リーガルVの最終話のあらすじ(ネタバレ)。ゲストは速水もこみち

リーガルV ~元弁護士小鳥遊翔子

(引用:番組公式サイト

ドラマ「リーガルV~元弁護士小鳥遊翔子」の最終話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。

ドラマ「リーガルV」の最終話のあらすじ

小鳥遊翔子(米倉涼子)がかつて弁護した受刑者・守屋至(寛一郎)は、NPO法人「貧困を救う会」の代表・大峰聡(速水もこみち)に脅されて、罪に手を染めています。

ようやくあぶり出されたその真実を法廷で明らかにするため、翔子は度肝を抜く手段を思いつきます。それは、なんと翔子自身が原告となり、大峰と“ある濃密な裏関係”が疑われる「Felix & Temma法律事務所」の代表弁護士・天馬壮一郎(小日向文世)を提訴することです。至を弁護していた1年前に弁護士資格を剥奪されたことに関して、弁護士会会長でもある天馬に、たった1円の損害賠償を求める民事訴訟を起こします。

海崎(向井理)は、天馬の代理人を引き受けると言って、翔子の弁護士資格をはく奪したときの詳細を聴こうとします。そして、反社会的勢力の花田を法廷によって証言させてみてはどうかというと、コッチが不利になるといいます。すると、海崎は、裁判が長引くとスキャンダルが出てくるかもしれないと言います。天馬はそんなものはないとにやりと笑います。

その頃、京極法律事務所で、切り札があると話しています。それは、至から託された”謎の鍵”です。至が命を奪った被害者が所持していたというその鍵は、わざと鍵番号も削り取られており、どこのものかも分からない代物です。ですとが、もしかしたら事件の全貌を解く、重要な手がかりになる可能性もあると翔子が言います。京極は錠前技士の刺客があるから探ってみることになります。

翌日、京極事務所では作戦会議が行われています。翔子が弁護士資格を剥奪される直接原因となった“暴力団への金銭授与行為”が、仕組まれた罠だったことを証明するとともに、大峰が至に命じたことを証明する証拠を探すことになります。そこに京極が帰ってきて、スポーツジムのロッカーキーだとわかったといいます。ただ、鍵のメーカーもつぶれていてどこのものなのか見当がつかないということです。結局、手を分けて、関東地区のスポーツジムすべてを探して回ることになります。

同時に、青島と大鷹は海崎と天馬のあとをつけ、京極と理恵はスクープをあげた週間スコープ記者の内藤を尾行しています。それに気づいた天馬は海崎に検事総長に連絡させます。違法カジノに入っていった内藤のあとをつけていた京極と理恵は警察に逮捕されてしまいます。茅野と馬場は反社会組織の花田がたちよるGSで張り込んでいて、携帯や証拠を見つけようとしてると、逆に見つかってやられてしまい入院してしまいます。

その頃、翔子は至の所に行って証人を頼んでいます。

帰ってきた翔子が鉄道バーで飲んでると、馬場と茅野が入院した連絡が来ます。いそいで病院に行くと、京極と理恵も警察に捕まったと大鷹から聞かされます。

翔子はすぐに「Felix & Temma法律事務所」に行きますが、天馬はいませんです。でてきた海崎に、昔と変わっちゃったというと、長いものには巻かれろといわれます。翔子は、弁護士剥奪も海崎が関わってるのかというと、翔子だけでは絶対に勝てないと海崎に言われます。

落ち込んだ翔子が事務所に帰ってきてグチってると、青島に「カンタンに悔しいとか言わないでください。他の人はもっと悔しい思いをしてるんです」と怒られます。翔子はスポーツジムまわりにむかいます。

翔子が道を歩いてると、鎧塚刑事とすれ違います。慌てて追いかけて話しかけると、「森には必ず出口があるから。じゃ、楽しんで」と言って歩いていきます。喜んだ翔子はふたたびスポーツジムまわりを張り切って始めます。すると、鍵があうロッカーを見つけます。

翔子はロッカーの中に入っていたものを事務所に持ってきます。それは会計資料です。そこに京極と理恵が帰ってきます。翔子は理恵と京極に渡して調べてもらいます。

しばらくして茅野と馬場が帰ってきます。馬場は花田のドライブレコーダーのSDカードをナイショで持っています。確認してみると、車の中で組長の愛人と抱き合ってる姿が写っています。すぐに翔子が花田の所にいってそれを見せて、天馬のことを証言するように脅します。

翔子が次に行ったのは、大峰のところです。なんと、大峰に証人になってくれと言います。天馬との親子関係が週刊誌に出たらどうなる?と脅して帰っていきます。大峰はそのやりとりを動画でとっていて、天馬に渡します。天馬は親子関係は表ざたにできないけれども、そのかわりに議員の席を用意できると大峰を慰めます。

スポンサーリンク

その日の夜、翔子たちは茅野の店に行ってしゅくはいをあげています。そこで、天馬のドライブレコーダーも手に入れられれば鬼に金棒だと大声で言っています。となりの席には白鳥がいてしっかり聞いています。事務所に帰ってきた白鳥がそのことをいうと、海崎がドライブレコーダーのSDカードを抜き取って天馬に渡します。天馬はそれをもやして処分します。

 

裁判の日が来ます。

始めの証人は花田です。花田は札束を細工して翔子を罠にはめたと証言します。さらに、大峰に命じられたと言いましたが、それは本件とは関係ないと言われます。次の承認は至です。至の尋問は翔子がします。至は妹を人質にとられて大峰に命を奪うことを脅された、裁判でも嘘をついていたとはっきり言います。

海崎が反対尋問をします。海崎は証拠があるかときくと、至がなにもないとこたえると信じることができないと言い切ります。

次に登場したのは、大峰です。大峰は翔子に脅されたといいます。

翔子の反対尋問が始まります。翔子は市瀬が隠した会計帳簿をだして、大峰がお金を自分の口座に入れてあることが書かれてると言いましたが、否定します。

次の証人は海崎で天馬が尋問をします。海崎は翔子のことを悪く言いますが、裁判官たちはすべて天馬たちの味方です。

反対尋問は翔子がします。翔子は大峰の父親は天馬だとばらします。すると、天馬が父親であるという証拠を出せと言います。翔子がないというと、翔子はうそつきで何の真実も持ってないひとだと言い切ります。そして、大峰を脅してる動画を出すといいます。翔子が戸惑っていると、海崎は認めないと一生軽蔑するといいます。翔子は動画の公開をみとめます。

海崎が公開したのは、天馬の車のドライブレコーダーでとられた天馬と海崎の会話です。そこには、天馬が大峰にめいじて市瀬の命を奪えといってます。さらに、大峰を守ることと、父親だと話しています。海崎はSDカードをすり替えていたんです。

天馬は血が出るまで机を殴り続きます。

大峰は「もうやめましょう、お父さん」というと、「なにいってるんですか、お兄さん、私には子供はいません」と言って法廷を出ていきます。

 

しばらくして、翔子は至の所に妹の美久を連れて行きます。笑顔で会話をします。

海崎がFT法律事務所の代表になります。

翔子は弁護士には戻らずに旅行に出かけていきます。

(おわり)

ドラマ「リーガルV」は、U-NEXTで無料で見れます。

U-NEXTは月額会費2,189円(税込)ですが、31日間月額会費無料キャンペーンをやっているのと、ドラマ『リーガルV』は見放題作品なので、無料期間中でしたら完全にタダで見れます。

もちろん、無料期間中に見るだけ見てやめても違約金などは取られません。下の緑のボタンをクリックしてドラマ『リーガルV』を無料でご覧下さい。

U-NEXT公式ページ

(本ページの情報は2021年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。)

ドラマ「リーガルV」のキャスト

  • 小鳥遊(たかなし)翔子 米倉涼子、京極法律事務所の管理人、元弁護士
  • 京極雅彦 高橋英樹、所長、代表弁護士
  • 大鷹高志 勝村政信、ヤメ検弁護士
  • 青島圭太 林遣都、京極法律事務所弁護士
  • 伊藤理恵 安達祐実、京極法律事務所パラリーガル
  • 茅野明 三浦翔平、京極法律事務所パラリーガル
  • 馬場雄一 荒川良々、京極法律事務所パラリーガル
  • 天馬壮一郎 小日向文世、弁護士会会長、FT法律事務所所長
  • 海崎勇人 向井理、FT法律事務所エリート弁護士
  • 白鳥美奈子 菜々緒、FT法律事務所アソシエイト弁護士
  • 中沢淳美 宮本茉由、天馬壮一郎の秘書
  • 神保有希 内藤理沙、鉄道バーの店員

各話のあらすじ

以上、ドラマ「リーガルV」の最終話のあらすじ(ネタバレ)です。


コメント

タイトルとURLをコピーしました