「民衆の敵」の4話のあらすじ(ネタバレ)と動画と感想。智子に初の議員報酬が!

ドラマ「民衆の敵」の4話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。帰宅した佐藤智子(篠原涼子)に公平(田中圭)が通帳を見せます。智子に初めての議員報酬が支払われて、その額に二人は大喜びで焼肉パーティーをすることにします。その頃、あおば市では、開発が進もうとしていた新しい港の建設、ニューポート計画の中止を河原田晶子市長(余貴美子)が公約通りに宣言します。

スポンサーリンク

「民衆の敵」の4話のあらすじ

河原田晶子市長(余貴美子)は、記者会見でニューポート建設計画を白紙にすると発表しています。

佐藤智子(篠原涼子)の家では、公平(田中圭)が記帳してきて通帳を見て大喜びして、その日の夜は焼肉です。いっしょに食べてる平田和美(石田ゆり子)はニューポート建設計画のことで何か聞いていないかを聞きます。自分が進めてる計画を中止にされたにもかかわらず、だまってる犬崎(古田新太)がちょっとおかしいといっています。

新聞社でも、犬崎から圧力がかかっていて新聞の記事を操作されています。

小出未亜(前田敦子)は岡本遼(千葉雄大)といっしょに地元商店街でランチをとります。未亜は岡本と同じ中学校の先輩後輩で寂れた商店街のことも良く知っています。商店街のお店は閉まってたのでしかたなくファミレスに良くと、商店街のお店のおばさんたちがたむろしています。同じ席に来いといわれて座ると、岡本が公約で言って来た商店街の復興はしなくてもよいといわれてしまいます。

智子は、一馬(渋谷謙人)の家に行って就職を勧めますが、大切な人は誰もいないので働く意味がないと言います。さらに、母親の介護をしてきたけども、この5年、だれも助けてくれなかったと言います。介護は自分で決めたことだし誇りを持って生きていこうというと、「気持ちいいんでしょうね。人に説教するのは」と言われてしまいます。

新人議員研修室に帰ってその話をして落ち込んでると、未亜たちからは、することないおばさんたちがファミレスにたくさんいたし、園田(斎藤司)は、子供の面倒を見てほしいというママがたくさんいて困ってると言います。それを聞いた智子は、「いっしょにしちゃえばいいじゃん」とひらめきます。

智子たちは、商店街のおばさん達のところに行って子供たちの面倒を見てくれないかと頼みます。最近ではこども食堂というのもあるからと、おばさんたちは二つ返事で引き受けます。

5人が新人議員研修室に戻ってきてどうやってどうやってやっていくか、条例とか決議の話をしましたが、智子にはちんぷんかんぷんです。岡本は、せっかく議員でやるんだから継続的に広範囲でできるようにシステムを作ろうと言いますが、智子には良くわからないようです。智子はみんなでやりたいと言いますが、ほかの人は岡本にまかせることにします。智子が文句を言ってると、藤堂は「急がば回れという言葉を教えてくれる人、いなかったんですか?」と言って帰っていきます。

その日の夜、家に帰ってきた智子は「こども食堂はじめるぞー」と叫びます。

 

翌日、智子のツイッターで「こども食堂はじめます!」とツイートしてしまいます。智子は農家をまわって売り物にならないやさいなどをあつめています。そして、一馬を連れてきます。そのこども食堂は「あおばこども食堂」という名前になります。チラシを配ったおかげでこどもたちは徐々に集まってきて、一馬もいっしょにちらしを配り始めます。そこにかのんもやってきます。

そこに市長秘書の望月(細田善彦)がやってきて、いっしょに手伝ってくれます。おわったあとも、おばさんたちは喜んでいます。

藤堂がアウトレットパークの竣工記念式典で挨拶をしてると、莉子(今田美桜)が通りかかります。莉子は藤堂のことに気がついたようで顔を隠して歩いていきます。

 

市議会が終わって藤堂に声をかけますが忙しいからと逃げられてしまいます。かわりに犬崎からがんばれといわれます。

市長室では、岡本が呼ばれて、なんでこども食堂を助けないのかと聞かれています。岡本が手続きをしっかりしないとというと、何かあったら責任取るから思いっきりやって見なさいといわれます。ですが、引き続き僕のやり方でやらせてくれといいます。そこに、こども食堂から電話がかかってきます。

急いでいってみると、子供たちがたくさんいて、食事が間に合わずにけんかが始まっています。その店に入ると、「遼ちゃん、たすけて~、ほかの人は用事があるとか、疲れたできてくれないんだよ」とぼやいています。昨日はたくさんいたのに今日は二人しかいませんです。智子は、こどもをつれてきて入れないと怒ってる母親達の相手をしています。それを見ておばさんも「託児所ないんだから」とおこっています。

すると、岡本が店の前に立って大声で話し始めます。

スポンサーリンク

「皆さん申し訳ありません。もうこれ以上続けられません」

と謝ります。智子は何勝手に謝ってるのかつめよると、岡本は

「勝手?勝手なのはどっちですか?もうこれ以上迷惑かけないでください。あなたのやってることは文化祭といっしょですよ。祭りで終わらせちゃ意味ないだろ」

そして、母親達にあやまりにいきます。智子は、ボー然と立ち尽くします。

 

その日の夜、和美が前にもってきてくれたこども食堂の記事を智子が読んでいます。そこには金銭面、人材などの問題があるとはっきりかかれています。

新人議員研修室では岡本が、こども食堂の決議案をまとめています。そこに未亜が差し入れを持ってきてくれます。そして、昔話をして帰っていきます。

翌日、智子がこども食堂に来ると、市長秘書の細田がやってきます。もっと手伝えばよかったと謝りますが、智子は急がば回れと言われた意味がわかったと言います。そこに、藤堂がやってきて、大体のことは聞いたといいます。そして必殺技があると智子に教えます。

翌日の議会で、岡本が決議案を発表すると満場の拍手が鳴り響きます。実は、前の晩、犬崎にお願いしに言ったんです。犬崎には、「ひとつ貸しだぞ」と言われています。

そして、ふたたびこども食堂は再開されます。

こども食堂を見ていた智子に藤堂が近寄ってきて、「お見事です。市長と犬崎に協力させたんですから」といわれます。

智子が食事を食べてると岡本がやってきて「ありがとうございました」と挨拶します。

(⇒5話のあらすじ

ドラマ「民衆の敵」の1話から最終回までの全話を、FODプレミアムという動画配信サービスで見れます。FODプレミアムは月額976円(税込)でフジテレビのドラマをメインに見れるサービスです。

2週間の無料トライアルをしていますので、その期間を利用して『民衆の敵』を無料で見れます。

FOD公式サイトへ ≫

「民衆の敵」4話の感想

面白かったですね。智子のひとことで子供食堂ができて、地域活性化に結びついてきます。やはり、突拍子もないところから出てくる考えは大事にした方がいいとおもいます。岡本のやり方では、時間がかかるけれども完成度の高いものができますし、智子のやり方は瞬発力だけです。この二つが重なることで、とてもいいものが出てくるんだと思います。

何かをはじめようとするときには、とりあえずやってみるというのがとてもいいことじゃないのかと感じます。うまくいくか行かないかわからないけど、やってみて、どうじに今までのやり方でしっかり補佐してくということがうまくいく秘訣だと思います。

不思議だったのは、今回のお話を見てて、一度市議会を見てみたいと思ったことです。本当にこんなことをしてるのか、それとももっとまじめに仕事をしてるのか、確かめてみたくなります。そういう意味で、このドラマはすごくいいドラマだと思います。もっとぶっ飛んだ感じでやっていった方が、実際の市議会を見てみたくなるのではないかと思います。

実際の国会を見ていても、とんでもないことを言ったりやったり、寝ていたりする議員がいます。これだけSNSが発達してるので、多くの人が監視しながら変なことをした議員のことを拡散していけば、もうすこしまともな政治になっていくと感じます。

「民衆の敵」のキャスト

  • 佐藤智子 篠原涼子、普通の主婦
  • 佐藤公平 田中圭、智子の夫
  • 佐藤駿平 鳥越壮真、智子と公平のひとり息子
  • 平田和美 石田ゆり子、智子のママ友
  • 平田あかね 野澤しおり、和美の娘
  • 藤堂誠 高橋一生、市議会議員立候補者
  • 園田龍太郎 斎藤司、市議会議員立候補者
  • 岡本遼 千葉雄大、市議会議員立候補者
  • 小出未亜 前田敦子、市議会議員立候補者
  • 河原田晶子 余貴美子、あおば市市長
  • 望月守 細田善彦、河原田市長の秘書
  • 犬崎和久 古田新太、議会のドン
  • 若宮寛 若旦那、犬崎の秘書
  • 前田康 大澄賢也、市議会議員
  • 莉子 今田美桜、デリヘル嬢

各話のあらすじ

以上、ドラマ「民衆の敵」の4話のあらすじ(ネタバレ)と動画や感想です。

スポンサーリンク>


コメント

タイトルとURLをコピーしました