「みをつくし料理帖」5話の動画とあらすじ(ネタバレ)と感想。ひとくち宝珠の巻

NHKドラマ「みをつくし料理帖」5話「ひとくち宝珠」のあらすじや感想です。つる家の料理のアイデアが盗まれていたのは、登龍楼の仕業だと判ります。そして、その晩、何者かによって付け火されて、つる家は全焼してしまいます。種市は寝込んでしまい、澪は料理をやめようかと思います。

スポンサーリンク

ドラマ「みをつくし料理帖」5話のあらすじ

5話「ひとくち宝珠」

又次( 萩原聖人)から、あさひ太夫からのことづてを聞くと、澪(みお、黒木華)は、あさひ太夫に合わせてほしいと又次に頼みましたが、吉原の掟でそれはできないと断られます。そして、澪が泣いているのをみて、又次は話して聞かせます。

「太夫をあわれんで泣いてるならよしてもらおうか。それより太夫が10両って大金、あんたに託したか、そいつを考えてくんな」

又次は、澪が作った弁当を持って帰ります。その中に、

「旭日昇天さま 感謝」

と書かれています。

ある日、種市は、1軒の家に源斉に連れられて行きます。そこには、澪や芳(安田成美)、おりょう( 麻生祐未)、伊佐三(小林正寛)たちが掃除や家具をつくったりしています。澪は、10両を見せます。驚く種市に、「旭日昇天」から借りたことを伝えて、もう一度つる家をやらしてくれと頼みます。初めは断りましたが、みんなで頼むと、涙を流して喜びます。

数日後、つる家ののれんが上がります。料理番付もあり、大繁盛です。

一方、小松原こと御膳奉行小野寺数馬は、若年寄坂梨志摩守より、嘉祥の儀(将軍が大名などに御菓子をふるまう儀式)に新たな御菓子を一品、作ることを召しつけられます。今まで見たことのない新しいものをつくらないといけないのです。甘いものが苦手な小野寺数馬は、困ってしまい、妹婿の駒澤弥三郎(波岡一喜)に相談します。どうも、数馬が浪士の服装をして夜な夜な市中をさまよってることがばれてしまったためです。

つる家に、人気の戯作者の清右衛門(木村祐一)と版元の坂村堂嘉久(村杉蝉之介)がやってきます。相変わらず、大きな声で、文句を言う清右衛門でしたが、そこに、坂村堂の家の料理人、富三(大倉孝二)がやってきます。味を覚えさせるためでしたが、芳が2階から降りてきて富三と目が合うと、富三がうろたえて何も言わずに逃げて行きます。富三は、天満一兆庵の江戸出店の料理人です。芳の息子の佐兵衛(柳下大)のことで、何か知ってるに違いないと澪と種市は話します。

しばらくすると、坂村堂に付き添われて富三がやってきて、2階で芳と話をします。富三が言うには、佐兵衛は吉原に狂ってしまい、店のお金を使って松葉という遊女を身請けしようとしていたと言います。さらに、松葉に振られたことに頭に来た佐兵衛は、松葉に手を掛けてしまったと富三が言います。公けにならないように、佐兵衛は身請けの金をそのまま廓に払って、行方知らずになってしまったということです。それを聞いた芳と澪は、ショックを受けてしまいます。澪は、何かの間違いだと芳を元気づけます。

翌日、源斉やってきて、小野寺数馬のことを聞きましたが、澪には全く分かりませんです。逆に澪は、先日、清衛門に言われた土用のうなぎの料理のことを聞きます。

「先生、なんで、土用にはうなぎを食べるんですか?」

「精がつくからです。でも、必ずうなぎということではありません。少し前まで、土用の丑の日、丑にちなんでうのつくものを食べる習わしがあったんですよ」

「うのつくもの?」

「たとえば、梅干し。猛暑のときに梅干を食べるのは理にかなっています」

「それやったら、何かできると思います。ありがとうございました」

そこに、土左衛門があがったという大声が聞こえてきます。「女郎とどこぞの若旦那の心中らしいぞ」と聞いた芳は、駆け出していきます。芳は、「佐兵衛、佐兵衛」とすがりつきますが、全くの別人です。芳は、倒れてしまいます。ちょうど源斉がいて、芳を見てくれます。芳は、お店に出れないほど衰弱してしているようです。

翌日、富三が坂村堂に言われてつる家の調理を助けにやってきます。種市も澪も感謝します。ところが、お客さんから、「料理人が新しくなったのかい?」と言われたり、料理を残すようになってしまいます。富三が帰ったあと、澪がふと調理場を見ると、手入れされていない富三の包丁があります。澪は、その包丁を見て違和感を感じます。毎晩、仕事が終わった後に包丁の手入れをして帰っていくのが、一流の料理人です。

澪が、うのつく、土用の丑の日の料理を考えてると、小松原が一杯だけ飲ませてくれとやってきます。小松原も、嘉祥の儀のお菓子のことで悩んでいたのです。うの付く料理で悩んでいると言うと、一緒に考えてくれます。二人声をそろえて「卯の花」というと、声を上げて笑います。すると、小松原は「いり豆」とつぶやきます。小松原の頭の中にも、何かひらめいたようです。

翌日、小松原は、いり豆を使ったお菓子「ひとくち宝珠」を作って、上役の若年寄坂梨志摩守に食べてもらいます。坂梨は

「あっぱれじゃ、公方様もきっとお喜びになられよう」

と上機嫌です。

 

富三が、芳の家に行って、嘉兵衛に線香を立てています。

「わたしにできることがあれば、何でもおっしゃってください」

「佐兵衛の行方を知りたい・手がかりは吉原だけ。女の身では、探るのも難しい。おまはん、手を貸してくれるか?」

「吉原ですか。力になりたいのもやまやまですが、銭が。しがない雇われ料理番の私にはとても」

そう言われると、種市に取り返してもらったかんざしを富三に渡します。富三は、にやりと笑います。

(⇒ 6話のあらすじ

ドラマに出てきた料理のレシピはこちらです。⇒ みをつくし料理帖

スポンサーリンク

ドラマ『みをつくし料理帖』は、U-NEXTのNHKまるごと見放題パック(990円/月)で見れます。U-NEXTには31日間無料お試しと、初日に600Pプレゼントがあります。それを使えば、400Pを購入してNHKまるごと見放題パックで見ることができます。

どちらにしろ、U-NEXTはかなり使いやすい動画配信サービスなので、こちらから詳しいことをご確認ください。

クリックしてU-NEXTに行く!

ドラマ「みをつくし料理帖」5話の感想

おもしろかったですね。つる家も、無事新しい店舗が出来て営業ができるようになりましたし、富三も現れて、物語が進んでいきます。

ただ、しかたがないのですが、物語の進み方がかなり早いような気がします。もうちょっと遅く進んで行ってもらった方が楽しめるような気がします。おそらく、最終話で、あさひ太夫とのことが解決してしまうのではないでしょうか。原作では11冊もありますし、原作ファンとしてはだいぶ残念ですね。ドラマの雰囲気がとてもいいだけにもったいないような気がします。

それにしても、ひとくち宝珠はとてもおいしそうで、そのまま料理として通用しそうな感じです。試してみたいと思います。

原作は髙田郁先生

原作の髙田郁先生は、1959年生まれの小説家で、元漫画原作者です。漫画原作者時代のペンネームは、川富士立夏です。

読書好きだった父親の影響で、山本周五郎さんの作品を多く読んで、時代小説ファンになられます。1993年、34歳のとき漫画原作者としてデビューされます。40代後半で再び山本周五郎さんの作品を読んで時代小説家に転身されます。数々の賞をとられて、2008年に「出世花」で小説家デビューされます。

「みをつくし料理帖」は、2009年に第1作を発表して、2014年に刊行された第10作で完結しています。髙田郁先生の本は、

みをつくし料理帖は、1冊に4話ずつ収められています。全10冊でシリーズものなので、1冊目の「八朔の雪」から読んでいかれた方が理解されやすいと思います。そして、とんでもなく面白いです。時代劇につきものの切った張ったはほとんどないですが、その分、人情話という感じで、毎回ほろりとさせてくれて涙も出てしまいます。シリーズ累計330万部出ているだけのことはあります。時代劇好き以外の方でも、ぜんぜん大丈夫ですので、騙されていないと思って、一度手に取られることをお勧めします。一番下の「銀二貫」は、2014年に林遣都さん主演で、NHKでドラマ化されています。

ドラマ「みをつくし料理帖」各話のあらすじ

以上、NHKドラマ「みをつくし料理帖」5話の動画とあらすじ(ネタバレ)、感想です。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました