『脳にスマホが埋められた4話』のあらすじ(ネタバレ)と動画。林家ペーが失踪?

ドラマ『脳にスマホが埋められた』の4話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。同じスマホ人間だと感じた林家ペーが行方不明になったと言うニュースが飛び込んできます。身の危険を感じた圭太と柳子でしたが、どうなるのでしょうか。

スポンサーリンク

ドラマ『脳にスマホが埋められた!』4話のあらすじ

ある日、圭太(伊藤淳史)は黒部社長(岸谷五朗)に呼び出されます。みんなに散々脅かされて社長室に行こうとすると、後輩の柏木悠介(遠藤雄弥)に廊下で会います。今はファビュラス原宿店の店長をしています。柏木はエリアマネージャーになりたいと張り切っています。

社長室に着くと、内部告発で柏木のパワハラ疑惑が持ち上がり、調査してもらいたいということです。パワハラが本当でなければ、内部告発者を探してクビにして、パワハラがあったら柏木をクビにすると言います。そして、総務課の女子数名と一緒に、お店に販売応援の名目で行ってくださいと言われます。

家に帰ると、柳子(新川優愛)と部々香(安藤なつ)にその内偵の話をします。メールからは差出人を探すことはできませんです。

翌日から圭太たちはファビュラス原宿店に入ります。かつてカリスマ店長だった圭太は始まるとすぐに1着売ってしまいます。圭太が控え室にかえってくると、中から柏木が森脇という男性の部下をしかってる声が聞こえます。しばらく聞いていると、いきなり女性から背中をたたかれて上に連れて行かれます。女性は原宿店の店員の友永です。友永は、

「柏木店長だって、怒りたくて怒ってるわけじゃありません。森脇先輩の反抗的な態度が直らないんですよ。異動があったのは柏木店長のせいじゃないのに」

「異動って?」

「森脇先輩、新宿店にいたんです。仲がいい久保田店長とまた働きたいんでしょうね」

久保田は、柏木の同期で、本社であったときは柏木を無視しているところを圭太は見ています。そのとき、下で大きな音がして柏木が上に上がって来ると、そのまま外に行ってしまいます。

 

仕事時間が終わると、森脇は、久保田にメッセージを送っています。

<また柏木に説教されましたよ。えらそうに>

<あんま気にすんなって>

<あんな店長と働くのはもう耐えられません!>

<おれがエリアマネージャーになるまでもう少しの辛抱だから。それまで我慢しろ>

家に帰って柳子に報告すると、柳子と圭太は

「それはパワハラです」

「ミスした森脇君の態度が悪いからです」

とにらみ合います。そばで聞いていた部々香は、「もしかして森脇と久保田が結託していたら?」と言い出します。圭太は、あの大きな音がなぜ起きたのかわかれば・・と考えます。防犯カメラがあったというと、柳子は脳内スマホで何とかなるかもと言って、圭太と二人で原宿店に向かいます。

 

お店に着くと、柏木が一人残ってまだ仕事をしています。また今度にしようといって帰ろうとすると、柏木が気がついて出てきます。柳子は意見交換会をしたいといって柏木とLINEでつながります。それを見ていた圭太はちょっと嫉妬してしまいます。柳子は帰ってくると、早速翌日に意見交換会を開こうとメッセージを送ります。柳子はパワハラの調査だと説明しましたが、圭太はやきもちをずっと焼いています。意見交換会の間は、圭太は森脇を調べて、部々香は久保田の調査に行ってくれると請合ってくれます。

部々香が新宿店に行くと、久保田が一人の女性と会っています。部々香は写真をとって圭太の脳内スマホに送ります。

柳子は柏木と二人でランチしています。柏木はエグザルトンに入った理由を話してくれます。高校のときに、デートに行くために服を買いにいったのですが、エグザルトンの店の試着室で試着したときに彼女のことが好きだと気がついたと言います。そのときから、エグザルトンが好きだと話してくれます。

圭太が森脇の行動を見てると、柳子から

<やっぱりこっちに来てくない?>

とメッセージが入ります。何かおきたのか聞くと、

<おきたというか、これからおきるかもしれない>

<なにが?>

<間違いよ。いいから早く来い。唇が危ないんだよ>

圭太は急いで走り出します。

柳子が柏木に連れられて細い道を歩いてると、上から植木鉢が落ちてきます。間一髪のところで無事でしたが、植木鉢の中から、森脇の携帯ストラップが出てきます。上を見ると、誰かいます。圭太が追いかけると、タクシーに乗って逃げていきましたが、圭太はアプリを起動して近道を探してタクシーを追いかけます。追いつくことができましたが、誰も乗っていませんです。運転手に聞いてると部々香から写真が送られてきます。

 

柏木と柳子はお店に戻ります。柏木は森脇につかみ掛かりますが、そこに友永がやってきて止めてると圭太がやってきます。圭太は友永に向かって

「どこに行ってたんですか」

「森脇先輩が間違って売った商品がようやく見つかったので、受け取ってきたんです」

圭太は、久保田と会ってた友永の写真を見せます。それは1時間前のことです。圭太が友永のバッグを開けると、土のついた手袋が出てきます。

「私は植木鉢なんて落としてません」

「どうして知ってるんですか」

「それはさっき店長と・・」

「植木鉢が落ってきたなんて一言も言ってません」

「柏木君をめがけて植木鉢を落としたのは君だ。タクシーの運転手も黒ずくめの女性を乗せたと証言す。パワハラの内部告発メールを送ったのも君だよね」

圭太は、潜入捜査のことを話します。なぜパワハラをでっち上げたのか聞くと、

「好きな人に、一番にエリアマネージャーに昇格してもらいたかったからです。そのためにはライバルが邪魔だったから」

友永は退職願を書くと約束します。

 

翌日、圭太が出社すると、柏木がエリアマネージャーに昇進したという知らせを教えてもらいます。うれしくなって貼り出された辞令を見ていると、柳子がやってきます。二人で話してると、柏木が歩いています。立ち止まってメッセージを送っています。圭太が見ると、友永からです。

<エリアマネージャー初日、がんばってね>

<今日は祝勝会やろう。君の好きな四谷の牛タン屋、予約取った>

<やったー、愛してる>

ビックリして怖い顔をしてる圭太に、「どうかしました?」と柳子が聞きましたが「なんでもない」と答えます。

 

その日の仕事が終わって、柳子が帰ろうとすると、

<残業があるので、今日は先に帰ってください>

と圭太からメッセージが来ます。「恋人じゃあるまいし」とつぶやいて帰ろうとしましたが、なにかひっかかります。

圭太は総務課室で一人考えていて、夜が更けると外に行きます。

牛タン屋から出てきた柏木と友永が並んで歩いてるところに圭太が現れます。遠くから柳子が見ています。

「折茂先輩、友永の次の就職先の相談を聞いていたんです。いろいろありましたけど彼女優秀なんで」

「もう、うそつかなくていいよ。全部わかったから。君たちは僕をだましてた」

「だましてたのは先輩も同じじゃないですか」

「たしかに、潜入捜査のことは謝る。でも、君の無実を証明するためだった。でも、君たちは僕を利用したんだ」

「先輩、するどいなー、でもいつわかったんですか?」

スポンサーリンク

圭太は、潜入捜査の話をしてもまったく動じなかったことからだと言います。柳子も出てきて、LINE出やり取りをしていたと話します。すると、二人は開き直って、

「大体、全部私たちが悪いって言ってるけど、そもそも、勘違いしたのはあなたたちでしょ。わたしは久保田が好きだなんて言ってませんよ」

「しっかし、ほんとにうまくいったな~」

「まんまとだまされたよね」

「俺のかのじょ、ほんとに頭いいでしょ、惚れ直します。全部自作自演、俺と真帆の計画通りってやつです」

柏木は大笑いをします。そして、圭太のように落ちぶれたくないから誰よりも早く出世したいし、そのためには何でもするといいます。そして、祝勝会の続きをするといって歩いていきます。

翌日、圭太は社長のところに行きます。

「柏木の昇進を取り消してください」

「駄目だ」

「お言葉ですが」

「人の話しは最後まで聞け!そもそも売り上げは一緒だったから、どちらでも良かったんだ。どんな手を使おうが、私に印象付ける柏木の努力を買って、今回は昇進させた。まんまとだまされた君からの報告は、昇進とは関係ない、だから、昇進は取り消さない。私が数字しか信用しない理由がわかるか。数字は誰が相手でも、態度を変えないからだよ。相手によって態度を変えるのが人間だ。表面だけを見てわかったつもりになるから間違える。偉そうに人に意見を言う前に、まず自分のミスを認めて謝罪しろ。折茂圭太」

「誠に、申し訳ありませんでした」

(⇒ 5話のあらすじ

ドラマ「脳にスマホが埋められた!」の1話から最終回までの全話を、Huluという動画配信サービスで見れます。Huluは月額1,026円(税込)で日テレのドラマや映画、海外ドラマなどを見れます。

Huluは2週間の無料お試しをしていますので、その期間中に「脳にスマホが埋められた!」を無料で見れます。くわしくはこちらから。

Hulu公式サイトはこちら ≫

ドラマ『脳にスマホが埋められた!』の4話の感想

おもしろかったですね。最後の社長の言葉が心にしみます。

「相手によって態度を変えるのが人間だ。表面だけを見てわかったつもりになるから間違える」

特に圭太は、人のスマホが見えてしまうので、分かったつもりになってしまうことが多いのかもしれません。社長は、数字を見ると言ってましたが、いろいろな部分を見ながら相手の本心を探りながら理解していくことが大事なのかもしれません。それは表情だったり、言葉だったりすると思います。

昔から言われているように、「目は口ほどにものを言う」というのをもう一度考えてみます。今回のドラマの中では、演技でやられていましたが、知ってることと知らないことを聞いたときの目の輝きは本当に違います。面白いこと、面白くないことでも同じですし、好きな人を見るときの目も違います。興味があるときには瞳孔が開くので目が輝いているんです。今回では、柳子がLINEを柏木と交換した時の圭太の目がそうです。来週は、柳子のロマンスが出てきそうなので、柳子の目に注目してみてください。

さらに大事なことは、見た目です。柏木の態度だったり、友永の行動です。特に、友永の最後の退職願を出すときの態度はちょっとおかしいと感じたかもしれません。言葉は謝っていますが、体は退職してよかったと表しています。人は言葉を聞いて理解できる部分は7%くらいしかないと言われています。ですが、その7%に集中してしまうと、圭太のように騙されてしまうのではないでしょうか。手の動かし方とか、頭の動かし方、目の動き方などをじっくり見ることで、表面だけではなくて、そのひとの中見を見ることができるとおもいます。

そのために便利なのが、NLPという心理学、心理療法だと言われています。ラポールとかミラーリング、リフレーミングなどと言ったものです。こちらの本はちょっとお高いですが、NLPのことを知るにはお勧めです。

このドラマは、かなりおもしろい設定ですし、伊藤淳史さんの演技がぴったりはまっていて、さらに、新川優愛さんがとんでもなく良いですのでこれからも楽しみです。メイプル超合金の安藤なつさんもいい味出していますね。ドラマ終了後、感想を載せて行きます。

このドラマの企画をされた鈴木おさむさんは、本も出されています。

どれも面白いですし、1冊目は鈴木おさむさんの考え方もわかってとてもいいと思います。

ドラマ『脳にスマホが埋められた!』のキャスト

  • 折茂圭太 伊藤淳史、総務課社員
  • 愛花 髙嶋琴羽、圭太の娘
  • 石野柳子 新川優愛、契約パタンナー
  • 安田部々香 安藤なつ(メイプル超合金)、契約パタンナー
  • 小堀守 戸田昌宏、総務課課長
  • 竹ノ塚史郎 池田鉄洋、元総務課係長
  • 臼田定子 ぼくもとさきこ、総務課社員、竹ノ塚の恋人
  • 蟹江小夜 結城モエ、総務課社員
  • 栗山五月 篠田麻里子、総務課社員
  • 蜂谷薫 野村麻純、総務課社員
  • 楓 中川知香、受付
  • 栞 新田祐里子、受付
  • 黒部仁 岸谷五郎、社長
  • 藤木友里 西丸優子、社長秘書
  • 田西譲司 岡田龍太郎、圭太のシェアハウスの住人
  • 林家ペー、パー子

各話のあらすじ

以上、ドラマ『脳にスマホが埋められた!』の4話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました