに引っかかります。その日の笑顔もどこか嘘のにおいがしています。それを打ち消すかのように、次の週末に防犯用品を買いに行こうと勇輝からいわれます。

京子の家では、渉に空き巣の話をすると母親がいるから大丈夫と言います。それよりも、今度の週末にベッドを買いに行こうといってきます。京子は喜んでクイーンサイズにしようといいますが、渉は寝相が悪いからシングルベッドにしたいと言います。京子は一気に落ち込みます。

優里の家では、啓輔(石黒賢)は優里がずっと家にいれば大丈夫だといって、仕事に没頭しています。そんな啓輔にがっかりした優里は、先日の合コンで知り合った安西(小関裕太)にメッセージを送ってしまいます。安西は、寒いのでなべとかコーヒーをいっしょにとさそってきます。つい、「コーヒーなら」と受けてしまいます。

翌朝、勇輝が会社に出て行くと、奈美はすぐに尾行を始めます。ですが、会社にもちゃんと出勤していて、仕事がうまく言ってない様子もありませんです。家に帰ってきて掃除をしてると、パトカーのサイレンが聞こえてきます。着になって外にでてみると、またしても空き巣です。ところが、それをみてる人の中に、藍子がいます。家に帰ると、買い物に行くといって、ちょうど優里が出て行くところです。

優里が行ったさきは喫茶店で、そこには安西が待っています。

「あえてうれしいです。その服可愛いですね」

「ただの普段着だけど」

「僕にはすごく可愛く見えます」

「なんか、うそっぽくきこえるけど」

「嘘じゃないです。うまいほめかたをしらないだけです」

安西のその言葉に、優里のこころはまいあがってしまいます。その顔を見た安西は、

「また、嘘っぽく聞こえちゃうかもしれないですが、大原さんのことすきになっちゃいます。できれば、もっとたくさん大原さんに会いたいです」

「わたし、結婚してこどももいるのよ。知ってるでしょ?」

「結婚して子供がいるのがゴールですか?僕にはチャンスはないですか?ごめんなさい、あせりすぎます。でも、もしも、大原さんが人生をやり直したいと思ったら、まっさきに僕のことを思い出してくれたらうれしいです。これからも、お茶だけでいいんでつきあってもらえませんか?10分でもいいんで・・あ、やっぱり15分くらいはほしいかな」

優里は、今までに見せたことのないような笑顔を見せます。

週末。

菜美は勇輝といっしょに防犯用品の買い物に行きます。すると、門を出たのを確かめて、空き巣の犯人が菜美の家に侵入します。

途中まで行った勇輝は、財布を忘れてきたことに気がつきます。菜美をその場に残して戻ると、寝室のドアが開いてるのに気がつきます。普段見せない鋭い顔になった勇輝が寝室の中に入ると、空き巣の犯人が襲い掛かってきます。最初の2発を防ぎましたが、相手の顔を見てると次の2発をうけて崩れ落ちます。犯人はすぐに逃げていきます。勇輝はすぐに菜美に連絡をします。

警察がきて現場検証をしたあと、京子と優里がやってきます。京子は、情報通の大野さんから聞いたことだけど金目のものは一切盗まれていないといいます。なので、警察は当てにはならないということです。勇輝は、犯人は空き巣という感じじゃなくて、ゴルゴ13のような鋭い感じだったといいます。京子は、この間の三浦のホームパーティに参加していた人の家だけが狙われてることに気がつきます。優里はありえないといいますが、奈美はそれしか考えられないと心の中で思います。そして、動き出すことを決心します。

奈美は、藍子の家に行きます。「うそをついてる。正直に話してくれたら、私が助けてあげる」というと、藍子は話し始めます。

藍子は、ほかの夫婦がベッドルームで何を話してるのかを聞きたくて、盗聴器を仕掛けたと言います。そして、三浦のベッドルームに仕掛けた盗聴器から、三浦の夫が電話で、

「そろそろほとぼりが冷める頃だから、またお金がほしい」

「今度は内部告発者が出ないように気をつけろ」

スポンサーリンク

など、贈収賄のことを離していたと言います。そして、録音もしていたといって、そのUSBを出してきます。1週間後に音声が聞こえなくなって、故障したのかと思ったけど、空き巣が続くので盗聴器がばれて仕掛けた犯人を捜してるのかもしれないとおもって怖くなったと言います。藍子は、自分が仕掛けたとばれたらどうなっちゃうんだろうとおびえています。菜美はわたしが何とかすると安心させます。

奈美は三浦妙子の家に行って、この間のお礼をいいます。そして、トイレを借りるといって、この間のパーティーのときにトイレを借りた藍子が2階から下りてきたという話をします。妙子は、藍子が盗聴器を仕掛けたんだとわかります。

その夜、三浦の夫は、

「盗聴器を仕掛けたやつがわかった。二度と悪さをしないようにお仕置きしてやってくれ。録音のデータも忘れず確認してくれ」

と何者かに電話をしています。藍子の夫の会社はうまく言ってないので、飛び降りても問題はない、この国のためだと横にいた妙子に話してにやっと笑います。

翌日、藍子の家に空き巣をしていた犯人が郵便局員に変装してやってきます。「書留です」と言って藍子が中に入れます。

犯人はナイフを抜いて玄関から勢いよく入ると、そこには菜美が立っています。犯人を手で挑発すると、襲い掛かってきます。かなりの強敵でしたが、何とかやっつけることができます。

部屋に入ってきた藍子に、最期に殴った置物を渡して警察に通報しろと言います。そして、もうこれ以上、何もしてこないと思うと言います。藍子は、USBを菜美に渡して、「でも、このまま終わらせて良いの?これですべてが解決したの?」と菜美にいいます。奈美は、すっきりしないまま、藍子の家を後にします。

その日の夜、菜美はなんで結婚したのかと勇輝に聞くと、

「初めてあったとき、とても正しいひとだって気がした」

といいます。そして、勇輝が求めてるのは、お金でも地位でもなく、正しい人と暮らすことだと言います。その答えで菜美は決心して、昔の仲間の小雪に連絡します。

数日後、ワイドショーで藍子が盗聴した三浦の音声が暴露されたというニュース盛り上がっています。3人でそれを見ていたのですが、優里のところに安西から「あいたいです。今からお茶でもいかがですか?」というメッセージが来ます。優里は、こども関係の集まりがあるからと言って出て行きます。菜美は、優里の嘘に気づきます。京子も何かを言いたそうに菜美を見ていましたが、何も言いませんです。

優里は夫以外の愛を受け入れる決心をして、京子は夫の浮気に立ち向かうことを決心します。

そして、菜美は勇輝の胸に頭をうずめながら、藍子の家で戦った相手が一流のプロで勇輝に傷ひとつついていないことから、勇輝は嘘で身を固めてるんだとわかります。

勇輝は、菜美の頭をなでながら思います。

<間違いない。彼女は気づき始めてる>

(⇒9話のあらすじ

ドラマ「奥様は、取り扱い注意」の1話から最終回までの全話を、Huluという動画配信サービスで見れます。Huluは月額1,026円(税込)で日テレのドラマや映画、海外ドラマなどを見れます。

Huluは2週間の無料お試しをしていますので、その期間中に無料で見れます。くわしくはこちらから。

Hulu公式サイトはこちら ≫

『奥様は、取り扱い注意』8話の感想

面白かったですね。勇輝と奈美は、やはり映画「Mr.&Mrs. スミス」のような関係の夫婦です。今までは、主婦のいじめとか不倫、人探しのような小さな事件ばかりでしたが、これから、どんどんスケールが大きくなっていくような気がします。もしかしたら、敵対する組織なのかもしれないですが、そうなったらますますおもしろいと思います。

小関裕太さん演じる安西は、年上の女性の心をつかむのがうまかったです。甘え上手な男子をうまく演じられています。優里の夫の啓輔とは真逆のタイプで、甘えてくるので母性本能がくすぐられてしまったのではないかと思います。

甘え上手な男子のテクニックは、

  • 人懐っこい
  • 素直
  • 弱みをすぐに見せる
  • 可愛いおねだりをする
  • 空気が読めて頭の回転が早い

などです。やはり、啓輔とは逆ですし、もてない多くの男性は、このほうが男っぽくてもてると勘違いしています。大体、弱音ははかないし、お願いしないし、空気が読めてないので自己中になってしまってることが多いです。なので、たまには、「もうだめ」「つかれた」「かわいい」「あいしてる」など、弱音や素直な気持ちを出してみてはどうでしょうか。以外に相手の心にヒットするかもしれません。

ただ、それはプライベートだけにして、仕事中にはしないほうが良いです。大体上司は男性が多いので、弱音ばかりを吐いてる社員は駄目社員だと見てしまいますから。その区別だけはしっかりしておくことです。

『奥様は、取り扱い注意』のキャスト

  • 伊佐山菜美 綾瀬はるか、新米主婦
  • 伊佐山勇輝 西島秀俊、菜美の夫
  • 大原優里 広末涼子、菜美の隣家の主婦
  • 大原啓輔 石黒賢、優里の夫、大学教授
  • 大原啓吾 川口和空、優里と啓輔の子供
  • 佐藤京子 本田翼、菜美の隣家の主婦
  • 佐藤渉 中尾明慶、京子の夫、電機メーカーに勤めるサラリーマン
  • 佐藤良枝 銀粉蝶、渉の母親、同居中

8話以外のあらすじ

以上、ドラマ『奥様は、取り扱い注意』の8話のあらすじ(ネタバレ)と動画と感想です。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました