リーガルV元弁護士小鳥遊翔子のキャストと1話のあらすじ(ネタバレ)弁護士をクビになった女

リーガルV ~元弁護士小鳥遊翔子

(引用:番組公式サイト

10月11日(木)の夜9時から始まる新ドラマ「リーガルV~元弁護士小鳥遊翔子」のキャストと1話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。他人はすべて駒、勝つためには敵も味方も裏切る・・・そんなヤバイ元女弁護士を米倉涼子さんが演じます。脇を固めるのは高橋英樹さん、三浦翔平さん、向井理さん、菜々緒さん、小日向文世さんなどベテランばかりです。ドクターXを卒業してあらたなヒロインが誕生するでしょうか?

ドラマ「リーガルV」のキャスト

  • 小鳥遊(たかなし)翔子 米倉涼子、京極法律事務所の管理人、元弁護士
  • 京極雅彦 高橋英樹、所長、代表弁護士
  • 大鷹高志 勝村政信、ヤメ検弁護士
  • 青島圭太 林遣都、京極法律事務所弁護士
  • 伊藤理恵 安達祐実、京極法律事務所パラリーガル
  • 茅野明 三浦翔平、京極法律事務所パラリーガル
  • 馬場雄一 荒川良々、京極法律事務所パラリーガル
  • 天馬壮一郎 小日向文世、弁護士会会長、FT法律事務所所長
  • 海崎勇人 向井理、FT法律事務所エリート弁護士
  • 白鳥美奈子 菜々緒、FT法律事務所アソシエイト弁護士
  • 中沢淳美 宮本茉由、天馬壮一郎の秘書
  • 神保有希 内藤理沙、鉄道バーの店員

ドラマ「リーガルV」の1話のあらすじ

ペーパー弁護士の大学教授・京極雅彦(高橋英樹)は、全く連絡のつかない弁護士の小鳥遊翔子(米倉涼子)に会いに、Felix & Temma法律事務所にやってきます。受付に翔子のことを聞くと、1年前にやめたと言われます。しかも、「何か被害が?」と聞かれてびっくりします。

その頃、翔子はマッキンリー証券のスミス社長の葬儀に出ています。翔子が帰る後ろ姿を見たFelix & Temma法律事務所のエリート弁護士の海崎勇人(向井理)と白鳥美奈子(菜々緒)は、翔子は海外に逃亡したはずでは?と話しています。翔子が出ていたのは、遺産相続問題があるとにらんだからです。さらに、新聞に載っていた山岸代議士の葬儀にも行きます。弔問客の話を聞いて、親権問題があるとメモを残します。

ふとお墓を見ると、若手弁護士・青島圭太(林遣都)が手を合わせていて、そこにやってきた男性から、「妻が亡くなったのはあんたのせいだ」と怒られています。青島が弁護した裁判の敗訴が原因で依頼人の母を自殺へ追い込む結果になったからです。

青島のあとをつけていくと、崖の上に行きます。翔子は青島の肩をつかんで、「しんじゃだめ、勝つまで闘うの」というと、バランスを崩してがけから落ちそうになります。翔子の靴の片方ががけから落ちてしまいます。崖のとなりにはホテルがあります。

電車に乗って帰る途中、青島は、依頼人の母親が飛び降りた場所に行って見ただけだと翔子にせつめいします。翔子はあの現場じゃあ検事に無理心中にさせられても仕方ないと言いますが、青島はピンときませんです。

京極は、大学で最後の講義を行います。講義室を出ると、大鷹弁護士(勝村政信)がやってきて「弁護士事務所を開くなんて、なんて無謀なことを」とおこられます。じつは、退官することをきいた翔子が講義を聴きに行って、一緒に正義の弁護士事務所を作ろうと口説いたんです。京極はその話にのって、事務所開設費に500万円と実印を渡します。それを聞いた大鷹は、翔子は弁護士資格をはく奪されてるし、全くの詐欺師の手口だとさらに目を丸くして怒ります。

その日の夜、翔子は青島を鉄道バーに連れていって新しい弁護士事務所に来ないかと口説きます。実は、1年前にFelix & Temma法律事務所で翔子が面接して落としたんです。

翌日、青島が電車で証拠に指定された場所に向かってると、駅で痴漢騒ぎに巻き込まれます。会社員の安田勉(小嶋)という男性が痴漢だと女子大生の三島麻央に叫ばれていたんです。安田は「やっていない」と叫びますが駅員に連れて行かれそうになります。青島は、駅員たちを止めて自分は弁護士だからなにかあればと名刺を渡します。ただ、安田はそのまま連れていかれます。

京極は、大鷹弁護士につれられて翔子が作る法律事務所がほんとうにあるのかどうかを調べに来ています。すると、そこに翔子が茅野明(三浦翔平)やってきて中につれていかれると、実際に事務所ができています。その法律事務所の名前は、「京極法律事務所」となっています。

事務所の中に入った京極は、自分の机に座って満面の笑顔で喜んでいます。大鷹は怪しいと言いますが、翔子は優秀な若手弁護士も雇ったと言います。しかし、青島はまだ来ていませんです。

そのころ、青島は警察署で痴漢をしたと疑われてる安田と接見しています。青島は、罪をみとめればすぐに出られると説得しますが、安田は絶体にやってないと認めませんです。青島は安田の妻と勤務先の君島化学の富樫という安田の部下に事情を連絡します。そのあと、事務所に向かいます。

事務所に着くと、大鷹から翔子にお前も騙されたのかと言われます。

青島たちが翔子に文句を言いに行ってると、パラリーガルの面接に人がやってきます。伊藤理恵(安達祐実)と馬場雄一(荒川良々)です。理恵は元大手銀行員で、一億円を横領して懲役にふくしています。馬場は元警備員でストーカー容疑で逮捕されて刑務所に入っていた人です。大鷹は大反対しましたが、翔子はふたりとも採用します。

その日の夜、安田の上司が顧問契約を結んでるFelix & Temma法律事務所に行って安田のことを会長の天馬壮一郎(小日向文世)にお金を渡してお願いしています。

 

翌朝、青島は再び遅刻してきます。安田が送検されて拘留が決まってしまったというと、皆が初仕事だ!と浮かれます。ただ、痴漢の冤罪事件だと説明すると、一斉に暗くなります。翔子はもうけは少ないし勝のはムリだから示談を勧めろと言って部屋を出ていこうとします。すると、青島は、駅弁の名前をさけんでそれをつけるとさけびます。

スポンサーリンク

それを聞いた翔子は立ち止まって早速いきましょうと言って、二人で安田の接見に行きます。翔子は謝ってお金を払えばないことになると言うと、自分の人生を汚すことはできないと安田は突っぱねます。安田は部下の富樫を呼んでくれと言います。

富樫がやってくると、安田は仕事のことを聴きます。君島化学は一部上場の会社で安田が捕まった日は世界的な特許をだす日だったんです。富樫はうまくいってるし、安田を信じて待ってると言ってくれます。

事務所に帰ってくると、青島は、安田が作ったモノの特許は300億円を生み出す特許だとみんなに説明します。それを聞いた翔子は目の色が変わって急きょ会議を開くと言います。そして、目撃証言の存否、被害者供述の信用性の精査、検察側立証の予測して弁護側立証の構築をしっかりしろと青し前に命じます。

そのころ、君島化学の安田の上司がFelix & Temma法律事務所のエリート弁護士海崎と一緒に安田に接見しています。海崎は、どうしてもシロだと言いはるなら、進退をはっきりさせろといいます。安田は、「辞めろと言うことですか?」と上司に言うとうなずきます。

入れ替わりに翔子と青島が接見にやってきます。安田は示談で良いやとなげやりになっています。それを聞いた翔子は、意地でも曲げちゃいけない時がある、それが今だといって、闘える余地が残ってると安田にいいます。

翔子はみんなを連れて安田が痴漢をしたと間違われた駅に行って目撃者捜しをします。さらに、被害者の女性を調べます。翔子は被害者の女性、麻央が働いてるキャバクラに面接に行きますが、年齢で断られてしまいまいす。

 

証人尋問の日。麻央と安田の尋問が行われます。青島の反対尋問も行われましたが、検事と判事ずぶずぶの関係の様でほとんど勝ち目はない感じです。

事務所に帰ってきた証拠は元検事の大鷹を呼び出します。そして、裁判に出てくれとお願いします。大鷹は強豪のためだと言って引き受けます。

裁判の当日、大鷹が裁判所に来ると、検事と判事が昔世話になった先輩だとわかります。翔子に絶対に勝てないからやめさせてくれと言って帰っていきます。翔子は青島にやらせるといいます。

翔子は、麻央が来るのを待っていて、偽証罪は懲役だと脅します。

裁判が始まります。青島は調書内容を検証するために鉄道の専門家を呼んだと言って、証拠を法廷によびます。翔子は麻央が乗った車両は階段から離れていておかしいとか、麻央が痴漢に遭いながら同じ車両にずっと乗っていたのはおかしい、電車の車両のガラスにポスターがはっていて安田の顔がうつるのはおかしい、と説明してると、麻央が椅子から崩れ落ちて「ごめんなさい、ゆるしてください」となきながら謝ります。

翌日、麻央が被害届が取りさげて安田が無罪になります。

君島化学にも安田が無罪という連絡がきます。すでに富樫が安田の後釜になって出世していましたが、それを聞いた富樫が部屋を飛び出ます。そして、青島から安田の上司に損害賠償の通知書が届きます。

富樫が安田の家にやってくると、青島と翔子もやってきます。富樫は笑顔でしたが、青島が麻央がホストクラブで富樫に頼まれて痴漢事件を起こしたと言う動画を見せると真っ青になります。青島は、会社にも通知したと言います。

翔子が新しい未来に踏み出せるというと、安田は笑顔になります。翔子はもっと大きなご褒美もらっちゃいましょと笑顔で言います。翔子は損害賠償で100億円を請求していたんです。

そのころ、京極は君島化学に行って君島化学の内部の告発会見をすると安田の上司にはなします。新製品の発売を控えてる君島化学にとって、100億円を払わないと告発すると言う強迫です。上司は海崎に相談しますが、和解交渉を進めるしかないと言われます。

100億円は貼ったりで、落としどころは3億円だから、取り分は5000万円だと青島にうれしそうに言います。

(⇒2話のあらすじ

ドラマ「リーガルV」は、U-NEXTで無料で見れます。

U-NEXTは月額会費2,189円(税込)ですが、31日間月額会費無料キャンペーンをやっているのと、ドラマ『リーガルV』は見放題作品なので、無料期間中でしたら完全にタダで見れます。

もちろん、無料期間中に見るだけ見てやめても違約金などは取られません。下の緑のボタンをクリックしてドラマ『リーガルV』を無料でご覧下さい。

U-NEXT公式ページ

(本ページの情報は2021年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。)

ドラマ「リーガルV」のスタッフ

ドラマ「リーガルV」のスタッフは、

  • 脚本 橋本裕志
  • 演出 田村直己

脚本を書かれてる橋本裕志さんは、1962年生まれの脚本家です。小樽商科大学を卒業されたあと、上京して劇団に所属されます。その後、1989年に脚本家デビューされます。多くのアニメの脚本、シリーズ構成に携わられます。主なドラマの作品は、

  • ショムニ
  • 女信長
  • 死神くん
  • 熟年離婚
  • 就活家族
  • オトナ高校

などです。

演出の田村直己さんは、

  • ハゲタカ
  • ドクターX
  • グッドパートナー
  • 未解決の女
  • 信長のシェフ

などの演出をされてきています。ドクターXのシーズン1から演出されていますので、米倉さんとの息はピッタリだと思います。

各話のあらすじ

以上、ドラマ「リーガルV」のキャストと1話のあらすじ(ネタバレ)、スタッフなどの情報です。


コメント

タイトルとURLをコピーしました