『海月姫5話』の動画とあらすじ(ネタバレ)天水館が壊される?

ドラマ「海月姫」の5話の動画、あらすじ(ネタバレ)と感想です。5話は、2月12日の夜9時から放送されます。稲荷翔子(泉里香)が『天水館』の持ち主、千絵子(富山えり子)の母に直接、土地建物の売買契約を持ち込んだことを知り、倉下月海(芳根京子)たちは戦々恐々。一方、鯉淵蔵之介(瀬戸康史)も花森よしお(要潤)から、父の慶一郎(北大路欣也)が自ら主催するパーティーで天水地区再開発賛成派を表明すると聞いて危機感を募らせます。

スポンサーリンク

5話のあらすじ(ネタバレ)

ショベルカーが近所の「キッチン88」というお店を壊す音で目がさめた月海(芳根京子)たちは、付近のお店が続々と壊されていってるのを知ります。さらに、天水館のオーナーの千絵子(富山えり子)の母親千世子(富山えり子)がいる韓国まで、稲荷翔子(泉里香)がやってきて契約を迫ってるという連絡をもらいます。稲荷は千世子にフィギュアスケートの羽生選手の最前列のチケットを渡してご機嫌を撮っています。

運転手の花森(要潤)から、父親の慶一郎(北大路欣也)がパーティーで賛成派になることを発表することを蔵之介(瀬戸康史)聞きます。蔵之介はすぐに天水館に行ってそのパーティーのときにファッションショーをするとみんなにいいます。はじめはしり込みしていましたが、ジジ様(木南晴夏)が「やりましょう」と言った一言で、みんなが燃えてやる気になります。蔵之介は、ここが残るかどうかは月海にかかってるといって、みんなで作戦会議をします。

たぶん注文がたくさん来るのでプロの縫製屋を雇うしかないといいます。千絵子はノムさん(安達祐実)というすごい人がいるといいます。千絵子と蔵之介、月海の3人でたずねてみると、部屋の中には人形がたくさんあります。人形のドレス作りのオタクです。クラゲドレスをみせると、すごい気に入ったようで、「どっふー」といいながら型紙をひいてくれます。そして、人形用にもデザインを使っていいということを条件に、人間用のドレスも作ってくれることになります。パタンナーとお針子をゲットします。

そのころ、慶一郎は、蔵之介が何をしているのかを花森に聞きます。蔵之介が天水館に入り浸っていては困るといって蔵之介の行動を花森に監視させます。

月海と蔵之介は材料を買って天水館にかえってドレス作りをみんなではじめさせます。蔵之介はファッションショーの会場を探し回りますが、花森にすべて妨害されて会場が取れませんです。家に帰った蔵之介は、慶一郎からこちらを手伝えといわれますが、拒否して部屋にあがります。PCで会場を探し始めますが、なかなか見つかりませんです。すると、修(工藤阿須賀)がやってきて、蔵之介のほうが政治家に向いてるので一度考えてくれといいます。

天水館では、2着目のドレスに取り掛かります。このままでは間に合わないということでノムさんが仲間に声をかけてKるえます。そこに蔵之介がやってきます。会場のはなしをすると、いきなり月海が、天水館を竜宮城のイメージにすればどうか?と言い出します。蔵之介も千絵子もすごいアイデアだと絶賛します。すると、ドレスを着たまややがきます。それをみて蔵之介はモデルにうってつけだと感じます。

稲荷の会社では、すでに韓国から稲荷が一筆をもらって帰ってきています。

 

天水館では、ノムさんの友達がボランティアだといったらドタキャンされたと問題になっています。このままでは絶対に間に合わないといってると、月海が、

「縫わないと駄目ですかね?」

と言い出します。誰もがそんなことは無理だと思ってると、ノムさんが「できましゅ。だけど、犠牲がひつようでしゅ」とつぶやきます。

そして、まややに木工用ボンドを塗られて布を貼り付けられます。すると、まややがにげだしてしまい、ぜったいにイヤだといいだします。蔵之介は、モデルに最適な体型だとほめますが、家の中に逃げていってしまいます。とじこもってるまややのところに月海が慰めます。まややは昔から竹箒とかへんなあだ名をつけられていて、体も目もきらいだといいます。そこに千絵子もやってきて、天水館を守るために見んながんばってるといいます。まややはなっとくしてみんなのところに戻ります。ふたたび、みんなで気合を入れて作り始めます。

 

ファッションショーの日の朝。出来上がったドレスをひとりで蔵之介はみています。そして、天水館をあとにします。家に戻った蔵之介は背広に着替えて、お客達をむかえに慶一郎のよこにたちます。30周年を祝う会が始まると、天水館の再開発に賛成すると表明します。

そのころ、天水館では、準備が始まります。花森やこの間のMVの関係者たちも集まってくれててんやわんやで準備が進んでいます。

ショーの開幕が近づいてきても蔵之介は現れませんです。さらに、誰が司会をやるのか決めてないことがはっかくします。そこに花森が焼肉弁当を買ってかえってきます。花森はまややをみるとめがうばわれてしまいます。そして、司会を花森がすることになります。

ショーが始まると、花森はノリノリで司会を始めます。まややは、三国志のガチャポンにつられてモデルをりっぱにこなしています。ただ、ショーが進んでまややの出番があと1回になったときに、低血糖でたおれてしまいジュースをドレスにこぼしてしまいます。

月海は何とか15分くらいもたしてくれと花森におねがいします。花森は休憩を取った後に漫談を始めます。30周年の会にでてる蔵之介が見てる画面に「SOS」という文字がとびこんできます。それを見た蔵之介はステージ上がって挨拶を始めます。

 

そのころ、天水館では、お客さんたちが帰り始めてしまいます。そこにドライヤーを借りてきた月海がかえってきますが、みんなはもうやめようといいます。それでも月海は蔵之介は絶対来るといってドレスを乾かし始めます。

スポンサーリンク

すると、蔵之介が背広姿でやってきます。これからがんばるといいますが、もうお客は帰ったとみんなにいわれてしまいます。ところが、蔵之介はお客をたくさん連れてきています。急いで支度をして、ファッションショーの第2幕をはじめます。

蔵之介とまややがふたりで登場します。会場には修も稲荷もやってきています。月海と修はみつめあっています。すると、蔵之介は、

「月海、おれをみろ」

と叫びます。そのあと、さっきの30周年の会で挨拶した長男の蔵之介だとカミングアウトします。みんながざわつく中、蔵之介はいきいきとファッションショーのランナウェイを歩き続けます。月海は、きれいなクラゲドレスを着た蔵之介を見ながら、きっと天水館を守ってくれると心の中で思っています。

30周年の会が終わった会場では、慶一郎が誰もいなくなった会場をみています。

ファッションショーが終わると、蔵之介は、クラゲドレスがすべて天水館で作られたと話して、再開発に反対だと表明します。ドレスをたくさん売って天水館を買い取って天水館を残すと話すと、拍手がわきおこります。そこには慶一郎もいましたが、挨拶が終わるとそっと出て行きます。

 

みんながかえったあと、月海はランナウェイにすわってドレスをみています。そこに蔵之介があらわれます。

「あっというまだったな。ありがとな。ジジ様から聞いた。俺が絶対来るって、月海だけは待っていてくれたって」

「いえ。ほんとは、不安です。信じてはいましたけど、もしも蔵之介さんがこなかったらって。すごく不安です。先ほど蔵之介さんはわたしたちが変わったって言いましたけど・・」

月海が話してると、いきなり蔵之介が月海にキスをします。月海はあまりの突然の出来事に目を開いたまま固まってしまいます。

その二人を離れたところから修が見ています。

 

修が事務所に帰ると、蔵之介の母親のリナから電話があります。

(⇒6話のあらすじ

ドラマ「海月姫」の1話から最終回までの全話や見逃した回の動画を、わずか1分の登録で無料で見る方法です。

海月姫の無料視聴はこちら

ドラマ「海月姫」の原作

原作は、東村アキコさんで、1975年生まれの41歳の漫画家です。宮崎県出身で、金沢美術工芸大学卒業後、会社員生活の傍らで漫画を描き始めて、1999年の24歳のときに、「フルーツこうもり」でデビューされます。初めはシリアスなタッチでしたが、次第にギャグ漫画になって行きます。「海月姫」は、2015年に映画化、「主に泣いてます」は2012年に、「東京タラレバ娘は2017年の同時期にドラマ化されます。代表作は、

キャスト

  • 倉下月海 芳根京子、クラゲオタク
  • 月下深雪 小雪、亡くなった月海の母親
  • 鯉渕蔵之介 瀬戸康史、女装が趣味
  • 鯉渕修 工藤阿須賀、父親の秘書
  • ジジ様 木南晴夏、枯れ専
  • ばんばさん 松井玲奈、鉄道オタク
  • まやや 内田理央、三国志オタク
  • 千絵子 富山えり子、市松人形オタク
  • 稲荷翔子 泉里香、開発業者
  • 佐々木公平 安井順平、稲荷の部下
  • 鯉渕慶一郎 北大路欣也、国会議員
  • 鯉渕容子 床嶋佳子、慶一郎の妻、修の母親
  • 花森よしお 要潤、鯉淵家の運転手
  • リナ ?、蔵之介の母親

5話以外のあらすじ

以上、ドラマ「海月姫」の5話の動画とあらすじ(ネタバレ)と感想です。

スポンサーリンク>


コメント

タイトルとURLをコピーしました