モンテクリスト伯の6話のあらすじ(ネタバレ)。

モンテクリスト伯

(引用:公式サイト

ドラマ「モンテクリスト伯ー華麗なる復讐」の6話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。

スポンサーリンク

6話のあらすじ

モンテ・クリスト・真海こと暖(ディーン・フジオカ)は、自宅で、香港の新聞を読んでいます。そこには、香港マフィアのヴァンプの記事がのっていて、やってきた愛梨(桜井ユキ)に、

「いい記事だ、これでヴァンプは南条幸男(大倉忠義)を疑う。かならず、彼を狙ってくる」

とつぶやきます。愛梨は、すみれ(山本美月)にも彼らの手が及んでくるといいますが、暖は何も言いませんです。

神楽(新井浩文)は秘書の牛山と国有地の下見にいってます。牛山から、南条は香港に渡ったときに、香港マフィアのヴァンパとつながりを持ったと説明されます。牛山は香港を出る日に出された新聞を神楽に渡します。そこには、13年前に行方不明になった有名俳優のショーン・リー一家がヴァンパに命を奪われたと言う新しい証言が出てきたとかかれています。南条は、香港に渡ったばかりで、ショーン・リーの付き人をしていたんです。

それは暖が仕掛けたわなです。

その南条は、五蓉不動産と国有地の権限を持つ大臣婦人と会食しています。その日の夜、南条がバーで一人で飲んでると、ヴァンパの連中がやってきます。新聞に載った証言は、南条がリークしたものだろうといいます。そして、神楽の秘書の牛山が南条の過去を探ってるので、それを止めろと脅します。

暖の家では、

「南条幸男、すべてを奪ってやろう。彼の命さえも」

と愛梨にささやきます。

 

翌日、南条は神楽のところにいって、「これ以上首を突っ込むな、これは警告だ」と言って帰っていきます。ただ、牛山がもう時間がないというと、神楽が暖と連絡を取れと命じます。

神楽は暖の家に行って、南条のことを教えてくれといいます。暖は、その当時の捜査資料もすべてそろってると話しますが、友人を売るようなまねは出来ないと断わります。

事務所に帰ってきた神楽は地上げ屋の寺角(渋川清彦)を呼び出します。そして、暖の家に忍び込んで捜査ファイルの写真を撮ってきてくれとお願いします。寺角は二つ返事で引き受けます。

暖の家では、神楽の家に仕掛けた盗聴器でその話を二人できいています。

寺角が暖の家に行くと、安堂(葉山奨之)がいます。そのあとをつけていくと、神楽留美(稲森いずみ)とホテルに入っていくのを見て写真をとります。実は、刑務所のなかで同じ部屋だったんです。

安堂が一人になったところで、その写真を見せていっしょに暖の家に忍び込もうといいましたが、断わられます。

 

入間公平(高橋克典)の家では、妻の瑛理奈(山口紗弥加)が、先日のお礼だと言って守尾信一朗(高杉真宙)に魚をたのんで持ってきてもらいます。公平はすぐに帰れと行って、未蘭(岸井ゆきの)には、もう会うなといいます。未蘭が理由を聞くと、お前を傷つけたくないだけだといいます。

未蘭は、信一朗にあいにいくと、そこに勤めてる先輩から、信一朗の過去をききます。15年前にテロ組織のククメットとつながってる人が逮捕されたのがきっかけで父親の会社が傾いてしまったと教えてくれます。それをしたのは父親の公平だと気が付きます。

未蘭は、釣りをしてる信一朗のところに行って、深々と頭を下げて帰ります。

 

安堂は金貸したちに早く返せと脅されています。安堂はこの間寺角に言われたことを思い出して、すぐに連絡してやらせてくれとお願いします。

暖は、留美を自分の家に呼び出します。暖は、安堂には前科があることと、闇金から多額の借金があったことがわかったと謝ります。そして、実は、安堂は、この近くの電話ボックスに生まれたままの状態で捨てられていたとはなします。秘書の土屋(三浦誠己)がその日付を言うと、留美は自分の息子だと気がついて笑顔で涙を流します。そして、

スポンサーリンク

「かれは一生懸命生きてきたんだと思います」

といいます。それを聞いた暖は、泥棒の寺角と最近つるんでいて、このままだと刑務所に逆戻りだと教えてあげます。

留美が帰った後、暖は、留美が絶望すると思ったけど、留美があんなにうれしそうな顔をするなんて、本当に母親は偉大だなと土屋にもらします。

その日の夜、安堂と寺角が暖の家に忍び込もうとしてるのを、留美が見ています。

安堂と寺角が暖のいえに入って物色してると、留美が入ってきます。そして、こんなことをやめろ、わたしが守ってあげるといってもめてると、後ろから寺角が火かき棒でなぐります。そして、留美のことをおかそうとしてると、安堂が火かき棒を寺角の腹につきさします。

安堂は逃げろといいますが、留美はこういうときは埋めればいいんだよと言って、いっしょに穴を掘って寺角を埋めます。

暖がやってくるのを感じた二人は、にげてきます。やってきた暖は、埋められて少し動いてる寺角にライトを当てながら、

「まさかの結末だ。ほんとうに母親の愛情というものは、軽くわたしの想像を超えてくる」

助けてくれという寺角に、15年前に起きたことを話して、神楽とお前が母親の命を奪ったんだといいます。寺角が

「お前は誰だ」

「おれは柴門暖だ」

といって、土をもっとかけます。

 

留美はひとりで神楽の事務所に行きます。そして、これからは一人で生きていくと行って、金を貸してくれないと木島との贈収賄をバラスと笑顔で脅します。

その頃、南条の家にヴァンパの連中がやってきてます。

(⇒7話のあらすじ

ドラマ「モンテクリスト伯」の原作

原作の「モンテクリスト伯」を書いてるA・デュマは、1802年に生まれたフランスの作家です。「椿姫」を書いた息子のデュマと区別をつけるために、大デュマとも呼ばれます。三銃士で有名な「ダルタニャン物語」や「黒いチューリップ」などの小説を書かれています。アマゾンなどで翻訳された小説を購入できます。

キャスト

  • 柴門暖 ディーン・フジオカ、モンテクリスト・真海
  • 柴門恵 風吹ジュン、暖の母親
  • 南城幸男 大倉忠義、柴門暖の後輩
  • 南条すみれ 山本美月、柴門暖の元婚約者、南条幸男の妻
  • 神楽清 新井浩文、柴門暖の先輩
  • 神楽留美 稲森いずみ、神楽清の妻
  • 安堂完治 葉山奨之
  • 土屋慈 三浦誠己、暖の秘書
  • 江田愛梨 桜井ユキ、南条幸男のマネージャー
  • 守尾信一朗 高杉真宙、英一朗の息子
  • 寺角類 渋川清彦、地上げ屋
  • ファリア真海 田中泯
  • 入間貞吉 伊武雅刀
  • 入間公平 高橋克典、刑事
  • 入間瑛理奈 山口紗弥加、公平の妻
  • 入間未蘭 岸井ゆきの、公平の娘

各話のあらすじ

以上、ドラマ「モンテクリスト伯ー華麗なる復讐」の6話のあらすじ(ネタバレ)です。


コメント

タイトルとURLをコピーしました