「みをつくし料理帖」4話の動画とあらすじ(ネタバレ)と感想。ほろにが蕗(ふき)ご飯の巻

NHKドラマ「みをつくし料理帖」4話「ほろにが蕗(ふき)ご飯」のあらすじや感想です。澪が出そうとしていた「三つ葉尽くし」をライバルの登龍楼が前日から出していたと聞いてびっくりしてしまいます。どこから情報が漏れたのでしょうか?

スポンサーリンク

ドラマ「みをつくし料理帖」4話のあらすじ

4話「ほろにが蕗(ふき)ご飯」

その日の夜、「つる家」へやってきた小松原(森山未來)に、種市(小日向文世)は登龍楼に「三つ葉尽くし」をまねされたとこぼしています。小松原は、澪(黒木華)が作った三つ葉のおひたしを食べながら

「どうやら、采女宗馬(松尾スズキ)を本気にさせちまったようだな。下がり眉」

とつぶやきます。

澪は、芳(安田成美)に相談します。店に出す前にマネされたとなると、研究をしていたときにそばで見ていたふき(蒔田彩珠)ではないかと澪は言います。芳は、それでは可愛がってる種市が可愛そうだからその場で言わないで良かったと話します。

翌日も、つる家の中では、犯人が誰かと詮索しているおりょう(麻生祐未)に、そんなに珍しいことではないと芳がふきをかばいます。料理はそんなに簡単にまねできないとも言って、澪を化け物稲荷まで連れ出します。

そこで、芳は拭きを紹介した口入屋から聞いた話を澪に言います。澪は登龍楼で働いていて、そこの料理人に頼まれてつる家に方向に越させたと言います。さらに、塗料楼から来たことは黙っていてくれと念を押されたようです。実は、ふきの亡くなった父親の借金を肩代わりしたのが、登龍楼の主人の采女宗馬です。ふきの小さい弟も登龍楼ではたらいているので、人質にとられているようなもんだと言います。そして、問い詰めるよりも何をしてあげられるかが大切だと澪に言います。

つる家に戻ると、医者の永田源斉(永山絢斗)がやってきます。源斉が登龍楼にマネされた話を持ち出すと、澪は、

「わたし、雲外蒼天なんです」

と笑顔で言います。

昔、澪が子供のころに、友達の野江と遊んでる時に、足洗いの井戸に下駄をいれてしまい置屋に連れて行かれた時に、通りすがりの有名な易者の水原東西からそう言われたんです。澪は雲外蒼天の相で、野江は旭日昇天の相です。雲外蒼天は、困難を乗り越え、努力して克服すれば 快い青空が望めるという意味です。旭日昇天は、朝日が天に昇るような激しい勢いがあるという意味で、天下取りの強運の相だと言われています。

数日後、淀川が氾濫して大阪のまちが水の下に沈みます。澪の塗り師の両親は亡くなって、淡路屋という大店だった野江の一家は、家もろとも何処かに流されてしまったんです。澪はその時の大水で、天満一兆庵の芳に助けられたんです。江戸に出てからも、種市や皆に助けられてると言って、

「野江ちゃんが見守ってくれてるんやと思えば、どんな苦労でも乗り越えられます」

「きっと、何処かで生きてますよ。旭日昇天なのでしょ」

と源斉も元気づけます。その話を聞いていたふきは、店の外に駆け出します。行先は登龍楼です。種市に言われて澪は追いかけます。

ふきが登龍楼につくと、料理人の末松に

「もう、堪忍してください。もうこんな役は嫌です。他のことは何でもしますから、ここに戻してください」

というと、末松は、ふきを平手打ちをして胸倉をつかみます。そこに、澪が割って入って、

「その子を離しなはれ。采女宗馬、采女宗馬を呼びなはれ」

と叫びます。そして、座敷に走り込んで行って采女宗馬を探します。采女宗馬が出てくると、末松がふきを使ってスパイさせてることに文句を言います。采女宗馬は末松に歩み寄って、「これは、どういうことなんだ」と問いかけます。何も言わない末次と澪とふきが抱き合ってるところを見て、末松を殴りつけて「出て行け」といいます。采女宗馬は、澪に向かって座り、手をついて謝罪します。

ただ、スパイをしたふきは、末松に言われたとは言え主人の顔に泥を塗ったので、登龍楼には置いておけないと言います。さらに、

「茶碗蒸しも三つ葉尽くしもおまえが考えた料理ではない。いずれは登龍楼の料理人もいきついた。思い上がりも甚だしい」

と言って、去って行きます。しばらくして采女宗馬が出かけるときに、路でかしずいている末松に無言で1両渡します。

 

つる家に帰ってくると、澪はまかないでふきご飯をつくります。種市は、

「ふきはちからのあるやさいだな。ふき坊みたいに強い野菜だ」

と、なぐさめると、涙流しながらふきはたべはじめます。

その夜、吉原の料理人の又次(萩原聖人)がやってきて、花魁のお弁当をつくってもらって帰っていきます。又次が帰って行くのとすれ違いに黒い人影がやってきます。澪は、調理場で小松原のことを想いながら表に行こうとすると、店の中が火事です。あわてて種市とふきを呼びに行って水をかけようとしましたが、火の勢いが強くて店は燃えてしまいます。誰かのつけ火です。

種市と澪と芳が真っ黒になったつる家の前で呆然としていると、伊佐三がやってきて、種市を伊佐三たちの家に連れて行ってくれます。翌日、源斉が来てくれましたが、種市は魂が抜けたようです。澪も、天満一兆庵の再建も料理人もやめると源斉に愚痴を言います。「これからですよ」と元気づけますが、澪の顔は曇ったままです。

その日の夜、又次がやってきます。「こんなときに・・」と言いながら、花魁のお弁当を頼みます。澪は、これで最後だと思って、ふきご飯のおにぎりを作りはいじめます。そして、お弁当箱を開けると、袱紗に包まれた10両と文が入っています。その文には、一言、

「雲外蒼天」

と書かれています。澪は、その一瞬で全てが分かり、「野江・・・ちゃん」とつぶやきます。又次は、その花魁の名前を「あさひ太夫」というと告げます。そして、あさひ太夫から言われたことを話します。

「もし、料理を作る気力が失せてるなら、そのままだまって帰って来いと、けれど、もしもその弁当箱に詰める料理を作ったなら、澪ちゃんはきっと立ち直る。そのときには、この10両を用立て欲しい・・そない伝えて。澪ちゃんに」

澪は、その文字を見ながら涙ぐみます。

 

一方、源斉が化け物稲荷の前を歩いていると、一人の男が数人の男をこらしめているのをみます。

「これ以上、つる家にかまうな。土圭の間(とけいのま)の小野寺がそう言っていたと、采女に伝えよ」

その男は、小松原です。

(⇒ 5話のあらすじ

ドラマに出てきた料理のレシピはこちらです。⇒ みをつくし料理帖

スポンサーリンク

ドラマ『みをつくし料理帖』は、U-NEXTのNHKまるごと見放題パック(990円/月)で見れます。U-NEXTには31日間無料お試しと、初日に600Pプレゼントがあります。それを使えば、400Pを購入してNHKまるごと見放題パックで見ることができます。

どちらにしろ、U-NEXTはかなり使いやすい動画配信サービスなので、こちらから詳しいことをご確認ください。

クリックしてU-NEXTに行く!

ドラマ「みをつくし料理帖」4話の感想

おもしろかったですね。つる家の料理をスパイしてたのはふきで、小さな弟を盾にとられて仕方なくやっていたことが分かります。普通なら、ふきを怒って家から叩き出して終りなのですが、澪は、全てを理解して許してくれます。ふきの性格のせいないのかもしれませんが、澪が小さいころに人から助けてもらった思いがあるからだと思います。

洪水の前は野江に、洪水の後は芳たちに助けてもらったので、その時の境遇や思いがふきに重なったと思います。そんなことを考えると、「禍福はあざなえるわなのごとし」という言葉がいつも頭に浮かびます。何もしなくても成功してる人は沢山います。そういう人たちに足りないのは、失敗した経験です。その失敗した経験で、こころがおれてしまったり、モチベーションが続かなくなってしまう人が多いのですが、逆に、そういう経験をさせてもらったというように考えることで、きっと、何もせずに成功した人よりも、もっと大きな成功を勝ち取ることができると思います。

そんな落ち込んでしまった時に、励みになる言葉はいろいろありますが、このドラマを見て、「雲外蒼天」という言葉は、いい言葉だな~としみじみ思います。この言葉は澪だけのものではなくて、誰もがそう思っていれば良いのではないでしょうか。わたしも、経からは、この「雲外蒼天」という言葉を胸に秘めながらマイ地にを暮していこうと思います。

次回からは、場所を移してつる家の再構が始まります。どんな料理が出てくるのか、楽しみです。

原作は髙田郁先生!

原作の髙田郁先生は、1959年生まれの小説家で、元漫画原作者です。漫画原作者時代のペンネームは、川富士立夏です。

読書好きだった父親の影響で、山本周五郎さんの作品を多く読んで、時代小説ファンになられます。1993年、34歳のとき漫画原作者としてデビューされます。40代後半で再び山本周五郎さんの作品を読んで時代小説家に転身されます。数々の賞をとられて、2008年に「出世花」で小説家デビューされます。

「みをつくし料理帖」は、2009年に第1作を発表して、2014年に刊行された第10作で完結しています。髙田郁先生の本は、

みをつくし料理帖は、1冊に4話ずつ収められています。全10冊でシリーズものなので、1冊目の「八朔の雪」から読んでいかれた方が理解されやすいと思います。そして、とんでもなく面白いです。時代劇につきものの切った張ったはほとんどないですが、その分、人情話という感じで、毎回ほろりとさせてくれて涙も出てしまいます。シリーズ累計330万部出ているだけのことはあります。時代劇好き以外の方でも、ぜんぜん大丈夫ですので、騙されていないと思って、一度手に取られることをお勧めします。一番下の「銀二貫」は、2014年に林遣都さん主演で、NHKでドラマ化されています。

ドラマ「みをつくし料理帖」各話のあらすじ

以上、NHKドラマ「みをつくし料理帖」4話のあらすじ、感想です。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました