「黒革の手帖」3話のあらすじ(ネタバレ)と動画と感想。波子が元子の所に乗り込む!

ドラマ『黒革の手帖』の3話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。元子は、楢林クリニックの中岡市子を落とすことで、裏帳簿を手に入れて波子の店の計画をつぶすことができます。それに怒った波子は元子の所に乗り込んできます。

スポンサーリンク

ドラマ『黒革の手帖』3話のあらすじ

波子(仲里依紗)はクラブ「カルネ」に乗り込んできて元子(武井咲)に問い詰めますが、何も言いませんです。波子は銀行でなにか人に言えないことを元子がやったと気がつきますが、「銀座で商売できなくしてやる」と言い残して、追い出されます。

そのとき、「上星ゼミナール」の橋田常雄(高嶋政伸)がやってきます。二人で箱根にゴルフをしに行こうと誘われましたが、3ヶ月ほどお待ちくださいとごまかします。

安島(江口陽介)は、秘書をしていた先生の四十九日の法要に出ています。その席上で、未亡人が選挙に出馬すると宣言します。後援会の人たちから、未亡人を助けていってくれと念押しさ、複雑な表情を浮かべています。

次の日、元子は市子(高畑淳子)に付き添って、新しくはじめるエステサロンの店の下見に行きます。しかし、市子はもう少し考えると言って保留にします。そのあと、市子は楢林クリニックに来てしまいます。やはり、院長に未練があるようで、じっと院長の後姿を見ています。

波子は、東林ファイナンスという会社に行って、かつて東林銀行の次長だった村井(滝藤賢一)にあいますが、何も話を聞きだせませんです。支店長は北陸に異動になって入院中だったということです。

その日の夜、安島がクラブ「カルネ」にやってきます。はじめは愚痴をいってましたが、次第に元子を口説き始めます。「ママといると、なぜか心許してしまう」と言って、身の上話や政治家を志したわけをします。元子もまんざらではないようです。

そこに村井が一人でやってきます。村井は強引に安島の横に座って安島と話を始めます。仕方なく相手をし始めます。安島が電話で店の外に行くと、村井は元子のせいで左遷されたと言って、100万円を貸してくれと言い出します。バラされたらすべてを失うのはお互い様と言って、元子は断って席を立ちます。元子が店の外に安島を見に行くと、後援会の息子が警察に捕まったから行かなくてはならないと言います。乱暴な村井のことを気にして、「俺はママの後援会長だから」と言って、さわやかに帰って行きます。

市子が部屋にいると、酔っ払って楢林がやってきます。うれしくなってフルーツをむいてると、楢林が泣きながら、裏帳簿を渡したのが市子だろうと攻め始めます。そして、新しい病院だけじゃなくて、市子の未来も奪ってしまったと問い詰めると、市子は泣き崩れます。

 

翌朝、元子のところに村井から電話が来ます。北陸に行った支店長が亡くなったという知らせです。葬儀には行かないと断って電話を切ると、市子がやってきます。部屋の中に入れてお茶をいれると、1000万円を出して院長に返してくれと言います。さらに、エステサロンもやめて看護師の派遣会社に登録すると言います。院長には会ってはいないと言いながら、「元子さん、あなたしあわせ?」と逆に言い出します。

「あなたには、ほんとの女のしあわせがわかってないのよ。もう二度と会うこともないと思うけど、お元気で」

と言って、帰って行きます。

安島は、堂林グループ令嬢の堂林京子(江口のり子)とお見合いデートをしています。話はかみ合いませんでしたが、選挙には必ず勝ってくれといわれます。安島は堂林グループ10万票のため、京子は堂林グループの未来発展のための結婚だからと念を押されます。そして、結婚したらお互いにプライベートには口を出さないことが結婚の条件だと言います。

元子がお店の準備をしてると、支店長の葬儀で酔っ払った村井がやってきます。持っていたワンカップの中身を元子にぶちまけて、100万円の事を言い出します。さらに、

「俺と支店長の人生は、お前のせいで狂った。仕事も家庭もめちゃくちゃだ。せめてもの誠意を見せろ。なんとも思わないのか。お前のせいだ」

とつかみかかります。元子は、そもそも村井たちが借名口座を作ったのは違法じゃないのかと言いますが、聞き耳を持ちませんです。元子は、金は出さないから殴ってくれと言うと、村井がネクタイをはずして元子に襲いかかって首を締めます。そこに、安島がやってきます。安島は村井を押しのけて、警察に電話をしようとします。村井はそれを見て逃げ出します。元子も警察は辞めてくれと安島に頼みます。安島は警察には言えない何かがあると感じます。

安島は飲みに行こうと元子に言いますが、かわりに、どこでもいいから連れて行ってくれとお願いします。安島はビルの屋上につれていきます。そこで、この間のお見合いの話をします。安島は最高のお見合い相手だったといいます。元子は、恋愛にも結婚にも興味がないと言って、銀座で一番大きなお店を出して銀座で一番のママになるのが夢だといいます。そして、

「わたしは、お金に勝ちたいんです。父も母もお金に負けたんです。だから、誰よりもお金をたくさん手にしてお金を支配したいんです」

それを聞いてびっくりした安島の顔を見ると、昔見た外国映画のせりふを真似しただけだと元子はごまかします。

 

橋田常雄は、裏口入学の謝礼金を受け取っています。橋田がゼミナールの建物を出ると、波子がいます。

元子はいつもの美容室に行って、銀座の一番のクラブ「ルダン」が売りに出されたと聞いて、<どうしても手に入れたい>と心の底からおもいます。お店に行って、黒革の手帖を取り出します。橋田がクラブ「カルネ」にやってきます。橋田の顔を見て、次の獲物を橋田に元子は決めます。

(⇒ 4話のあらすじ

ドラマ『黒革の手帖』は、TELASA(旧auビデオパス)という動画配信サービスで見れます。TELASAは月額562円(税抜)で、テレビ朝日のドラマや映画をメインに見れるサービスです。「相棒」や「刑事7人」「未解決の女」などを見れます。

15日間無料のお試しをやっていますので、それを利用して無料で見ることができます。詳しくはこちら。

スポンサーリンク

TELASA(テラサ)公式サイトへ ≫

ドラマ『黒革の手帖』3話の感想

面白かったですね。市子は結局、楢林院長の元へ帰って行ってしまいます。院長も、30年間も連れ添った女房みたいな女で、裏工作の相棒をそんなに簡単には手放せないのではないでしょうか。借名口座の裏工作は、ほとんど市子が一人でやっていましたから、あらためて一人の女性を見つけるのも大変だし、裏切る可能性があるので難しいと思ったと思います。

それにしても、武井咲さんは、和服が似合ってものすごい美人だと思います。武井咲さんを見ているだけでもドラマが進んでしまうような感じです。あまりにもキレイすぎて、あまり悪者に見えないのは損してるのかもしれません。こんな感じです。

頭と背中のラインがとても素敵です。原作では、それほど美人ではなくて、波子の方が飛びぬけて美人だという設定です。

さらに、原作では最後に大どんでん返しがあるんですが、どうなるのか、とても楽しみになってきます。

ドラマ『黒革の手帖』の原作

原作は、松本清張氏の『黒革の手帖』です。松本清張氏は、1909年ー1992年の日本を代表する小説家です。子供のころから本が好きでしたが、戦争の影響や貧困のために印刷工場やほうきの仲買副業などをされています。1951年、42歳のときに書いた「西郷札」が週刊朝日の「百万人の小説」の三等に入選して、直木賞候補になります。

それから次々と小説を書き始めて、1953年に芥川賞を受賞され、数々の賞を受賞されます。1958年に「点と線」が刊行されてベストセラーになります。「清張以前」「清張以後」という言葉も出て清張ブームが起こります。

1961年には、前年度の高額納税者番付の作家部門で1位となって、それ以降13回1位になられています。社会派推理小説のブームをつくられた人で、それ以外にも、ノンフィクション、歴史小説、など多くのジャンルの本を書かれている日本を代表する小説家のひとりです。

代表作としては、

どれも面白くて、ドラマ化されてるものが多いですので、お勧めです。ただ、ドラマはドロドロしていますが、それを期待して読むとちょっと物足りない様な気がすると思います。トリックとか、謎を楽しむと面白いと思います。

小説「黒革の手帖」は、電子書籍のナンバー1「honto」で読むことができます。紙の本も買うことができますし、雑誌やビジネス本や小説などの一般の本もどちらでも見ることができます。まるで、家に居ながら本屋さんにいる感じで素晴らしいです。会員登録しなくても、立ち読みすることができますので、ぜひ、ご覧になってみてください。

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

ドラマ『黒革の手帖』のキャスト

  • 原口元子 武井咲、東林銀行世田谷北支店で働く派遣社員
  • 安島富夫 江口陽介、衆議院議員秘書
  • 山田波子 仲里依紗。元子の元同僚
  • 村井亨 滝藤賢一、東林銀行世田谷北支店次長
  • 牧野  和田正人、元子が通う美容室の店長
  • 島崎すみ江 内藤理沙、料亭『梅村』の中居
  • 橋田常雄 高嶋政伸、大手予備校「上星ゼミナール」の理事長
  • 岩村叡子 真矢ミキ、クラブ「燭台」のママ
  • 中岡市子 高畑淳子、楢林クリニックの看護師長で院長である楢林の愛人
  • 楢林謙治 奥田瑛二、楢林クリニックの院長
  • 長谷川庄治 伊東四朗、財政界のフィクサー

3話以外のあらすじ

以上、ドラマ「黒革の手帖」のキャスト、相関図、1話のあらすじ、スタッフなどです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました