ドラマ「恋がヘタでも生きてます」8話のあらすじ(ネタバレ)や動画と感想!雄島に元カノ?

ドラマ「恋がヘタでも生きてます」の8話のあらすじ(ネタバレ)や感想です。雄島の部屋の合いかぎをもらった美沙は、幸せの絶頂です。が、雄島の目の前に元カノが現れて雄島は美沙のことを掘っておいてしまいます。二人が仲良く歩いている所を見た美沙はどうするのでしょうか?

スポンサーリンク

ドラマ「恋がヘタでも生きてます」8話のあらすじ

雄島(田中圭)が、元カノの怜奈(大沢ひかる)と二人が腕を組んで歩いてるところを見た美沙(高梨臨)は、焼肉に行くのをやめて、柿谷(小関裕太)に送られて帰ります。千尋(土村芳)は、橋本(淵上泰史)の家には泊まらずに帰ることをルールにしています。帰ってくると、悩んでる美沙がうずくまっています。古い友達かも知れないと慰めましたが、雄島のことを全く知らない事に気が付きます。「様子を見たらどう?」と千尋に言われて、そうすることにします。

翌日、出社すると、雄島はいつも通りの笑顔で夕食を誘ってきます。二人で夕食をしている時に、昨夜の女性のことを聞こうとしていると、あやしい雄島に電話がかかってきて、席をはずします。しかし、結局きけずじまいで、そのまま帰ります。

千尋がクラブで働いていると、いつもの編集者の前島(金剛地武志)が日下部オーナーを連れてきます。(寺脇康文)日下部に、好きな人がいることを相談すると、無理はいけないよと言われてしまいます。時藤が、あるバーで飲みながら千尋との写メを見てると、桜井理佳子(内田理央)がやってきて、千尋の秘密、橋本と付き合ってることをばらします。

時藤は、会社から帰ってきた橋本を待ち伏せして、呼び出していきなり殴りつけます。そこを千尋が見ていて、飛び込んできます。橋本が殴ろうとしているを止めて、「ご迷惑をおかけしてごめんなさい」と頭を下げて謝ります。「どけよ」と言う時藤向かって「いい加減にして」と言って時藤を引っぱって帰っていきます。

公園に座って時藤の手当てをしてると、「あんなやつ、やめろよ」と言われますが、「それでも相対の。ごめんなさい」と言って帰っていきます。橋本は、ちょうど電話がかかってきた理佳子に、「今から来いよ」と言います。

美沙は雄島の部屋に行きましたが、雄島は仕事をしていて、何もせずにそのまま寝ます。ただ、翌日、ホテルで会う約束の電話の声が聞こえてきます。

 

翌日、美沙が出社するとほっぺたがはれてる橋本とすれ違います。ほっぺたのことを聞くと、逆に、男で悩んでるだろと図星を言われます。

「男で来たばっかだったよな。早速つまづくとすれば、夜の生活か?体の相性が悪いか、早々に手出しをされなくなったか。そういう場合、男はどっかよそで済ましてるぞ」

それを聞いた美沙は目が丸くなります。その表情をみて、

「ほー、おまえ、もう雄島さんに飽きられたか。おまえ、わかりやすいな」

と言って、歩いて行ってしまいます。

美沙が仕事をしてると、部下たちが雄島がホテルできれいな女性と一緒にいる所を見たと噂をしています。美沙は仕事を終えると、昨晩、盗み聞きした雄島の電話のホテルに行きます。自分が嫌になって帰ろうとすると、雄島と一緒に歩いていた怜奈がタクシーに乗って現れます。カードが使えないと知って、すぐ隣にいた美沙に現金を借りて支払いを済ませます。そして、部屋に呼んでお金を返してお茶を飲んでいくように勧めます。

部屋で、元カレのことを聞きます。3年前、事故で半月意識不明で、目が覚めたら元カレがいなくなっていて、連絡もつかなかったといいます。3年間恨んでたんですが、ただ、その元カレと会って誤解だったと気づいたといいます。全部、父親の仕業で、怜奈が亡くなったとその元カレに伝えていたんです。元カレは全部捨てて日本に帰ってきたということです。そして、その元カレとやり直したいといいます。そこに、雄島がやってきます。元彼は雄島です。美沙は思わず隠れます。帰ろうとすると、見つかって声をかけられます。雄島は、美沙のことを「うちの会社の人だよ」と紹介します。それを聞いた美沙はすぐに出て行きます。

千尋は、何も言わずに、橋本の所に謝りに行きましたが、部屋の中には理佳子がいます。千尋が泣きながら家に帰ってくると、マンションの前に時藤が座っています。

「いま、幸せか?なんとなく、無理しているような気がしたから」

と言われると、涙がこぼれます。

美沙が家に向かって歩いてると、「とりあえず、会おう」と、雄島から電話がかかってきます。橋の上で雄島と会って話をすると、雄島は、

「少し落ち着いてから、話しさせてもらってもイイかな」

と言われて、美沙は歩いて帰っていきます。

家に帰ってちひろに言うと、

「かないっこないよ。自分の前から永遠に消えたと思ってたのが生きてたんだよ。そんなドラマてんこ盛りの幽霊にかなうわけない」

「とにかく、あきらめちゃだめ」

千尋も橋本と時藤のことで悩んでいてあまり慰めることができませんです。

翌日出社すると、翌日から3日間出張でいなくなるから、何かあったら連絡暮とだけ、雄島から言われます。

美沙が仕事をしていると、怒りの電話がかかってきます。美沙が怜奈と会った帰り道、予定を変更してくれという仕事の電話があったのをすっかり忘れていたんです。その仕事は、今度のプロジェクトの目玉の人気声優のアフレコです。既に、その場所に来ていましたが、誰もおらず、スタジオも開いていませんです。その声優もマネージャーも頭にきて、その仕事を降りると言って電話を切られます。

会議室でそのことを部下に話していると、雄島がやってきます。相手先ともすでに話をしてきて、プロジェクトを中止するから今日は帰れと宣言します。

橋本が会社を出ると、千尋がいます。「抱いてください」

事務所では、美沙が一人で座っています。そこに雄島がやってきます。

「まだかえってなかったんだ」

「なんでよ。どうして私がこんなミス品やいけないのよ」

「僕のせいってこと?」

「そうよ、あの夜、もっとちゃんと受け止めていてくれたら。電話を聞き飛ばすこともなかった。わたしは、ずっと真剣に仕事をしてきた。この6年間、ずっと手を抜いたこともなかった。あなたが現れて、こんなことになって、やっぱり恋なんてしなきゃ良かった」

スポンサーリンク

「わかった。ぼくたち、少し距離を置こう。君のためにもそのほうが良いと思う」

そう言って歩いていく雄島の後姿を目で追っていた美沙は、もらったネックレスを引きちぎって捨てます。

(⇒ 9話のあらすじ

ドラマ「恋がヘタでも生きてます」の1話から最終回までの全話や見逃した回の動画を、わずか1分の登録で無料で見る方法です。

恋がヘタでも生きてますの無料視聴はこちら

ドラマ「恋がヘタでも生きてます」の原作

原作は、藤原晶さんの「恋がヘタでも生きてます」です。ただ、設定がかなり違っていますが、雰囲気は似た感じに仕上がっています。藤原晶さんは、1994年にデビューされた方で、多くの漫画を描かれています。

また、「人は見た目が100%」の原作は、今話題の、麻生久美子さんがCMをやってる「Renta!」でも読むことができます。

Renta

原作とドラマの設定ははかなり違っていますので、雰囲気は一緒です。かなりおもしろいですので、ぜひ、確かめてみて下さい。

これ、意外に使えるかもしれません。他の似たようなサイトと違って、有料ですが無期限で読むことができます。つまり、自分の部屋を「Renta!」に持つことができて、そこにマンガを置いておけるって言うことですね。無料もあるし、48時間レンタルって言うのもありますので、無料で登録しておく事をお勧めします。かなりドラマとは違いますので、面白いと思います。「恋がヘタでも生きてます」も第1巻が全部読めますよ!

ドラマ「恋がヘタでも生きてます」のキャスト

  • 茅ヶ崎美沙 高梨臨
  • 雄島佳介 田中圭、「バスケア」の新社長
  • 榎田千尋 土村芳、美沙の親友、同居者
  • 橋本司 淵上泰史、「バスケア」のプログラマー
  • 桜井理佳子 内田理央、千尋の後輩、彼氏の浮気相手
  • 柿谷真吾 小関裕太、美沙の部下、プランナー兼ディレクター
  • 小池奈々 今野杏南、プランナー兼プロデューサー補
  • 塚地マサノブ 中村公隆、デザイナー
  • 夏目元気 雨野宮将明、デザイナー補
  • 和久井遙香 野波麻帆、取引先の社長
  • 日下部慎太郎 寺脇康文、オーナー
  • 前島耕一 金剛地武志、ゲーム雑誌編集者
  • 時藤仁 長田成哉、千尋の彼氏、理佳子の浮気相手

各話のあらすじ

以上、ドラマ「恋がヘタでも生きてます」の8話のあらすじや感想です。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました