『脳にスマホが埋められた!8話』のあらすじ(ネタバレ)と動画。ゲストはMEGUMI!

ドラマ『脳にスマホが埋められた』の8話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。ついに、小堀守課長(戸田昌宏)と栗山五月(篠田麻里子)の道ならぬ恋がみんなにばれてしまいます。ゲストは、MEGUMIさんです。

スポンサーリンク

ドラマ『脳にスマホが埋められた!』8話のあらすじ

朝、折茂圭太(伊藤淳史)が仕事をしていると、小堀課長(戸田昌宏)がかっこいいスーツで出社してきます。総務課の面々はいつもの課長じゃないとほめますが、栗山五月(篠田麻里子)だけは、「おじさんががんばってる」と辛口です。が、課長がいすに座ると、五月と課長はすぐにメッセージで、「似合ってる」「五月愛してる」「コーボちゃん」と交換しています。圭太はそのやり取りを見てげんなりしてしまいます。

昼休みに、パタンナー室に行ってご飯を食べながらその話をすると、まだ続いているとあきれられます。

その日の真夜中、玄関のチャイムが鳴ります。圭太と柳子(新川優愛)が「今頃誰?」と怖がってると、入ってきたのは、小堀課長です。

「今晩泊めてくれる?」

お風呂に入った後、話を聞くと、飲んで帰ると奥さんに浮気を疑われて家に入れてくれなかったいうことです。小堀課長は、昨日の夜から行動を監視されているみたいだと言います。柳子は

「それ、監視アプリかもしれません」

と言います。小堀課長がホーム画面を見ると、「DETECTIVE」というアプリが入っています。このアプリが入ってると、PCで監視したり遠隔操作ができるということです。位置情報も確認できるし、画像を撮影することもできるアプリもあると柳子はいいます。ただ、小堀課長のアプリは位置情報だけを教えてくれるもののようです。

柳子は、まずは浮気をしていることを認めることが第一歩だといいます。小堀課長が認めると、

「今の課長がやるべきことは簡単です。まずはその相手と分かれる。その後に奥さんに謝る。許してもらえるまで謝り続ける。何年、何十年も。それしかありません」

どうにかしてくれと圭太になきつくと、柳子は奥さんのほうが何万倍もいやな思いをしてると迫ります。

翌日、圭太は課長に目で別れを切り出すことを迫りましたが、課長は逆に箱根にお泊りデートに誘っています。圭太はすぐに柳子に伝えます。それを見た柳子は、最低!と言ってると、部々香(安藤なつ)は、

「もう、ほっときな。別に迷惑をかけられたわけじゃないだろ。他人の恋愛にとやかく言うことじゃない」

「でも不倫だよ」

「どうしてそこにこだわるの?何かつらい思いであるの?とにかくほっときな。そいつらが不幸になろうが、あんたのしったこっちゃない」

 

家に帰ると、小堀課長がいます。食事をしながら、別れると言いながら旅行に誘った小堀課長を責めてると、

「でも、この時間が終わってほしくないんだよ。生まれてきて今が一番幸せかもしれない。あんな若くてきれいな子がおれのことを好きって言ってくれるなんて。だから、できる限りこの幸せをかみ締めていたいんだ」

「ばかなこと言わないでください」

そういってると、田西(岡田龍太郎)が小堀課長当てのバイク便を持ってきます。あけてみると、ばらばらに切られたパンツとバラの花が入っています。田西が、バイク便は女性できれいな人で髪の毛がこのくらいというと、小堀課長が何か考えながら、「たぶんかみさんだ」とつぶやきます。

小堀課長が寝た後、柳子が圭太に五月と話してくれといいます。柳子は不倫は許せないと怒っています。

翌朝、小堀課長と柳子が並んで出勤するところを妻の佳代(MEGUMI)が動画で撮影して柳子のことを彼女だとカン違いしています。

 

休憩のとき、圭太は五月と話しをします。五月はかなり本気だといいます。レベルは低いですが、とても大切にしてくれてやさしいといいいます。

その頃、トイレの中で、柳子は、小堀課長の佳代にはさみを突きつけられて「総務課につれていけ」と脅されています。柳子はしかたなく総務課に行くと、小堀課長はいませんです。そのとき、圭太が帰ってきます。佳代が持ってるはさみに気がついておどろくと、佳代が「こないでください。しずかにして」とさけびます。

そして、柳子にはさみを突きつけながら

「どこでもいいから席につけ」

といいながら課長の机に向かっていきます。すると誰かが小堀課長の奥さんだということに気がついて、圭太や柳子にいいます。すると、佳代は

「いつもおせわになります。このような形でご迷惑をおかけして申し訳ございません」

と頭を下げます。小堀課長は逃げ回ってて話をしてくれないので、話をしたいと乗り込んできたんです。佳代は、浮気相手は柳子だと思ってて、みんなに言うと、驚かれます。圭太が説明しようとしても受け付けませんです。そのまま小堀課長を待つことになります。

世間話をしながら待ってると、小堀課長が入ってきます。佳代の顔を見たとたん、気づかれないように奥に隠れてしまいます。

すると、田西から佳代にメッセージがきます。バイク便に変装して荷物を持ってきたときに連絡先を交換したんです。圭太は、田西に熱烈なメッセージを送ってくれと頼みます。田西は、

<昨晩からずっと考えています。今晩会っていただけませんか?>

とメッセージを送り始めて佳代も返信しています。隙を見てはさみを取り上げようとしましたが、見つかってしまいます。

 

総務課室に五月が帰ってきます。佳代は柳子にはさみを突きつけた写真を撮って、今すぐ総務課に来るように小堀課長に送ります。

小堀課長はパタンナー室に逃げています。部々香に見せると、部々香は小堀課長の首根っこを押さえて総務課に連れて行きます。部々香は「ちゃんと夫婦で話しつけな」と言ってかえって行きます。

佳代は泣きながら思ってたことを小堀課長に叫んで、

「謝ってください。私の望みはそれだけです」

「それだけのためにおかしいだろ。こんなばかなこと」

それを聞いた柳子は小堀課長の前まで歩いていって、思いっきりピンタします。

「ばかなこと?なに言ってるんですか。一番ばかなことをしたのは小堀課長でしょ!奥さんがどれだけ傷ついたのかわからないんですか。男って本当ばか。最低。あの人と同じ」

そういうと、柳子は自分の父親が浮気ばっかりしていたことを話し始めます。離婚が決まった後、父親や楽しそうに恋人と暮らしていて、母親はずっと傷を引きずったままだと話します。

スポンサーリンク

「どんな事情があたとしても、悪いのは最初に裏切ったほうでしょ。どうして謝ることができないんですか?奥さんが受けた受けた傷に比べたら、頭を下げることくらいへでもないでしょ」

すると、聞いていた五月が

「ごめんなさい。ほんとうにごめんなさい」

と立ち上がって謝ります。自分が浮気相手だと白状して、もう別れるといいます。小堀課長は未練があるようでしたが、佳代に対する態度を見て、二度と好きになることはないと言い切ります。

圭太は、佳代のブログを読んだことがあるかと聞きます。見たことがないというと、花の写真と小堀課長とのことが載ってると説明します。ただ、この1ヶ月は花の写真しか載っていなくて、赤いハイビスカスだけが載ってると話します。赤いハイビスカスの花言葉は、「あなたを信じてます」です。怒りの前に信じて待っていた証拠だと話します。でも、小堀課長は話し合うことから逃げていたので、もう逃げてはいけないというと、小堀課長は、

「佳代、ごめん。ほんとうにごめんなさい」

「私はあなたを許しません。ぜったい、一生許しません。だから、一生謝り続けてください。私のそばで」

「うん。謝る。ずっと、なんかいでも」

佳代と小堀課長はみんなに向かって謝ります。

 

その後、小堀課長のスマホには、監視アプリを5個入れられていて、2時間おきに佳代に報告するようになります。五月は、商品部のデザイナーになろうとして異動願いを出して、仕事に打ち込んでいます。圭太と柳子がその話をしていると、田西が赤いバラの花束を持って、佳代との食事に出かけて行きます。

(⇒9話のあらすじ

ドラマ「脳にスマホが埋められた!」の1話から最終回までの全話を、Huluという動画配信サービスで見れます。Huluは月額1,026円(税込)で日テレのドラマや映画、海外ドラマなどを見れます。

Huluは2週間の無料お試しをしていますので、その期間中に「脳にスマホが埋められた!」を無料で見れます。くわしくはこちらから。

Hulu公式サイトはこちら ≫

ドラマ『脳にスマホが埋められた!』8話の感想

おもしろかったですね。わたしもおおいに柳子のセリフに拍手を送ります。最近では、芸能界の中でも数多くの浮気が暴露されています。ベッキーさんのときには、何億もの違約金を払って謝罪もして表に出ることを自粛したのに、今ではだいぶ慣れてしまっていて、お昼の番組に平気で出ているモデルもいますし、冠番組やCMも平気で続けている芸人もいます。みてる側もマヒしてしまって、改めて問題にしようとはしていません。個人的には、とんでもないことだと思います。

正義を振りかざすのは間違ってると思いますし、部々香が言ってたように「他人の恋路にとやかく言う」必要はないのですが、周りに迷惑をかけてはいけないと思います。このドラマで言えば、総務課、田西、奥さんに直接的に迷惑をかけています。間接的には、総務の仕事が止まってしまった事や、奥さんのおは何教室の生徒、圭太や柳子の貴重な時間などに迷惑をかけています。

それだけの迷惑をかけてることを承知したうえでやるのでしたら、別れてからやってもらいたいですね。

それにしても、監視アプリっていうのはすごいですね。こどものスマホに入れておけば、ある程度は安心できるかもしれません。もしも、恋人や旦那さんが怪しいなと思ったら、入れてみるのもイイかもしれません。まあ、知らぬが仏という言葉もありますので、やるのでしたら、ご自身の責任でお願いします。

このドラマは、かなりおもしろい設定ですし、伊藤淳史さんの演技がぴったりはまっていて、さらに、新川優愛さんがとんでもなく良いですのでこれからも楽しみです。メイプル超合金の安藤なつさんもいい味出していますね。

このドラマの企画をされた鈴木おさむさんは、本も出されています。

どれも面白いですし、1冊目は鈴木おさむさんの考え方もわかってとてもいいと思います。

ドラマ『脳にスマホが埋められた!』のキャスト

  • 折茂圭太 伊藤淳史、総務課社員
  • 愛花 髙嶋琴羽、圭太の娘
  • 石野柳子 新川優愛、契約パタンナー
  • 安田部々香 安藤なつ(メイプル超合金)、契約パタンナー
  • 小堀守 戸田昌宏、総務課課長
  • 竹ノ塚史郎 池田鉄洋、元総務課係長
  • 臼田定子 ぼくもとさきこ、総務課社員、竹ノ塚の恋人
  • 蟹江小夜 結城モエ、総務課社員
  • 栗山五月 篠田麻里子、総務課社員
  • 蜂谷薫 野村麻純、総務課社員
  • 楓 中川知香、受付
  • 栞 新田祐里子、受付
  • 黒部仁 岸谷五郎、社長
  • 藤木友里 西丸優子、社長秘書
  • 田西譲司 岡田龍太郎、圭太のシェアハウスの住人
  • 林家ペー、パー子

各話のあらすじ

以上、ドラマ『脳にスマホが埋められた!』の8話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました