ラブリランのキャストと1話のあらすじ(ネタバレ)中村アンと古川雄輝と大谷亮平のラブストーリー!

ラブリラン

(引用:公式サイト

4月5日の夜11:59から始まるドラマ『ラブリラン』のキャストと1話のあらすじ(ネタバレ)です。中村アンさん演じる30歳の南さやかは、今までつきあったひとがいない超こじらせおんなです。そんなさやかが、古川雄輝さん演じる年下の町田翔平と、大谷亮平さん演じる幼馴染の鷺沢亮介の間で揺れ動くラブストーリーです。胸キュン必至の大人のラブストーリーを楽しみましょう。

スポンサーリンク

キャスト

  • 南さやか 中村アン、OLIVIA LABのデザイナー
  • 宇野友美 佐津川愛美、さやかの親友
  • 町田翔平 古川雄輝、OLIVIA LABの営業
  • 泉智子 ふせえり、OLIVIA LABの社長
  • 菅野太一郎 小松利昌、OLIVIA LABのトップデザイナー
  • 佐山大輔 渡辺秀、OLIVIA LABのデザイナー
  • 藤崎隼人 市川知宏、美容師
  • 鷺沢亮介 大亮平、デザイナー、さやかが片想いしてる幼馴染
  • 青山瑞希 片瀬那奈、イラストレーター、亮介と交際中
  • 小松原杏子 大政絢、トップモデル、翔平の元カノ
  • 前島悟郎 村杉蝉之介、翔平の行きつけのBARのマスター

1話のあらすじ

クリスマスの夜に、おでんを持って道を一人で歩いてる女性がいます。テレビのインタビューアーが「クリスマスに何をしますか?」と質問しますが、

「家で、おでんを。ひとりで・・」

と答えると、すぐにほかのカップルのところにいってしまいます。その女性は、南さやか(中村アン)です。

 

2017年12月26日、さやかが勤めてる会社オリビアラボにて打ち合わせが始まります。

さやかはしっかり準備した資料を全員に配り、会議の内容をホワイトボードに要領よくまとめています。すると、泉智子(ふせえり)からアラサーの恋愛感をまとめておけと言われます。ところが、さやかは男性経験がゼロなので、何も浮かばずに困ってしまい、ルームシェアしてる友人の宇野友美(佐津川愛美)にお願いしますが、早く体験しろと言われてしまいます。実は、15年前から幼馴染の鷺沢亮介(大谷亮平)のことが好きで操を守り通しているんです。

すると、友美はさやかの携帯で亮介に電話をいきなりして、「今からこくってこい」といいます。携帯をとりあげると亮介が出てしまいます。困ったさやかはおもわず「いまからあえない?」といいます。居酒屋で二人は会いましたが、亮介はさやかのことを女性というよりは友達と思ってる感じです。その帰り道、亮介はさやかの誕生日を覚えていてくれて、何か買ってあげるからと、今度の日曜日に二人で会うことになります。

家に帰って友美に報告すると、必ず告白しろと背中を押されます。その日の夜、やっと気持ちが伝えると思って安心して寝ます。

 

翌朝、目が覚めてみると、鏡の中にはいままでのさやかとはまったく違ったさやかが映っています。着たことのない肩出しのブラウスで、髪の毛もまったく違っています。しかも、今までめがねだったのがコンタクトになっています。すると、一人の見たことのない男性がさやかの名前を呼んで部屋の中に入ってきます。

その男性は、

「まだかたづかないわけ?おれ、もうでるから・・」

と言って出て行こうとします。さやかは勇気を出して「ここはどこ?」と聞くと、その男性は自分の部屋だと言って、すぐにでていってしまいます。そこに電話がかかってきます。会社のデザイナー菅野太一郎(小松利昌)からで、昼までに仕事をしておいてくれということです。

あせったさやかは、そのままのかっこうでコートを着て会社にむかいます。

会社にくると、さやかの服装やヘアスタイルのことは何も言われずに自然に受け入れられます。しかも、彼氏とかデートをしたでしょとか言われてしまいます。

休憩中にスマホを見ると、いつの間にかインスタをやっていて、ジムでおへそを出してトレーニングしてる笑顔の写真が載っています。急いでおなかを見ると、割れています。すると、目の前に朝いた男性がたってい手びっくりしてしまいます。そこに菅野からよばれます。デスクに行ってみると、昨日会議で話していた仕事がすでにできています。よく聞いてみると、さやかが昨日だと思ってたのは、3か月も前のことだと言われます。さらに、見たことのない男性は町田翔平(古川雄輝)だといわれて、変な顔をされます。

自分のデスクにもどってカレンダーを見ると、今日が4月5日だとわかってショックをうけます。さやかが知らないうちに3ヶ月の時間がたっていたんです。

さやかが脳神経外科病院にいくと、記憶障害だと診断されます。ただ、しばらく様子を見るしかないといわれてしまいます。

町をふらふらと歩いていると、町田とばったりあいます。町田はビルの屋上に連れて行って、今朝から変なリアクションを取ってるけどどうしたのか?と聞いてきます。さやかはしかたなく、「記憶をなくしてしまった」と正直にいうと、町田からは、二人は付き合っていて同棲をしていたんだとおしえてもらいます。しかも、すでに別れてるので早く出て行けといわれます。

ショックを受けたさやかはふらふらしながら自分のマンションに帰ってきますが、カギが開きませんです。そこに友美が帰ってきて、中に入れてもらいます。部屋に入って友美に記憶をなくしたことを言うと、友美は子供が出来て先月入籍した、さやかは家を譲るといって彼氏のところにすんでいた、と教えてくれます。友美の旦那が帰ってくると聞くと、家をあとにします。

さやかは亮介のことを思い出しながらバスに乗ります。高校のときに、先輩だった亮介のことを好きになって、亮介を追って東京に出てきたこととかをずっと思い出しています。そして、さやかは亮介のマンションにいきます。玄関でチャイムを鳴らすと、中から見知らぬ女性、青山瑞希(片瀬那奈)が笑顔で出てきます。

部屋の中に入ると、亮介が海外に行ってること、亮介からプロポーズされたこと聞きます。それを聞いたさやかはすぐに家を飛び出します。さやかは大好きだった亮介が結婚することを思って泣きながら歩いています。

一方、町田は、行きつけのバーに行ってマスターの前島悟郎(村杉蝉之介)にさやかのことを話すと、本当に記憶喪失かもしれないよと言われます。

 

さやかが公園で泣きながらベンチに座ってると、町田があらわれます。「ひとりにしてもらえませんか?」といいましたが、町田は何も言わずに座ります。驚いたさやかは、泣きながら自分が行くといってたちあがると、町田に腕をつかまれます。

スポンサーリンク

「ひとりにさせられないって言ってんの。おれたち一応付き合っていたんだから」

「つきあってたっていうけど、わたしはあなたなんかしらない。何も覚えてない。ただ覚えているのは、ずっと好きな人がいたってこと。だから、あなたを好きになるはずがない」

「おれはすきだったよ。すきだったからキスしたし・・・」

「なんで、こんな女好きになるの?15年も片想いして、ふられて、30になって恋愛経験もなくて、こんな女、好きになるわけじゃない」

「今のあんたならね。俺の知ってる南さんは、わたしなんかっていうような人じゃなかった。へこむことはあっても、逃げずに立ち向かう人だった」

「うそだよ、そんなの。何も出来なかった。何も変わらなかった。わたしが・・・」

その瞬間、さやかは、今いる公園のベンチで、町田といっしょに座って「変わりたい」と言ってる自分のことを思い出します。

「あなたは変わろうと努力していた。一生懸命がんばっていた。そんなあなたを素敵だな~と思った」

「本当?」

「ああ・・・」

「わたし、変われるの?」

「さあね、でも、一度は変われたんだから、できんじゃねえの?」

そういうと、町田はあるいていこうとします。さやかは追いかけていって、

「わたし、思い出したい。なくした3か月間、とりもどしたい。だから、あなたと暮らしてみる」

「いいんじゃないの?俺もそのほうが、すっきりわかれられる。思い出したら、でていってくださいね」

そういうと、歩いていきます。

家に着くと、町田はリビングで寝るといって着替え始めます。さやかは寝室に行きますが、まったく思い出すことは出来ずに、そのまま寝てしまいます。

 

翌朝、目が覚めると、さやかの隣に裸の町田がねています。おどろいておこすと、いきなり町田がさやかにキスをします。驚いて叫ぶと、

「わりい、ねぼけていた」

と言って、町田は立ち上がって部屋を出て行きます。さやかは、「ファーストキスがー!」と叫んでベッドに突っ伏します。隣の部屋の町田は「だから、ファーストじゃないって」とつぶやきます。

(⇒2話のあらすじ

ドラマ『ラブリラン』の1話から最終回までの全話を、Huluという動画配信サービスで見れます。Huluは月額1,026円(税込)で日テレのドラマや映画、海外ドラマなどを見れます。

Huluは2週間の無料お試しをしていますので、その期間中に『ラブリラン』を無料で見れます。くわしくはこちらから。

Hulu公式サイトはこちら ≫

スタッフ

ドラマ『ラブリラン』のスタッフは、

  • 脚本 永田優子
  • 演出 藤村享平
  • 原作 天沢アキ

脚本の永田優子さんは、2000年に『ほたるのゆき』でフジテレビヤングシナリオ大賞をとられた方です。2002年から、重荷フジテレビで脚本を書かれるようになります。代表作は、

  • 歌のおにいさん
  • ヤンキー君とメガネちゃん
  • 恋愛ニート
  • でも、結婚したいっ!
  • 映画「書道ガールズ」

演出の藤村享平さんは、1983年生まれの34歳の映画監督、脚本家です。日本映画学校を2005年に卒業されて、この世界にはいられます。2007年に「引きこもる女たち」という脚本で、函館港イルミナシオン映画祭シナリオコンクールにてグランプリ受賞ヲ受賞されています。映画も何本かとられていて、2018年の9月公開の「パパはわるものチャンピオン」の監督をされています。ドラマでは、

  • たべるダケ(2013年、テレ東)
  • ああ、ラブホテル(2014年、WOWOW)
  • 恋愛時代(2015年、日テレ)

をとられています。PVでもSEKAI NO OWARIの「眠り姫」などをとられています。

原作は、天沢アキさんが書かれてる漫画です。女性マンガ雑誌の『Kiss』に連載されていた漫画で、デビュー作です。1巻は35pで10巻出ていますので、大体単行本の1冊分くらいの量になります。今は、「くちうつす」を連載されています。こちらも、35p前後で10巻まで出ています。かなり可愛い絵を描かれる方です。

各話のあらすじ

以上、ドラマ「ラブリラン」のキャストと1話のあらすじ(ネタバレ)などです。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました