リーガルVの8話のあらすじ(ネタバレ)。ゲストは速水もこみちと久保田紗友

リーガルV ~元弁護士小鳥遊翔子

(引用:番組公式サイト

ドラマ「リーガルV~元弁護士小鳥遊翔子」の8話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。

ドラマ「リーガルV」の8話のあらすじ

元弁護士・小鳥遊翔子(米倉涼子)が率いる「京極法律事務所」は集団訴訟で勝訴したのを機に、相談者が次々と詰めかけて大繁盛しています。

そんな中、翔子はかつて弁護していた受刑者・守屋至(寛一郎)と1年ぶりに面会しにいきます。すると、天馬壮一郎(小日向文世)とばったり部屋の前で逢います。翔子は、天馬には関わらずに挨拶だけして中に入ります。

始めは至はにこやかに対応していましたが、事件のことをききだすと、「もういいよ、帰れ」と怒りだします。

実は、鶯谷の公園でNPO法人「貧困を救う会」の幹部職員・市瀬徹(夙川アトム)の命を奪った至は1年前、自らも罪を認め、懲役9年の実刑判決を受けていたんです。原因は、たまたま隣に座った市瀬に罵倒されたためです。ただ、弁護していた当時から、至の証言にどうも不自然さを感じていた翔子は、この事件の奥には“隠された何か”があると直感して、それを探ろうとしていたんです。しかも、この事件のために弁護士資格を失ってしまいます。

事務所では、その事件のことを青島(林遣都)が皆に説明しています。

そこに翔子が帰ってくると、みんなが手伝ってくれると言ってくれます。すると、理恵(安達祐実)が弁護士会から警告状が来てるといいます。誠意ある対処をしないと業務停止させると書かれています。

京極(高橋英樹)は、天馬の所に行って謝罪をしますが、翔子を切り捨てないと事務所をつぶすと脅されます。それを見ていた海崎(向井理)は、その日の夜、秘密裏に白鳥美奈子(菜々緒)と食事をして、至の事件のことを聴きだします。白鳥は翔子から至の事件を引きついていたんです。

当時弁護士だった翔子は、天馬から止められても、翔子が反社会勢力の竜桜会の花田と会っていたんす。そして花田が翔子から渡された封筒の中から札束をとりだしたところがスクープされて週刊誌に載ってしまったんです。そのために弁護士資格を失ってしまったんです。

その事を白鳥に確認した海崎は、白鳥からなぜ関わるのかと聞かれると、「僕の野望のためだ。天馬先生に言うのかな?それとも協力してくれるのかな?」というと、白鳥は笑顔でうなずきます。

一方、京極法律事務所では、作戦会議が開かれています。青島は、市瀬の背景を説明します。NPOの一部は反社会勢力とつながりがあると、大鷹(勝村政信)が説明してると、京極が帰ってきます。京極がとりつくしまがなかったというと、大鷹は、翔子を切り捨てるのかどうか決めてくれと京極にいいますが、みんな反対します。

翌日、青島が事務所に出てくると、「しばらく旅に出ます。探さないでください」という書置きを残して翔子がいなくなっています。みんなびっくりしますが、翔子がいないならと言って、青島以外の馬場や茅野、理恵、大鷹、京極は事務所を出ていってしまいます。

翔子が行方不明になって京極事務所が解散したという知らせが天馬のところに届きます。京極事務所の面々はそれぞれ就職してます。

海崎は、「貧困を救う会」がやってるボランティアの所に見学に行って、代表の大峰(速水もこみち)や丸山厚生労働大臣のスピーチをきいてます。馬場や青島、茅野達もなぜか「貧困を救う会」のボランティアに参加しています。そこに、天馬もやってきて親しそうに大峰や丸山と話をしています。

翔子が旅館に泊まって食事をしてると、青島から「貧困を救う会」の調査報告がメールで届きます。そこに見習いの加藤里菜(久保田紗友)が飲み物を持ってきます。翔子は心づけをあげて話し相手になってくれとお願いします。実は、至の妹の美久です。翔子は至の弁護を担当した元弁護士だと名乗って話をしようとしましたが、仕事だといって逃げていってしまいます。

京極事務所に青島がいると、理恵がリスの着ぐるみを着てやってきます。理恵も潜入捜査していたんです。いつもの鉄道バーに行って話を聞くと、市瀬はNPOを渡り歩いて募金を奪い取る悪質なゴロだったとわかったと理恵がいいます。すると、そこに茅野もやってきて、至も妹と一緒に貧困を救う会でボランティアをしていたとわかったと言いに来ます。さらに、馬場がやってきて、事件よりも前から市瀬のことは知っていて、募金を奪ってた市瀬が許せなかったと言います。

スポンサーリンク

4人はバーを出た後、何のために至はかばっていたのか事務所に戻って考えようといいます。事務所に返ってくると、大鷹がいます。大鷹は、半年前に貧困を救う会でチンピラが暴れたときにおさめたのが花田だったと報告します。

その頃、翔子は、美久につぐないたいといって、本当のことを教えてくれとおねがいしています。

 

翌日、青島は至に会いに行って本当のことを教えてくれと言いましたが、「もうこないでくれ」と言われます。

青島が刑務所を出ると、向こうから翔子が歩いてきます。そして、美久から聞いたことを話しに至に会いに行きます。翔子が、美久が大学をやめて偽名を使って田舎の旅館で中居をしてるというと、びっくりします。そして、「じゃあ、おれはなんのために」とつぶやきます。翔子は、いちばん悪い奴が得をしてるだけだと言って、至に事件を起こさせたものをかばう必要はないといいます。

すると、大峰代表から花田を紹介されて、市瀬の命を奪うように指示されたと告白します。さらに、大峰代表から美久の命奪うと脅されて仕方なくやってしまったと話します。

それを聞いた翔子は、「私と一緒に戦わない?未来のために。本当に悪い奴と戦いましょう」と至に言います。すると、至は鍵があると言います。

 

その日の夜、翔子は貧困を救う会のパーティに行って、大峰代表のスピーチを聞いてる天馬の隣に座ります。パーティが終わった後、二人きりになると、天馬は弁護士に戻すつもりがあると翔子に言います。翔子は笑顔で天馬のいうことを受け入れたふりをします。

翌日、京極事務所に京極がやってきます。そして、天馬と大峰代表の亡くなった母親が大学時代につながりがあったことがわかったと話します。その情報は、白鳥も海崎に報告します。

その日、翔子が京極事務所に帰ってきます。そして、天馬を被告とする裁判を起こすといいます。弁護士資格を失ったことに対する損害賠償の民事訴訟です。損害額は1円です。

天馬のところにもその訴状がくると、海崎が被告代理人をしましょうと言って、天馬と大峰代表の母親との関係も暴かれるかもしれないと天馬に耳打ちします。

(⇒最終話のあらすじ

ドラマ「リーガルV」は、U-NEXTで無料で見れます。

U-NEXTは月額会費2,189円(税込)ですが、31日間月額会費無料キャンペーンをやっているのと、ドラマ『リーガルV』は見放題作品なので、無料期間中でしたら完全にタダで見れます。

もちろん、無料期間中に見るだけ見てやめても違約金などは取られません。下の緑のボタンをクリックしてドラマ『リーガルV』を無料でご覧下さい。

U-NEXT公式ページ

(本ページの情報は2021年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。)

ドラマ「リーガルV」のキャスト

  • 小鳥遊(たかなし)翔子 米倉涼子、京極法律事務所の管理人、元弁護士
  • 京極雅彦 高橋英樹、所長、代表弁護士
  • 大鷹高志 勝村政信、ヤメ検弁護士
  • 青島圭太 林遣都、京極法律事務所弁護士
  • 伊藤理恵 安達祐実、京極法律事務所パラリーガル
  • 茅野明 三浦翔平、京極法律事務所パラリーガル
  • 馬場雄一 荒川良々、京極法律事務所パラリーガル
  • 天馬壮一郎 小日向文世、弁護士会会長、FT法律事務所所長
  • 海崎勇人 向井理、FT法律事務所エリート弁護士
  • 白鳥美奈子 菜々緒、FT法律事務所アソシエイト弁護士
  • 中沢淳美 宮本茉由、天馬壮一郎の秘書
  • 神保有希 内藤理沙、鉄道バーの店員

各話のあらすじ

以上、ドラマ「リーガルV」の8話のあらすじ(ネタバレ)です。


コメント

タイトルとURLをコピーしました