「黒革の手帖」6話のあらすじ(ネタバレ)と動画と感想。市子が再び現れる!

ドラマ『黒革の手帖』の6話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。ついにクラブルダンを買う契約をしますが、市子と波子と村井が再び元子の目の前に現れます。元子の計画がちょっとずつ来るってきます。

スポンサーリンク

ドラマ『黒革の手帖』6話のあらすじ

ついに長谷川庄治(伊東四朗)から銀座の最高峰クラブ『ルダン』を買い取る準備を整えた原口元子(武井咲)は、手付金の5千万円を現金で支払います。残りの2億5千万円は2週間以内に確実に支払うと約束します。契約書の条件は、はじめは元子が支払えない場合の違約金は1億円ということだけでしたが、さらにクラブ「カルネ」も譲渡すると追加されています。元子は契約書にサインと捺印をします。

元子が家に帰ってくると、市子(高畑淳子)が立っています。家の中に入れると、楢林に1000万円を返してくれたかとたずねられます。ごまかしていると、院長から5000万円脅し取ったことはばれてると言って、必ず帰せと脅します。そして、

「もう一度きます。あなたが破滅する前に」

と言って帰っていきます。

そこに不動産屋から、料亭「梅村」の名義が元子ではなくて、元の梅村キミに戻っていると連絡があります。急いで税務署に行って聞いてみると、「錯誤による抹消(勘違いによる抹消)」で、梅村キミから橋田への契約が取り消されて、元子の登記が抹消されたと説明されます。

元子はすぐに橋田に会いに行って登記簿を見せます。「2000万円で買ったはず」と元子が言うと、

「たった2000万円で?夢を見てたんじゃないか。そもそも私のものではない梅村を君に売れるわけがないじゃないか」

と答えます。契約書を出して告訴するとおどすと、

「警察沙汰になると、いろいろやばいのはキミのほうじゃないか?告訴するならどうぞ。長い長い裁判になると思うけど」

「最初からわたしをだますつもりだったんですね。計画的に錯誤による抹消をたくらみ、私をはめたんでしょ」

「ある人がアドバイスしてくれたんだ。きみ、いろんな人に恨みを買ってるんだね」

元子はUSBを出してデータを公表すると言うと、

「そのデータは、いつ、誰から手に入れた?もしかして、弁当を届けに来たすみ江が、シャワーを浴びてるうちにコピーして君に渡したってこと?」

そういうと、橋田は大笑いをはじめます。

「それ、ダミー。偽者。名前も職業も全部でたらめ。全部私がつくったフィクション。まんまとはまったね。いや、実に愉快だ」

「どういうこと?」

「まだわからない、キミはうらぎられた。すみ江に」

橋田は、あのホテルに来たすみ江に300万円渡してすみ江を裏切らせたんです。

「いっとくが、キミは被害者じゃない。すみ江を金であやつり私から梅村を奪い取ろうとした加害者だ。ほしいものを手に入れるために手段を選ばず、金さえ払えば人の心も自由になる。思い上がったキミに天罰が下ったんだ。キミに最後にチャンスをあげよう。キミが私だけのものになると約束すれば、ハッピーエンドにしてやる。梅村を君にあげる。梅村だけじゃない。2億でも3億でも好きなだけあげる。どうだい?キミはお金を手に入れる。私は真実の愛を手に入れる。ウィンウィンのハッピーエンドだ」

「お断りします。イヤです。私にはまだあの手帳が。あなたの脱税の証拠の借名口座の・・・」

それを聞いた橋田は、その手帳を今すぐ持ってきて見せてくれと笑いながら元子に言います。

元子がすぐに家に戻ると、部屋中があらされています。そして、しまっていたはずの手帳がなくなっています。警察に通報して調べてもらうと、犯人は5人組でプロだと言われます。元子は、長谷川に連絡して、何とか残金の支払い期限を延ばしてもらおうとしますが、居留守を使われて連絡が取れませんです。家を訪れても追い返されてしまいます。

その頃、安島(江口陽介)の選挙が終わってトップ当選を果たします。元子は、当選したばかりの安島をたずねて長谷川と急に連絡を取れなくなったことや、残りの2億5千万円を用意できなくなったことを相談します。安島は、契約を白紙に戻すことも、期限を延ばすことも無理だと答えます。元子は頭を下げて何とかしてくれと頼むと、何とかしてみると約束してくれます。

元子が家に帰ると、非通知で無言の電話が何度もかかってきます。翌日町を歩いていると、波子(仲里依紗)に会います。また銀座で働きたいとか、泥棒に入られたような顔をしているとか、村井(滝藤賢一)が会いたいと言っていたと言って歩いていってしまいます。元子がクラブ「カルネ」に出店すると、再び、無言電話がかかってきます。

安島が長谷川のところに行くと、楢林が出てきます。「女難の相がでている」と冗談を言って帰っていきます。安島が長谷川に会って元子のことを話すと、

「契約は絶対に守らなきゃいかん大人の約束だ。たとえどんなことがあっても約束を守るのが筋。筋を通さんやつは男でも女でも絶対に許さん。話はそれだけか。それじゃ」

と行こうとします。安島は、長谷川の周りを週刊誌の記者がかぎまわってると伝えます。都知事への1億円のやみ献金のことを探っていてると長谷川に伝えます。長谷川は、安島が自分を脅して、元子の話をつけようとしてることに気がつきます。安島は絶対に表に出さないように手を回すので、元子の契約を考え直してくれと頼みます。

クラブ「カルネ」で元子がその日の処理をしていると、安島がやってきます。

「ルダン売買計画は白紙。違約金の残りの5000万円も払わなくていいようにしてもらった。ただ、5000万円は帰ってこない。授業料だと思ってあきらめるしかない」

「わかります。本当にありがとうございました」

安島は、元子が今までやってきたことすべてが長谷川にわかってしまったと言います。梅村の件の黒幕は長谷川です。安島は、

「もしキミがこのまま銀座で商売を続けたいと思ってるなら、会長には絶対に逆らうな。それと、キミにはもう会えない。この店には出入り禁止。それが契約をチャラにする条件だ」

「長谷川会長は何でそんな条件を」

「理由は聞いてない。俺もキミと同じ、何があっても会長には逆らえない。俺たちはかごの鳥。キミが銀座で店を持ったとき、キミは大空に羽ばたいたと思ったかもしれない。ルダンを手に入れたいと思ったのは、もっと高く大きな空を飛びたいと思ったからだろう。だけど、君が思ってた空は、小さな鳥かごの中だ。この銀座も国会も鳥かごの中で買われている。鳥かごの中で飼われてるぶんには、自由だ。だけど、鳥かごの中の和を乱したり、外へ飛び出そうとするなら、飼い主に必ず捕まる。しょせん、俺たちは飼い主に運命を握られた鳥かごの鳥。元気で」

そういって行こうとする安島を元子が追いかけてキスをします。安島は元子の家に泊まります。

それ以降、安島や市子、橋田、長谷川から何の連絡もありませんです。

 

1ヵ月後。

再び、村井がクラブ「カルネ」にやってきます。村井は自分の名前が書かれたクラブ「カルネ」の支配人の名刺を出して

「今日からこの店を私が仕切る。すべては長谷川会長のご指示だ。転職したんだ。長谷川会長の子会社に。まさか銀座のクラブの店長を任されるとは」

と言います。契約破棄の条件のクラブ「カルネ」の譲渡は生きていたんです。そして、村井は「ついでに新しいカルネのままを紹介しておこう」と言って手を鳴らすと、波子が笑いながら入ってきます。

とあるステーキハウスでは、長谷川と橋田と楢林がワインを飲みながら笑っています。手元には黒革の手帖があります。

スポンサーリンク

(⇒7話のあらすじ

ドラマ『黒革の手帖』は、TELASA(旧auビデオパス)という動画配信サービスで見れます。TELASAは月額562円(税抜)で、テレビ朝日のドラマや映画をメインに見れるサービスです。「相棒」や「刑事7人」「未解決の女」などを見れます。

15日間無料のお試しをやっていますので、それを利用して無料で見ることができます。詳しくはこちら。

TELASA(テラサ)公式サイトへ ≫

ドラマ『黒革の手帖』6話の感想

面白かったですね。元子の武器のカルネも黒革の手帖も手元からなくなってしまい、安島が言ったように丸裸になってしまいます。これからどうやって盛り返していくのか、それとも、さらに落ちていくのか、楽しみです。

ただ、非常に残念なのは、一番の盛り上がるところだったのに、軽く流されてしまいます。原作では、ここが一番面白いのに、ドラマではもっと別に山場を持ってこようとしているのでしょうか。そういう意味では、これから楽しみです。

元子の失敗は、相手を徹底的に痛めつけて、取れるものをとって恨みを植え付けたことだと思います。その結果、かごの鳥同士のルールを守らず、傷つけあったのを飼い主からお仕置きをされたんです。また、お金が一番大切だと言いながら、安島に対するほのかな恋心もなぜか大切だと思ってしまった部分ではないでしょうか。ドラマにはならないと思いますが、橋田の女になっていたらクラブルダンのままにはなれるし、何億ものお金を手に入れることが簡単にできています。もったいなかったですね。

そのあたりの演技が薄かったように思います。梅村の名義が自分のものではなかったり、会長に居留守を使われた時の表情が、今までとそれほど変わっていなくて、あせりや困ったような感情を感じられませんです。

黒革の手帖を自宅に置いたり、お金が入る前に契約したり、長谷川が黒幕だと気づかないようなあまり悪がしこくない女性を演じてるのかもしれませんが、もうすこし緊迫感を出せば、楽しめたように感じます。

今回の件で、今まで恨みを持っていた、橋田、楢林、波子、村井がいちおう胸のつかえをおろしたので、物語は終わるような感じですが、次回は最後の悪あがきとして裁判を起こすようです。どんな展開になるのかとても楽しみです。

ちなみに、原作とはだいぶ離れてきましたので、ラストもおそらく違ってると思いますが、元子の大逆転満塁ホームランはないような気がします。

ドラマ『黒革の手帖』の原作

原作は、松本清張氏の『黒革の手帖』です。松本清張氏は、1909年ー1992年の日本を代表する小説家です。子供のころから本が好きでしたが、戦争の影響や貧困のために印刷工場やほうきの仲買副業などをされています。1951年、42歳のときに書いた「西郷札」が週刊朝日の「百万人の小説」の三等に入選して、直木賞候補になります。

それから次々と小説を書き始めて、1953年に芥川賞を受賞され、数々の賞を受賞されます。1958年に「点と線」が刊行されてベストセラーになります。「清張以前」「清張以後」という言葉も出て清張ブームが起こります。

1961年には、前年度の高額納税者番付の作家部門で1位となって、それ以降13回1位になられています。社会派推理小説のブームをつくられた人で、それ以外にも、ノンフィクション、歴史小説、など多くのジャンルの本を書かれている日本を代表する小説家のひとりです。

代表作としては、

どれも面白くて、ドラマ化されてるものが多いですので、お勧めです。ただ、ドラマはドロドロしていますが、それを期待して読むとちょっと物足りない様な気がすると思います。トリックとか、謎を楽しむと面白いと思います。

小説「黒革の手帖」は、電子書籍のナンバー1「honto」で読むことができます。紙の本も買うことができますし、雑誌やビジネス本や小説などの一般の本もどちらでも見ることができます。まるで、家に居ながら本屋さんにいる感じで素晴らしいです。会員登録しなくても、立ち読みすることができますので、ぜひ、ご覧になってみてください。

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

ドラマ『黒革の手帖』のキャスト

  • 原口元子 武井咲、東林銀行世田谷北支店で働く派遣社員
  • 安島富夫 江口陽介、衆議院議員秘書
  • 山田波子 仲里依紗。元子の元同僚
  • 村井亨 滝藤賢一、東林銀行世田谷北支店次長
  • 牧野  和田正人、元子が通う美容室の店長
  • 島崎すみ江 内藤理沙、料亭『梅村』の中居
  • 橋田常雄 高嶋政伸、大手予備校「上星ゼミナール」の理事長
  • 岩村叡子 真矢ミキ、クラブ「燭台」のママ
  • 中岡市子 高畑淳子、楢林クリニックの看護師長で院長である楢林の愛人
  • 楢林謙治 奥田瑛二、楢林クリニックの院長
  • 長谷川庄治 伊東四朗、財政界のフィクサー

各話のあらすじ

以上、ドラマ「黒革の手帖」の6話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。


コメント

タイトルとURLをコピーしました