「民衆の敵」の5話のあらすじ(ネタバレ)と動画と感想。汚職議員を摘発?

ドラマ「民衆の敵」の5話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。佐藤智子(篠原涼子)は、犬崎和久(古田新太)に借りを作りながらも、岡本遼(千葉雄大)が提案した行き場のない子供たちを支援する子供食堂の創設を藤堂誠(高橋一生)ら、新人議員たちと協力して議決に持ち込みます。

スポンサーリンク

「民衆の敵」の5話のあらすじ

佐藤智子(篠原涼子)は、犬崎和久(古田新太)に借りを作りながらも、岡本遼(千葉雄大)が提案した行き場のない子供たちを支援する子供食堂の創設を藤堂誠(高橋一生)ら、新人議員たちと協力して議決に持ち込みます。

翌日、藤堂から「ワーク・ライフ・バランス」という言葉を教わります。仕事も私生活もどちらも充実させましょうという意味です。何のために仕事をしてるのかということで、遊びのために休暇を取るのがよくないという発想を変えないといけないと藤堂が言います。まずは自分で取ったらといわれると、「長期休暇取ります」とツイッターで発信してしまいます。

すると、職員に電話で呼ばれて出てみると、「手紙、読んでもらえました?」と言って切れます。

手紙を出して読んでみると、

「汚職まみれの人がいます。市民の税金で私服をこやす議員を許さないでください」

とかかれています。

智子は、昼休みの平田和美(石田ゆり子)に相談すると、慎重にしたほうが言いといわれます。そして、和美に調べて暮れと言ってお願いします。その日の夜、ツイッターを見てみると、長期休暇に対して文句ばかり書かれています。そのあと、今日の報告として、「汚職事件を調べます」と書いてしまいます。

その頃、藤堂は、いつものアパートで、莉子にカメラマンになりたかったといって、沢田教一さんの写真集を見せます。そして、戦争で逃げる子供たちの写真を見て、「子供をなかせる国や社会は良くないなって・・・うん、意外とおれ、あきらめてないな」とつぶやきます。そのあと、莉子の写真を撮ってあげます。

翌日、和美は、智子のツイッターをみせて調べさせてもらいたいと上司にお願いしています。

新人議員研修室に智子がやってくると、汚職の件で盛り上がっていて、みんなで調べることになります。みんなで話し合いをしてると、差出人の青葉史郎から電話が来ます。その日の夜に資料を家に届けると言って切れます。藤堂と岡本は内部告発者だと気がついて、招待は探らずにそっとしておこうということになります。

そこで、藤堂と未亜と岡本は智子の家に集まりまってゴハンをたべています。そこに、資料が届きます。

食べた後、その書類を見てみると、児童会館建設の建設業者選定に関する資料です。藤堂が見てみると、一部数字がちがっています。すでに議会を通ったもので、落札した会社は、市長の講演会の会長の牧村建設です。藤堂と未亜は市長が便宜を図ったんじゃないかと疑いの目を向けます。

帰り際、藤堂はどうして智子を選んだんだろうと一言言って帰っていきます。

みんなが帰った後、智子は「汚職というのは児童館建設みたいです」とツイートしてしまいます。すぐに岡本から電話が来て、「すぐに削除してください」と起こられます。その間に炎上してしまいます。

翌日、市長のところに取材陣が殺到します。市長は笑顔で対応して庁舎に入っていきます。その中には和美もいて、ちょっとはなれたところからは犬崎も車の中から見ています。

智子の家の周りにも取材陣が殺到しましたが、なんでツイッターをしたのがわるかったかわかりませんです。夫の公平(田中圭)からも、「許せない馬鹿と許せる馬鹿ってあるんだよ」と言われてしまいます。そこに、犬崎が迎えに現れます。車の中で、犬崎からも怒られます。ただ、「市長は黒だ。おれがたすけてやる」といわれます。

岡本は研修室には現れませんです。藤堂は内部告発者を見つけるために市役所に行くと、福祉課長の富田(渡辺いっけい)がやってきて、内部告発者はいませんでしたと耳打ちします。そして、詳しいことは犬崎に聞けといわれます。

智子が研修室にくると、園田(斎藤司)がからくりを教えてくれます。はじめに2.5億の見積もりでしたが、市長に言われて2億にしたんですが、請負価格は2.5億です。金額だけでなくトータル的に牧村建設に決められたようだと言います。そして、だいじなのは、価格に関係なく市長が決めれることだと言います。なので、市長だった小細工する必要もないので、なぜ2枚の見積もりがあるのかなぞです。

すると、園田は見積もりを出した順番が違うんじゃないかと気がつきます。差額の5千万円は市長に・・とみんなは驚きます。

そのころ、岡本は市長室に呼ばれて、古参議員たちに責められています。

犬崎のところにも、智子がもらった見積書があります。裏で動いてるのは犬崎のようで、智子がマスコミにばらさないのが不満のようで、もっと派手に行くかと犬崎はつぶやきます。そして、犬崎は記者会見を開きます。

その日の夜、藤堂は兄の明に呼ばれて縁談があるといわれます。そして、あおば市が方向転換したら国政に来いといわれます。明にどこまで知ってるかときくと無視されます。

 

市長の秘書の望月(細田善彦)は彼氏の小野のところに行って、どういうことだと聞きましたが、遠くに行くといわれるだけです。そして、望月の名前が書かれた5000万円の振込み用紙のコピーを手渡されます。それを見た望月は、

「どうしてこんなもん残しておいたの?え、うそー、まさか」

とさけびます。小野は「ごめん」と言ってドアを閉めます。望月は泣き崩れます。

 

百条委員会が開かれます。望月とは連絡が取れませんです。

スポンサーリンク

会議が始まると、秘書が何かを議長と市長のところに持ってくると、休憩を宣言します。犬崎が追求すると、望月が自らの命を絶ったということです。

ニュースでは、望月が命を絶つ前に撮った、すべてはじぶんがやったという動画が流れています。続いて、市長の会見が始まります。市長は一切知らないといって、潔白だと言い切ります。そして、望月がいなくなったので潔白の証明をすることができないので、辞職して選挙を行うと宣言します。岡本は、研修室から出て行きます。その後を未亜が追いかけます。

休憩所で、岡本が「あの人のこと信じられなくなった」というと、

「信じなくてもいいんじゃないですか?だって、ひとって結局ひとりじゃないですか。大丈夫ですって。先輩なら、自分のやるめきことをちゃんとやれますよ」

そこに、犬崎派の秘書ががやってきて、会合があると未亜荷はなしかけます。未亜は、「わたし欠席で」と伝えます。

岡本が「いいのか」というと

「うん、きょうは愛想笑いできそうもないんで」

と言います。

犬崎の部屋では、犬崎派の議員が集まって、市長を出すといきまいています。そこには智子もいます。それを聞いていた智子は

「ちょっとまってください。おかしくないですか?望月さん、しんじゃったんですよ。ひとがひとりしんだんですよ。もう忘れちゃったんですか?人の命なんだと思ってるんですか?」

「もう演説は終わりで良いですか」

「何なの?望月さんのことなんとも思ってないんですか?」

「思ってますよ。自分の命で市長をたすけたんだ。秘書の鏡だよ」

そして、議員達はそれぞれの地区に散っていきます。

 

その日の夜、智子が研修室にいると犬崎が入ってきます。犬崎は智子が動かなかったら暴けなかったといいます。それでも、結局市長は逮捕されないし、望月が亡くなっただけだから、こんなのおかしい、こんな政治はいらないと言います。犬崎は、

「だったら、あんたが変えてみないか?あんただから、あんただからこそかえれるんじゃないか?市長になってくれないか」

と犬崎は真顔で頼みます。扉の外では、藤堂が聞いています。

外で藤堂が待ってると犬崎が出てきます。

「犬崎さんはどこまで絡んでるんですか?」

「お伝えすることもないかと。お兄さんはすべてご承知ですよ」

そういって、車に乗って帰っていきます。

(⇒6話のあらすじ

ドラマ「民衆の敵」の1話から最終回までの全話を、FODプレミアムという動画配信サービスで見れます。FODプレミアムは月額976円(税込)でフジテレビのドラマをメインに見れるサービスです。

2週間の無料トライアルをしていますので、その期間を利用して『民衆の敵』を無料で見れます。

FOD公式サイトへ ≫

「民衆の敵」5話の感想

智子が市長に立候補?って感じです。だいぶシリアスになってきて、これからどんどん面白くなっていくような気がします。

とは言え、秘書の望月の背中を押したのは、智子のツイッターがそもそものはじまりだったのをちょっと忘れてるような気がします。というか、始めは、お気楽だった主婦のママゴトが現実を教えてもらった事件なのではないかと思います。そこで、実際の政治とか、大人の社会の仕組みを知って、それをこれから利用していくような気がします。結局は、河原崎市長のような感じになってしまうのではないでしょうか。

今回の犬崎を見てると、やはり、根底には自分たちが住む町を良くしたいという気持ちがあるんだと感じます。単純に政治をしたいとか、利権を握りたいとかということではないと思います。というのも、汚職したのが犬崎ではなくて、河原崎市長だったからです。二人並べると、どうしたって、犬崎が悪役、河原崎市長がクリーンな正義役なのですが、実情は逆です。なので、どちらが白でどちらが黒ということではなくて、全体がグレーの中で、今の所白の智子がその中に入って行ってどうなるかということなんだと思います。

ただ、このドラマだけでなく、実際の市議会でも、国会でも、根本は町や市、国を良くしたい人の集まりだと信じたいと感じます。

次回からは、市長編が始まりますが、どうなっていくのか、楽しみです。

「民衆の敵」のキャスト

  • 佐藤智子 篠原涼子、普通の主婦
  • 佐藤公平 田中圭、智子の夫
  • 佐藤駿平 鳥越壮真、智子と公平のひとり息子
  • 平田和美 石田ゆり子、智子のママ友
  • 平田あかね 野澤しおり、和美の娘
  • 藤堂誠 高橋一生、市議会議員立候補者
  • 園田龍太郎 斎藤司、市議会議員立候補者
  • 岡本遼 千葉雄大、市議会議員立候補者
  • 小出未亜 前田敦子、市議会議員立候補者
  • 河原田晶子 余貴美子、あおば市市長
  • 望月守 細田善彦、河原田市長の秘書
  • 犬崎和久 古田新太、議会のドン
  • 若宮寛 若旦那、犬崎の秘書
  • 前田康 大澄賢也、市議会議員
  • 莉子 今田美桜、デリヘル嬢

各話のあらすじ

以上、ドラマ「民衆の敵」の5話のあらすじ(ネタバレ)と動画や感想です。

スポンサーリンク>


コメント

タイトルとURLをコピーしました