「この世界の片隅に」の6話のあらすじ(ネタバレ)と動画。昭和20年夏、きたる運命の日!

この世界の片隅に

(引用:番組HP

ドラマ「この世界の片隅に」の6話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。

6話のあらすじ

昭和20年3月。すず(松本穂香)が晴美と畑にいると、空襲がやってきます。おどろいてると、父親の円太郎(田口トモロヲ)が来て一緒に隠れてくれます。ところが、夜勤明けの円太郎は、そのまま熟睡してしまい、サン(伊藤蘭)や径子(尾野真千子)たちに大笑いされてしまいます。

数日後、すずと径子がお花見のお弁当を作ってると、隣の幸子(伊藤沙莉)がやってきてふにゃふにゃしています。じつは、幸子に周作(松坂桃李)の同僚・成瀬(篠原篤)を紹介するという重大な会です。

お花見に行く途中、すずはリン(二階堂ふみ)を見つけて皆とわかれて話に行きます。リンは桜の木の上に上がって、すずにも上がって来いと言います。この間スズと話をした女の子が肺炎を起こして亡くなったと聞いてすずはびっくりしてしまいます。リンは、その子の紅をすずにあげると言って、唇に塗ってあげます。そして、木からおりてもどっていきます。

そのころ、周作は幸子と成瀬を引き合わせていましたが、すずがいないことに気づいてふたりをそっちのけでさがしだします。橋の上でさがしてると、リンとすれ違いましたが、なにもはなしませんです。

周作は木の上にいるすずを見つけます。すずはともだちを見かけてはぐれたというと、周作も知り合いにあったといって、笑顔だったから安心だといいます。そして二人でもどります。

それから日がたつごとに空襲が激しくなってきて、防空壕にいくことがふえます。

 

昭和20年5月。円太郎の勤める工場が空襲されて火事になってしまいます。その日、夜になっても円太郎は帰ってきませんです。周作は兵士になって来週から3ヵ月間。教練で帰ってこれないとすずに話します。周作は、じぶんも円太郎もいなくなってこのうちは大丈夫かの?というと、すずはムリだと叫んで泣き出してしまいます。ただ、すぐに

「ごめんなさい、ウソです。周作さん、うちはあなたが好きです。3ヵ月もあわんとかおをわすれてしまうかもしれん。けど、このうちを守って待っております」

と周作にいいます。

翌日、径子と周作が病院を探しに行きましたが、どこにも円太郎はいませんです。遺品もありませんです。

数日後、周作は教練に出かけていきます。

 

平成30年8月、広島。

近江佳代(榮倉奈々)と江口浩輔(古舘佑太郎)は、すずの娘の節子に会って、すずたちの家に住むことを了承してもらいます。

 

昭和20年6月。径子があわてて家に帰ってきます。病院に円太郎がいることがわかったんです。円太郎は意識不明でしばらく寝たきりになっていたんです。

すずが幸子たちと洗濯をしてると、幸子と成瀬が教練のあとに祝言をあげる予定だと聞いて喜びます。

翌日、径子は病院の円太郎から時計をもらってきます。空襲のときに壊れたので直してくれということです。径子が下関にいる久夫に会いに行けという暗示じゃないかというと、そんなことはないとサンは言います。ただ、会える時に会いに行った方がいいと言ってくれます。

スポンサーリンク

次の日、電車の切符を買おうとするとすごい行列です。径子は、春美を連れて円太郎の病院に行ってくれといいます。病院に向かう途中、空襲警報が鳴り響きます。すずと晴美は近くにあった防空壕に入ります。すると、ものすごい空襲がはじまります。

しばらくして空襲がおさまって外に出ると、付近の家はメチャクチャになっています。水をもらって歩き出すと、すずが不発弾を見つけます。「あぶない」と叫んで晴美の手を取って駆け出すと爆弾が爆発します。

(⇒7話のあらすじ

ドラマ「この世界の片隅に」の1話から最終回までの全話を、Paravi(パラビ)という動画配信サービスで見れます。パラビは月額1,017円(税込)でTBSとテレビ東京、WOWOWのドラマをメインに見れるサービスです。

2週間の無料体験をしていますので、それを利用して「この世界の片隅に」を無料で見れます。詳しくはこちらから。

パラビ公式サイトはコチラ ≫

キャスト

  • 北條(浦野)すず 松本穂香
  • 北條周作 松坂桃李
  • 水原哲 村上虹郎
  • 刈谷幸子 伊藤沙莉
  • 堂本志野 土村芳
  • 浦野十郎 ドロンズ石本
  • 浦野すみ 久保田紗友
  • 浦野すず(幼少期) 新井美羽
  • 黒村晴美 稲垣来泉
  • 白木リン 二階堂ふみ
  • 近江佳代 <現代篇> 榮倉奈々
  • 江口浩輔 <現代篇> 古舘佑太郎
  • 黒村径子 尾野真千子
  • 刈谷タキ 木野花
  • 堂本安次郎 塩見三省
  • 北條円太郎 田口トモロヲ
  • 浦野キセノ 仙道敦子
  • 北條サン 伊藤 蘭
  • 森田イト 宮本信子

各話のあらすじ

原作のこうの史代さんは、1968年生まれの漫画家です。広島大学を中退されて漫画家を目指されて上京されます。1995年に「街角花だより」でデビューされます。主な作品は、

以上、ドラマ「この世界の片隅に」の6話のあらすじ(ネタバレ)と動画です。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました