「民衆の敵」の3話のあらすじ(ネタバレ)と動画と感想。智子が冤罪をはらす?

ドラマ「民衆の敵」の3話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。前田への謝罪を断った智子は、希望通りあおば市議会の教育こども委員会に所属します。そこに、未亜が断った陳情がもちこまれます。それは、隣人の冤罪を晴らすという仕事です。

スポンサーリンク

「民衆の敵」の3話のあらすじ

佐藤智子(篠原涼子)は希望通り、あおば市議会の教育こども委員会に所属することができます。自宅では辞書を片手に資料を読んでいたのですが、会議に出てもほかの市議が何を話しているのか分かりませんです。

新人議員研修室にもどると、小出未亜(前田敦子)が秘書の安部と話をしていましたが、智子が来た瞬間、話は智子に振ってすぐに帰ってしまいます。智子が話を聞くと、陳情が持ち込まれたので話だけでも聞いてもらいたいといわれます。

智子がその陳情を持ち込んだ富子(梅沢昌代)にあって話し聞くと、隣人の今井一馬(渋谷謙人)の誘拐の冤罪を晴らしてもらいたいということです。すぐに、平田和美(石田ゆり子)に連絡してその事件を調べてもらいます。

事件の概要は、不審な男が少女を連れ歩いているとの通報から、警察の捜査で少女は小川かのん(白鳥玉季)と判明します。すぐにかのんの自宅に行きましたが、かのんは帰宅していませんです。ただ、かのんの母・裕子(安藤玉恵)は電話もない貧しい生活なので誘拐目的ではないと判断して周囲の家を探すと、一馬の家にいるかのんを発見して一馬が逮捕されたんです。

ただ、一馬はコンビで万引きしようとしたかのんを見て、その商品を買ってあげてただけです。昔、その隣に住んでいたのが、富子です。

ただ、一馬本人は誘拐を認めています。和美は一応取材をしてみると約束してくれます。

新人議員研修室にもどって藤堂誠(高橋一生)に相談すると、できないことはできないというのが親切だし、弁護士を紹介しましょうかと言われてしまいます。

その日の夜、藤堂誠は、デリヘルの莉子(今田美桜)を呼ぶと、誕生日ケーキを作ってきてくれます。おにぎりしか作ったことなかったのに、見よう見まねでつくったといって、

「楽しかった。全然、自分っぽくないことするのって」

と言って、二人で楽しく手でたべます。

 

翌日、智子が富子の陳情を解決しに現場に行こうとすると、藤堂も「自分をうらぎってみたくなることありません?」と言って、智子を手伝ってあげるといいます。二人で、一馬の家に行きます。

富子といっしょに一馬の家に着くと、ひとりの男性、幹也がスマホの動画で一馬の家を撮りながらレポーターのように話しながら一馬のことを糾弾しています。幹也は、智子たちを一馬の親戚だと思って、「この犯罪どう思ってるんですか?家族として責任ありますよね」といきなり聞かれます。智子は、

「責任?おまえさ、人の責任あれこれいえるほどそんなにえらいの?帰れよ」

と言って、追い出します。

富子は鍵を開けて家の中に二人を入れます。部屋には介護ベッドがおいてあります。一馬は東京の会社を辞めて認知症の母親の看護のために帰ってきたということです。智子はゲームを見つけると、やりだします。

 

かのんの家では、お前のせいで夜の仕事にいけなくなったと母親から怒られていて、「ごめんなさい」と何度も謝っています。母親も、すぐに謝ってかのんをだきしめています。すると、智子がやってきます。しかし、ショックを受けてるので放って置いてくださいといって家に入ります。智子は、話をしてくれるまでここを離れないといって、座り込みます。

すると、藤堂はもう帰ったほうがいいと言ってスマホを見せます。そこには、さっきの幹也が取った動画がネットで拡散されていて「あおば市のモンスター市議」と炎上しています。

家に帰って和美に見せると、これはまずいといわれます。和美から「人権蹂躙」という意味を教えてもらって智子は納得します。議員会館でも、前田(大澄賢也)が、犬崎(古田新太)に軽くお灸をすえたほうがいいと言っています。

翌日、智子と藤堂は刑務所に入ってる一馬に面会に行きます。一馬は、

「誘拐したことは、申し訳なく思っています。罪を償いますから安心してくださいとお伝えください」

と言っていこうとします。智子は「誘拐なんかじゃないよね」と聞きますが、一馬は「誘拐です」と答えます。智子は、一馬のゲームの履歴ログから、1ヶ月ものあいだ、かのんといっしょに毎晩遊んでいたことがわかったといいます。一馬は、

「もう、余計なことはしないでください。僕が誘拐したんです」

そういうと、行ってしまいます。

それを聞いた藤堂は

「何が問題なのかな?なんで犯人だって言い張るんだ?困る人がいるからでしょうね。だとしたら、誰なんだ?困る人って」

と考え始めます。その横顔を見て、「考えてわかるの?やっぱさ、かのんちゃんに聞くしかないじゃん」と智子は言います。

そのころ、かのんの家に議員の前田がやってきています。

 

ともこは、かのんが通う小学校に行って子供達に声を掛けまくってかのんを探しましたが、誰も答えませんです。すると、教師がやってきて「保護者の方じゃないですよね。声かけるのをやめてもらえませんか」と言われてしまいます。智子は挨拶の仕方を教えてないんですかと半分怒りながら聞きますが、「知らない人にはあいさつはしないように」としっかり教えてるといいます。

智子はが「それはおかしいでしょ、挨拶は基本の基本でしょ」というと、

「じゃあ、そういう世の中にしてください。不審者もたくさんいるんだから。子供はいい人と悪い人は区別がつかないから」

と言われてしまいます。なおも、智子が、「じゃあ悪い人ばかりなんですか?」とけんかを売ってると、前田が主婦達を引き連れてやってきます。

「世の中には、2種類の人間しかいない。不審者と不審者じゃない人と」

その中には、かのんの母親の裕子もいます。前田は、智子の動画を見せて、あなたの責務はこの親御さんたちの不安にどう答えるんだ?といって、母親達の前に突き出します。母親達は、

「犯罪者をかばうってどういうこと?子供の安全と、犯罪者の人権とどっちが大切なんですか?」

智子は、「疑われる身になってくれ」といいますが、母親達はいっせいに反論をします。そして、前田が出てきて子供達の安全を確保できるのは自分しかいないと話し始めます。藤堂は、ここでもめても仕方ないといって智子を連れ出します。そばを食べながら、うまく前田に利用されてしまったと智子に説明します。

スポンサーリンク

 

和美が裕子のことを調べるにつれて、シングルマザーの悲しさが見えてきてしまいます。裕子の夫は借金300万円を押し付けて蒸発しています。裕子はパートを3つも4つも掛け持ちして何とか生活をしている感じです。そこに、友人から電話が来て、かのんのことを知ってるというコンビニで働いてる女性に話を聞きに行きます。

かのんは、すこしまえにコンビにでお菓子をそのまま食べてしまったんです。真夜中だしかのんは名前も言わなかったので、万引きとして警察沙汰になってしまい、翌日、裕子が謝りに来たということです。さらに、ママ友ネットワークでは、夜中にあるいてるかのんを見たという情報がたくさん集まります。和美はその情報を智子に送信します。

智子は、それを見ておかしいよねといいますが、藤堂が、今は時代が変わってきているとやさしく説明してくれます。藤堂は話をしていて、一馬が誘拐だといってる謎が解けます。かのんはいちど万引きで補導されてるので、誘拐でなかったら、児童相談所に強制的に入れられてしまうと推測します。そして、冤罪を晴らすためには裕子に本当のことを話してもらうしかないと話します。

翌日、智子たちは裕子の家に行って話をします。かのんをうそつきにしてもいいんですかと言うと、かのんが泣き出します。児童相談所には藤堂が掛け合うと約束すると、本当のことを話してくれます。

一馬は釈放されます。富子と智子が玄関で待っています。一馬は、「余計なことをしやがって。あんたのしたこと、誰も幸せにしてないんですよ」と智子に言います。

 

その日の夜、和美にその話をすると、セーフティネットが大切なんだといわれます。そのあと、裕子の家に行って、かのんと裕子に一馬への「ありがとう」というメッセージを取ります。そのあと一馬の家に行ってそれを見せます。そして、

「目の前にいる人をひとりずつ変えていけば、世の中を変えれるんじゃないかな。まずは、一馬君を幸せにします」

と言って帰っていきます。

智子が玄関に出ると、以前動画を取られた幹也がいます。智子はちょうど良かったといって動画を取らせます。

「ひとりじゃどうしようもないことを何とかするのが、政治家、佐藤智子。まずは目の前の人からしあわせに、そして世の中全部、幸せにしてみせます」

家に帰ってみてみると、かっこよく言った動画は何もなく、その前の動画がアップされています。

(⇒4話のあらすじ

ドラマ「民衆の敵」の1話から最終回までの全話を、FODプレミアムという動画配信サービスで見れます。FODプレミアムは月額976円(税込)でフジテレビのドラマをメインに見れるサービスです。

2週間の無料トライアルをしていますので、その期間を利用して『民衆の敵』を無料で見れます。

FOD公式サイトへ ≫

「民衆の敵」3話の感想

おもしろかったですね。今回は、冤罪を証明するというお話で、市議の仕事とは到底思えない探偵の仕事を藤堂誠と二人でやって解決しています。最後に裕子さんとかのん、一馬が笑顔になってくれて本当に良かったです。

とは言え、これが市議の仕事?とか他の議員と智子との違いがちょっと悪意がありすぎる書き方です。もうすこし政治側によせてお話を作ってくれればいいのですが、智子の設定上、ちょっとムリなのかなとも感じます。会議に出ていて何を話してるのかわからない市議がいるのも問題だし、そんな人を当選させてしまうのもちょっと悪意がありすぎです。

おそらく、この脚本家は、国会を見て市議会もそんなもんだろうと判断して書いているのではないでしょうか。または、都議会を参考にしているのかもしれません。好意的に考えれば、そんなとんでもない市議会を書くことで、今まで見向きもしなかったひとたちが、「市議会って本当にこんなことやってるのか?」と興味を持ってもらえるような書き方をしてるような気もします。

智子のことは置いといて、今回のお話の中で気になったことは、セーフティネットとあいさつです。たしかに、知らない人には挨拶してはいけないといわれてるのかもしれませんし、もちろん、付いて行ってはいけないのですが、地域のコミュニティがセーフティネットとして何とか機能できないものかと考えさせられます。

実際に、わたしの子供が通ってる小学校からは、時々不審者情報が流れてきます。テレビでは誘拐事件や人の命を奪う事件が数多く流れてきます。そんな中で、智子が言っていたように、知らない人は悪い人みたいなイメージを植え付けてしまうことは、その後の人生にとっても良くないことのような気がします。

デスノートではないですが、なんとか犯罪を少なくして住みやすい社会を政治家の人に作って行ってもらいたいと感じます。一人一人考えることもたいせつですが、一人一人でできないことをするのが政治家だとわたしも思いますので、頭が良くてみんなのために政治をする人になんとか出てきてもらいたいと本当に思います。

こういうことを考えさせるという意味では、とてもいいドラマだと感じます。

「民衆の敵」のキャスト

  • 佐藤智子 篠原涼子、普通の主婦
  • 佐藤公平 田中圭、智子の夫
  • 佐藤駿平 鳥越壮真、智子と公平のひとり息子
  • 平田和美 石田ゆり子、智子のママ友
  • 平田あかね 野澤しおり、和美の娘
  • 藤堂誠 高橋一生、市議会議員立候補者
  • 園田龍太郎 斎藤司、市議会議員立候補者
  • 岡本遼 千葉雄大、市議会議員立候補者
  • 小出未亜 前田敦子、市議会議員立候補者
  • 河原田晶子 余貴美子、あおば市市長
  • 望月守 細田善彦、河原田市長の秘書
  • 犬崎和久 古田新太、議会のドン
  • 若宮寛 若旦那、犬崎の秘書
  • 前田康 大澄賢也、市議会議員
  • 莉子 今田美桜、デリヘル嬢

各話のあらすじ

以上、ドラマ「民衆の敵」の3話のあらすじ(ネタバレ)と動画や感想です。

スポンサーリンク>


コメント

タイトルとURLをコピーしました